susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

【POG】今週は4頭が出走!

2015-04-30 22:17:36 | POGその他
先週は6頭と、大挙出走しましたが、通常POG指名の2頭が勝ち上がってくれました。
シェアポイント順位は、1頭が4着で若干ポイント加算も、323位から331位へと後退。
もう今年のPOGも、残すところ、1ヶ月を切りましたので、最後の悪あがきで、どこまで頑張れるか・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

◆ラヴィダフェリース
(牡 父ディープインパクト 母アドマイヤハッピー 栗・池江)

先週の土曜の京都3レース未勝利戦(ダート1900m 16頭立て)に出走し1.5秒差の6着。
やっぱり、芝での走りが見たいです。芝に戻してほしいなあ。

◆レーヌドブリエ◎
(牝 父ゼンノロブロイ 母メジロドーベル 栗・矢作)

先週の土曜の京都4レース未勝利戦(芝1800m 18頭立て)に出走し、ようやく勝ち上がってくれました。
 前残りの展開をメンバー最速の34.1の上がりで逃げた馬を最後にクビ差捕えてくれました。
中2週での出走でしたが、プラス2キロで、416キロとして、なんとか馬体は維持してました。
今後も更なる馬体の成長を待ちたいが、もうPOGは終わっちゃうなあ・・・

○スナークエンジェル
(牝 父タニノギムレット 母スナークスマイル 栗・川村) 指名人数13人

同じく、京都4レース未勝利戦(芝1800m 18頭立て)に出走し1.2秒差の12着惨敗。
中4週での出走で馬体が10キロ増えていたのはいい材料だったが、一気の距離延長に対応出来ずか・・
ダートで見直しかな。

◆アドマイヤスカイ◎
(牡 父ディープインパクト 母アドマイヤカンナ 栗・橋田)

先週の土曜の橘S(芝1400m 12頭立て)に出走し1.2秒差の10着と惨敗。
勝って、NHKマイル出走へ滑り込みという思惑も虚しく、まったく見せ場ない惨敗でしたね・・・
後方に位置取り、前残りの流れで展開向かずも、上がりが35.2しか使えず、まったく直線で伸びず・・
これで、今年のNHKマイルのPO馬の出走はなしとなりました。。。代わりに勝ったマテンロウハピネス買うか。

◆メリーモナーク◎
(牡 父キングカメハメハ 母リッチダンサー 栗・橋田)

先週の日曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に出走し、見事勝ち上がってくれました。
3か月半ぶりの出走で、初ダートでしたが、途中からハナを奪う積極先で、鮮やかに勝ってくれました。
上はみんな芝で活躍しているのに、この馬は、この先もダートで頑張るのかなあ。

○アウトゼアー
(牡 父ダンスインザダーク 母マッキーアイドル 栗・西橋) 指名人数9人

先週の日曜の京都5レース未勝利戦(芝 2000m 18頭立て)に出走し0.4秒差の4着。
今回は、後方待機策でなく、中段からレースを進めてくれたが、レース結果が前残りだっただけに、もっと前で・・
上がりはメンバー最速の34.3も、3番手から競馬した勝ち馬が上がり34.4ですからねえ・・
やはり、2000mでは、まだ距離が足りなく、もっと長い距離なら、楽に前目に取り付けるのでは。
何度も書いてるけど、2400mのレースでの走りが見たいわ。
いや、3000mでの走りが見たいが、そんな距離の未勝利戦はありませんね・・・菊花賞出走を目指せ!

今週は、青葉賞に、お馴染みの血統、レーヴミストラルが出走予定。
勿論、勝ってダービーに行ってもらいたいと思いますが、最低でも2着で出走権利は取ってほしいところ。
その他に、今週は、シェエアポイント狙いの3頭が出走予定。

○アルボルデヴィダ
(牝 父ジャイアントレッカー 母ロングパイル 栗・飯田) 指名人数26人

日曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が秋山に乗り替わりで出走。
中2週の出走も、ここまで13、12、10、12、7、11着と、散々な成績ですから、まったく期待はしてません。。

○タキオンレディー◎
(牝 父クロフネ 母キョウエイタキオン 栗・柴田) 指名人数27人

 日曜の京都5レース500万(ダート1200m 14頭立て)に鞍上が加藤祥に乗り替わりで出走。
 2か月半ぶりの出走ですが、鞍上が前走のデムーロ弟から、1年目新人の加藤祥太に乗り替わりとは・・
 馬自身は、500万に上がってから、3着、2着と好走してますので、ここでも期待したいのだが。
 なんとか、3キロの減量の恩恵を活かして頑張ってほしいな。

○ミュストレディ
(牝 父ゼンノロブロイ 母レディマールボロ 栗・矢作) 指名人数27人

日曜の新潟6レース未勝利戦(芝)に鞍上が森に乗り替わりで出走。
中1週という強行軍で、新潟遠征というローテは不安ですが、前走も福島で3着と頑張ったので、ここでも。
先週、今年10勝目を上げ、ようやくエンジンがかかってきた感じのある矢作厩舎なので、その勢いで、頼む。

今週は、G1春天がありますが、今のところ、元PO馬から勝負する予定ですが、じっくり考えます。
コメント

フローラS15((結果))

2015-04-28 22:24:39 | フローラS
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年4月26日(日) / 東京 2000m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[3] 5 △シングウィズジョイ 牝3 54 内 田 2:01.8 2
2[3] 6 △ディアマイダーリン 牝3 54 横山典 クビ 1
3[1] 1 △マキシマムドパリ  牝3 54 武 豊 クビ 3
4[1] 2  ウインアキレア   牝3 54 柴田大 1/2 12
5[5] 10  エバーシャルマン  牝3 54 石 橋 クビ 8
6[6] 11  バンゴール     牝3 54 柴 山 クビ 10
7[8] 16  ナガラフラワー   牝3 54 川 島 3/4 5
8[4] 7  アスカビレン    牝3 54 秋 山 アタマ 11
9[7] 13 ◎ゴージャスガール  牝3 54 大 野 1.1/4 13
10[6] 12 ▲フロレットアレー  牝3 54 田 辺 ハナ 4
10[2] 4  ロックキャンディ  牝3 54 吉田豊 1.1/4 7
12[7] 14 ○サダムブルーハワイ 牝3 54 松 岡 クビ 14
13[8] 15  グリシーヌシチー  牝3 54 三 浦 クビ 15
14[4] 8  アドマイヤピンク  牝3 54 柴田善 1.1/4 9
15[5] 9  リアンドジュエリー 牝3 54 蛯 名 クビ 6
16[2] 3  タマモボレロ    牝3 54 江田照 3/4 16
17[8] 17  レッドカーラ    牝3 54 武士沢 1 17

払戻金 単勝 5 600円
複勝 5 190円 / 6 140円 / 1 230円
枠連 3-3 1130円
馬連 5-6 1120円 / 馬単 5-6 2710円
3連複 1-5-6 1970円 / 3連単 5-6-1 10710円
ワイド 5-6 410円 / 1-5 750円 / 1-6 470円

人気3頭の決着では、穴党の出番なし・・・
開幕週の先行有利な馬場で、まさか人気3頭が揃って、前目で競馬するとは・・・

勝ったシングウィズジョイは、クイーンSでも0.3秒差だったし、今回の相手で、開幕週の前有利馬場なら。
お母さんは、このレース5着でオークス行きを逃したが、娘は見事に勝利でオークス行きを決めました。
鞍上の内田も、このレース、4勝目ということで、とにかく相性のいいレースでしたね。

2着ディアマイダーリンは、後方からの競馬なるかと思ったが、まさかの3番手からの積極先。
クビ差で勝ちは逃すも、やはり東京では堅実に走ります。
ハーツクライ産駒で、距離延長も問題なく、更に距離伸びる本番でも有力の1頭になりそうか。

3着マキシマムドパリは、デビューから馬体減が続き、今回、マイナス18キロの432キロでの出走。
デビュー470キロから、40キロ近くも馬体を減らして、これはダメかと思ったけど、よく頑張った。
本番も、再度、長距離輸送となると、また馬体減の不安あり。
昨年のサングレアルは、休み明けだったのにマイナス体重で出走し、本番では更に大幅馬体減で大敗してるし。

本命にしたゴージャスガールは、前で競馬出来るとみて、本命にしたのに、まさかの後方からの競馬。
先行決着の今回、当然出番なし・・
上がり最速も、同タイムの馬が計5頭もいては、あまり価値なし。
やはり、田辺から大野への乗り替わりが、大きくマイナスに作用したかな。。。

今回、特にインパクトを与えた馬も見当たらず、本番オークスは、普通にルージュバックが巻き返しそうか。

そんなことより、3月に続いて、4月も結局、全敗に終わった我が予想・・・
かれこれ、3か月も馬券が当たっていません・・・苦しい・・苦しすぎる。。
これだけ当たらないと、しかもカスリもしない予想だと、競馬熱が、また下がる・・・
なんとか、自分の競馬熱を取り戻すべき、春天は、死にもの狂いで予想するぞって、予想に死にもの狂いって・・
とにかく、春天は、当てます!・・・当てたい。。。当たれ・・
コメント

