susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

中京記念14((結果))

2014-07-28 21:54:21 | 中京記念
2014年7月27日(日) / 中京 1600m 芝・左 / 曇・稍重
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[8] 15  サダムパテック   牡6 58 田中勝 1:37.1 7
2[7] 14 △ミッキードリーム  牡7 56 太 宰 ハナ 11
3[4] 8 △マジェスティハーツ 牡4 56  森  クビ 5
4[4] 7 ◎ブレイズアトレイル 牡5 55 藤岡康 1.1/4 6
5[6] 12 △オリービン     牡5 55 武 幸 クビ 10
6[2] 3  ティアップゴールド 牡8 53 国分優 1/2 16
7[7] 13  サトノギャラント  牡5 56 北村宏 3/4 3
8[1] 1  クラレント     牡5 57.5 小 牧 3/4 2
9[1] 2  ゲシュタルト    牡7 55 国分恭 アタマ 15
10[3] 5  フラガラッハ    牡7 57.5 高 倉 1.1/4 1
11[5] 10  ダイワマッジョーレ 牡5 57.5 蛯 名 2 4
12[8] 16  ダノンヨーヨー   牡8 56 浜 中 ハナ 9
13[6] 11 ○マイネルディアベル 牡3 52 和 田 3.1/2 13
14[5] 9  クロフネサプライズ 牝4 53 柴 山 1.3/4 8
15[3] 6 ▲テイエムオオタカ  牡6 55 嘉 藤 2.1/2 14
16[2] 4  クッカーニャ    牝5 51 田中博 2 12

払戻金 単勝 15 1520円
複勝 15 520円 / 14 640円 / 8 300円
枠連 7-8 1810円
馬連 14-15 20090円 / 馬単 15-14 34650円
3連複 8-14-15 60030円 / 3連単 15-14-8 428240円
ワイド 14-15 4350円 / 8-15 2630円 / 8-14 3860円

ここでサダムパテックかよ・・ここで勝春かよ・・・

直線で、本命ブレイズアトレイルが抜け出した時には、これは当たったと思ったのに・・・
外からオリービンとミッキードリームが伸びてきて、やったと思ったのも一瞬、一緒にサダムが伸びてきて・・

先週の函館記念が完全な内枠有利決着でしたが、今回は、外差し有利の決着ですか・・・
過去の傾向から、それは分かっていたのに、なぜか、今回、穴は先行馬から選んでしまった下手予想。。。

勝ったサダムパテックは、メンバー唯一のG1馬で、前走の安田記念も3着馬とは0.2秒差で格上馬。
東スポ杯、京王杯も勝っており、左回りは問題なく、G1勝ちマイルCSが、やや重だったから、馬場も合ってたか。
終わってみれば、勝たれても不思議ない馬だったが、予想の段階では、触手がまったく動きませんでした・・・

穴予想的には、2着のミッキードリームから買うのが正解だったが、近走不振の7歳馬を軸にするのは勇気いる。
しかし、昨年57キロで2着した馬が、今年は56キロで出走、かつ11番人気なら、黙って買いだったなあ。
函館記念同様、混戦の時は、有利な枠重視で予想に入れば、ミッキー軸で、サダムも拾えていたはずだが・・

今回は、1番人気から4番人気の上位4頭の馬をバッサリ消せたのに、それが馬券的中に繋げられず。
矢作厩舎の馬や元PO馬に惑わされずに、予想出来たのに、それでも当たらない所が、近年の不振を物語る。。
結局、これで7月全敗・・・夏競馬は、いまだ1つも当たらず。。暑く苦しい夏が続くなあ。。

この日は、中京2歳SにPO馬ペガサスボスが出走も、出遅れ響いて、まさかの4着・・
軽く、単勝、3連単、3連複を買ったのが、いけなかったか・・
土曜は2勝を上げた矢作厩舎であったが、どうにも上のクラスでは結果が出ないねえ。
エルムSなんか、アンコイルドは、ドンジリですよ・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

中京記念14(予想)

2014-07-26 22:29:46 | 中京記念
アッシュゴールドは、残念ながらデビュー戦を勝利で飾れず。
スタートで出遅れ、前半は折り合いも欠いて、直線でも前が塞がり、6着惨敗も仕方なし。
426キロと小さな馬体ゆえ、力のいる中京コースも合わなかった感じで、この後は、馬体成長の為にリフレッシュ放牧に。
日曜のペガサスボスに頑張ってもらいましょう。

日曜は、札幌でもエルムSがあるのだが、買いたい馬は矢作厩舎の2頭も、その2頭とも好走するイメージが沸かず・・
というわけで、矢作厩舎の2頭で勝負しても、ハズレ濃厚ということで、エルムSはパス。
ついでに、当初買う予定だった、中京記念のダイワマッジョーレも小さな馬体で57.5キロは厳しいと消しに。

日曜の中京メイン、中京記念の予想
芝 1600M G3 ハンデ 16頭立て

◎プレイズアトレイル

前走も2着と好走しているが、今年に入り、重賞の4戦全てが0.4秒内と堅実。
中京マイルは既に勝っているし、中京重賞の中日新聞杯も9着とはいえ0.3秒差で、着順ほど大負けではない。
昨年の夏に3連勝している夏馬でもあるし、マイルも3勝と一番の得意距離。
ここ2年、キンカメ産駒が好走しているように、キングマンボの血があるのもいい。
鞍上の藤岡康は、先週、函館で重賞を勝ち、土曜も札幌で3勝と、いい流れで中京に。


○マイネルディアベル

ここまで重賞では、重い印を打ってきた馬なので、ここでも穴で期待。
現状、ベストの距離は1400なのだが、母系の血からは、距離の融通は利くはず。
実際、朝日杯4着の実績があるし、52キロのハンデを活かして、好位で立ち回れば、チャンスあり。
母父トニービンのフラガラッハが2連覇しているだけに、血統的にも、この馬も魅力あり。
近親のムービースターは2000時代の中京記念を勝っているし、マイルも安田記念3着の実績あり。
あとは、乗り替わりの和田が、積極的に乗ってくれれば。


▲テイエムオオタカ

マイルの実績がない馬だが、アーリントンC3着や、今年の京都金杯も0.6秒差。
ブレイズアトレイルとは0.3秒差だし、今回は、同ハンデなら、勝負になるとみた。
前走もマイネルディアベルとは、アタマ差だが、6キロの斤量差があり、今回は3キロなら、普通に逆転。
この馬、母系にトニービンではないが、一応、グレイソブリンの血はあり、激走の要素あり。
鞍上の嘉藤は、土曜に、ようやく、今年芝初勝利を上げ、日曜はこの馬のみの騎乗ですから、奮起するはず。


