susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

宝塚記念10((結果))

2010-06-28 21:37:11 | 宝塚記念
2010年6月27日(日) / 阪神 2200m 芝・右 内 / 晴・稍重
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[8] 17  ナカヤマフェスタ  牡4 58 柴田善 2:13.0 8
2[4] 8 ○ブエナビスタ    牝4 56 横山典 1/2 1
3[1] 2 △アーネストリー   牡5 58 佐 藤 1/2 3
4[8] 18  ドリームジャーニー 牡6 58 池 添 1/2 4
5[2] 3  ネヴァブション   牡7 58 後 藤 1 12
6[6] 12  メイショウベルーガ 牝5 56  幸  クビ 13
7[2] 4  スマートギア    牡5 58 和 田 1.1/2 14
8[5] 10 △ジャガーメイル   牡6 58 ウィリ ハナ 2
9[3] 5 ◎ナムラクレセント  牡5 58 小 牧 クビ 9
10[7] 13 ▲フォゲッタブル   牡4 58 蛯 名 クビ 6
11[1] 1  イコピコ      牡4 58 岩 田 2.1/2 11
12[4] 7  マイネルアンサー  牡6 58 川 田 ハナ 15
13[5] 9 △ロジユニヴァース  牡4 58 安藤勝 クビ 5
14[6] 11  トップカミング   牡4 58 浜 中 クビ 16
15[8] 16  アクシオン     牡7 58 藤 田 1.1/2 10
16[3] 6  セイウンワンダー  牡4 58 福 永 1.3/4 7
17[7] 14  マキハタサイボーグ セ8 58 太 宰 5 17
-[7] 15  コパノジングー   牡5 58 藤岡佑 取消

払戻金 単勝 17 3780円
    複勝 17 710円 / 8 120円 / 2 200円
    枠連 4-8 780円
    馬連 8-17 5150円 / 馬単 17-8 16990円
    3連複 2-8-17 7920円 / 3連単 17-8-2 77160円
    ワイド 8-17 1580円 / 2-17 2870円 / 2-8 330円

2着かあ・・
馬券をはずしたことも悔しいが、ブエナビスタが負けてしまったことの方が、もっと悔しいね。。

ここは、是非勝ってもらって、現役最強馬であることを証明してもらいたかったのだが・・
有馬記念に続いて、またしても牡馬相手のG1では、2着。。。
しかも伏兵ナカヤマフェスタに足元をすくわれる感じの差し切り負けとは・・

阪神内回りコース、馬場状態、枠順、初めての56キロを考えれば、前目でレースを進めることは想定出来たが、終始内を回るコース取りが、最後に明暗を分けたか・・
コースロスは、まったくなかったものの、前日の大雨で、内はかなり荒れていたはずで、直線は、やはり外の方が伸びる。
内を割ったブエナと外を回したフェスタ。
この差が、最後の伸びの明暗を分けたか。
いや、レースの流れが、前で競馬をした組には、結果的にきつかった感じね。
それでも2着を死守したところにブエナビスタの強さを見た気はするが、牡馬相手のG1にまた勝てなかったも事実。
秋は、是非、天皇賞(秋)→JC→有馬記念のG1王道ロードを歩んで、3連勝を飾ってほしいが。
牝馬で、これを達成したら、そりゃあもうウオッカ越えです。
私の中ではすでに、どんなコースでも崩れないオールラウンドの走りで、ウオッカを越えていると思っておりますが。。

それにしても、ナカヤマフェスタがここで勝つか・・・
W杯で日本が決勝トーナメント進出でお祭り騒ぎがサインとなり、フェスタという結末か・・

前走が、オープン特別のメトロポリタンSというだけで、最初から無視してしまったのは失敗・・
前走がオープン特別のメイSだから無視したショウワモダンと同じ過ちを犯してしまったなあ。。。
まったく学習能力がないよねえ。。
しかしナカヤマフェスタは、これまで遠征競馬で大敗しており、阪神コースはプラスではないと判断したのだが・・
早めの栗東入り作戦が、大成功だったということだね。
不良馬場のダービーで、唯一、後方から4着まで追い込んだ道悪巧者で、馬場悪化もプラスに働いたね。
陣営は、重馬場は苦手だから、馬場が回復したのもよかったって言ってたけど。。

外枠もプラスだったし、他馬からまったくマークされない気楽な立場だったのもよかったね。
この馬の得意コースはやはり東京だから、これで一躍、天皇賞(秋)の最有力候補の1頭になったのかな。
と思ったら、秋は、凱旋門賞に挑戦するようですね。

3着アーネストリーは、最後までブエナビスタに食い下がる走りを見せて、秋に期待を繋ぎました。
恐らくベストの距離は2000mあたりでしょうから、この馬も天皇賞(秋)で楽しみですね。

◎ナムラクレセントは、宣言通りハナを切ってくれましたが、ハナを切ろうが、またしても前半は折り合いを欠いており、引っ掛かっておりました。
強豪相手のG1レースで、少しでもロスのある走りをすれば、なかなか勝ち負けには持ってこれないね。
父母にヤマニンパラダイスがいることだし、秋はマイル路線に行くというのも手ではないかな。

結局、上半期総決算の宝塚記念も当てることが出来ず、上期競馬収支は大幅なマイナス計上となりました。
なんとか、夏競馬で流れを変えたいところですが、夏競馬は、少額で楽しみ、秋で大爆発させたいところです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)   トラックバック (3)

宝塚記念10(予想)

2010-06-26 23:47:01 | 宝塚記念
日曜の阪神メイン、宝塚記念の予想
芝 2200M G1 定量 17頭
コパノジングーが右前浅屈腱炎で出走取消となってます。

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 ブエナビスタ・・・・・・3.0倍
2番人気 ジャガーメイル・・・・・4.9倍
3番人気 アーネストリー・・・・・6.2倍
4番人気 ロジユニヴァース・・・・7.8倍
5番人気 ドリームジャーニー・・・8.1倍