マイラーズC15((結果))

2015-04-28 22:23:44 | マイラーズC
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年4月26日(日) / 京都 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[7] 15  レッドアリオン   牡5 56 川 須 1:32.6 8
2[2] 4  サンライズメジャー 牡6 56 四 位 クビ 5
3[4] 7 △フィエロ      牡6 56 戸 崎 クビ 1
4[5] 10 ▲エキストラエンド  牡6 56 小 牧 1/2 6
5[5] 9 △フルーキー     牡5 56 浜 中 クビ 2
6[3] 5  シャイニープリンス 牡5 56 川 田 3/4 11
7[3] 6  ディアデラマドレ  牝5 54 藤岡康 1/2 3
8[6] 11  ロサギガンティア  牡4 56 岩 田 ハナ 7
9[7] 13  タガノグランパ   牡4 56 高 倉 3/4 15
10[2] 3  マイネルメリエンダ 牡4 56 柴田未 3/4 13
10[8] 18  クラレント     牡6 56  幸  同着 9
12[8] 16 ◎ヒストリカル    牡6 56 松 山 3/4 10
13[6] 12 ○エールブリーズ   牡5 56 ルメー クビ 14
14[4] 8  タガノブルグ    牡4 56 酒 井 クビ 17
15[8] 17  マジェスティハーツ 牡5 56 武 幸 1/2 16
16[7] 14  ミッキードリーム  牡8 56 太 宰 1/2 18
17[1] 2 △テイエムタイホー  牡6 56 松 田 クビ 4
18[1] 1  マイネルホウオウ  牡5 57 和 田 1/2 12

払戻金 単勝 15 2240円
複勝 15 500円 / 4 340円 / 7 140円
枠連 2-7 9690円
馬連 4-15 15340円 / 馬単 15-4 32690円
3連複 4-7-15 10350円 / 3連単 15-4-7 98650円
ワイド 4-15 4090円 / 7-15 1120円 / 4-7 690円

京都マイルは、ディープ産駒という安易な予想で、酷い結果に・・・
開幕週の京都ということで、先行馬が止まらない。
尚且つ、今回は、逃げ馬不在のメンバー構成で、スロー濃厚の先行有利は明白でした。
ならば、先行脚質の馬から馬券を買うのが正解なわけで・・
1、2着馬は、見事、先行馬・・その2頭を無印にしているようでは、話にならん。。。

勝ったレッドアリオンは、マイルCSでは、○を打って期待した1頭だったのだが・・
今回は、そのマイルCSで14着と惨敗した印象が強すぎて、まったく買う気が起きなかった。
しかし、昨年のこのレースでも、逃げて4着と粘っており、今年のメンバーなら勝ち負け出来たわけか。

2着サンライズメジャーは、もう休み明けというだけで、即消ししてしまった・・・
前走スワンS2着は、1400mだったとはいえ、京都マイル戦でも勝っており、距離延長は、何ら問題なし。
今回は、逃げ馬不在と見て、果敢に逃げた四位の好騎乗がひかりました。

3着フィエロは、道中、後方の厳しい位置取りから、直線、内を突いて、何とか馬券圏内に。
前残りの展開不向きの中、良く走ったという印象で、安田記念でも引き続き、人気しそうだな。

本命にしたヒストリカルも、後方からの競馬も、こちらの想定通り、捲りの早めの競馬をしてくれたのだが・・
前が止まらず、捲りきれずの、前走と同じような展開で、更に今回は、直線伸びずで、12着惨敗。
今回は展開も向かなかったが、やはり、重賞では力が足りない感じか・・

今回は、ヒストリカルの他にも、ディアデラマドレとクラレントの計3頭の元PO馬が出走したのだが、共倒れ。
クラレントは弟が勝って、兄貴惨敗という恥ずかしい結果だったが、大外枠が厳しかった。
ディアデラマドレは、スタートの出遅れが致命的。。上がりは脅威の31.9!!
まさに、末脚の無駄遣い・・・
ここ惨敗で、人気落ちのヴィクトリアMで狙う予定が、この上がりタイムで過剰人気になっちゅうか?

安田記念へ向けては、強烈な勝ちっぷりを見せつけたモーリスが一歩リードの様相だが・・
そもそも、ダービー卿CTと安田記念はリンクしないだけに、今年も混戦模様になりそうかな。
コメント

フローラS15(予想)

2015-04-25 22:54:32 | フローラS
日曜日の東京メイン、フローラCの予想
芝 2000M G2 馬齢 17頭立て

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

昨年は▲サングレアル、◎ブランネージュで決まり、馬連ズバリ的中出来たレースでしたが。
今年は、PO馬の出走もなく、特に買いたい馬も見当たらず、まったくもって、難解なレースです・・

◎ゴージャスガール

このレース、G2とは名ばかりで、未勝利勝ち直後の馬でも馬券になるレース。
この馬、未勝利勝ち直後とはいえ、既に東京2000mを3度も走っている実績の持ち主。
今回、出走メンバーで、東京2000mを経験済みなのは、この馬だけで、その経験の差が、生きるはず。
3戦した東京では勝ち上がれなかったとはいえ、0.4秒、0.5秒、アタマ差と、どんどん競馬が良くなっていた。
前で競馬が出来るので、開幕週の東京コースも合いそうだし、今回は逃げ馬不在で、スローの前有利が濃厚か。
オークスでのルージュバックのライバルが、同厩舎から出てくるという流れは、どうでしょう。
ここ数年、ジャンポケ産駒から活躍馬が出ていないので、得意の東京コースで重賞勝ちを見たいところ。


○サダムブルーハワイ

昨年、13番人気馬を3着に持ってきたように、ここでの松岡は怖い。
ここ10年で[0-1-4-4]と半分も馬券に絡んでおり、松岡の一発に今年も期待だ。
馬自身も、前で競馬が出来る強みがあるし、2000mも2度経験し、それなりに好走している。
ハービンジャー産駒は土曜の新緑賞を勝っており、こちらは近親に共同通信杯勝ちのショウナンアルバがいて、東京も大丈夫。


▲フロレットアレー

ディープ産駒で、近親に秋天勝ちのスピルバーグがいて、血統だけで買いの1頭。
東京1800で2着という実績もあり、大幅な馬体減さえなければ、普通に勝ち負けしてきそうね。


△シングウィズジョイ

鞍上の内田は、このレース、既に3勝もしている相性いいレース。
馬も関西馬ながら、既に東京で2度走ってるし、前で競馬するタイプで、開幕週の東京コースもいいはず。


△ディアマイダーリン

このレースと相性のいい、フラワーC組は、今年はこの馬のみ。
そのフラワーCは休み明けで勝ちきれなかったが、ひと叩きされて、2戦2勝の得意の東京で巻き返す。


△マキシマムドパリ

近親に、このレース3着のハシッテホシーノ。
そして、桜花賞、皐月賞と勝ち、現在、種牡馬リーディングトップとなったキンカメ産駒という血の勢い。
まあ、それ以上に、デビュー以来、3着を外していない堅実派だし、2000mで圧勝経験もあり、有力の1頭。

馬券はゴージャスガールを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (1)

マイラーズC15(予想)

2015-04-25 21:19:58 | マイラーズC
日曜の京都メイン、マイラーズCの予想
芝 1600M G2 別定 18頭立て

京都マイル戦といえば、黙って「ディープ産駒を買え」というレースですね。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

◎ヒストリカル

何気に、京都マイル戦は初めてなんですけど。
てか、この馬、マイル戦では、まだ勝ってないんだよなあ。
ここまでマイル戦は5戦して、3着3回の着外2回。
2度の着外は、重馬場と、横典の最後方ポツン策がハマらずの1戦で、どちらも言い訳のきく惨敗。
そして、京都といえば、きさらぎ賞2着の実績があるが、出走は2年ぶりとなる。
とはいえ、兄にカンパニーがいるわけだから、この舞台が合わないわけがない。
しばらく低迷していたわけだが、2走前、捲りという戦法で、見事な圧勝劇を見せてくれた。
前走も、その再現を狙ったが、捲りきれずに、3着も、あの戦法が出来れば、開幕週の京都でもやれる。
桜花賞では消極的な騎乗でガッカリさせた松山だが、ここは、しっかり、早めに捲る、積極策を頼むよ。


○エールブリーズ

昨年は本命にしたのだが、出遅れて、この馬の競馬が出来ず終了。
今年は、ルメールが鞍上ということで、うまく乗ってくれることに期待だ。
この馬のベストが1400というのは成績から明らかで、マイルは7戦未勝利なのだが。
出遅れた昨年と不良馬場だったレースを除けば、0.5秒差内の競馬をしており、うち3戦は0.1秒差だ。
京都は6戦して[1-3-0-2]と、それなりに結果を出している。2度の着外がマイル戦なのは気になるが・・
近走は、距離不足や馬場に泣いて結果が出ていないが、開幕週の京都マイル戦なら、力は出せるはず。