△ミッキードリーム

2年前4着に、昨年2着と連続好走し、今年も3たび人気薄での好走がある。
7歳による衰えも見られそうだが、前走は58キロ背負って、2着馬とは0.5秒差なら悪くない。
今回、昨年より1キロ軽い56キロで出走出来るのも有利だし、昨年と同じ太宰に鞍上が戻るのもいい。


△オリービン

トーセンレーヴの出走回避で、出走叶った幸運を味方につけて。
オープン特別で勝ちきれない馬だが、過去にはロードカナロアやジャスタウェイと接戦してきた馬。
中京コースも昨年2着があるし、左回りのマイル重賞といえば、NHKマイル4着の実績もある。
阪神巧者のイメージだが、左回りもまったく問題なく、むしろ得意かもしれない。
ブレイズとのダイワメジャー産駒ワンツー決着に期待です。


△マジェスティハーツ

前走は、横典の作戦がまったくハマらず、参考外の1戦。
この馬もトニービンの血を持っているし、ほどよく人気が落ちた今回こそ狙いの馬。
再び、森に鞍上が戻り、森としては、絶対に結果がほしい1戦だけに、やってくれるでしょう。

馬券はブレイズアトレイルを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (5)   トラックバック (3)

【POG】アッシュゴールドがデビューです!

2014-07-25 22:05:16 | POGその他
○アッシュゴールド
(牡 父ステイゴールド 母オリエンタルアート 栗・池江)

土曜の中京5レース新馬戦(芝 1600m 16頭立て)に鞍上は、もちろん池添でデビュー。
追い切りの動きについて、池江氏は、あんまり褒めてなかったので、デビュー勝ち出来るかは、ちと心配。
16頭と、頭数も多いし、このレースには、トーセンスターダムの半弟ネオスターダムも出走するし。

これまで、この兄弟達は、サンデーレーシングが馬主でしたが、この仔は社台レースホースです。
社台レースホースといえば、今年は、イスラボニータで皐月賞勝ってるし、まあ問題ないですね。
とはいえ、母オリエンタルアートも、今年17歳となり、もうオルフェのような仔は産んでくれないかな。

ついでに、続く中京6レースの未勝利戦に、昨年のPOG指名馬のグルーヴァーが、今頃になってデビュー。
母母エアグルーヴ、母イントゥザグルーヴとPOG指名している関係で、その仔もずっと指名しているのだが。
なかなか活躍馬を出してくれないなあ。
今年も母ポルトフィーノの仔ポルトドートウィユを指名するもデビュー戦2着で、すぐ放牧だからなあ・・
ちなみに、このレースには、デアリングハートの初仔もデビューです。

そして、日曜日には、

○ペガサスボス
(牡 父ディープインパクト 母ファイトガリバー 栗・矢作)

日曜の中京9レース中京2歳S(芝 1600m 9頭立て)に鞍上が北村宏で出走。
デビュー戦は、岩田が乗ってくれたが、今週、岩田は札幌ということで、乗り替わりは仕方なし。
ここは9頭と少頭数だし、うち5頭は未勝利馬というメンバー構成だけに、負けられない1戦。
ここで賞金を稼いでおけば、暮れの朝日杯の出走も確定だし、来年のローテも組み易くなります。

さらに、シェアポイント狙いの指名馬として、また1頭、今週もデビュー。

○クラウンフレイム
(牡 父オンファイア 母ハイフレンドモア 栗・大根田) 指名人数11人

日曜の中京5レース新馬戦(芝 1400m 18頭立て)に鞍上が国分でデビュー。
ディープ産駒の人気薄は存在しないので、ディープ産駒の代用ということで、オンファイア産駒のこの馬を指名。
クラウンの馬といえば、クラウンレガーロが、そこそこ活躍しましたよね。
オンファイア産駒といえば、ウキヨノカゼが唯一の重賞勝ち馬ですな。
今年の2歳産駒は、まだ1頭しかデビューしてないものの、その1頭が2戦目で勝ち上がっております。

シェアポイント狙いの指名馬は、ナイアガラモンローが勝ち上がってくれたものの、その後の4頭が全て惨敗。
ここらで、なんとか悪い流れを止めてもらいたいのだが。
18頭とフルゲートだけに、なかなか苦しいかもしれないが、勝ち上がらなくてもいいから、掲示板に、頼む。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

【POG】先週の結果(1勝3惨敗)

2014-07-22 22:09:36 | POGその他
POGは、先週、デビューが2頭に、即出馬2頭の計4頭の指名馬が出走。

結果は、3頭が惨敗で、唯一、ナイアガラモンローが2戦目で勝ち上がってくれました。
デビュー戦は、10番人気で3着も、2戦目は、2番人気で見事1着となってくれました。
まあ、1番人気の馬が、前走で先着している馬だったので、今回は、相手に恵まれた感はありましたが。
それでも、鞍上の戸崎は「1200は忙しいぐらいなので、距離は伸びた方がいい」と言っており、今後も期待。

ナイアガラモンローは、シェアポイント賞狙いの1頭で、指名人数は10名。
よって、この馬が勝ったことで、シェアポイント順位が、480位から一気に74位に大ジャンプアップ!
今後のこの馬の活躍と、あと2、3頭、活躍馬を指名出来れば、上位入選のチャンスありなのだが。
しかし、現在、指名済みの他の4頭は、今後も賞金を稼いでくれる可能性は極めて低いなあ・・・
残りの指名枠の中で、なんとか、人気薄で激走してくれる馬を見つけたいが。

現在、シェアポイントランキング上位は、函館記念を勝ったアクティブミノルを指名した24名。
上位の中には、1名、ナイアガラモンローを指名し、あと2頭勝ち上がっている馬を指名している方がいました。
アクティブミノルの指名人数が少ないのは確認していたので、函館記念は、負けてほしいと思っていたのだが・・
まあ、他人の指名馬が負けることを期待するより、自分の馬が活躍することを期待しましょう。。。

今週末は、通常POGでの指名馬ペガサスボスが中京2歳Sに登録。
登録頭数は14頭いるのだが、既に勝っている馬は、わずか4頭って、オープン特別のレースなのに・・
デビュー戦を勝った同じ中京マイルですし、相手にも恵まれた感もあるので、ここは負けてはいけない1戦。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

函館記念14((結果))