ブエナビスタが当然1番人気ですが、単勝3倍台は、有馬記念に以来の2度目。
その時は、2番人気のドリームジャーニーに敗れたわけだが、今回2番人気はジャガーメイルか。。。
土曜日、最終レースで、ようやく連敗が止まった横典が、日曜はキッチリ決めてくれるか。

◎ナムラクレセント

ここ3走の敗因は、折り合いを欠いたこととハッキリしている。
その3走すべてに◎を献上しただけに、上半期を締め括るここも、懲りずに◎を打たしてもらいます。
そして今回、内枠に入って、鞍上小牧は、堂々の「逃げ」宣言!
過去に1度だけ逃げた阿賀野川特別では、フォッゲタブルに5馬身差をつける圧勝劇。
しかも、フォゲとのハンデ差は、相手が3歳だったとはいえ、5.5キロ差でした。
もしかして気分よく走れれば、相当強い馬なのではないか!
スタミナは、菊花賞3着、阪神大賞典3着、春天4着の実績から問題なしで、逃げ切れる力はある!
春天の時は、母系にパーソロンがいるから長距離適正ありなんて書いたが、実際は、父母がヤマニンパラダイスだし、中距離あたりがベストだよね。
道悪実績もあるし、今年まだ重賞勝ちのない小牧が、大一番のここで大金星を上げることになる!


○ブエナビスタ

ファン投票1位、単勝1番人気に応えて、現役最強馬を証明してほしい。
不安は、初めての56キロと道悪、そして直線の短い阪神内回りコースということ。
そこは、鞍上の横典が、好位からレースを進めて、対応してくれると思う。
勝って、凱旋門賞に行ってほしいな。


▲フォゲッタブル

ナムラとどちらを本命にするか悩んだが、思ったほど人気が下がっていなかったので、3番手評価に。
前走の春天は順調さを欠いての参戦で、この馬本来の走りではなかった。
昨年の菊花賞2着馬で、春天を1番人気で裏切っての参戦は04年のリンカーンと同じ。
つまり、この馬が今年の3着なんじゃないの。
サンデー×トニービンという血統配合も同じだし、本来なら武豊が騎乗だったし、共通点が多いぞ。
今回、蛯名に急遽乗り替りとなったが、蛯名と金子オーナーといえば、アパパネで2冠達成しているだけに、相性はいい。
母はこのレース3着で、ダンス産駒といえば、ツルマルボーイが2年連続の2着しており、この馬も馬券になりそうな。


△ジャガーメイル

ここは素直に天皇賞馬に敬意を表します。
初めての阪神コースになるが、鞍上ウイリアムズが、また早めの競馬で、うまく乗ってくれるか。


△アーネストリー

金鯱賞勝ち馬ですから、当然ここでは買いの1頭。
我が本命ナムラクレセントを2度に渡って、玉砕しているだけに、この馬は強いな。
宝塚記念という舞台で、またスペシャルウィークがグラスワンダーに倒されてしまうのか。


△ロジユニヴァース

当初、消し予定で、まったく買う予定なしでしたが・・
土曜が不良馬場で、日曜も、道悪競馬になりそうな感じなので、道悪の恩恵が一番ありそうなこの馬を押えることに。

馬券はナムラクレセントとブエナビスタの2頭軸の3連複で勝負!!
 あと元PO馬でもあるフォゲッタブルとブエナビスタの2頭軸の3連複も買いまっせ!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (36)

土曜、そして宝塚

2010-06-25 22:25:55 | POGその他
日本、やりましたね!
朝3時半から起きて、テレビ観戦した甲斐がありましたよ。
この調子で、次のパラグアイ戦も頑張ってほしいね。
次は29日の夜11時キックオフだから、ゆっくりテレビ観戦出来そうだわ。

土曜日は、買いたいレースもなくて、馬券参戦はパス。
先週、妹のアヴェンチュラスがデビュー勝ちをしたのを見たのか、姉のヴェラブランカが11ヶ月ぶりに戻って来ました。
昨年7月の阪神でのデビュー戦以来となる出走ですが、父クロフネということもあり、今回はダート1800の未勝利戦です。
1つ上の兄ナサニエル(父キンカメ)は、ダートで活躍してますから、この仔も砂で変わってくれるか。

さて、日曜は春の総決算、宝塚記念ですが、レッドディザイアが、鼻出血で回避して、ブエナとのライバル対決が見られず残念。
でも、兄妹対決があるからと思ったら、兄アドマイヤオーラは、福島テレビオープンに逃げてしまいました・・
いつも、G1レースには、とにかく持ち馬を出走させていた近藤オーナーだったのに、この判断はなぜ?
しかも、お膝元の阪神でのG1なら、尚更、出走させそうなもんだが、それでも実を取りに福島とは、いったい・・
オーラの状態がまだ万全でなく、G1の舞台では辛いとの判断でしょうか。
なら、福島でも危ない人気馬になりそうな。。
それとも、秋へ向けて、確実に賞金を加算するためなのか?!

休み明けのオースミスパークも宝塚を回避して同じく福島テレビオープンに出走。
逃げ馬不在の今年は、この馬には展開の恩恵があると思ったんですが、距離が長いと判断したのでしょうか?!