▲エキストラエンド

3頭出しのディープ産駒の1頭であり、3頭出しの角居厩舎の1頭。
おまけに社台レースホースの3頭出しの1頭でもあり、ここまで揃えば、この馬本命でよかったかな。
京都マイル実績も抜群だし、乗り替わりの小牧が不安に思ったが、小牧はこのレース、連覇してるんだよな。
それでいて、人気が離れた5番人気なら、やっぱりこの馬軸でよさげか・・


△テイエムタイホー

6歳になって、急に強くなったのか、抜群の安定感に。
前で競馬が出来るタイプなので、内枠は大きなプラスだし、開幕週の京都馬場も、更なるプラス材料。


△フルーキー

安田記念へ向けて、賞金加算が必要なだけに、3頭出角居厩舎の中でも一番の勝負気配か。
前走は後方からの競馬になったが、好位からでも競馬が出来るタイプなので、開幕週のここでも怖い1頭。


△フィエロ

昨年の2着馬で、マイルCSの2着馬で、ディープ産駒ですから、買え。

馬券はヒストリカルを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント (2)   トラックバック (5)

【POG】今週は6頭が出走!

2015-04-24 22:00:48 | POGその他
先週は皐月賞にリアルスティールが出走しましたが、善戦及ばず、残念ながら2着でした。
鞍上の福永は、最善の騎乗をしてくれましたので、次のダービーでの逆転に期待したい。
福永自身もダービー制覇は悲願ですし、エピファネイアよりも、乗りやすいはずなので、やってくれるはず。

その他の2頭は、いつも通り、やっぱり勝ち上がれず・・
ポイント加算しなかったのに、シェアポイント順位は322位から323位へとほぼ変動なし。
しかし、もう今年のPOGの告知がされており、現在のPOGは、あと1ヶ月ぐらいで終わりです。。。
ランキングは、キタサンブラック(指名6名)が、皐月賞でも3着と賞金加算し、上位独占安泰ですよ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

○ミュストレディ
(牝 父ゼンノロブロイ 母レディマールボロ 栗・矢作) 指名人数27人

先週の土曜の福島4レース未勝利戦(芝1800m 16頭立て)に出走し0.6秒差の3着。
5か月ぶりの休み明けも、2番手追走という積極策から、勝ち馬からは離されたものの3着に粘りました。
なんとか、POG期間中に勝ち上がってもらいたいものですが。

◆クライミングローズ
(牝 父マンハッタンカフェ 母ファレノプシス 栗・角田)

先週の土曜の中山5レース未勝利戦(芝2000m 17頭立て)に出走し0.9秒差の10着惨敗。
完全にハズレを引きました・・・
昨年のクールオープニングに続いてのハズレということで、もう二度と、ファレノプシスの仔は指名しません・・

今週は、久々に大挙PO馬出走。シェアポイント狙い2頭と、通常POG4頭という内訳。

◆ラヴィダフェリース
(牡 父ディープインパクト 母アドマイヤハッピー 栗・池江)

土曜の京都3レース未勝利戦(ダート1900m 16頭立て)に鞍上が川田に乗り替わりで出走。
中3週での出走となるが、前走、ダート1800で9着と大敗しているのに、またダートですか・・
血統的に、芝で走ってほしいところだが、脚元に不安があるのでしょうかね。
半兄にウォータクティクスがいるとはいえ、やっぱディープ産駒だし、芝での走りが見たいわ。

◆レーヌドブリエ
(牝 父ゼンノロブロイ 母メジロドーベル 栗・矢作)

土曜の京都4レース未勝利戦(芝1800m 18頭立て)に鞍上が佐藤友に乗り替わりで出走。
 菱田が騎乗停止になってしまったので、今回は、地方ジョッキーの佐藤友に乗り替わりですが、知らないなあ・・
 中2週での出走となるが、前走、馬体を増やして414キロとしたので、今回、更なる馬体増を期待したいが。

○スナークエンジェル
(牝 父タニノギムレット 母スナークスマイル 栗・川村) 指名人数13人

同じく、京都4レース未勝利戦(芝1800m 18頭立て)に鞍上が田中健に乗り替わりで出走。
こちらは、9年目のジョッキーということだが、アンバルブライベンで、ようやく知られた存在か。
中4週での出走となるが、前走1200mからの一気の距離延長が、どうでるかだが、血統的には距離延長OK。
何度も書いているが、近親にアイポッパーがいるので、もっと早く、距離伸ばしてほしかったところだよ。

◆アドマイヤスカイ◎
(牡 父ディープインパクト 母アドマイヤカンナ 栗・橋田)

土曜の京都10レース橘S(芝1400m 12頭立て)に鞍上が岩田で出走。
前走は福永で勝ち上がってくれましたが、2、3走前に騎乗した岩田に今回戻ります。
今回はシンザン記念2着ロードフェリーチェ、Fレビュー4着スマートプラネット、NZT4着ナイトフォックス
他にもマテンロウハピネス、プリクスト、セカンドテーブルなど、オープン特別ながら、強敵が結構いるなああ・・
今年のNHKマイルの出走ラインは高いと言われているが、ここを勝てば、ギリ出走出来るのかな?

◆メリーモナーク
(牡 父キングカメハメハ 母リッチダンサー 栗・橋田)

日曜の京都2レース未勝利戦(ダート1800m 16頭立て)に鞍上が川田に乗り替わりで出走。
3か月半ぶりの出走となりますが、デビューから芝で2戦して4、11着と結果出ずで、今回ダートです。
今年のキンカメ3歳は、当たり年なのに、我が指名馬は、ハズレのようで・・・

○アウトゼアー
(牡 父ダンスインザダーク 母マッキーアイドル 栗・西橋) 指名人数9人

日曜の京都5レース未勝利戦(芝 2000m 18頭立て)に鞍上が和田で出走。
和田に乗り替わってから、3戦目になるが、ここ2戦は、いずれも後方待機策。
それなりの上がりを使うとはいえ、この馬、好位抜け出し、粘り込みという感じの戦法が合っていると思うのが。
今回こそ、積極的に、せめて中段からの競馬で、もうそろそろ、勝ち上がってもらいたい。

今週は、G1レースの谷間ということで、ちょっと気が抜けてしまうのだが・・
そうは言っても、もう2か月以上も馬券当たっていないし、今週当たらないと3月に続いて、4月も全敗に・・
2か月連続の全敗という不名誉というか、恥ずかしい結果は避けたいだけに、今週こそは、なんとかしたい。
頼りになるのは、元PO馬かな。。
コメント

皐月賞15((結果))

2015-04-20 21:51:47 | 皐月賞
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年4月19日(日) / 中山 2000m 芝・右 内 / 曇・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[2] 2 ▲ドゥラメンテ    牡3 57 Mデム 1:58.2 3
2[3] 5 ◎リアルスティール  牡3 57 福 永 1.1/2  2
3[4] 7  キタサンブラック  牡3 57 浜 中 2.1/2 4
4[1] 1  ブライトエンブレム 牡3 57 田 辺 アタマ 6
5[8] 14  クラリティスカイ  牡3 57 横山典 1/2 10
6[5] 8 ○サトノクラウン   牡3 57 ルメー ハナ 1
7[5] 9  ミュゼエイリアン  牡3 57 柴 山 クビ 11
8[6] 11  ダノンリバティ   牡3 57 岩 田 1/2 9
9[2] 3  スピリッツミノル  牡3 57 酒 井 1.1/2 8
10[7] 13  コメート      牡3 57 嘉 藤 1.1/4 15
11[8] 15  ダノンプラチナ   牡3 57 蛯 名 アタマ 5
12[6] 10  ベルーフ      牡3 57 戸 崎 1.3/4 7
13[4] 6  タガノエスプレッソ 牡3 57 菱 田 1.3/4 12
14[7] 12  ベルラップ     牡3 57 三 浦 8 13
15[3] 4  ワンダーアツレッタ 牡3 57 柴田大 4 14

払戻金 単勝 2 460円
    複勝 2 190円 / 5 150円 / 7 290円
    枠連 2-3 780円
    馬連 2-5 790円 / 馬単 2-5 1530円
    3連複 2-5-7 3110円 / 3連単 2-5-7 12360円
    ワイド 2-5 390円 / 2-7 1130円 / 5-7 860円

自信あったんだけどなあ。。リアルスティール・・無念の2着も、今回は相手が強かった・・強すぎた。。
もう、あっさり、諦めるしかないぐらいの、ドゥラメンテの強さでしたな。
福永は、前走トライアルの敗戦を活かして、中山で勝つための最善の騎乗をしてくれました。
好スタートから、絶好の位置取りをキープし、4コーナーでの追い出しも完璧でした。
しかし、今回は、相手が悪すぎました・・
並ぶ間もなく差し切られてしまったので、デムーロに殴られなくて済んだのは、よかったか・・