2014-07-22 22:02:06 | 函館記念
2014年7月20日(日) / 函館 2000m 芝・右 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[2] 3  ラブイズブーシェ  牡5 56 古 川 2:00.1 2
2[5] 9  ダークシャドウ   牡7 58 ローウ 3/4 8
3[1] 2  ステラウインド   牡5 54 三 浦 1.1/2 7
4[1] 1  アドマイヤフライト 牡5 56 藤岡康 アタマ 9
5[4] 8 ◎シゲルササグリ   牡5 54 四 位 クビ 12
6[8] 15  サクラアルディート 牡6 56 菱 田 1/2 15
7[2] 4  ナカヤマナイト   牡6 57.5 柴田善 1/2 11
8[3] 5  サイモントルナーレ 牡8 52 吉田隼 ハナ 16
9[6] 12  トウカイパラダイス 牡7 56 柴 山 2 5
10[7] 13 △グランデッツァ   牡5 57.5 秋 山 アタマ 1
11[6] 11 ▲アスカクリチャン  牡7 57.5 松 岡 クビ 13
12[8] 16  アドマイヤタイシ  牡7 56 岩 田 クビ 4
13[4] 7 ○アンコイルド    牡5 57 勝 浦 3/4 6
14[5] 10 △リルダヴァル    牡7 57 池 添 1.1/2 14
15[3] 6  ゼロス       牡5 54 丸 山 ハナ 10
16[7] 14  バウンスシャッセ  牝3 51 北村宏 6 3

払戻金 単勝 3 710円
    複勝 3 270円 / 9 410円 / 2 420円
    枠連 2-5 3110円
    馬連 3-9 5000円 / 馬単 3-9 8740円
    3連複 2-3-9 16130円 / 3連単 3-9-2 85710円
    ワイド 3-9 1700円 / 2-3 1350円 / 2-9 2660円

上位4頭無印という、まったく的外れな予想結果で、お恥ずかしい。。
結局、内枠の馬を重視して買えばよかったという結果ねえ・・・

今回は、混戦でどの馬にもチャンスありと、無印にした上位4頭も、買い目候補には当然入れていたのだが。。
最終的には、前有利の展開と踏んで、後方からレースを進める馬を軽視したわけで・・

ゼロスがスローに落として逃げると想定するも、トウカイパラダイスが、先行勢に厳しい流れを作る逃げに。。
この展開予想が外れて、予想も大ハズレの結果に。。
本命シゲルササグリは展開向かずの流れの中、それなりには頑張ってくれたが。。

勝ったラブイズブーシェは、昨年夏、函館で連勝し、洋芝適正、夏適正ある馬で、内枠となれば、当然買いの1頭。
私も最後まで買い目に入れていたが、最後は人気しすぎということと、脚質的に後ろから届かずと判断したのだが。
それが、捲りの競馬で早めに4コーナーで前に取りつく、古川の好騎乗もあって、重賞初制覇!
正直、鞍上古川は、あまり信用してなかったのだが、前走目黒記念も内をうまく突いており、評価しなかったのは反省。

2着ダークシャドウも、前走59キロで3着と好走しており、洋芝も札幌記念2着がある格上の存在。
58キロなら十分買いの1頭でしたが、こちらも後ろから届かずを想定して消した1頭で、展開読み違った。

3着ステラウインドは、前走東京で強い勝ち方し、小回りコース、洋芝コースは割引かと思ったのだが・・
小回りコースについては、中山で2勝しており、まったく問題なかったですね。
函館コースについては、函館リーディングの三浦への乗り替わりということを重視するべきだったか。
しかも、脚質的にも好位から競馬が出来る馬で、内枠に入り、手頃な7番人気なら、押さえておくべき1頭でした。

1番人気グランデッツァは結果的に展開が向かなった形だが、2走前のレコードが過剰評価されている感も。
所詮は、まだ古馬相手の重賞では、結果を出していない馬ということですからね。。

ここで巻き返しても不思議でなかったアンコイルドは、見せ場なく惨敗。。
またもや重賞を勝てない矢作厩舎と言ったところですが、ちょっと負けすぎ・・エルムSに登録あるけど、出るの?!

重賞では信用おけない矢作厩舎を本命にしなかったまではよかったが、結局はカスリもしない大ハズレの結果。
7月もあと1週となり、このままでは、7月全敗で終わりそうな流れというか、夏競馬全敗もありえそう・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

函館記念14(予想)

2014-07-20 00:27:58 | 函館記念
土曜はPO馬が3頭出走し、見事ナイアガラモンローが2戦目で勝ち上がってくれました。
しかし、あと2頭が、3.4秒差のドンジリに、3.0秒差のブービーという酷い結果・・
この2頭には、今後も期待が出来そうにありませんわ・・
日曜は、中京新馬戦にスナークエンジェルがデビューも、期待は薄いかな・・

日曜の函館メイン、函館記念の予想
芝 2000M G1 ハンデ 16頭立て

荒れるハンデ戦、今年も難しい・・・
本命馬を決めるだけで、1時間以上も費やした。。
当初、あまりの人気のなさを見て、アスカクリチャン本命で行くと決めたのだが・・
先週のプロキオンSで、7歳馬を本命にしたことを反省したばかりだったで、考え直す。。。

◎シゲルササグリ

このレースと好相性の巴賞組で、しかも前走より2キロも軽くなるのは有利。
まだ重賞実績のない格下馬に見られるが、鳴尾記念が0.3秒差、福島記念が0.2秒差と2000m重賞で健闘してます。
これまでの好走パターンが、前で競馬が出来た時で、今回、乗り替わりの四位が積極的に乗ってくれるかどうか。
そこは、洋芝得意の四位、函館が最も得意な四位ですので、しっかり、この馬のよさを出してくれるはず。
馬自身も前走が0.1秒差の3着で、昨年の夏も1着3着1着と、夏馬適正を示しております。
昨年のトウケイヘイローがゴールドヘイロー産駒ということで、今年も勝つのは地味サンデーの血で。


○アンコイルド

素直に、矢作厩舎のこの馬本命でもよかったのだが、今年は矢作厩舎と相性悪くて。
昨年同様の巴賞惨敗ローテで、今年も、普通にここで巻き返してくれるでしょう。
今年は57キロのハンデも、この斤量も札幌記念3着の実績があり、問題ないはず。
前走が香港帰りの初戦に加え、実績のない1800のレースだったということで、ここは走ってもらわないと。


▲アスカクリチャン

エリモハリアーの3連覇、マヤノライジンが3年馬券になるリピーター重賞。
なら、アンコイルドとセットで、今年も一緒に好走してくれそうなのが、昨年3着のこの馬。
当初は、この馬本命で行く予定も、7歳ということと、57.5キロのハンデが気になって・・・
とはいえ、このレースは、高齢馬が活躍してますし、昨年勝った馬は57.5キロなら、気にしなくていいか。
この馬も7歳になって凡走続きも、前走が展開不向き、春天が距離、日経賞が香港帰りという敗因があります。
ならば、得意の洋芝のここで、普通に巻き返してくるはず。
内枠がほしかったが、内へこだわるレースで結果を出している松岡への乗り替わりで、昨年の再現だ。