宝塚記念の予想の方は、いつものごとく、土曜の深夜になりそうです。
本命馬を2頭で迷っておりまして、最終的には人気を見て、人気がない方を本命にしそうですが。。
とりあえず、ブエナは○で、ドリームジャーニーは今のところ消しで考えております。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (1)   トラックバック (2)

POG広場に参加

2010-06-24 00:03:28 | POGその他
先週から2歳戦がスタートしましたが、ということは、新たなPOGもスタートしたわけで。
今年も、ネット上で募集している4つのPOGに参加する予定。
その中で、新馬戦スタート前に募集締め切りだったPOG広場さんのところのPOGに慌てて参加。
昨年は、締め切りに間に合わず不参加だったので、2年ぶりの参戦。
今年は、たいした検討もしないまま、とりあえず良血10頭チョイス。
結果的に牡牝が、ちょうど5頭づつと、偶然バランスが取れておりました。
基本、過去にPOGで指名した馬の下を取る方針なんですが、慌てていたので、最後2頭は、初めて指名した母馬です。

いつも、スペシャルウィーク産駒は、贔屓にしているので、今回は指名してませんが、他のPOGでは必ず指名したいと思ってます。
今のところ、母エイシンサンサンが指名候補ですな。
あと、当然、エアグルーヴ、ビワハイジの仔達も無視出来ませんので、デビューを見極めて指名したいですね。

ビワハイジといえば、今週末の宝塚記念では、アドマイヤオーラとブエナビスタの兄妹対決が実現しますね。
エアグルーヴの仔フォゲッタブルと合わせて、過去のPO馬3頭が出走する今年の宝塚記念。
さて、どの馬を本命にしましょうか?!

①アヴェンチュラ  牝
(父ジャングルポケット 母アドマイヤサンデー(母父サンデーサイレンス))栗東 角居勝彦厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・フサイチホウオー、トールポピー、ヴェラブランカ

 6/20阪神新馬戦(芝1600m)に、いきなりデビューし、見事勝利!
 1番人気はディープ産駒のシュプリームギフトに譲ったものの、危なげなく3馬身半差の圧勝劇!
 今後は、一旦放牧に出されるようで、父同様、札幌2歳S制覇を目指してほしいね。

②レッドディアーナ 牝
(父ディープインパクト 母ケイウーマン(母父Last Tycoon))栗東 安田隆行厩舎 
  過去のPOG指名兄弟馬・・モンテクリスエス、マシュケナーダ

③アドマイヤセプター 牝
 (父キングカメハメハ 母アドマイヤグルーヴ(母父サンデーサイレンス))栗東 橋田満厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・アドマイヤテンバ

④ヴィジャイ 牡
 (父ディープインパクト 母オイスターチケット(母父ウイニングチケット))栗東 松田国英厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・ブラックシェル、ベイドリーム

⑤ベルシャザール 牡
 (父キングカメハメハ 母マルカキャンディ(母父サンデーサイレンス))栗東 松田国英厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・ライムキャンディ、ナイトフッド

⑥オルフェーヴル 牡
 (父ステイゴールド 母オリエンタルアート(母父メジロマックイーン))栗東 池江泰寿厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・アルスノヴァ、ジャポニズム

⑦オーシャンビーナス 牝
 (父リンカーン 母ブリリアントベリー(母父ノーザンテースト))栗東 音無秀孝厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・ガウディ

⑧スプリングフェスタ 牡
 (父ゼンノロブロイ 母スプリングチケット(母父トニービン))栗東 長浜博之厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・ヴィヴァルディ

⑨レーヴディソール 牝
 (父アグネスタキオン 母レーブドスカー(母父Highest Honor)栗東 松田博資厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・過去に指名馬なし

⑩ソルデマーヨ 牡
 (父ディープインパクト 母アルゼンチンスター(母父Candy Stripes)栗東 音無秀孝厩舎
  過去のPOG指名兄弟馬・・過去に指名馬なし

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

マーメイドS10((結果))☆

2010-06-21 22:34:51 | 4~6月重賞(G2、G3)
2010年6月20日(日) / 阪神 2000m 芝・右 内 / 曇・良
サラ系3歳以上 / 牝(国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[5] 9 △ブライティアパルス 牝5 53 藤岡康 1:59.5 3
2[7] 13 ◎セラフィックロンプ 牝6 53 宮 崎 クビ 14
3[2] 3  テイエムオーロラ  牝4 53 国分恭 1.3/4 4
4[7] 14 △ニシノブルームーン 牝6 55 北村宏 3/4 1
5[8] 16  ヒカルアマランサス 牝4 56 内 田 3/4 2
6[6] 12  ムードインディゴ  牝5 55 ウィリ 1/2 10
7[6] 11  チェレブリタ    牝5 54 村 田 ハナ 12
8[2] 4  アースシンボル   牝5 50 高 倉 ハナ 13
9[4] 7 ▲マイネトゥインクル 牝5 50 酒 井 クビ 11
10[3] 5  コロンバスサークル 牝4 53 田中勝 1/2 7
11[5] 10  リトルアマポーラ  牝5 57 福 永 2.1/2 6
12[8] 15  サンレイジャスパー 牝8 51 難 波 1/2 15
13[4] 8 △ブラボーデイジー  牝5 56 北村友 2.1/2 5
14[1] 1 ○マイネレーツェル  牝5 54 和 田 4 9
15[1] 2  レジネッタ     牝5 56 岩 田 3/4 8
16[3] 6  チャームナデシコ  牝5 53  幸  クビ 16

払戻金 単勝 9 640円
    複勝 9 240円 / 13 820円 / 3 290円
    枠連 5-7 1140円
    馬連 9-13 8410円 / 馬単 9-13 14320円
    3連複 3-9-13 15580円 / 3連単 9-13-3 91010円
    ワイド 9-13 2470円 / 3-9 720円 / 3-13 3080円

ハンデ戦らしく、軽ハンデ馬の決着で、今年も荒れました。
53キロ馬のワンツースリーという、実に分かりやすい結果ですな。。
ヴィクトリアマイル組より、軽ハンデ馬という見解が大正解だったが、それに徹しきれず・・
最後の△を迷った挙句、テイエムオーロラじゃなくて無難にニシノブルームーンにして3連複を取り逃したのは痛恨・・