3着キタサンブラックには、2馬身半差をつけて前走の借りは返し、ダービーへ向けては視界良好。
府中2400mを勝つ血統ですから、今回完敗も、ダービーでの逆転は十分可能と思いたい。
ディープブリランテと同じようなローテで来てますので、ダービーも同じ結果が待っているはず。

にしても、ドゥラメンテの、あの爆発力には、たまげましたねえ。
まさに1頭だけ次元の違う末脚を披露・・っていうか、末脚を爆発させたという表現がピッタリ。
今回、後方でしっかり折り合えたことが、直線での爆発につながりましたね。

初の小回り中山、右回りに不安があるとみて、3番手評価にしたのだが、不安は当たっていたが・・
フジテレビの実況は、ドゥラメンテが不利を受けて、外に飛ばされたなんてオイ・・被害馬じゃなくて加害馬よ。
4コーナーで、とんでもない斜行・・飛ばされたんじゃなくて、自ら斜めに飛んだわけで・・
馬自身は凄いスピードだったので、後ろの馬への被害は最小限だったが、あれは酷かった。
当然、デムーロは騎乗停止となり、2週後の春天への騎乗が出来なくなってしまったね。
まあ、一瞬の出来事であり、あれは制御出来なかったわなあ。
その後、立て直してからの急加速は、デムーロがゴール前で首を振るぐらいの異次元のものでした。
この斜行映像、翌朝のテレ朝のワイドショーでも取り上げらるぐらいでしたから、凄い競馬でした。

今回の凄脚を見せられると、ダービーでも逆らえませんか・・
今回の走りからも不器用な馬であることは明白で、広い府中の方が走りやすいのは当然。
ただ、あれだけ切れる脚を使う、激しい気性の持ち主から、距離延長はプラスにはならないのでは。
そうはいっても、2400mでダメになるとも思えないが、距離適性で逆転は出来るとみる。

3着キタサンブラックは、血統からクラシックでの好走はないと思ったのだが・・
しかし、今の中山は高速馬場で、ディープが走る馬場なら兄ブラックタイドも走るということか。
母父バクシンオーで、評価を下げたが、このスピード馬場が、逆にバクシンオーで対応出来たようで。
前走は、展開利での勝利と軽視したけど、今回は、前に厳しい流れをよく3着に粘ったなあ。
更に距離が伸びるダービーでは、厳しいと思うのだが、案外、強い馬なのかもしれんなあ。。。

2着は堅いと思っていたサトノクラウンだったが、スタートの出負けが最後まで響いたか。
4コーナーでもドゥラメンテの斜行のあおりで、外に振られていたしね。
それでも直線伸びなかったのは、やはり高速馬場への適性が足りなかったかな。
サンデーの血を持たないゆえ、高速馬場への適性に不安があったからなあ。
それでも、小回り適性は高いとみて評価したが、弥生賞のように好位につけられず、ダメでしたね。
まさか、ルメールよりも福永の方が、いい騎乗をするとは、分からないもんだねえ。。
やっぱりサンデーの血が大事とするなら、ダービーでの巻き返しも厳しいと見るが、どうでしょう?

しかし、どうやったら、馬券って当たるんでしょうか・・・・
今回は、弱気でもリアルスティールからの馬連2点買いで、手堅く当てておくべきだったか。。
ほんまに当たらんなあ。。。
コメント

皐月賞15(予想)

2015-04-18 23:38:39 | 皐月賞
日曜の中山メイン、皐月賞の予想
芝 2000M G1 定量 15頭立て

2週前登録では19頭いたが、シャイニングレイ、グァンチャーレ、アダムスブリッジ、アンビシャスが回避。
アンビシャス以外は怪我での回避なので仕方ないところだが、みんな皐月賞は目指してないのかねえ・・・
今年は、トライアルの弥生賞もスプリングSも少頭数だったし、もっとクラシックを盛り上げてほしいわ。
正直、フルゲートじゃないというだけで、ちょっとテンション下がります・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

単勝オッズをみれば、完全な3強対決の様相ですが、まったく異論なし。
今年は、穴党の出番はないとみた。
桜花賞が歴史的な超ドスローなレースになったので、皐月賞は、みんな反省して、締まったレースにするはず。
もし穴馬の出番があるとすれば、やっぱり先行馬かと思うが。
当初、穴馬として考えていたのが、若葉S2着からの穴ローテのワンダーアツレッタ。
時計のかかる力のいる馬場なら出番ありと思ったが、今の中山の馬場は、時計の出る高速馬場になっている。
となると、血統的にも、まったく狙いの立たない馬となり、今年は荒れないという結論で。

◎リアルスティール

前走がトライアル仕様の走りで、負けて強しを印象づけた1戦と言えるが。
本番へ向けて、脚を測った、折り合いを重視したと言い訳は出来るものの、差し損ねたのは事実。
やっぱり、鞍上の福永に、牡馬クラシックでの騎乗には不安は残る・・
皐月賞での福永は、ここまで13戦して勝っていないのだが、2着3回、3着2回と、あと一歩までは来ている。
中山のG1レースといえば、朝日杯では、3勝もしており、中山コースが苦手ということはない。
実際、今年も同じ舞台の弥生賞を勝っているわけだし、そろそろ、福永が勝っていいころなのだが。
最大のライバルであるサトノに乗っていたので、相手の脚の使いどころは分かっており、レースはしやすいはず。

サトノとの力関係は、サトノと東スポ杯でクビ差だったアヴニールマルシェを共同通信杯で0.5秒差突き離し。
サトノが弥生賞で負かした馬達は、朝日杯でダノンプラチナに完敗した馬達。
で、スティールは、スプリングSで、朝日杯勝ち馬ダノンプラチナに先着したわけだから、スティールに軍配だ!

前走の負けをここに生かして、道中の位置取り、仕掛けどころをミスなくやってくれれば、間違いなく勝てる。
まだ、皐月賞を勝っていないディープ産駒だが、コース改修で高速馬場となった今の中山コースなら勝つ!


○サトノクラウン

鞍上が福永からルメールに乗り替わって、大幅プラス材料を獲得。
3戦3勝、重賞連勝中と実績は断然であり、あえて不安を探せば、サンデーの血を持っていないことぐらいか。
とはいえ、この10年でもメイショウサムソンとヴィクトリーの2頭のサンデーなし馬が勝っているし、問題ないか。
父マルジュって、まったく知らないけど、ノーザンダンサー系だから、血統は気にしなくていいのかな。
その父ラストタイクーンは日本で重賞勝ち馬出してるし、母系もミスプロ系で、母父父ミスワキも日本実績ありだ。
更に母系には、ヴィクトワールピサの母父でお馴染みのマキャヴェリアンがおり、むしろ皐月賞向きの血統だな。
サンデーの血を持たないがゆえ、高速馬場に対応出来るかだが、33秒台の上がりで勝っており、これも気にしない。


▲ドゥラメンテ

負けて強しといえば、共同通信杯での、この馬の走りね。
口を割って、あれだけ折り合いを欠きながらも、メンバー最速の上がりで、スティールと0.1秒差は強い競馬。
今回は、皐月3勝のデムーロに乗り替わりということで、うまく、馬を操ってくれるでしょう。
ただ、折り合いの他にも、出遅れグセもあり、そのあたりをデムーロがどう乗るかが注目。
あとは、初の中山コースが、この馬には合うとは思えないが、そこは鞍上及び馬の絶対能力でクリアするとみた。


あと、高速馬場に変わって巻き返しがありそうなダノンプラチナは押さえたいが、大外枠ということで消す・・
馬券は、印通りの◎→○→▲の3連単1点、◎→○の馬単1点勝負!
まあ、印の3連複1点も保険で買ってはおきますが。
コメント (3)   トラックバック (6)

皐月賞を当てるために、過去を反省

2015-04-17 21:47:10 | 皐月賞
桜花賞に続いて、皐月賞も過去10年の自分の予想を反省して、今年の的中につなげたい。
桜花賞ではクルミナルの名前を上げたのに、結局、消しにする相変わらずの下手予想・・

桜花賞は、まったく当たらない予想続きだったが、皐月賞については、ちょっと当たってる。
本命馬については、この10年で5頭が馬券になっており、ほんま当たらん我が予想にしては上出来。

2005年 ◎アドマイヤジャパン・・3着(3番人気)(勝ち馬ディープインパクト○)

単勝1.3倍ディープの相手探しの1戦だったが、2着シックスセンス(12番人気)が痛恨の抜け・・
事前予想では、シックスセンスを買い目に入れていたのだが、直前になって、穴は先行馬と心変わりして失敗。
シックスセンスは、同じ舞台の京成杯2着馬で、穴ローテの若葉S4着馬でした。