△リルダヴァル

洋芝実績のない、57キロの7歳馬なんて、買う要素ないのだが・・
そこは、元PO馬ということで、無視することは、出来ませんでした。
この馬、この1年間マイルばかりを使われましたが、ベストは1800の馬。
そして、2000の距離でも[1-2-0-1]で、着外の皐月賞でも0.4秒差で大負けしてません。
というわけで、距離は問題なく、初の洋芝も、力のいる馬場は得意なだけに、案外得意なのではと。
前走が58キロで0.4秒差と悪くない走りで、まだ衰えはないと見る。
G1では足りない馬も、昨年G3では0.2、0.3、0.2、0.3秒差とあと一歩のレースで、馬券圏内はありえる。


△グランデッツァ

前走が不良馬場、前に行けなかったと、敗因は、はっきり。
洋芝実績はあるし、2000mも問題ないとあれば、ここは秋へ向けて、絶対賞金加算したいところ。
あと、アドマイヤタイシとラブイズブーシェも買いたいのだが、ここは、あえて印を減らし
馬券は5頭のBOX3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (5)

【POG】シェアポイト狙いの指名馬4頭出走!

2014-07-18 22:44:59 | POGその他
JRA-VANのPOGシェアポイント狙いでの指名4頭目、そして5頭目が先週に続いて、また2頭デビュー。
先週のアルボルデヴィダ、タキオンレディーは、ともに大惨敗で、1円たりとも賞金を稼いでくれませんでした。
人気薄を指名するだけに、すぐに勝ち上がるのは難しいですが、なんとか掲示板にはのってほしい。

○モズレッドファーム
(牡 父バゴ 母スマートシャワー 栗・南井) 指名人数は20名。

土曜の中京5レース(芝 1200m 13頭立て)に鞍上は浜中でデビュー。
バゴ産駒といえば、昨年、クリスマスが2歳戦から活躍し、その前は、オウケンサクラが桜花賞2着の実績。
母系は、サンデー×ストームキャットという走る配合で、近親にはテンザンデザートがいます。
テンザンデザートはファンタジーS2着、フィリーズレビュー3着とPOG期間に活躍したので、この馬にも期待。

実は、南井厩舎の馬は、もう1頭候補がいて、どっちが先に出走した方を指名しようと思ったら、同日デビュー。
そのもう1頭が、

マツリダアンバター
(牡 父ブラックタイド 母 栗・南井) 指名人数16名。

土曜の中京6レース(ダート 1400m 16頭立て)に鞍上は国分でデビュー。
名前からマツリダゴッホ産駒かと思ったら、同じサンデー系でもブラックタイド産駒。
マツリダゴッホと同じオーナーさんですね。
アンバサダーじゃなくて、あんこ+バターというネーミングだそうです。

両方選んでもよかったのですが、アンバターはダートデビューだし、同厩舎の人気薄が2頭揃って活躍はないと。
で、マツリダアンバターは、指名を取りやめることにしました。

○スナークエンジェル
(牝 父タニノギムレット 母スナークスマイル 栗・川村)

日曜の中京5レース(芝 1400m 18頭立て)に鞍上は高倉でデビュー。
ギムレット産駒といえば、ウオッカ以降、G1馬が出てませんが、ハギノハイブリッドが久々に重賞制覇。
で、この馬、そのハイブリッドと同じ母母父がサンデーで、近親にはアイポッパーがいる血統。
18頭とフルゲートで、社台系の馬が6頭も出走と、掲示板も厳しいかもしれないが、頑張ってほしい。

更に、土曜の未勝利戦に、2頭の指名馬が出走。

◇アルボルデヴィダ
(牡 父ジャイアントレッカー 母ロングパイル 栗・飯田) 指名人数26名。

函館1レース(芝 1800m 12頭立て)に、鞍上池添で出走。
デビュー戦は、1200mで2.4秒差13着という大惨敗を喫したわけですが、なんと連闘策。
しかも、一気に距離を延長です。
母父スペシャルウィークという血に期待して、この距離延長で、馬が変わってくれればいいのだが。。

◇ナイアガラモンロー
(牝 父アドマイヤムーン 母マルハチメイフェア 美・堀井) 指名人数10名。

福島1レース(芝 1200m 12頭立て)に鞍上戸崎で出走。
なんと、デビュー戦の減量騎手原田から戸崎への大幅鞍上強化で、これは期待大なのか。
そのデビュー戦は10番人気で3着と大健闘とはいえ、着差は1.2秒差なので、ここで勝ち上がれるかは微妙。
いや、別に勝ち上がってくれなくていいんです。また、2着、3着あたりで、ずっと賞金を加算してくれれば。

土曜は、函館2歳Sがありますが、我がPO馬の出走はありませんので、馬券参戦はなし。
POG的には、地方馬に頑張ってほしいのですが、厳しいかな。
シェアポイントでいくと、指名人数の多いトウショウピストに勝ってもらいたいのだが。
指名人数の少ないアクティブミノル(24名)に勝たれると、困るのですが・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

七夕賞14((結果))

2014-07-14 22:02:56 | 七夕賞
2014年7月13日(日) / 福島 2000m 芝・右 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[1] 2 △メイショウナルト  セ6 56 田 辺 1:58.7 5
2[2] 4  ニューダイナスティ 牡5 55 吉田豊 1.3/4 10
3[4] 7 ▲マイネルラクリマ  牡6 58 柴田大 3/4 1
4[4] 8  ダコール      牡6 56 内 田 3/4 3
5[1] 1 ○ミキノバンジョー  牡7 55 田中勝 1.1/2 12
6[8] 15 △ラブリーデイ    牡4 57 川 田 1/2 2
7[7] 13  ヴィクトリースター 牡6 53 柴田善 1/2 7
8[3] 5  コスモバルバラ   牝5 50 武士沢 1/2 8
9[2] 3 △ダイワファルコン  牡7 58 北村宏 1.1/4 4
10[3] 6  イケドラゴン    牡9 48 石 神 アタマ 15
11[6] 12  グランデスバル   牡6 54 杉 原 1/2 9
12[5] 9  オートドラゴン   牡1 51 畑 端 2.1/2 16
13[5] 10 ◎マデイラ      牡5 54 大 野 3/4 11
14[7] 14  ロードオブザリング 牡7 53 石 橋 3/4 13
15[8] 16  アドマイヤブルー  牡5 54 横山典 1.1/4 6
16[6] 11  セイカプレスト   牡8 53 エスポ 5 14