先週のキャプテンベガに続いて、今回も◎セラフィックロンプが馬券に絡み、ようやく穴馬選びがはまってきた感じだが、詰めの甘い予想なのは相変わらず・・

勝ったブライティアパルスは、重賞初制覇!
ショウワモダンが安田記念を勝ち、シルポートが金鯱賞2着で、メイS1~3着馬が、その後大活躍となってますね。
鞍上の藤岡康騎手は今年3月に自然気胸を発症し、いったん回復したがその後再発。
で、完治した今月からレースに復帰しての、重賞勝利で、嬉しいでしょうね。
藤岡康騎手とえいば、ジョーカプチーノでG1を勝ちましたが、今年も、オースミスパークで小倉大賞典を逃げ切っており、積極的な騎乗が気持ちいいですね。

ブライティアパルスといえば、ダイタクリーヴァ産駒ということで、当然、リーヴァ産駒の重賞初制覇でもあります。
そのリーヴァ産駒は、2歳、3歳馬には、現在、JRA登録馬はおらず、現役JRA登録馬は、わずか4頭・・
それでもベルウットローツェがダイヤモンドS2着し、先月にはルールプロスパーが準オープンを勝ち上がり、今回、重賞初制覇と、少数精鋭で頑張ってます。
3歳地方馬のエレーヌも、関東オークスこそ6着だったが、その前に4連勝しており、活躍してます。
もしかして、ダイタクリーヴァって、種牡馬として、結構優秀なんじゃないでしょうか。
何とか、今後、種付け数が増えてほしいね。

2着の◎セラフィックロンプは、意表ついた逃げ作戦が大成功でしたね。
ハナを切ると思われたブラボーデイジーが、スタートで躓いて出遅れたことも幸いしましたな。
宮崎騎手の好騎乗と褒めようと思ったら、なんと2日間の騎乗停止処分になってるぞ・・

直線の競り合いで2度、3度と外斜行し、ブライティアパルスと接触。
これが「走行妨害ではないが、継続的かつ悪質」と認められたため、着順確定後に騎乗停止の制裁となったとか。

2週連続的中で、春の締め括り宝塚記念に向けて、いい流れになってきました。
今年上半期のG1レースは、2度馬券は当ったが、いずれも押さえ馬券で、◎が一度も馬券に絡んでいません・・
なんとか宝塚記念では、きっちり◎から馬券を当てたいものです。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

マーメイドS10(予想)

2010-06-20 03:59:16 | 4~6月重賞(G2、G3)
土曜は、競馬パスで、夜は当然、日本-オランダ戦。
いやあ、惜しかったなあ。。。負けはしたけど、いい試合でした。デンマーク戦に期待だ。
で、今、カメルーン-デンマーク戦を観戦・・って、何時だと思ってるんだ。。
ああ、生活のリズムが・・・

さて、いよいよ2歳戦スタートで、新たなPOGもスタート。
で、日曜の阪神メイクデビューに、いきなりPO馬アヴェンチュラがデビュー。
昨年の半姉ヴェラブランカは、デビュー戦1番人気を10着と惨敗し、その後休養・・
しかし、今年はトールポピーと同じ角居厩舎で、父ジャングルポケットに再び戻り、期待大ではないか。
ただ、このレースには、ディープ産駒のシュプリームギフトも出走し、こちらが1番人気になってますが。。
結果はどうなるでしょうか?

日曜の阪神メイン、マーメイドSの予想
芝 2000M G3 ハンデ 16頭

ヴィクトリアマイル組か、軽ハンデ組かの選択になるが、前走の着順が当てにならないレースゆえ、軽ハンデ馬の一発に期待したい。

◎セラフィックロンプ

京都記念ぐらい走れば、牝馬相手のハンデ戦なら勝ち負け。
その京都記念がブエナビスタから0.5秒差の5着と健闘。
昨年のこのレースも、前残りの展開を後方から追い込んで0.6秒差の6着とまずまず。
今回は、うまく先行して、愛知杯の再現を宮崎君がやってくれることに期待しよう。


○マイネレーツェル

近走不振も、Fレビュー、ローズSと重賞2つ勝っている阪神コースでの変わり身期待。
昨年より1キロ軽い54キロのハンデは、馬体が小さいだけに、軽くなった効果は大きいはず。

 
▲マイネトゥインクル

休み明け後の3走は結果が出てないが、50キロの軽ハンデと実績のある阪神で、一発期待。

△ブラボーデイジー

レース前に落鉄して打ち直すも、レース中も結局、落鉄。
それでも、0.2秒差の8着に粘ったんだから、素晴らしい走りでした。
実績のない阪神コースに対応出来さえすれば、力は断然上位の存在で、有力の1頭。


△ブライティアパルス

前走メイSが、ショウワモダンから0.3秒差で、シルポートとはハナ差。
阪神コースも2勝してるし、2000mも秋華賞4着の実績があり、53キロのハンデにも恵まれ、チャンスは十分。


△ニシノブルームーン

昨年の2着馬で、ヴィクトリアMが、0.1秒差の3着。
G1での激走の疲れさえなければ、ここなら、普通に勝ち負けするはず。

馬券はセラフィックロンプを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (8)

エプソムC10((結果))☆

2010-06-14 22:32:48 | 4~6月重賞(G2、G3)
2010年6月13日(日) / 東京 1800m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[1] 2 △セイウンワンダー  牡4 57 福 永 1:46.1 1
2[4] 8 ▲シルポート     牡5 56 蛯 名 ハナ 3
3[2] 4 ◎キャプテンベガ   牡7 56 後 藤 ハナ 9
4[2] 3  セイクリッドバレー 牡4 56 松 岡 1/2 4
5[7] 15 △ゴールデンダリア  牡6 57 柴田善 クビ 2
6[7] 14  ストロングリターン 牡4 56 内 田 クビ 5
7[8] 17 ○デストラメンテ   牡6 56 丹 内 1.3/4 13
8[6] 12  トウショウウェイヴ 牡5 56 中 舘 ハナ 8
9[3] 6  ブレーヴハート   牡8 56 田中勝 1/2 18
10[6] 11  ラインプレアー   牡5 56 長谷川 クビ 10
11[1] 1  ドモナラズ     牡5 56 丸 田 クビ 17
12[8] 16  サンライズマックス 牡6 56 横山典 1/2 6
13[4] 7  テイエムアタック  牡6 56 三 浦 1.1/2 11
14[5] 10  ゼンノグッドウッド 牡7 56 四 位 クビ 14
15[7] 13  キョウエイストーム 牡5 56 村 田 3/4 12
16[3] 5 △タケミカヅチ    牡5 56 北村宏 ハナ 7
17[8] 18  ニルヴァーナ    牡7 56 吉田豊 3/4 16
18[5] 9  ナイアガラ     牡7 56 吉田隼 3.1/2 15