2006年 ◎スーパーホーネット・10着(9番人気)(勝ち馬メイショウサムソン△)

この年は、PO馬キャプテンベガも出走していたのだが、PO馬ではなく、本命にしたのがこの馬。
PO馬ではないのに、前年の朝日杯から応援馬として、以降引退まで追い続けた1頭。
その後の、この馬の成績からすれば、距離が長かったわけだが、当時、敗因はマイナス14キロの馬体減かと。
つまり、矢作調教師の調整ミスと思っていたんだけどね。
基本的に、2歳時に1400m以下のレースで結果を出している馬は、クラシックでは距離に泣くというパターン。

2007年 ◎ヴィクトリー・・・・・1着(7番人気)(勝ち馬ヴィクトリー◎)

この年は、ヴィクトリーの他にもフサイチホウオー、アドマイヤオーラと我がPO馬3頭出し。
ということで、迷わずPO馬3頭の3連複1点勝負で挑むも、痛恨の1着、3着、4着・・・
2着には15番人気のサンツェッペリンが入り、馬連9万馬券、3連複20万馬券、3連単は160万馬券と大荒れに。
前走トライアル惨敗で人気を落としていたが、同じ舞台の京成杯勝ち馬であり、分かりやすい穴馬だったのだが。

2008年 ◎フローテーション・・11着(11人気)(勝ち馬キャプテントゥーレ無印)

PO馬ということで指名するも、いいところなく惨敗。
しかし、この後、菊花賞で穴をあけることになるのだが、その時は本命に出来ず、大後悔・・
もう1頭、PO馬ブラックシェルも出走していたのだが、こちらも6着とダメでした。
ブラックシェルもNHKマイル2着、ダービー3着と、この後、活躍してくれたのだが。

トライアルで好走した馬を本番で買う場合、買ってはいけない馬がいる。
この10年の傾向でいけば、トライアル以外の重賞で好走実績があるか、2000mのオープン勝ちがあるかだ。
このどちらの実績もない馬は、本番では買っては、いけないのだ。
フローテーションもブラックシェルも、このどちらの実績も持っておらず、買ってはいけない馬でした。

今年で言えば、キタサンブラックがまさに該当するので、買ってはいけない馬になる。

2009年 ◎トライアンフマーチ・・2着(8人気)(勝ち馬アンライバルド△)

穴ローテ、若葉S2着馬を軸にして馬連万馬券は的中だったが、3着セイウンワンダー無印で3連複は取り逃す。
セイウンワンダーは、トライアル惨敗も、中山重賞勝ち馬ということで、巻き返せた1頭。
我がセイウンワンダー評価は、朝日杯勝ち馬で、マイラーだとして、距離不安で消しにしてしまった・・・
そんな、マイラー評価した馬を、菊花賞ではしっかり押さえて、万馬券ゲットして、リベンジ成功。

2010年 ◎ゲシュタルト・・・・・7着(12番人気)(勝ち馬ヴィクトワールピサ△)

PO馬リルダヴァルが出走していたが、なぜか、この馬本命・・本命にした根拠がよく分からん。
一応、スプリングS2着を評価しての本命だったが・・
さっきも書きましたが、トライアルしか重賞好走歴がない馬は、本番で買ってはダメなのに買って失敗パターン・・

しかし、馬券は、○を打ったエイシンフラッシュ(3着)からも3連複を買い万馬券的中。
エイシンフラッシュは、休み明けが嫌われて11番人気だったが、ここと同じ舞台、京成杯勝ち馬でした。

2011年 ◎ベルシャザール・・・11着(3人気)(勝ち馬オルフェーヴル△)

3頭のPO馬が出走し、本命にした方が惨敗で、もう1頭のオルフェが見事勝利。
ベルシャザールも、トライアルのみの重賞実績しかなかったので、買ってはいけない馬でした・・
しかし、ベルシャザールは、次走ダービーでは3着と頑張ったし、後にダートG1馬に。
もう1頭のPO馬ノーザンリバー(15着)は、マイルまでの実績しかなく、ここで買える馬ではなかったな・・・

2012年 ◎ディープブリランテ・・3着(3人気)(勝ち馬ゴールドシップ△)

PO馬ということで本命でしたが、折り合いの不安がまた出て3着まで。
気性の悪さから距離延長に不安があったが、次走、見事ダービー制覇。
このレース、予想は3連複的中も、実馬券は、直前でワールドエースを消して撃沈・・
ここでも、トライアルしか重賞実績のないコスモオオゾラやアーデントを買って失敗・・

2013年 ◎エピファネイア・・・・2着(2人気)(勝ち馬ロゴタイプ無印)

PO馬ということでの本命でしたが、福永ゆえの2着だったか。
今年もこのパターンになりそうで、怖い。となると、勝つのは、デムーロ騎乗の・・
予想は、1着、3着馬無印で、完敗も、まあ、人気3頭での決着だから仕方なし。
いや、トライアル惨敗で重賞勝ちのないサトノネプチューンを対抗している予想はダメダメ。
他にも、トライアル以外で重賞実績のないカミノタラハラ、ミヤジタイガを買っているようでは・・

2014年 ◎アドマイヤデウス・・・9着(7人気)(勝ち馬イスラボニータ無印)

昨年はPO馬の出走なしで、狙いは若葉S組でした。
当初、ウインフルブルーム(3着)本命予定も、大外枠を嫌って、評価を下げて失敗。
とはいえ、勝ったイスラボニータを無印にしているので、どうにもなりませんでしたが。
イスラボニータはフジキセキ産駒ということで、距離延長マイナスとして軽視し、大失敗。
ここも重賞ウィナーでないキングズオブザサン、ベルキャニオンがトライアル惨敗から巻き返せず・・買っちゃダメ。
ここダメだったデウスですが、今年、重賞連勝し、この勢いで春天も勝っちゃうかもよ。

PO馬が、わりと頑張ってくれているので、この傾向からいけば、リアルスティールで大丈夫なはず。
不安は、勝ちきれない福永が鞍上ということと、このレース強いデムーロがいるということか。

過去10年の傾向から穴候補の可能性があるのが、ベルーフとブライトエンブレム。
タガノエスプレッソは、デビュー戦が1400mで0.1秒差の3着。
これを好走とするか、距離が足りなくて負けたとするかで、評価が分かれるな。いや、そもそも能力足りないか・・
コメント

【POG】今週は皐月賞にリアルスティールが出走!

2015-04-16 21:46:14 | POGその他
先週は2頭のシェアポイント狙いのPO馬が出走するも、やっぱり勝ち上がれず・・
シェアポイント順位は272位から322位へとまたまた大きくダウン。もうダメね・・・
あとは、飛び賞狙いですな・・300位、400位あたりを狙います。。

現在、シェアポイント順位は、キタサンブラックを見事指名した人が上位を独占。
なにせ、指名人数、わずか6名ですから。。。。。その馬が3連勝で重賞勝って、クラシックも出走ですからねえ。
先週の結果で言えば、桜花賞を勝ったレッツゴードンキも40名と、キンカメ産駒にしては、少なめの指名人数。
桜花賞5着で賞金稼いだノットフォーマルは、13名という少ない指名ですので、牝馬なら、この2頭ですか。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

○アルボルデヴィダ
(牝 父ジャイアントレッカー 母ロングパイル 栗・飯田) 指名人数26人

先週の土曜の福島1レース未勝利戦(ダート1700m 15頭立て)に出走も1.7秒差の11着惨敗。
この馬には、もうまったく期待しておりません・・・わけわからん種牡馬を選んじゃダメね・・

○テイエムダンシング◎
(牡 父ダンスインザダーク 母ティファイファイ 栗・山内) 指名人数22人

先週の土曜の阪神6レース500万(芝1600m 12頭立て)に出走し0.8秒差の5着。
とにかく、POG期間は休みなく、中1、2週で、ガンガン使ってもらって、少しでも賞金稼いでほしいね。

今週は、皐月賞にリアルスティールが出走。
当初の勝手な予定では、ポルトドートウィユとアッシュゴールドの合わせて3頭出しを目論んでいたのだが・・
ポルトは若葉S4着、アッシュが毎日杯ドンジリ負けで、皐月を断念してしまった。。。
が、今年の皐月賞、出走ボーダーラインが高いと言われていたのに、結局15頭立てとフルゲート割れの始末・・
ポルトもアッシュも登録さえしていれば、出走出来たのに、残念です。結果的に1勝馬でも出走出来たのね・・
特にポルトは、皐月で穴をあける若葉Sローテだったので、前走4着で人気落としての一発に期待してたのだが。
ということで、今年の皐月賞は、荒れないとみて、とにかく買い目を絞って勝負したいと思います。

その他に、今週は、2頭が出走を予定してます。

○ミュストレディ
(牝 父ゼンノロブロイ 母レディマールボロ 栗・矢作) 指名人数27人

土曜の福島4レース未勝利戦(芝1800m 16頭立て)に鞍上が国分に乗り替わりで出走。
先週、桜花賞に出走したアースライズの合わせ馬をしていたので、そろそろ復帰かと、待ってました。
それにしても、5か月ぶりの出走とは、POG的には、完全にアウトです・・・
久々の出走ですが、距離伸ばして、どんな走りを見せてくれるか、とりあえず掲示板目指しましょう。

◆クライミングローズ
(牝 父マンハッタンカフェ 母ファレノプシス 栗・角田)

土曜の中山5レース未勝利戦(芝2000m 17頭立て)に鞍上が三浦に乗り替わりで出走。
今回は2か月ぶりの出走となりますが、ここまで2戦、マイル戦を使って5着、14着と結果出ず。
距離伸ばして、どこまで変わってくれるか。。。あんまり期待してません・・・今年は牝馬選び失敗。。
コメント

桜花賞15((結果))

2015-04-13 21:55:05 | 桜花賞
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログの記事はこちらをどうぞ!