払戻金 単勝 2 1200円
複勝 2 390円 / 4 630円 / 7 150円
枠連 1-2 3500円
馬連 2-4 15840円 / 馬単 2-4 33560円
3連複 2-4-7 15310円 / 3連単 2-4-7 121740円
ワイド 2-4 3070円 / 2-7 930円 / 4-7 1580円

こちらも本命馬が13着と大敗しての大ハズレで、連敗止まらず。。

このレースも、素直に1番人気マイネルラクリマからのヒモ穴狙いが正解だったレース。
しかも、穴は、内枠の先行馬というのも、例年の傾向から分かったいたのに、なぜ、10番の馬を本命にする・・

そこは、マデイラがスタートを決めて、素早くラチ沿いをキープしてくれれば、問題ないと思ったのだが。。
まさかのスタート出負け・・しかも、その後も、位置取りを前にも上げれず、ラチ沿いも当然取れずで終了。
この馬、実は渋った馬場が苦手でして・・やや重、重で惨敗実績。
今回、良馬場で行われたものの、当日は、雨が降っており、馬場は多少なりとも湿っておりました。
そのあたりもあって、馬の行きっぷりが悪く、まったく前に行けずで、出番なし。。

で、結果は、逃げたナルトがそのまま逃げ切り、道中、ずっとラチ沿いを走ったニューダイナスティが2着。
私の予想の中には、マデイラが逃げるか、もしくは2、3番手で終始ラチ沿いを走ってくれることを想定したのが。

勝ったナルトは、夏馬というより、いかに、気分よく、この馬を走らせるかがポイントで。
昨年夏は、武豊で結果が出てましたが、前走は、行きたがる馬を無理に抑えている感じで豊との呼吸は合ってなかった。
よって、今回は、田辺への乗り替わりは大きなプラスになったし、小回り平坦コースも、この馬には合ったか。
今年も、一応、ニジンスキー持ちの馬が、好走しましたね。来年も続くかな。

馬券のポイントになるのが、10番人気で2着にきたニューダイナスティなのだが・・
私はこの馬を菊花賞で本命にしており、ずっと気にしている馬で、今回も最後まで迷ったが、軸にするのは無理。
最後まで迷った2頭がメイショウナルトとニューダイナスティのどっちを買おうかだったので、結果的にどうにも。
パドック推奨で、この2頭のどっちかで迷ったと言った細江さんは、お見事でしたね。
ダイナスティについては、これまでの成績から、小回りコースが得意な感じもなく、ここで買う馬ではないと判断してしまったな。
しかし、枠順、脚質、そして、10番人気という人気を考慮すれば、狙いはあったか。。

過去に◎を打った馬は、その後も大事にしようとは、常々思いながら、なかなか実行出来ない自分に腹が立つわ。
夏競馬、全敗なんてことにならぬように、7月中に、1つ当てとかないと、酷い結末が待っていそうで、怖い・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

プロキオンS14((結果))

2014-07-14 22:00:19 | プロキオンS
2014年7月13日(日) / 中京 1400m ダート・左 / 曇・稍重
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[3] 6 △ベストウォーリア  牡4 56 戸 崎 1.22.6 1
2[2] 3 △キョウワダッフィー 牡6 56 福 永 クビ 2
3[1] 1 ▲ガンジス      牡5 56 国分優 1.1/4 10
4[7] 13 ○ノーザンリバー   牡6 58 蛯 名 クビ 3
5[4] 8 △サクラレグナム   牡5 56  幸  クビ 12
6[7] 14  ゴールスキー    牡7 57 浜 中 クビ 5
7[8] 15  ワイドバッハ    牡5 56 武 豊 クビ 7
8[4] 7  シルクフォーチュン 牡8 56 藤岡康 アタマ 8
9[1] 2  コーリンベリー   牝3 51 松 山 ハナ 4
10[3] 5 △キョウエイアシュラ 牡7 56 川 須 アタマ 13
11[5] 9 △ダノンカモン    牡8 57 パート 1/2 9
12[8] 16  パドトロワ     牡7 56 和 田 4 15
13[6] 12  サマリーズ     牝4 54 酒 井 2 11
14[6] 11 ◎アドマイヤロイヤル 牡7 57 小 牧 アタマ 6
15[5] 10  マーチャンテイマー 牝5 54 高 倉 1.3/4 16
16[2] 4  スリーボストン   牡7 56 北村友 1.1/4 14

払戻金 単勝 6 190円
複勝 6 120円 / 3 160円 / 1 740円
枠連 2-3 530円
馬連 3-6 550円 / 馬単 6-3 790円
3連複 1-3-6 6620円 / 3連単 6-3-1 18430円
ワイド 3-6 260円 / 1-6 1730円 / 1-3 3380円

うんん・・安易に、元PO馬2頭を信用しすぎた・・
前日の土曜にPO馬が2頭出走も13着、10着と、次走も期待出来ないほどの大敗でガッカリするも・・
同じ土曜に、元PO馬2頭が、そろって勝ってくれて、これは、元PO馬に乗るのが得策かと思ったのだが。。
だいたい、同じレースに元PO馬が2頭出走して、2頭とも好走した例は、ほとんどないわけで。。

ここは、1番人気が断然信用出来るレースであり、素直に、そこからヒモ穴狙いで仕留めるレースでしたね。
単勝1.9倍と圧倒的人気で勝ったベストウォーリアは、56キロで出走出来たここは斤量有利で、順当勝ち。
2着キョウワダッフィーも、安定感抜群のキャラ通りに、2着して、この結果も順当。

そして3着には、また調子を取り戻してきた矢作厩舎ガンジスが10番人気で穴をあけてくれました。
せっかく、贔屓矢作厩舎が、穴をあけてくれたのに、元PO馬がいたせいで、こっちを本命に出来なかったわ・・
しかし、元PO馬の人気は、6番人気と3番人気で、ガンジスは10番人気。
この人気を見れば、穴党なら、ガンジスから行くべきでした。
いや、このレースは、普通に、ベストウォーリアからいって、手堅く仕留めなければいけないレースでした。

本命にしたアドマイヤロイヤルは、出遅れて終了・・・
乗り替わり小牧は、一応、出遅れロスをカバーするべく、鞭を入れて、位置取りを上げようと努力はしてましたが。
そこで脚を使ったし、道中もずっと外外回るロスの多いレースで、直線では、既に余力なく、まったく伸びず。。
太目残りもあったし、そもそも7歳馬を本命にしたのも間違いだし、小牧への乗り替わりもプラスではなかったね。