払戻金 単勝 2 360円
    複勝 2 170円 / 8 220円 / 4 540円
    枠連 1-4 950円
    馬連 2-8 1090円 / 馬単 2-8 1950円
    3連複 2-4-8 7650円 / 3連単 2-8-4 30780円
    ワイド 2-8 500円 / 2-4 1530円 / 4-8 1690円

CBC賞は、散々な結果だったが、こちらは、久しぶりに綺麗に3連複が的中!

しかし、欲を言えば、ギリギリまで当りそうだったキャプテンベガとシルポートの馬連67倍を取り逃したのは、残念。。
テレビ画面に向かって、先に抜け出した2頭に「粘れ!粘れ!」と声を上げていたのだが・・

勝ったのは、1番人気のセイウンワンダー。
2歳時の朝日杯以来の勝利となりましたが、3歳時もわりと堅実に走っており、安定勢力です。
勝てば宝塚と陣営は言っていたので、この後は、状態を見て、中1週で春グランプリに向かうようです。

2着には、単騎逃げから、ギリギリ最後まで粘りきったシルポート。
今回は、同型馬の不在で、展開も向いたが、粘り強い逃げに磨きがかかってきたもの確かで、今後の重賞戦線でも期待出来そう。

あと一歩で、悲願の重賞初制覇を逃したのが、3着◎キャプテンベガ。
最後は、クビの上げ下げによる、ハナハナの3着だけに、ほんとに惜しかった。。。
年齢的にも、今回あたりが、最大の重賞取りのチャンスだっただけに、残念無念です・・
こんな良血でも、やはり最低、重賞勝ちがないと種牡馬になれないのでしょうか?!
でも、母ベガそして兄アドマイヤベガは既に他界しているので、その偉大な血を残す後継種牡馬としては、価値はあるよね。
いや全兄のアドマイヤボスが種牡馬になっているので、やはり必要ないのか・・

秋は、毎日王冠→天皇賞(秋)というローテでお願いしたいね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

CBC賞10((結果))

2010-06-14 22:25:45 | CBC賞
2010年6月13日(日) / 京都 1200m 芝・右 内 / 雨・稍重
サラ系3歳以上 / (国際)[指定] / オープン / ハンデ

1[3] 6 △ヘッドライナー   セ6 56  幸  1:08.9 4
2[7] 15  ダッシャーゴーゴー 牡3 52 古 川 3/4 7
3[4] 8 ▲ワンカラット    牝4 54 藤岡佑 クビ 3
4[8] 16  メリッサ      牝6 52 池 添 1.1/4 12
5[7] 13  エーシンビーセルズ 牡4 54 藤岡康 3/4 13
6[5] 9 △シンボリグラン   牡8 56 岩 田 1.1/4 1
7[6] 12  アポロフェニックス 牡5 56 秋 山 クビ 10
8[5] 10  スズカコーズウェイ 牡6 57 浜 中 ハナ 8
9[7] 14  ケイアイアストン  牡5 55 的 場 ハナ 11
10[8] 18  カノヤザクラ    牝6 56 小 牧 3.1/2 6
11[6] 11  タマモホットプレイ 牡9 55 渡 辺 1/2 18
12[8] 17  セブンシークィーン 牝4 52 和 田 1.1/4 16
13[1] 2 △サンダルフォン   牡7 56 酒 井 ハナ 5
14[4] 7  ベストロケーション 牝5 53 木 幡 クビ 2
15[1] 1  ウエスタンダンサー 牝6 53 高 倉 クビ 17
16[2] 4 ○グッドキララ    牡6 53 太 宰 ハナ 14
17[2] 3 ◎ランチボックス   牡5 54 田中健 クビ 15
18[3] 5  エーブダッチマン  牡4 54 武 幸 8 9

払戻金 単勝 6 870円
    複勝 6 330円 / 15 410円 / 8 270円
    枠連 3-7 2010円
    馬連 6-15 5290円 / 馬単 6-15 10630円
    3連複 6-8-15 15980円 / 3連単 6-15-8 96400円
    ワイド 6-15 1870円 / 6-8 1340円 / 8-15 1850円

良馬場前提の予想だったので、当日の雨で、馬場がやや重に悪化しているのを見て、慌てて本命馬変更。。

しかし、変更して本命にしたランチボックスは、ブービー17着だし、元の本命グッドキララも16着と散々な結果・・

1番人気がシンボリグランということで、荒れる感じがプンプンしてたのだが、思っていたほど荒れはくれなかったな。
馬場悪化で、逃げ馬。ハンデ戦で、軽量馬。
この2つの要素で、わりと簡単に取れた馬券だったのになあ。。
それと、サクラバクシンオー。
1200で迷ったら、とりあえずバクシンオー産駒から買っておけって、ことで。これ、まだ使えるんだね。。。

勝ったヘッドライナーは、馬場の恩恵もあったが、やはり単騎で逃げると強いね。
同型の馬達が、外枠に入った恩恵もあり、激しいハナ争いもなく、難なく逃げ切りを決めちゃいました。
サマースプリントシリーズでも十分に主役を張れそうな1頭です。