2015年4月12日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[3] 6 △レッツゴードンキ  牝3 55 岩 田 1:36.0 5
2[4] 7  クルミナル     牝3 55 池 添 4 7
3[1] 1  コンテッサトゥーレ 牝3 55 ルメー 3/4 8
4[7] 13  クイーンズリング  牝3 55 Mデム ハナ 3
5[2] 3  ノットフォーマル  牝3 55  黛  1/2 16
6[5] 9 ◎アンドリエッテ   牝3 55 川 田 ハナ 4
7[6] 11  キャットコイン   牝3 55 柴田善 クビ 6
8[5] 10 ▲アースライズ    牝3 55  幸  ハナ 15
9[4] 8 △ルージュバック   牝3 55 戸 崎 クビ 1
10[7] 15 △ココロノアイ    牝3 55 横山典 ハナ 2
11[8] 17  レオパルディナ   牝3 55 武 豊 3/4 12
12[7] 14  テンダリーヴォイス 牝3 55 福 永 クビ 9
13[3] 5  ペルフィカ     牝3 55 菱 田 1/2 11
14[1] 2 ○ムーンエクスプレス 牝3 55 松 山 1/2 10
15[6] 12  ローデッド     牝3 55 川 島 3/4 13
16[8] 16  メイショウメイゲツ 牝3 55 吉田豊 ハナ 14
17[2] 4  トーセンラーク   牝3 55 吉田隼 クビ 18
18[8] 18  クールホタルビ   牝3 55 小 牧 クビ 17

払戻金 単勝 6 1020円
複勝 6 260円 / 7 610円 / 1 750円
枠連 3-4 740円
馬連 6-7 7860円 / 馬単 6-7 17370円
3連複 1-6-7 34480円 / 3連単 6-7-1 233390円
ワイド 6-7 2030円 / 1-6 2260円 / 1-7 3910円

競馬って、やっぱり騎手なんですね・・
このレースを勝つんだという強い気持ちで騎乗している騎手と、そうでない騎手の差ですな。

なにやってるんだよ、松山・・
なんで、抜群の好スタートを切って、一旦ハナに立ったにも関わらず、無理やり控えてるんだよ。。
この大事な大舞台で、なに、馬と喧嘩してるんだよ・・馬が気分良く走る邪魔するなよ・・・
ムーンエクスプレスが、スローの上がり勝負で、勝負出来るタイプの馬なのかよ・・・
あのまま、気分良く、逃げれば、圧勝してたのは、ドンキじゃなくて、ムーンだった可能性だってあったのに・・
騎手の差が、まざまざと出た結果となりましたわ。

今回の超スローな展開は、逃げると思われたノットフォーマルが逃げなかったことも大きかったわけだが。
実は、レース前、陣営は「逃げる馬がいなければ、逃げることになる」という実に消極的なコメント。
恐らく鞍上の黛にも「何が何でも逃げろ」という指示は出していなかったのでしょうね。
どうするかは、鞍上任せだったか、結果は、3番手に控える競馬で、5着と掲示板を確保。
16番人気馬で、5着だから、陣営も鞍上も、上出来、よくやったという気分かもしれないが・・
最初から、勝つ気がない騎乗なんだよなあ。。
フェアリーSを逃げ切り勝ちし、フラワーCを控える競馬で惨敗。
ノットフォーマルが、桜花賞で勝つ可能性がある作戦は、逃げしかないのに、そうしなかった鞍上・・
まったく人気のない気楽な立場だったんだから、ここで逃げなかった黛は、この先もG1を勝つことはないな。。

しかし、まさかチューリップ賞で、不本意に逃げてしまったことが、ここで活きるとはねえ。
今回は控える競馬を予定していたのに、とっさの判断で、ハナを切った岩田の度胸、好騎乗は素晴らしかった。
逃げた馬に、上がり33.5の末脚を使われたら、後続の馬達は、どうしようないですわな。
とにかく、G1では、ありえない超ドスローの展開にした岩田以外の残り騎手の責任が大きいわ、まったく・・・

このスローの上がり勝負という得意な条件になって、クルミナルが巻き返しの2着。
やっぱり、チューリップ賞は、着順よりも、人気ほうが大事なわけで、1番人気の巻き返しは常に注意しなければ。
今回、6頭のディープ産駒の中で、一番馬体重も重く、ここで好走する可能性が一番高かったディープ産駒でしたが。
前走が二桁着順だったことと、荒れた阪神馬場は、この馬には合わないと判断して消してしまったのはバカでした。
日曜は気温も上がり、馬場状態も急激に回復し、結局、上がり33秒台が普通に出る馬場状態になってましたね・・

3着コンテッサトゥーレも、チューリップ賞では4番人気に支持されていた馬。
クルミナル同様、チューリップ賞は、重馬場に泣いての敗退だったので、良馬場のここで見直しの1頭ではあった。
しかし、このレースで、まったく来ない最内枠という枠順を引き当てたのを見て、迷わず消してしまったなあ。
先行馬ならともかく、差し馬には不利になる最内枠だったが、そこはルメールがうまかった。
最内枠を活かす、まったく距離ロスのない競馬で、見事、馬券圏内に持ってくる手腕はさすがでした。

本命にしたアドリエッテは、メンバー最速の上がり33.2を使うも、6着と掲示板すら乗れず・・
って、そりゃあ、そうだわ、この超スローの展開で、4コーナー17番手って・・届くわけないわ・・・
恐らくルージュバックをマークして、あの位置取りになったのでしょうが、レースの流れみて、作戦変更してよ。
それが出来ないのが、岩田と川田との差なのか。
大阪杯のデウスウルトも下手に乗ったし、私が川田を本命にすると、ロクなことにならないなあ・・

今回は、軸馬を無理な穴馬とせず、冷静なる予想で、当たる気満々だったのだが・・・
結果的には、3年前のアユサンが勝った時と同じ結果に。
チューリップ賞1、2着馬が負けて、3着以下のチューリップ賞負け組3頭が巻き返すという一致ですか。
枠順とかにとらわれず、ディープ、チューリップ賞組重視で、予想した人は、しっかり当てたんだろうなあ。
背水の陣で、皐月賞に挑みます・・・
コメント

桜花賞15(予想)

2015-04-12 00:02:56 | 桜花賞
日曜の阪神メイン、桜花賞の予想
芝 1600M G1 定量 18頭立て

今年はPO馬の出走がないので、冷静に予想が出来るから、なんか当たる気がします。。。ほんまかいな・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる予想は、ここから探してみましょう!

狙おうと思っていたミッキークイーンが、無念の除外。
このミッキークイーンの除外の恩恵を受ける馬がいる。
ミッキークイーンとの対戦成績、2戦2敗ということで、天敵がいなくなり、浮上してくるのが、この馬。

◎アンドリエッテ

軸は素直にチューリップ賞組からいきましょう。
そのチューリップ賞では、道中、手綱引いて下がる不利がありながらも、ゴール前は凄い脚で2着に食い込む。
勝ったココロノアイとは、枠順の差、道中の位置取り、重馬場適性の差であり、本番での逆転は十分可能。
2走前のクイーンCは、輸送競馬でマイナス12キロの馬体減が影響したか、それでも0.1秒差の4着と好走。
その減った馬体も前走で戻しており、この中間の馬体重が440キロで、当日も、この体重以上ならやれる。
前走、道悪で好走し、今の荒れた阪神の馬場にも対応出来たし、良馬場なら、なお、自慢の末脚が活きる。
ディープ産駒、母父ノーザンダンサー系、キャリア4戦、トライアル好走と、ほぼ、ここで走る条件を満たした。
阪神JFを使っていないが、同じ12月に阪神マイル戦で、スローの前残りをきっちり差し切り勝ちを決める。
結構、同じ騎手が活躍するのが、桜花賞ということで、川田の桜花賞2連覇が見られるはず。