なんだか、夏競馬も連敗地獄に突入したようで、厳しい夏になりそうです・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

七夕賞14(予想)

2014-07-13 00:35:25 | 七夕賞
寝苦しい季節がやってきたなあ。

日曜の福島メイン、七夕賞の予想
芝 2000M G3 ハンデ 16頭立て

◎マデイラ

前走は押して出したら引っ掛かってしまい、終始手綱を引く下手騎乗で参考外。
今回は、芝で[0-2-1-0]としっかり結果を出している大野への乗り替わりで、この乗り替わりは、プラスになるはず。
馬自身は、福島に実績はないとはいえ、平坦巧者だし、函館で実績があるので、小回りも対応可能。
前走控えて失敗したので、今回は、逃げる可能性もあり、いずれにしても前で競馬をしてくれるならチャンスあり。
血統的にも昨年穴をあけたタガノエルシコと同じ、母系にニジンスキーとミスプロの血を持ち、穴資格も十分。
54キロのハンデを活かして、前々で競馬が出来れば、粘り込める!


○ミキノバンジョー

最内に入った人気薄の逃げ馬なんて、穴のにおいプンプンですな。
それにつられて本命にするのは罠な感じがしたので、対抗としましたが、2年前の3着馬で、穴資格は充分。
更にこの馬は、完全な夏馬であり、暑いこの時期しか走らない馬なので、穴をあけるなら、ここしかない。


▲マイネルラクリマ

宝塚を自重して、2連覇を目指してここへ。
宝塚で2着(賞金5300万)よりも、ここを勝つ(4000万)可能性の方が高いと見ての出走でしょうかね。
福島2000は、得意舞台だし、58キロも福島記念で2着しており、普通に走れば、3着は外さないか。


△ダイワファルコン

先週、クラリティシチーで重賞取り損なった上原厩舎が、ここは有力2頭出しで勝負に。
福島記念で、実際、ワンツーを決めているように、ここも再度のワンツー実現は、十分ありえそう。
ただ、こちらは58キロで好走実績がないし、夏に好走している実績がないのも、ちょっと気になる。
更に、過去には鉄砲実績はあったが、年を重ねて、最近は休み明けで凡走しているのも、ちょっと気になる。
それでも、57.5キロで結果を出しているし、内枠に入ったし、鞍上が北村に戻るのもいいので、押さえます。


△ラブリーデイ

この馬も宝塚に出ても面白かった馬だと思うが、まだ重賞勝ってないので、ここに取りに。
小回り実績もあるし、2000mの距離に合っているが、外枠に入ったのは、痛かった。
それでも、このメンバーなら力は上位だし、騎乗停止を食らった川田が、ここは奮起するでしょう。


△メイショウナルト

セン馬になった復活したと思ったら、また突如スランプに。
近走不振が、季節的なもの、つまり、この馬が、夏馬だとすれば、ここで復活は、あるかもしれない。
内枠に入り、実績のある小回りコース、ここで復活できなければ、このまま終わっちゃうのでは。

馬券はマデイラを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント

プロキオンS14(予想)

2014-07-12 22:19:08 | プロキオンS
土曜は、JRA-VANのPOGのシェアポイント賞狙いで指名した2頭がデビューするも、結果は13着と10着と大敗・・・
やっぱり、血統的に魅力薄い馬だけに、なかなか思うように好走は、しれくれませんね。
それでも、なんとか、掲示板にのって、賞金を稼いでほしかったのだが・・
そんな、土曜も、元PO馬のエーシングルーオン、フラアンジェリコの2頭が7番人気、6番人気で勝ってくれました。
その流れにのって、日曜も、元PO馬2頭に素直に期待します。

日曜の中京メイン、プロキオンSの予想
ダート 1400M G3 別定 16頭立て

◎アドマイヤロイヤル
○ノーザンリバー

元PO馬2頭がベストの条件で出走とあれば、その2頭のワンツー期待。
ロイヤルは、昨年の覇者で、2年前も2着と、この条件はベストで、今年は57キロも背負い慣れた斤量。
7歳という年齢から衰えが心配も、前走、57.5キロで3着と走っているし、得意条件のここなら崩れない。
あとは、テン乗り小牧への乗り替わりだが、昨年勝った時のように、中段で競馬さえしてくれたら、届くはず。

リバーは、昨年まで右回りでしか勝ってなかったが、今年、根岸Sで2着になり、フェブラリーSでも4着と好走。
その勢いは地方でも止まらず、前走も左回り1400で勝ち、今は、この条件がベスト舞台か。
こちらは[2-2-0-0]と相性抜群の蛯名が引き続き鞍上という心強さもあり、勝つなら、こっちかな。


▲ガンジス

一時、藤沢厩舎にリーディングの座を明け渡しが、再びトップに立った矢作厩舎。
しかし、今年はまだ、重賞勝ちがないのだが、休み明けは、グランプリボスで穴をあけたし、この馬でも。
昨年も休み明けだったのだが、結果は、6着も0.4秒差なら、展開ひとつで馬券圏内へ。
今回は、ここ2走で付けて結果が出なかったブリンカーを外すということで、これが、好走のきっかけになれば。
なんとか、最内を活かして、好位で競馬が出来れば、十分勝ち負け出来る力はある。


△キョウエイアシュラ

7歳にしてダート路線に転向して、4着、1着と結果を残す。
今回、初のダート重賞挑戦ということで、かなり荷が重いが、人気もないし、気軽な立場で穴期待。
前走負かした馬が、アンタレスS4着馬なら、ここでもやれるかも。


△サクラレグナム

こちらも重賞初挑戦と格下の馬なのだが、前走勝ちの勢いで。
下級条件とはいえ、現在6戦連続馬券圏内で、3走前にキョウワダッフィーと0.1秒差なら、ここでも。


△ダノンカモン

8歳馬とはいえ、3走前に8歳にして初重賞制覇と、まだやれる。
昨年は1番人気に支持され3着と走っており、今年は人気も急落で、気楽な立場で3着争いぐらいなら。


△キョウワダッフィー&ベストウォーリア

ダッフィーは、ダートでは、いまだ3着を外していない超堅実派で、ここでも。
ウォーリアは、このレースは、とにかく1番人気馬が、確実の馬券になっているので、絶対消せない1頭。

馬券はロイヤル&リバーの2頭軸の3連複で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (2)

【POG】シェアポイント狙いの2頭デビュー!