2着には3歳馬のダッシャーゴーゴー。
52キロのハンデを考えれば、十分に買いの1頭でしたが、なぜか印が回らなかった。。
先行馬の外枠ということで、嫌ったんだけど、今回は差してきましたねえ・・・

雨で馬場が渋った時点で、我が予想の見解は壊れていたので、馬券購入をパスすりゃよかったのだが・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

CBC賞10(予想変更)

2010-06-13 15:23:34 | 4~6月重賞(G2、G3)
日曜の京都競馬場は、雨模様ということで、馬場状態もやや重。

ということで、馬場適性を考慮して、本命馬を変更します。

◎ランチボックス ○→◎へ

○グットキララ  ◎→○へ

以下の印はもう面倒くさいので同じで。

▲ワンカラット
△ヘッドライナー
△サンダルフォン
△シンボリグラン
                         以上
コメント (2)

CBC賞&エプソムC(予想)

2010-06-13 02:37:35 | 競馬予想・結果
土曜は朝早くに山中湖にドライブに出かけて、競馬はパス。
行きは、事故渋滞に巻き込まれ、到着に3時間20分もかかり、うんざり。。。
帰りは、出る時間を遅めにして渋滞回避で、1時間50分で戻ってこれました。
それでも、帰りは遅くなり、もうクタクタ・・
身体はだるいし、眠いし、予想する気力も薄れていたのだが、それでもなんとか、予想しました。。
どうせ、毎度のこと、当たらないんだけどね・・

日曜の京都メイン、CBC賞の予想
芝 1200M G3 ハンデ 18頭

今年は、京都開催です。
抜けた馬がおらず、混戦模様のハンデ戦で、予想は超難解・・もう投げ出したい。。。

◎グッドキララ

京都といえば、京都金杯を0.1秒差の4着と大健闘した実績が光る!
ハンデ戦のここなら、祖母スエヒロジョウオーの穴血統の血と併せて、一発に期待だ。


○ランチボックス

前走、重賞のオーシャンSを0.3秒差の6着は立派。
京都の成績があまりよくないが、京都1200は未勝利とはいえ、6度中、半分は0.1秒差の競馬で相手なりに走る。

 
▲ワンカラット

安田記念、出走出来ていたら、穴馬第一候補と考えていた馬。
なにせ、ヴィクトリアマイルが、ブエナビスタから0.1秒差の競馬。
京都も問題なしで、あとは、久々のスプリント戦に対応出来るかどうかだけ。


△ヘッドライナー

前走、京都で行われたテレビ愛知オープンを0.1秒差の2着と好走。
ならば、京都で行われるCBC賞でも、前走の再現は十分可能。
同型馬が多いとはいえ、枠順は、この馬が一番いいので、ハナを切れれば、粘りこめる。


△シンボリグラン

春は、高松宮記念ではなく、このレースを目標にやってきたと陣営が言っている以上、しっかり人気に応えるはず。
京都1200では、安定した走りを見せており、ここも当然勝ち負け。
不安は、最近不振の岩田が鞍上ということか。


△サンダルフォン

前走は、展開がはまった感があるとはいえ、今回と同じ京都1200で快勝ですから、ここでも。
流れが速くなりそうなメンバー構成だけに、また展開がはまる可能性もあり、押えます。

馬券はグッドキララを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

続いて東京のメイン、エプソムCの予想
芝 1800M G3 別定 18頭

このレースも混戦だが、毎度買いたい馬が出走しているので、軸は即答だ。

◎キャプテンベガ

スーパーホーネットにG1を取ってほしいのと同様、この馬には重賞を1つは取ってほしい。
前走の大敗は、まったく展開が向かず、参考外。上がりは32.9で走っており、調子落ちではない。
昨年の3着馬で、東京は東京新聞杯2着もあり、この条件はベスト。
先週、安田記念を勝ち、のってる後藤が、土曜は不振だっただけに、日曜にしっかり巻き返すはず。


○デストラメンテ

前走、新潟大賞典を0.4秒差の5着と健闘し、復調の兆し。
温かくなってくると走りだす馬で、そろそろ激走の予感。
東京1800でも勝っているし、そのレースでは不良馬場とはいえ、今回人気になっているシルポートを負かしており、ここでも人気薄で一発あるか。

 
▲シルポート

今回、逃げ馬はこの馬1頭だけで、楽に逃げられそうで、粘りこみは十分可能。
本来、都大路Sから直行のローテならベストなのに、メイSを挟んでしまったのが、気になるが。
しかも、そこの勝ち馬が安田記念を勝っちゃったもんだから、この馬の人気も過剰ぎみで、ちょっとイヤなんだけど・・


△タケミカヅチ

長期休み明けから、叩き3走目、そろそろ走りごろか。
東京1800は、3歳時とはいえ、共同通信杯2着があり、悪くない条件で、ここなら崩れない。


△セイウンワンダー

安田記念除外の鬱憤をここで晴らせるか。
ここを勝って、宝塚記念という陣営の意気込みもあり、実績的にも、ここは負けられない。
いまだ、距離適正が見えない馬だが、案外、1800あたりがベストの気もするし。


△ゴールデンダリア

このレースと相性のいい新潟大賞典の勝ち馬。
人気でも、当然押さえるべき1頭でしょう。

 馬券はキャプテンベガを軸に馬連と3連複で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (5)   トラックバック (14)

安田記念10((結果))

2010-06-07 22:11:02 | 安田記念
2010年6月6日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[8] 17  ショウワモダン     牡6 58 後 藤 1:31.7 8
2[5] 9 ◎スーパーホーネット   牡7 58 藤岡佑 1/2 6
3[1] 2 ▲スマイルジャック    牡5 58 三 浦 アタマ 5
4[7] 15 △トライアンフマーチ   牡4 58 内 田 1/2 2
5[3] 5  サイトウィナー     セ7 58 ウィリ アタマ 15
6[3] 6 △ファリダット      牡5 58 蛯 名 クビ 10
7[4] 8  キャプテントゥーレ   牡5 58 横山典 クビ 3
8[7] 14  マルカフェニックス   牡6 58 福 永 3/4 11
9[2] 4  フェローシップ     セ8 58 パート 2.1/2 7
10[8] 18  エーシンフォワード   牡5 58 岩 田 クビ 9
11[5] 10  ビューティーフラッシュ セ5 58 コーツ ハナ 4
12[2] 3 ○アブソリュート     牡6 58 田中勝 1/2 13
13[8] 16  サンカルロ       牡4 58 吉田豊 1/2 14
14[1] 1 △リーチザクラウン    牡4 58 安藤勝 アタマ 1
15[6] 12  ライブコンサート    セ6 58 和 田 1.3/4 18
16[4] 7  グロリアスノア     牡4 58 小林慎 クビ 17
17[6] 11  マルカシェンク     牡7 58 柴 山 1.1/4 16
18[7] 13  マイネルファルケ    牡5 58 松 岡 1.1/2 12

払戻金 単勝 17 1390円
    複勝 17 470円 / 9 490円 / 2 360円
    枠連 5-8 2200円
    馬連 9-17 12640円 / 馬単 17-9 26640円
    3連複 2-9-17 53850円 / 3連単 17-9-2 348740円
    ワイド 9-17 4270円 / 2-17 2920円 / 2-9 2670円

悲願のG1制覇にあと一歩だったのに・・

位置取りは、希望していたよりも後ろ(後方4番手)で、「藤岡、またやらかしやがって」と思いましたが・・
岩田エーシンフォワードの逃げは、予想に反してのハイペースで、結果的に後ろからでも届く展開に。
直線で外に持ち出してから、グングンと伸びてくるホーネットの姿を見て、これは勝てるとテレビ画面に向かって「差せ~!差せ~!」と興奮絶叫したのだが・・

ああ無常・・半馬身届きませんでした。。
これで4度目のG1銀メダル・・・
悔しいです!!(ザブングル風)

絶好調時であったなら、あの展開なら、差し切れていたと思うが、7歳馬としては、ほんとよく頑張ったね。
「もう終わった馬」なんて声もあったが、まだまだやれることを十分見せつける走りで、秋への望みを繋いだ。
正直、今回は勝てるメンバー構成だっただけに、ここでG1を取り逃したのは、非常に残念。。。
ハイペースだったとはいえ、若干位置取りが後ろすぎたのと、4コーナーで外に出すのに少しロスがあったのが、最後届かなかった要因か。
既に安田記念を勝っていた後藤とG1未勝利の藤岡との差が出たということでしょう。

ホーネットの今後は、昨年もプランにあった天皇賞(秋)→マイルCSのようです。
マイルCSが、最後のG1取りのチャンスとなりそうだが、その為には、秋天で大惨敗した方がいいかもね。

で、馬券の方ですが・・・
スーパーホーネットのG1制覇を夢見て、ユニコーンSには一銭も使わず、本日の資金すべてをここに費やしたのだが・・
勝ったショウワモダン抜けで、3連複5万馬券取り逃す。。。。馬連でも万馬券じゃんかよ・・

実は、馬券購入、最後の最後で、スーパーホーネットとスマイルジャックの2頭軸の3連複で無印の馬6頭を買い足したのだが・・
買い足した馬が、香港馬2頭、マルカシェンク、マルカフェニックス、ライブコンサート、サンカルロって・・
買い足すという決断は、正解だったのに、なぜ、その中にショウワモダンが入っていない。。。
高配当だけに目がくらんで選んでしまったな・・・

ショウワモダンは、3連勝でG1初制覇!39戦目で初G1挑戦での偉業でした。
メンバー中、唯一の連勝馬で、勢いなら間違いなくこの馬が一番でしたが、6歳馬で上がり馬という感じも・・
レベルが低いメンバー構成では、こういった馬が一番怖いわけで。。
ダービー卿CTは、展開が向いた勝利だと評価せず、前走は相手弱化のオープン特別メイSということで評価せず。
通常、我がG1予想では、前哨戦の映像を見て、穴馬探しをするのですが、メイSは完全無視だったなあ・・・

過去、こんなローテで好走した例がなかったし、時計のかかる中山向きというイメージもあり、即軽視した馬。
でも、父エアジハードは、グラスワンダーを破ってこのレース勝っているし、母父は府中の鬼トニービン。
母父トニービンというだけで、いつもなら飛びついて買っているはずが、今回はなぜか無視してしまった・・

もう、この後、ホーネットはまた人気するでしょうから、今回が馬券的には一番美味しかったんだよなあ・・
かなりの脱力感・・しばらくは、馬券よりも新2歳馬のPOGに気持ちを向けるとするか。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

安田記念10(予想)

2010-06-06 01:52:53 | 安田記念
土曜日は、朝から日光に遊びに出かけており、馬券はパス。
帰りも遅くなってしない、今頃の予想更新。。
もう前から本命馬が決まっていたけど、相手関係が難しかった。
どの馬にもチャンスありのメンバー構成ですからね。。

日曜の東京メイン、安田記念の予想
芝 1600M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 リーチザクラウン・・・・4.7倍
2番人気 トライアンフマーチ・・・7.8倍
3番人気 キャプテントゥーレ・・・7.8倍
4番人気 ショウワモダン・・・・・9.8倍
5番人気 スマイルジャック・・・10.6倍

大混戦の今年の安田記念。
というか、G1と呼ぶにはレベルがどうかと思えるメンバー構成だが・・
と言って、日本馬のレベルが低いから香港馬かというと、今年の香港馬は、どうも強そうじゃないし。。

そうなれば、もうこの馬しかいないでしょ!
悲願のG1制覇に向けて、今年は相手関係に恵まれすぎだぞ!!

◎スーパーホーネット

4年連続の出走となる安田記念。
過去3年、ホーネットがG1馬になることを願い、当然のごとく◎を打ちましたが、結果は・・

07年 18番人気→11着(0.8秒差)(上がり34.3 レースの上がり34.8)勝ち馬ダイワメジャー
08年  1番人気→ 8着(1.0秒差)(上がり34.5 レースの上がり34.8)勝ち馬ウオッカ
09年  3番人気→ 7着(0.7秒差)(上がり36.0 レースの上がり36.1)勝ち馬ウオッカ

3年連続で掲示板すら外す凡走で、最低人気だった3年前はさておき、ここ2年は人気を裏切る結果。
コース適正に問題があるのかといえば、京王杯SCや毎日王冠を勝っているので、東京が苦手というわけではない。
マイルCSを2年連続で2着しているわけですから、勿論、マイルの距離が合わないわけでもない。
合わないのは、安田記念のペース、流れだ。

毎年のように安田記念は、ハイペースとなり、最後の直線では力勝負になる。
昨年も書いたが、ホーネットは全10勝のうち8勝が上がり33秒台で勝っている。
瞬発力勝負に秀でているホーネットにとっては、安田記念のペースは合わないわけで。

例年通りの強豪が集う安田記念なら、例年通りのハイペースの消耗戦になるわけだが、今年は違う。
近年にない低レベルのメンバーが揃い、レースのレベルも上がりそうになく、今年は流れが落ち着きそう。
先週のダービーがそうであったように、今週もスローペースの超瞬発力勝負になるのでは!
近年の安田記念で言うと06年がそうだ。

1番人気のオレハマッテルゼの単勝が5.7倍という大混戦だった年で、前半1000mが58.1と落ち着きました。
で、1、2着馬の上がりが33.8。
結局この年は、日本馬のレベルが低かったのか、香港馬が1、3着で、2着に7歳馬のアサクサデンエンでした。
なんとなく、今年と様子が似ているではないか。
似てないのは、この時勝った香港のブリッシュラックは3番人気と人気していたこと。
今年の香港馬は、ビューティーフラッシュの7番人気が最高。
3着ぐらいなら、可能性ありといった感じか。

今年逃げるのは、リーチかファルケ。もしかして横典のキャプテントゥーレもありえるか。
リーチは前走で逃げずに折り合えたことで、今回もハナは主張しないはず。
とれば、マイルCSを2着に逃げ粘りきったマイネルファルケがハナを叩く。
でも陣営はハナにはこだわらないと言っているし、ファルケの逃げなら、そう速くならない。

となれば、今年こそホーネットの出番ではないか。
今年2戦は、まったくの凡走だが、休み明けで初ダートだったフェブラリーSは参考外。
前走のマイラーズCも9着に凡走したとはいえ、好位の4番手から競馬が出来たことを評価したい。
通常なら、あの位置取りから直線でも鋭く伸びて、完全な勝ちパターンだったが、直線は失速。
デキがまだ戻ってなかったということ。
今年は相手関係よりも、自身の状態が好調時に戻っているかどうかが問題だ。
中間の追い切りでは、好調時を思い出せとばかりに、ムチ連打のハード調教。
そのムチに応えるように、絶好の動きを見せたとならば、状態は確実に上向いているはず。
たとえピークのデキじゃなくても、今年のメンバーなら、なんとかなるのでは。

後は、鞍上の藤岡だ。
まかり間違っても、後方待機策なんて取るなよ。
この馬の勝ち馬パターンは、好位からの差し切り。
前走や毎日王冠でウオッカを差し切った時の位置取りで乗ってくれたら、結果は必ずついてくる!

ちなみにスーパーホーネットとは、アメリカ海軍の戦闘機の愛称だ。
サイン馬券があるなら、沖縄普天間問題で辞職した鳩山首相繋がりというこじつけも。


○アブソリュート

東京コースなら巻き返す。
東京は4勝を上げて、東京新聞杯、富士Sと2つのマイル重賞を勝っており、今年のメンバーなら。
休み明けで富士Sを勝っていることから、今回の3ヶ月半ぶりの出走もむしろよさそう。
前走は中山の不良馬場、2走前の東京新聞杯は前が止まらない馬場と、共に馬場状態が敗因とはっきりしている。
マイルCSでは、完全に脚を余しての0.3秒差だし、力的にはG1で通用してもおかしくない。


▲スマイルジャック

昨年は、スタートで出遅れ、直線では不利を受け、最後には躓くなど散々な目に合いました。
マイルCSでも脚を余しての0.4秒差6着と大舞台で、力を出し切っていない。
ウオッカが2連覇しているし、アブソリュートと共にタニノギムレット産駒はこの条件は走るのでは。
母父サンデーというのも、ここ一番で強みを発揮するし、怖い1頭。


△トライアンフマーチ

皐月賞では◎を打って、万馬券をプレゼントしてくれた馬。
母が快速キョウエイマーチだから、古馬になったらマイル戦で活躍してくれると思ったが、その通りの道を歩んでます。
まだ重賞勝ちはないものの、東京新聞杯、マイラーズC2着の実績があれば、今年のメンバーなら当然勝ち負け。
鞍上は、ダービージョッキーとなった内田だし、人気でも外せない1頭。


△ファリダット

先週のダービーの結果から、血統的にはこの馬が一番怖い。
父キングマンボで、母父はサンデーときてますので、配合はローズキングダムと同じ。
昨年の1、2着馬が既に引退となれば、自動的に3着馬のこの馬に今年はチャンスがめぐってきそうだし。
瞬発力勝負を想定している以上、その流れに一番合いそうなのが、この馬だけに、最後に猛然と突っ込んできそう。


△リーチザクラウン

マイル戦で折り合いの心配がなくなり、ここも大崩れはなさそう。
でも、長い府中の直線が合うのかは微妙だし、最内枠も出遅れた場合は危険。
昨年こそ、ウオッカが勝ったものの、1番人気が不振なレースだけに、過信は出来ないな。

馬券はスーパーホーネットを軸に馬連と3連複で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (26)