○ムーンエクスプレス

阪神JF、桜花賞トライアル共にちょい負けの穴パターンに合致。
この馬本命かと迷ったが、さすがにFレヴュー組で、マイル勝ちのないこの馬を本命にするのは出来なかった。
しかし阪神JFは先行馬には不利な大外枠から見せ場十分の4着と強い競馬。
前走が、先行馬壊滅の追い込み馬決着の中を2番手から3着に粘った、これまた強い競馬。
血統的にもアドマイヤムーン産駒は、先週のマーガレットS、土曜の白鷺特別を勝ち、今の阪神の馬場が合う。
阪神牝馬Sでも2着馬も、同じフォーティナイナー系ということで、ここも、この血が穴をあける。
母系も母父はノーザンダンサー系で、近親に朝日杯勝ち、NHKマイル2着コスモサンビームがおり、マイルOK。
更にエフティマイア、エーシンリターンズ、プリンセスジャックと穴をあけた血、ノーザンテースト持ちもいい。

外回りコースになってから内枠の馬が馬券になっていない傾向があるものの、先行馬のこの馬には、この枠プラス。
過去、唯一、内枠で馬券になったのが、3番手から競馬をしたカタマチボタンだから、同じ脚質のこの馬も好走可能。
今年好調な松山が、積極的な騎乗で、一発やってくれるはず。


▲アースライズ

やっぱり矢作厩舎の馬を買ってしまう。。。
フラワーC組は勝ち馬だけが通用するのが、これまでの傾向だが、今年は勝ち馬が、ここを回避したので代役で。
抽選を突破した強運もあり、地味な存在ながら、ノーザンファーム生産で、吉田さんの馬で、ここで好走する下地はある。
矢作厩舎は、当初、ここはダノングラシアスを送り込む予定だったはず。
吉田さんは、当初、ここはロカを送り込む予定だったはず。
そして、ノーザンファームは、ルージュバックでここを勝つ予定だったはず。
全ての代役をここで果たすのが、この馬というわけだ。
マイルで勝っていないものの、阪神コースは2走前に勝っており、サンデー×ノーザンダンサーとここ走る血統。
あとは牝馬3冠ジョッキー幸に、うまく乗ってもらいましょう。


△レッツゴードンキ

阪神JF2着、チューリップ賞3着で、ここまでオール馬券圏内。
それで、鞍上が岩田とくれば、消す要素はない。
唯一、気になるのはチューリップ賞で逃げて馬券になった馬は、桜花賞では馬券になっていないこと。
リラヴァティ、クロフネサプライズ、サクラミモザ、エアパスカルと、現在4連敗中ですよ。
あっ・・ダイワスカーレットは本番勝ってますけど、あの馬は別格ですから。
チューリップ賞でも、3着馬には6馬身も差をつけてますからね。


△ココロノアイ

阪神JF3着、チューリップ賞1着で、ここまでオール馬券圏内。
母系にはマックスビューティがいて、ここで消す要素はない。
横典の桜花賞制覇が見られるか。


△ルージュバック

断然の1番人気だが、不安材料はある。
初のマイル戦の流れに対応出来るかと、初の多頭数レースで、フルゲートの今回、うまく捌けるか、阪神も初。
あと、牡馬相手の重賞きさらぎ賞を勝ったことで、一気に怪物扱いを受けているが
負かしたポルトドートウィユとアッシュゴールドが、次走であっさり負けており、ちょっと怪しくなってきた。
当初からオークス狙いのローテで来ているだけに、取りこぼしの可能性はありそうだが、勿論、消せません。。

馬券はアンドリエッテを軸に3連複と馬連で勝負!!
コメント   トラックバック (4)

桜花賞を当てるために、過去を反省

2015-04-10 21:47:53 | 桜花賞
土曜は、2つの重賞があるけど、桜花賞1本に絞って、挑みますので、土曜競馬パスです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑当たる桜花賞の情報は、こちらから探してみよう。

桜花賞が、外回りコースで施行されるようになって8年、まだ我が予想は、一度も当たっていない。
当たらなかった理由を自己分析(反省)して、今年の的中につなげたいと思います。

桜花賞といえば、昔から、ひとつの穴パターンがあり、コース変更後も、そのパターンは発生中。
それは、阪神JFと桜花賞トライアルの両レースともをちょい負けしている馬が穴をあけるというやつ。

2007年 ◎ローブデコルト   4着(9番人気)(勝ち馬ダイワスカーレット▲)

この年は、ウオッカとスカーレットの2頭が抜けた存在であり、3着馬探しの1戦。
で、ローブを選んで、3連複1点勝負に出たわけだが、結果は痛恨のハナ差4着。
阪神JF4着、チューリップ賞3着という、両レースちょい負けの穴パターンでしたが。
狙いとしては、悪くなかったと思うが・・
ローブはサンデーの血を持ってなかったし、マイルで勝ってない馬でしたね。
変わりに3着にきたカタマチボタンは、5戦全てマイル戦出走でオール馬券圏内の実績。
加えて、血統がサンデー系×ノーザンダンサー系という、このレースで走る血統でした。
結局、ローブは、ウオッカ、スカーレット不在のオークスを制することになるのだが。

2008年 ◎トールポピー    8着(1番人気)(勝ち馬レジネッタ○)

PO馬だから本命にしたという捻りのない予想。
阪神JF1着、チューリップ賞2着で、普通に信頼できる成績なのだが
やはり、桜花賞で、ジャンポケ産駒を本命にしたのは間違いだったか・・

阪神JF6着、Fレヴュー3着で、穴パターンに合致したレジネッタを高く評価したのは良かったが・・
PO馬の出走がなければ、レジネッタ本命だったが、2着エフティマイアは、どう転んでも買えなかったな。。
マイアを買える要素としては、3連勝経験、マイル重賞勝ち馬といったあたりか。
この時、3着に来たソーマジックも3連勝中でしたね。

2009年 ◎ルージュバンブー  5着(8番人気)(勝ち馬ブエナビスタ○)

PO馬ブエナを押しのけて、1勝馬のこの馬を本命にしたのは無謀だったな・・
チューリップ賞3着という実績だけで本命にするとは・・2月デビュー馬だし。。
同じチューリップ賞3着から本番でも3着したエーシンリターンズとの違いは
エーシンは阪神で勝っていたし、エルフィンS勝ちというオープン実績がありました。
この年、3着ジェルミナルは、阪神JF6着、チューリップ賞5着の穴パターンの実績。

2010年 ◎タガノエリザベート 12着(8番人気)(勝ち馬アパパネ△)

すみれS5着ローテの馬を本命にするなんて・・・
阪神JFが0.4秒差6着も、マイル実績がない馬でしたから、本命にするには足りない。
今年、この馬の妹が、桜花賞に出走するんだよなあ。。。さあ、どうする?
この年、11番人気3着で穴をあけたエーシンリターンズには▲を打てたのだが・・

2011年 ◎ハブルバブル    6着(6番人気)(勝ち馬マルセリーナ△)

フラワーC2着から参戦の馬を本命にしちゃダメか・・しかも、この年は中1週のローテ。
これまで、フラワーC組で、馬券になったのは、勝ち馬だけですからねえ。。
この年も、フラワーC勝ち馬トレンドハンターが3着に。
この馬は、マイル実績もなかったし、デビューから1ヶ月半しか経ってなかったからね。
1年後、弟ディープブリランテが、ダービー馬になるので、指名が1年早かったな・・

2012年 ◎ジョワドヴィーブル 6着(1番人気)(勝ち馬ジェンティルドンナ△)

PO馬だから本命にしたという捻りのない予想。
阪神JF1着、チューリップ賞3着で、普通に信頼できる成績なのだが
更に、このレースに強いディープ産駒だったのだが、馬体重414キロがネックに。
このレースを勝っているディープ産駒は皆450キロ以上あるんですよねえ。。
馬券になったディープ産駒でも、430キロ以上あったので、ちと小さすぎた。

2013年 ◎サウンドリアーナ  9着(13番人気)(勝ち馬アユサン無印)

阪神JF17着、Fレビュー7着の馬を本命にするなんて、どうかしてるぜ・・・
エフティマイアの再現を期待しての指名でしたが
この馬マイル重賞勝ってないし、サンデーの血ないしで、狙っちゃダメな馬でした。
勝ったアユサンは、ディープ産駒で、阪神JF7着、チューリップ賞3着の穴パターン。
14番人気3着で穴あけたプリンセスジャックは、阪神6着、チューリップ賞8着でした。
チューリップ賞が1.0秒差の8着で、ちょい負けとするのは、ちょいと厳しいのだが・・
この時は、クロフネサプライズが3馬身半をつける圧勝逃げ切り。
2着馬との着差は0.4秒差だったことを考慮すれば、ちょい負けとして穴パターンだったな。

2014年 ◎レーヴデトワール  5着(7番人気)(勝ち馬ハープスター○)

PO馬だから本命にしたという悪いパターン。
阪神JF9着で、すみれS4着というローテで挑む馬を本命にしちゃダメだって・・

1番人気馬を2度本命にしながら、1つも当たっていないとは、酷い予想結果です・・
というわけで、現在、ディープ産駒が4連覇中という流れから、素直にディープ産駒を軸にするべきか。
幸い、今年はPO馬の出走がなく、変なしがらみなくフラットに予想も出来るしね。
昨年は、ハープ1頭だけだったディープ産駒ですが、今年は、6頭も出走。
この6頭のうち、前走450キロ以上の馬体重だったのは、クリミナルとローデットの2頭のみ。
しかし、ローデットは、前走フラワーC5着という、買ってはいけないローテの馬だ。
ということで、今年勝つのは、クリミナルということで、良いか?

いやいや、この8年、前走二桁着順から巻き返した馬は、1頭もいないのだ。
更に、前走、重馬場で負けたクルミナルにとって、今回も馬場状態は不安ありで、素直に飛びつけない。

となれば、阪神JF、桜花賞トライアルを共にちょい負けした馬が、今年は穴をあけるはずだ。
今年は、3頭が該当します。
しかし、レッツゴードンキは、人気するので、穴馬としての資格はないな。
人気薄確実レオパルディナは、そもそも1200しか勝っておらず、マイルのここで狙える馬ではない。
血統的にもサンデーの血を持っておらず、この舞台で激走は考えられませんね。
となれば、残りの1頭が、穴馬として浮上してくるのです。
さて、この馬を本命にするかどうかは、ギリギリまで悩みたいと思います。
コメント (3)   トラックバック (1)

【POG】今週は桜花賞なのに、PO馬の出走なし

2015-04-09 21:22:10 | POGその他
先週は2頭のPO馬が出走し、レーヴミストラルが2勝目を上げてくれました。
シェアポイント部門の出走はなく、順位は240位から272位へとまた大きくダウン。
もう、上位争いへは加われそうにないか・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑ためになる競馬情報は、こちらから探してみよう。

◆レーヌドブリエ
(牝 父ゼンノロブロイ 母メジロドーベル 栗・矢作)

 先週の土曜の阪神3レース未勝利戦(芝1800m 18頭立て)に出走し、クビ、クビ差の惜しい3着。
 やや重で、前残りの展開の中、今回は、5番手からレースを進め、ゴール前、差を詰めたんですが、及ばず。
 懸念していた馬体重は、プラス8キロでの出走となり、少しでも馬体を戻したのは、よかった。
それでも、まだ414キロという馬体ですから、更なる成長を待ちたいが、もうPOG終わっちまうよ・・
 矢作厩舎、いつになったら、エンジンがかかるのでしょうか?

◆レーヴミストラル◎◎
(牡 父キングカメハメハ 母レーヴドスカー 栗・松田博)

先週の土曜の阪神、アザレア賞(芝2400m 7頭立て)に出走し、見事1番人気に応え快勝!
さすがに、ここは相手にも恵まれ、完勝でしたね。
スローの流れを最後方からの競馬でしたが、7頭と少頭数でしたので、危なげなく、1馬身差をつけて勝利。
次走は、ダービートライアルとなる青葉賞を予定しているということで、なんとか2着以内でダービーの切符を。

さて、今週は桜花賞があるのに、我がPO馬の出走はなし。
今年は、まだ牝馬が1頭も勝ち上がってないので、お話しになりません。
NZTにも出走はなく、シェアポイント狙い馬が2頭出走のみです。。寂しいねえ・・
2頭揃って勝ち上がって、ポイント大幅加算なんてことに、ならないものかねえ。。

○アルボルデヴィダ
(牝 父ジャイアントレッカー 母ロングパイル 栗・飯田) 指名人数26人

土曜の福島1レース未勝利戦(ダート1700m 15頭立て)に鞍上が木幡に乗り替わりで出走。
3か月ぶりの出走となり、鞍上は2年目の減量騎手の木幡。
ここまで5戦して、13、12、10、12、7着と、まったくダメダメですので、ここもまったく期待してません。

○テイエムダンシング◎
(牡 父ダンスインザダーク 母ティファイファイ 栗・山内) 指名人数22人

土曜の阪神6レース500万(芝1600m 12頭立て)に鞍上が秋山に乗り替わりで出走。
もしかして、重賞NZTに登録してくるかと思ったけど、1勝馬で賞金足らないから、そもそも出れなかったね。
また平場に戻ったが、平場なのにダッシングブレイズ、ムーンクレスト、アイファーサンディと強いのいるなあ。
なんとか3着ぐらいはほしいところだが、好走のカギは、前で競馬が出来るかどうかに尽きるが、どうなるか?

桜花賞は、無理スジを承知で、あの厩舎の馬を本命にしようかどうかで、思案中・・
コメント

ダービー卿CT15((結果))

2015-04-07 21:48:45 | ダービー卿CT
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑的中ブログは、ここから探そう!

2015年4月5日(日) / 中山 1600m 芝・右 外 / 小雨・良
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / ハンデ

1[5] 10  モーリス      牡4 55 戸 崎 1:32.2 1
2[5] 9  クラリティシチー  牡4 56 三 浦 3.1/2 4
3[2] 4  インパルスヒーロー 牡5 56 田中勝 クビ 9
4[6] 12  エキストラエンド  牡6 57 岩 田 クビ 5
5[7] 13 ◎ブレイズアトレイル 牡6 55 藤岡康 クビ 7
6[8] 16  クラレント     牡6 58.5 勝 浦 クビ 11
7[6] 11  ウインマーレライ  牡4 55 松 岡 1.3/4 14
8[8] 15 △アーデント     牡6 56 石 橋 1/2 10
9[1] 1 ▲カオスモス     牡5 56 内 田 ハナ 8
10[3] 5 ○フラアンジェリコ  牡7 54 柴 山 1/2 13
11[1] 2 △マイネルメリエンダ 牡4 55 柴田大 クビ 6
12[3] 6  コスモソーンパーク 牡7 56 丹 内 1/2 3
13[7] 14  インプレスウィナー 牡8 56 柴田善 クビ 16
14[2] 3  シャイニープリンス 牡5 56 横山典 クビ 2
15[4] 7  タガノブルグ    牡4 54 吉田豊 1.3/4 15
16[4] 8 △ラインスピリット  牡4 55   森  1.1/4 12

払戻金 単勝 10 310円
    複勝 10 160円 / 9 290円 / 4 590円
    枠連 5-5 1730円
    馬連 9-10 1640円 / 馬単 10-9 2310円
    3連複 4-9-10 14860円 / 3連単 10-9-4 51710円
    ワイド 9-10 790円 / 4-10 2260円 / 4-9 3280円

大阪杯が前が詰まり、こっちも前が詰まるか・・・
ブレイズアトレイルは、前走が、位置取りが後ろすぎて届かずの4着だったので、今回は中段からの競馬。
いい感じで、レースを進めることが出来たのだが、直線で前が開かず、結局、追い出し遅れて、届かず5着・・
スムーズな競馬が出来れば、2着はあったと思うが、まあ、勝ち馬買ってないので、どのみち、ハズレですが。

馬場渋って、先行勢有利とみての予想でしたが、雨降っても良馬場で、時計も速いやん・・・
で、後ろからの馬決着で、上位馬皆無印の大ハズレ・・・

勝ったモーリスは、とにかく強かった。
低調なマイル界に、新星現るという強烈なインパクトを与える勝ち方でしたね。
今回は、単純に、1番人気が不振なレースということで、消してしまったが、今後は常に買いの馬だな。
このレースは、ロベルトの血を持つ馬が、何度も穴をあけていたが、今回、この馬は1番人気だったからなあ。
これで中山コース3連勝となったわけだが、無類の中山巧者なのか、それとも、強いマイラーなのか?
脚質的に、東京コースが合わないとは思えないので、安田記念でも有力だし、普通に勝っちゃいそうな勢いだな。

2着、3着が、東風Sの1着、3着馬が、そのまま来たという、実に分かりやすい結果なのだが・・
東風S上位4頭中、斤量が軽くなった2頭が馬券にならず、斤量増減なしの2頭が馬券になるとは、単純じゃないのね。。
クラリティシチーは、東京コースで何度もイスラボニータと接戦を演じていたので、安田記念でも期待出来るか。
インパルスヒーローは、昨年も僅差の6着だったが、右回りに実績がない馬なので、今年も軽視してしまった。

しかし、このレースは、基本、安田記念に直結しないので、ここでの好走馬を安田記念で狙うのは避けるべきか。
それでも、モーリスについては、無視できないほどの強さを見せたからなあ。

というわけで、4月に入っても、相変わらず当たらない我が予想・・・
これで、まる2か月、的中なしの苦しい状況が続いており、次のG1桜花賞で、ほんまに何とかしたい・・・
ほんまに・・・ほんと切実です。。。
コメント