2014-07-11 22:25:03 | POGその他
JRA-VANのPOGシェアポイント狙いでの指名2頭目、そして3頭目が同日にデビュー。
先週の1頭目ナイアガラモンローは、見事、10番人気で3着と激走してくれましたが。
まあ、そうはうまくいかないと思いますので、今回は2頭のうち、1頭でも掲示板に乗ってくれれば。

○アルボルデヴィダ
(牡 父ジャイアントレッカー 母ロングパイル 栗・飯田)

私が指名した時は、たしか10名の指名だったと思うが、出走が決まり14名となり、最終的には22名に。
昨年までは、出走が確定した段階で、指名は出来ないシステムだったのに、今年から出走の前日まで指名がOKに。
このせいで、せっかく人気薄を狙って事前に指名していても、直前に駆け込み指名が入ってしまうのは残念だわ。

読みずらい馬名ですが「生命の樹」という意味らしいです。
父ジャイアントレッカーは、ジャイアンツコーズウェイ産駒ということで、ストームキャット系ですな。
2009年から日本で種牡馬入りしたわけですが、まだ中央では活躍馬は出てません。
先週のラジニケ賞に、同産駒のトシザキミが出走してましたが、ハイペースで逃げて、ドンジリでしたね。
というわけで、この産駒に期待するのは酷なような気もするが、母父スペジャルウィークの血でなんとか。

デビュー戦は、土曜の函館5レース(芝 1200m 16頭立て)で、鞍上は池添です。
まったく人気薄かと思ったら、前日の単勝人気は、なんと4番人気。
もしかして、勝ち負け出来ちゃう?!

○タキオンレディー
(牝 父クロフネ 母キョウエイタキオン 栗・柴田)

こちたは、私が指名した時は12名程度で、出走が決まった時点で20名となり、最終的には26名に。
名前の通り母父アグネスタキオンでクロフネ×サンデー系という配合なら2歳から走る血統で、指名したのですが。
更に、こちらは、近親にテイエムオペラーがいる血統だけに、もしかしたら大化けの可能性も・・・ないか。。。

デビュー戦は、土曜の中京5レース(芝 1400m 15頭立て)で、鞍上は高倉です。
こちらも、人気薄だと思ったら、同じく、前日の単勝人気は4番人気だ。
こちらも、十分期待していいのかな?!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

【POG】ペガサスボス、デビュー勝ち!

2014-07-08 21:57:49 | POGその他
ペガサスボス
(牡 父ディープインパクト 母ファイトガリバー 栗・矢作)

矢作厩舎のディープ産駒ということで指名した1頭。ポルトドートウィユに続く2頭目の通常POG指名。
社台系の馬ではなかったので、ギリギリまで指名を躊躇していたのだが、この早い時期でのデビューで、急遽指名決行。
で、結果は、日曜の中京新馬戦(芝 1600m)で、見事に1番人気に応えるデビュー勝ち!
鞍上の岩田も、レース後に「かなり走る馬」と好評価だったし、矢作厩舎も「7分の仕上げで勝てた」と、今後にも期待大です。
次走は、新潟2歳Sを目標に調整されるようで、2歳時の内に、賞金加算が出来れば、ほんとに期待は広がるわ。

岩田-矢作-ディープ産駒といえば、3年前にディープブリランテがダービー制覇してますので、その再現を。
矢作厩舎の2歳戦としては、今年、3頭目での勝ち上がり。
既に矢作厩舎に入厩している馬の中では、メジロドーベルの仔レーヌドブリエ(父ゼンノロブロイ)も指名予定。

そして、同じ日の福島新馬戦に、もう1頭、POG指名馬がデビュー。
但し、こちらは、通常のPOG指名ではなく、JRA-VANのPOGで採用させているシェアポイント戦狙い。
つまり、指名数の少ない馬を指名して、その馬の獲得賞金を少ない人数でシェアして、上位を狙うもの。
通常のPOGの目的は、ダービー馬を探して、トータル的に、獲得賞金上位を争うものですが。
シェアポイント制は、とにかく、指名数の少ない馬を選んで、その馬が、いかに賞金を稼いでくれるかが勝負。
で、今回、選んだ1頭がこちら

○ナイアガラモンロー
(牝 父アドマイヤムーン 母マルハチメイフェア 美・堀井)

指名した時は、7名の指名数だったが、出走が決まってから3名増えて、最終指名人数は「10名」
母父ホワイトマズルで、更に母系には、リアルシャダイの血もあり、スタミナ満点、距離は伸びていいはず。

日曜の福島新馬戦(芝 1200m)に10番人気でデビューして、見事、3着に入ってくれました。
複勝は1280円もついてたぞ。馬券は買っていませんが・・
減量騎手の原田騎手が乗ったので、51キロでの出走だったが、牝馬ながらに500キロを超える雄大な馬体。
この体格なら、結構、間隔つめて使っても、大丈夫ではと、期待したくなるが。

新馬戦の3着の賞金は、180万円。
これを10人でシェアするということで、1人当たり「180,000」ポイントになります。
ちなみに、私が最初に指名したポルトドートウィユに指名人数は13,543人。
で、デビュー戦の結果が2着で、獲得賞金280万円に対して、シェアポイントは、わずか「206」ポイント。

基本的に、指名人数が少ない馬からチョイスしたのだが、堀井厩舎は、昨年、アポロソニックでダービー3着。
他にも、マイネルレコルトで朝日杯を勝ち、シベリアンメドウ、アポロドルチェ、マイネルモルゲンが2歳重賞制覇。
というわけで、なかなかPOG向けの厩舎だったりするので、この後は、とにかく、沢山使ってもらって賞金稼いでね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

ラジオNIKKEI賞14((結果))

2014-07-07 21:57:23 | ラジオNIKKEI賞
2014年7月6日(日) / 福島 1800m 芝・右 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[5] 9  ウインマーレライ  牡3 54 松 岡 1:45.9 5
2[2] 4 ○クラリティシチー  牡3 55 内 田 1.1/4 1
3[2] 3 ◎ウインフェニックス 牡3 54 石 橋 アタマ 7
4[1] 2  オウケンブラック  牡3 52 田中勝 1.1/4 10
5[8] 15  ラディウス     牡3 52 柴田大 1/2 16
6[1] 1  カウニスクッカ   牝3 51 伊藤工 1/2 13
7[6] 12 △ミヤビジャスパー  牡3 55 池 添 ハナ 6
8[7] 13 △ピオネロ      牡3 55 蛯 名 1.1/4 2
9[3] 5  ベストドリーム   牡3 53 西 田 クビ 11
10[8] 16  メドウヒルズ    牡3 54 吉田豊 2 9
11[4] 7  ショウナンワダチ  牡3 56 北村宏 3 4
12[6] 11  ラリングクライ   牡3 54 戸 崎 クビ 3
13[5] 10  ハドソンヤード   牡3 53 松 若 3/4 8
14[4] 8 ▲ブレイヴリー    牡3 53 古 川 1.3/4 12
15[7] 14  イダス       牡3 53 川 島 2.1/2 15
16[3] 6 △トシザキミ     牝3 51 柴田善 5 14

払戻金 単勝 9 980円
複勝 9 280円 / 4 140円 / 3 310円
枠連 2-5 1170円
馬連 4-9 1820円 / 馬単 9-4 4280円
3連複 3-4-9 6020円 / 3連単 9-4-3 34060円
ワイド 4-9 810円 / 3-9 1320円 / 3-4 740円

このレースは、当てなきゃいけないレースでしたねえ・・・
なんで、ウインマーレライ買ってないの・・・

当初、ウイン2頭については、2頭とも買う予定でいたのだが・・
そのウイン2頭は、こちらの想定以上に穴人気しており、こういう時は、こないパターンと勝手に解釈。
しかし、今回のメンバーを見れば、想定以上に人気というよりは、ちゃんと適正人気だったか。
むしろ、ラリングクライが過剰人気で、ショウナンワダチも、血統的には、危険な人気って感じで。

今回、福島1800を既に勝っていた馬が2頭いて、その2頭が、ウインの2頭という分かりやすい結果。
なら、マーレライの方も、当然買いなのに、3歳になってからの成績が尻つぼみで、早熟と評価してしまった。
しかし、前走の青葉賞は0.3秒差だし、しっかり前で競馬も出来ており、距離短縮のここは、絶好の狙い目。

本命フェニックスの方も7番人気と穴人気かげんで、馬券的には、更に人気薄を狙わないことには爆発しないと。
そこで、当初、買い予定だったマーレライから、人気薄のブレイヴリーとトシザキミを抜擢。
穴党なので、結果はどうあれ、この人気薄2頭を選んだことは仕方ないにしても、替わりに消す馬のチョイスが。

福島コースというコース適正を考慮すれば、消し候補は、ピヨネロとミヤジジャスパーの2頭だったに・・
いつのこととはいえ、予想が下手すぎて、何年、馬券買ってても成長の跡がなさすぎですな。。

勝ったマーレライ、3着フェニックスともに、道中、ラチ沿いを走るロスのない競馬。
ダービーの時もそうでしたが、内にこだわった時の松岡の騎乗は、素晴らしいですね。
逆にクラリティシチーは、後方から外を回す下手な競馬でしたが、自力で2着を確保しました。

こういう馬券を取り逃しているようでは、馬券収支プラスは、無理ですな。
とにかく、またいつもの連敗地獄に陥らないように、7月は早めに1つ当てておきたい。
ちなみに、元PO馬アロマティコが快勝した函館の巴賞でしたが、我が馬券は大ハズレでした・・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

CBC賞14((結果))

2014-07-07 21:53:23 | CBC賞
2014年7月6日(日) / 中京 1200m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[6] 11 トーホウアマポーラ 牝5 53 福 永 1:08.6 4
2[4] 8 エピセアローム   牝5 55 浜 中 1/2 3
3[8] 16 ニンジャ      牡5 54 酒 井 1.1/4 10
4[5] 9 ◎スギノエンデバー  牡6 57 和 田 3/4 9
5[4] 7 △ベルカント     牝3 52 武 豊 クビ 1
6[1] 2  ワキノブレイブ   牡4 54  幸  クビ 8
7[7] 13  ティアップゴールド 牡8 53 北村友 アタマ 15
8[2] 3  ルナフォンターナ  牝5 55 岩 田 クビ 2
9[6] 12 △マヤノリュウジン  牡7 56 小 牧 クビ 6
10[7] 14 △マコトナワラタナ  牝5 53 川 田 ハナ 7
11[3] 5  カイシュウコロンボ 牡6 54 太 宰 1/2 16
12[2] 4 ○レオンビスティー  牡5 54 川 須 クビ 11
13[8] 15  スイートジュエリー 牝5 53 松 山 クビ 13
14[3] 6  サクラアドニス   牡6 54 国分恭 アタマ 14
15[5] 10 ▲ブルーデジャブ   セ7 54 国分優 クビ 12
16[1] 1  リアルヴィーナス  牝3 50 藤岡康 2.1/2 5

払戻金 単勝 11 950円
複勝 11 290円 / 8 240円 / 16 750円
枠連 4-6 680円
馬連 8-11 2670円 / 馬単 11-8 5660円
3連複 8-11-16 22400円 / 3連単 11-8-16 116100円
ワイド 8-11 890円 / 11-16 3650円 / 8-16 2580円

上位3頭無印という、まったく酷い予想結果・・・

本命スギノエンデバーは、最後、よく追い込んでくるも、4着が精一杯。
トップハンデだったので、もう少し、前の位置取りで競馬をしてほしかったが、行けなかったようで。
まあ、ハンデ戦で、トップハンデの馬を本命にするというセンスのない予想をした自分が悪いね。

穴で期待したブルーデジャブ、レオンビスティー、マコトナワラタナは、みんな後方からで出番なし。
開幕週の中京ということで、ある程度の位置取りで競馬が出来る馬を穴でチョイスすべきで、ここもセンスなし。

1、2着馬は、ともに阪神牝馬Sからの休み明け牝馬。
休み明けなのに、人気しているという理由だけで、消したのは、無謀すぎたな。
勝ったトーホウアマポーラは、阪神牝馬Sで2番人気に支持された馬で、10着で負けたとはいえ0.4秒差だった。
エピセアロームにいたっては0.1秒差だし、こちらは、セントウルS勝ちに、スプリンターズS4着という実績もあり。
更にトーホウは、53キロとハンデにも恵まれたし、牝馬に強い福永への乗り替わりもよかったわけか。
宝塚のヴィルシーナといい、牝馬の扱いは、福永はうまいです。
エピセアは、このメンバーでは実績断然だったが、昨年の高松宮記念14着という実績だけで、嫌ってしまった。

今回の馬券ポイントは、3着ニンジャなのだが、人気的に穴馬として、検討対象の馬だったが、いざ成績をみると。
中京実績がこれまで3戦して全て着外だけでなく、左回りが8戦して全て着外という成績を見て、消してしまった。
しかし、今の中京コースは、外枠が有利なコースということで、うまく立ち回れましたね。

また連敗街道に入り込んでしまいそうな予感漂う、馬券のハズし方で、7月がスタートし、悪い流れに流されそう。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント