susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

目黒記念((結果))

2010-05-31 22:14:51 | 競馬予想・結果
2010年5月30日(日) / 東京 2500m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)[指定] / オープン / ハンデ

1[8] 12 ▲コパノジングー   牡5 54 池 添 2:34.8 5
2[6] 8  イケドラゴン    牡5 51 丸 山 3/4 9
3[4] 4  フェニコーン    牡6 53 浜 中 ハナ 7
4[3] 3  スマートステージ  牡5 54 村 田1.1/4 6
5[2] 2 △アルナスライン   牡6 58 蛯 名 クビ 2
6[8] 11  ミッキーペトラ   牡4 55 ウィリ ハナ 4
7[1] 1  トウショウデザート 牡4 52 吉田豊 1/2 8
8[6] 7 ◎モンテクリスエス  牡5 56 内 田 3/4 3
9[7] 9 ○トップカミング   牡4 56 岩 田 1/2 1
10[5] 6  ピエナグッドラック 牡6 51 江田照 3/4 11
11[7] 10  ナイアガラ     牡7 51 吉田隼 1/2 10
12[5] 5  マキハタサイボーグ セ8 54 和 田 5 12

払戻金 単勝 12 760円
    複勝 12 260円 / 8 1130円 / 4 380円
    枠連 6-8 970円
    馬連 8-12 19290円 / 馬単 12-8 30210円
    3連複 4-8-12 41110円 / 3連単 12-8-4 244680円
    ワイド 8-12 4300円 / 4-12 1280円 / 4-8 4170円

ダービーの予想に全精力を注ぎ、ここは力入らず、適当な予想でお茶を濁して、結果も大ハズレ・・

だったら、買わなきゃいいのに、買ってしまいマイナスを増やしただけの日曜日。。

たいした根拠もなく、荒れないだろうという想定が、完全にハズレ・・
ハンデ戦らしく、しっかり荒れましたね。。
勝ったコパノジングーは、昇級初戦とはいえ、ダイヤモンドSで6着と好走実績があり、想定内の好走。
やっぱり、府中では、トニービンの血が頼りになります。

しかし、2、3着馬は、ハンデ戦とはいえ、格がものいう目黒記念という印象だったので、眼中になし・・
2着イケドラゴンは、準オープンで掲示板にのれていないし、3着フェニコーンは1000万を勝ったばかり。
でも、51キロと53キロ。ハンデ戦なんだから、まず軽量馬から注目しろと言うことね。。。

本命にしたモンテクリスエスは、後方から見せ場すら作れず8着惨敗・・
直前にダービー勝っちゃったウチパクさん、ここは、もう気合も入らなかったかな。。
いや、私の予想に気合が入ってなかった・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (3)

ダービー10((結果))

2010-05-31 22:04:39 | 日本ダービー
2010年5月30日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 曇・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[1] 1  エイシンフラッシュ 牡3 57 内 田 2:26.9 7
2[4] 8  ローズキングダム  牡3 57 後 藤 クビ 5
3[4] 7 △ヴィクトワールピサ 牡3 57 岩 田 1.3/4 1
4[7] 13  ゲシュタルト    牡3 57 池 添 クビ 12
5[2] 3  ルーラーシップ   牡3 57 四 位 アタマ 4
6[5] 9 ○ペルーサ      牡3 57 横山典 1.1/4 2
7[8] 17  トゥザグローリー  牡3 57 戸 崎 ハナ 10
8[2] 4  サンディエゴシチー 牡3 57 浜 中 ハナ 15
9[6] 12 △ヒルノダムール   牡3 57 藤 田 3/4 3
10[3] 5  コスモファントム  牡3 57 松 岡 2 11
11[1] 2 △レーヴドリアン   牡3 57 藤岡佑 1/2 9
12[7] 14 ◎リルダヴァル    牡3 57 福 永 アタマ 8
13[3] 6 ▲アリゼオ      牡3 57 ウィリ 1.3/4 6
14[7] 15  メイショウウズシオ 牡3 57 飯 田 1.1/4 14
15[5] 10  トーセンアレス   牡3 57 江田照 2.1/2 17
16[6] 11  ハンソデバンド   牡3 57 蛯 名 2.1/2 13
17[8] 16  シャイン      牡3 57 和 田 1.3/4 16
-[8] 18  ダノンシャンティ  牡3 57 安藤勝 取消

払戻金 単勝 1 3190円
    複勝 1 490円 / 8 500円 / 7 120円
    枠連 1-4 1320円
    馬連 1-8 16720円 / 馬単 1-8 46210円
    3連複 1-7-8 10630円 / 3連単 1-8-7 152910円
    ワイド 1-8 4080円 / 1-7 810円 / 7-8 900円

2強対決の言われましたが、終わってみれば「両雄並び立たず」どころか2頭揃って討ち死にとは・・

勝ったのは、皐月賞3着の伏兵エイシンフラッシュ。
もしかして3着あたりに顔を出す可能性こそあるだろうと思ったが、まさかこの馬がダービー馬になるとは。。
まったく想像出来ませんでしたなあ・・
父キングズビートは、キングマンボ産駒で、キングカメハメハと同じ。
つまりキングマンボ直子の産駒のワンツー決着となったわけか。
母父は、JCで人気薄ながら4着にきたプラティニというあたりで府中2400でも穴をあけたのか。

皐月賞で穴をあけて、もうクラシックのお役は終了したものと思ってました。。
その皐月賞が、順調さを欠いて休み明けでの劇走だったので、今回、叩かれた上積みが、どの馬よりも大きかったわけだが、それでも・・
完全に中山巧者と決め付けて、東京コース、距離延長はマイナスだろうと判断したが、上がり最速の32.7って・・

NHKマイルCのレコードタイムも凄かったが、ダービーで、この上がりも凄いな。。

スローの流れで、完全な上がり勝負となった今年のダービー。
その流れに合った馬が、エイシンフラッシュということなのですが、まさかこの馬が、32秒台の末脚を繰り出すとは。
枠順に恵まれたとはいえ、位置取りは中段より後ろで、スローの恩恵で勝ったわけでなく、やはり馬の力。
そして、まったくロスなく乗った内田の好騎乗。
今年これが、重賞初制覇というのは驚きだが、やはり府中の内田は怖いわ。

2着には、2歳王者ローズキングダムが、復活の走り。
まあ、皐月賞もスプリングSも、それほど負けていたわけじゃないので、ここでも安定した走りでしたか。
この馬も上がりの競馬が合いましたね。
今回は、中間、ザ石というアクシデントで出走回避の可能性があったり、主戦の小牧も騎乗停止で乗り替わりと、マイナス要素が多くて、迷いなく軽視しちゃいまいた。
2歳王者に穴という言い方は失礼ですが、母父サンデーは、やっぱり大一番で穴をあけてくれるね。

1番人気ヴィクトワールピサは、3着確保が精一杯の結果でした。
道中、中段より前目の絶好の位置取りで、直線多少ごちゃついたとはいえ、あそこから力強く抜け出すのが、この馬の真骨頂。
しかし、今回は、上がりが速過ぎて、対応出来ませんでしたね。
ここまで5連勝がすべて、それほど速い上がりで勝っていませんでしたから、今回の流れは辛かったね。
岩田の直線での追い出しも、馬を前に出すというよりは、馬を引っ張っている感じで、逆に邪魔してるようにも見えたね。
2年連続、ダービーで1番人気の馬に乗り、人気を裏切ってしまった岩田。
まだ東京では信頼出来ない騎手ということか・・

2番人気ペルーサは、スタートの出遅れが致命的。
位置取りを上げるために、道中、早めに外から脚を使うことになり、直線弾けませんでした。
G1大舞台での経験不足ということか。
やはり、ダービーを狙うには、中山コースが合わないとか関係なしに、皐月賞をステップにするのが王道ということ。

本命にしたリルダヴァルは、外枠が辛かったね。
終始、外外を回る展開で、直線も大外。上がり勝負も分が悪く・・
内から抜け出す競馬をしたかったが、スタートも悪く、位置取りも後ろで、流れも合わず、惨敗という結果。
この馬自身、一応上がり33.5で走っているんだけどなあ。
今回の流れを差し切るには、上がり32.5が必要で、そりゃあ、無理だね・・・

やはり、ダービーで好走する条件としては、重賞勝ち、悪くても重賞連対実績ぐらいないと駄目ですな。

またして馬券は大ハズレ・・
気持ちいいぐらい、カスリもしないハズシ方で、ある意味清々しい・・・わけない。。
あまりのハズっしぷりに落胆・・脱力感・・安田記念も。。当る気しないわ・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

金鯱賞((結果))

2010-05-31 21:57:07 | 競馬予想・結果
2010年5月29日(土) / 京都 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)[指定] / オープン / 別定

1[4] 5 △アーネストリー   牡5 57 佐 藤 1:59.5 1
2[6] 9  ドリームサンデー  牡6 57 秋 山 1.1/4 6
3[4] 6 ▲スマートギア    牡5 57 池 添 2.1/2 4
4[5] 7  ホワイトピルグリム 牡5 57 四 位 1 7
5[8] 13  アドマイヤオーラ  牡6 57 安藤勝 ハナ 8
6[1] 1  リトルアマポーラ  牝5 55 福 永 ハナ 9
7[5] 8  アクシオン     牡7 57 藤 田 クビ 3
8[3] 4 ◎ナムラクレセント  牡5 57 岩 田 ハナ 2
9[6] 10  ゼンノグッドウッド 牡7 57 武 幸 3 10
10[3] 3  エイシンドーバー  牡8 57 藤岡佑 クビ 11
11[7] 11  エリモハリアー   セ10 57 酒 井 2.1/2 12
12[8] 14  サンレイジャスパー 牝8 55  幸  1/2 13
13[7] 12  エムエスワールド  牡7 57 太 宰 9 14
-[2] 2 ○タスカータソルテ  牡6 57 松 田 中止 5

払戻金 単勝 5 290円
    複勝 5 150円 / 9 330円 / 6 220円
    枠連 4-6 1660円
    馬連 5-9 2070円 / 馬単 5-9 2390円
    3連複 5-6-9 6900円 / 3連単 5-9-6 23310円
    ワイド 5-9 670円 / 5-6 560円 / 6-9 1720円

タスカータソルテが、レース中に故障発生し、予後不良に・・・
今年に入って、一時期のスランプから脱出して復活の走りを見せていただけに、ほんと残念です。
妹のテイラーバートン、全弟となる2歳馬君に兄貴の分まで頑張ってもらいましょう。

勝ったのは、休み明けも関係ないとばかりに重賞連勝を飾ったアーネストリー。
昨年の春までは、重賞の壁にぶち当たっていた馬が、秋から本格化したようで、いよいよ次はG1取りだ。
佐々木厩舎-佐藤哲三-金鯱賞勝ちくれば、タップダンスシチー!
この勢いで、宝塚記念も大いに期待出来そうね。

2着は、ドリームサンデーが、しぶとく逃げ粘りました。
結局、舞台が中京から京都に替われど、中日新聞杯と同じ2頭のワンツーとなりました。
金鯱賞といえば、逃げ馬の活躍が顕著だったが、今年は京都開催ということで、傾向が変わると想定したが失敗・・

まあ、本命のナムラクレセントが、8着と凡走しているので、相手選びどうこうの問題ではないのだが・・
そのナムラですが、また前半、折り合いを欠いてましたね・・
前走の春天からの距離短縮で、折り合いの心配はないだろうと見たのですが、岩田への乗り替わりも、合わなかったような。

とりあえず、土曜は朝から出かけて、馬券が買えずに結果オーライです。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

目黒記念(予想)

2010-05-30 01:00:56 | 競馬予想・結果
土曜は、朝から小雨降る中、日の出山と御岳山にプチ登山。
悪天候ではあったが、なかなかいい運動になりました。
というわけで、大ハズシの金鯱賞は買えずで、正解。
タスカータソルテの予後不良は、とても残念でしたが。。

日曜の東京の最終、目黒記念の予想
芝 2500M G2 ハンデ 12頭

ハンデ戦だけど、頭数も手頃だし、メンバー的にも力差ははっきりしてる感じで、荒れる要素ゼロか。

もうダービー予想で、力を使い果たしたので、ここは超簡単に・・

◎モンテクリスエス

ダノンシャンティの無念を晴らしてくれるか。
2年前、この馬をダービーで本命にしたことを思い出すなあ。


○トップカミング

昨年、一昨年の青葉賞3着馬のワンツー決着。
東京コースでは、ダービー以外で崩れておらず、ここも相手手頃で、勝ち負け。

 
▲コパノジングー

母父トニービンの血が騒ぐ。
格上挑戦だったダイヤモンドSが0.6秒差の6着ですから、府中の長距離戦は合う。


△アルナスライン

休み明けだが、鉄砲実績ありで、11ヶ月ぶりさえ克服出来れば。

馬券はモンテクリスエスから馬連と3連複で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (2)

ダービー10(予想)

2010-05-30 00:22:49 | 日本ダービー
日曜の東京メイン、ダービーの予想
芝 2400M G1 定量 17頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 ペルーサ・・・・・・・・・2.5倍
2番人気 ヴィクトワールピサ・・・・2.6倍
3番人気 ヒルノダムール・・・・・・8.6倍
4番人気 ルーラーシップ・・・・・12.0倍
5番人気 ローズキングダム・・・・16.9倍

3番人気だったダノンシャンティの骨折、出走取消は、非常に残念・・・
前走の激走の反動があるはずと、ダービーではお客さんと思っていたので、尚、残念。
幸い、軽度の骨折のようですから、秋の復活を楽しみに待ちましょう。

で、2強対決がより鮮明になったわけですが、まさかペルーサが僅差とはいえ、1番人気とは。
ダービーにおいては、1番人気に支持されることは、非常に重要。
ここ10年でも1番人気は7勝してますからね。
最終的に、どちらが、1番人気になるのか、非常に興味ありますね。

◎リルダヴァル

PO馬だから本命にしたというわけではありません。
実際、復帰してからの3戦、この馬に◎は一度も打ってませんし。
ダービーまで◎を打つのを取っておいたわけでもありません。むしろ買わない予定でした・・

しかし、穴馬探しで辿り着いたのが、この馬。
同じPO馬だった08年3着のブラックシェルと被るわけで。
皐月賞6着→NHKマイルC2着(リルダヴァルは3着ですが)からのローテ。
NHKマイルが、初めての東京コース、初めてのマイル戦での好走。
血統構成、厩舎は違えど、2勝馬で重賞未勝利ながら、人気先行タイプというのも同じ。
そしてダービーで人気を下げての再びの激走となるわけで。

骨折明けから、3戦、走るたびにパフォーマンスは上がっている。
6ヶ月半ぶりだった毎日杯でダノンシャンティから0.3秒差。
皐月賞では、先行馬には厳しい流れの中、直線でごちゃつく不利がありながら0.4秒差。
NHKマイルは、3着といえ、レコードで走ってます。負けたのはマイル適正の差。
直線で、進路を内から外に切り替えたロスもあり、そのまま内ついたら、2着はあったか。
で、その激走の反動が気になったが、追い切りでは僚馬トゥザグローローを圧倒する走りで、疲れはなし。
むしろ、骨折明け4戦目で、最高の状態に持ってきた可能性すらあるぞ。

昨年、快進撃を見せたサンデーレーシングも今年はブエナビスタ1頭だけが重賞勝ちだが、ダービーには4頭出し。
悲願のダービー制覇へ向けて、多頭出しで、怒涛の攻め!

皐月賞、NHKマイルCで、目標だったダービーへの出走権利が取れなかったのに、出走叶った強運もある!
今年が最後のダービーとなる池江泰厩舎が、ディープインパクト以来のダービー制覇をディープの近親であるこの馬で決める。


○ペルーサ

4戦4勝。東京コース3戦3勝。
若葉Sで皐月賞2着ヒルノダムールを負かし、青葉賞では4馬身差の圧勝。
鞍上はG1を2連勝中の横典で、血統は先週オークスを勝ったサンテミリオンと同じロブロイ産駒。
更に、前日とはいえ、5連勝中の皐月賞馬を差し置いての1番人気。
もう負ける要素は見当たらない。
初めて青葉賞馬からダービー馬が誕生しそうですな。


▲アリゼオ

ウィリアムズ-堀厩舎で、春天のジャガーメイルの再現あるか。
皐月賞は不利な大外枠に加えて、先行馬には厳しい流れ。
それでも、直線では一旦先頭に踊り出る見せ場を作って0.3秒差の5着は立派。
東京コースはデビュー戦で、絶望的な位置取りからヒルノダムールを差し切り。
共同通信杯でもダノンシャンティとクビ差の競馬。
上手く折り合いさえつけば、先行して最後まで粘りこめるのでは。


△レーヴドリアン

皐月賞は、京成杯勝ち馬が穴をあけるという非常に分かりやすい結果。
なら、ダービーも例年の傾向通り、きさらぎ賞連対馬が穴をあけるという分かりやすい結末が待っているのでは。
東京コースは初めてだが、いかにも府中向きの馬。中山で走らないのは、分かっていたよ。
ここ3戦は、とにかく鞍上の下手な騎乗に足を引っ張られた感がある。
それでもダービーに乗せてくれた厩舎、馬主さんの為にも、ここは藤岡、一発やってくれないと困るぞ。


△ヒルノダムール

皐月賞が大外回って0.2秒差の2着で、上がりがメンバー最速。
若葉Sでもペルーサに0.1秒差。
若駒Sでは、ルーラーシップに圧勝した実績から、ここでも当然、有力の1頭。


△ヴィクトワールピサ

5連勝中で、ダービーと直結するラジオNIKKEI賞、弥生賞、皐月賞を勝っているわけだから、ここでも、そりゃあ有力。
ただ、この成績で1番人気を裏街道を進んできた馬に譲るというのは、どうなの?不安要素か。
昨年こそ、道悪競馬で、ネオユニヴァース産駒のロジユニヴァースがダービーを勝ったが、ネオ産駒は傾向としては中山巧者。
よって、弥生賞、皐月賞を勝ったのは、産駒のコース適正のおかけで、初コースとなる東京に替わって、どうかの不安あり。
だからと言って、消しの材料にはならず、5連勝する馬なんざあ、強い馬に決まってますから、買いますよ、そりゃ。

馬券はリルダヴァルを軸に3連複で勝負!!
 馬連は、ペルーサとの1点勝負だ!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (3)   トラックバック (31)

金鯱賞(予想)

2010-05-28 21:48:46 | 競馬予想・結果
明日の土曜は、埼玉の日和田山にプチ登山、いやハイキングと言った感じか。
というわけで、朝早く起きて出発するので、土曜の競馬はパスです。。
ですので、予想も超簡単に。
日曜のダービーは、2頭の一騎打ちムード濃厚ですが。
無理やり穴馬を探し中ですが、第一候補のアリゼオが、結構、穴人気しているようで残念。
さて、どの馬を本命にしましょうか・・

土曜の京都メイン、金鯱賞の予想
芝 2000M G2 別定 14頭

今年は京都開催での金鯱賞。
穴っぽい馬が見当たらず、順当におさまりそう。
1年3ヶ月ぶりのアドマイヤオーラは、まずは無事に走ってほしい。
とりあえず、宝塚記念のファン投票には、投票しておいたから。次ね。

◎ナムラクレセント

春天で本命にした以上、ここでも当然期待。
ここを勝って、宝塚記念へ行ってほしい。
主戦の小牧が騎乗停止となって乗れないが、岩田への乗り替りなら、問題ないでしょう。
京都2000でも勝っているし、前走ぐらい走れば、このメンバーならあっさり。


○タスカータソルテ

今年2戦が、中京記念2着、大阪杯0.2秒差の5着と、堅実な走り。
京都コースも京都新聞杯勝ちを含め2勝しており、中京じゃなくても、京都も得意で問題なし。

 
▲スマートギア

前走は前残りで展開向かず。
上がりはメンバー最速の32.8で走っており、出来落ちはない。
京都は金杯と京都大賞典で2着と重賞で好走しており、ここなら主役の1頭。


△アーネストリー

休み明けだけが気になるが。
京都2000は、大原Sでアクシオンに3馬身半差をつける圧勝劇ありで、いきなりから怖い1頭。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (8)

オークス10((結果))

2010-05-24 21:25:33 | オークス
2010年5月23日(日) / 東京 2400m 芝・左 / 雨・稍重
サラ系3歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[8] 17  アパパネ      牝3 55 蛯 名 2:29.9 1
1[8] 18 △サンテミリオン   牝3 55 横山典 同着 5
3[1] 2  アグネスワルツ   牝3 55 柴田善 2 8
4[7] 13  アニメイトバイオ  牝3 55 後 藤 1.1/4 11
5[3] 6  オウケンサクラ   牝3 55 安藤勝 クビ 3
6[2] 3  アプリコットフィズ 牝3 55 四 位 1/2 4
7[6] 11  ブルーミングアレー 牝3 55 松 岡 1/2 14
8[5] 9  モーニングフェイス 牝3 55 藤岡佑 4 12
9[5] 10 ▲タガノエリザベート 牝3 55 川 田 2.1/2 15
10[3] 5 ◎ギンザボナンザ   牝3 55 池 添 1.1/2 9
11[7] 14  シンメイフジ    牝3 55 岩 田 2.1/2 6
12[6] 12  トレノエンジェル  牝3 55 戸 崎 1.1/4 13
13[4] 8  プリンセスメモリー 牝3 55 勝 浦 クビ 17
14[7] 15 ○エーシンリターンズ 牝3 55 福 永 1/2 7
15[1] 1 △コスモネモシン   牝3 55 石橋脩 1.1/2 10
16[8] 16  ステラリード    牝3 55 三 浦 クビ 18
17[2] 4 △ショウリュウムーン 牝3 55 内 田 1/2 2
18[4] 7  ニーマルオトメ   牝3 55 北村宏 10 16

払戻金 単勝 17 210円 / 18 380円
    複勝 17 180円 / 18 270円 / 2 450円
    枠連 8-8 1750円
    馬連 17-18 1870円 / 馬単 17-18 1520円 / 18-17 2020円
    3連複 2-17-18 10180円
    3連単 17-18-2 20460円 / 18-17-2 24290円
    ワイド 17-18 900円 / 2-17 2020円 / 2-18 2020円

JRA至上初のG1同着優勝という結末。
アパパネの馬券を1円たりとも持ってなかった身としては、ちっとも興奮出来ませんでしたが・・

今年は混戦模様で、絶対荒れると確信しての予想だったが、完敗の結果・・
桜花賞終了直後に、アパパネは、血統的にも気性的にも距離延長はマイナスで、オークスはお客様と判断・・
もう、この時点で、私のオークスは終わっていたわけで。。。

3歳春の段階では、牝馬同士の争いなら、距離適正は、馬の絶対能力で、なんとかなってしまうわけで。。。
もう10年以上も競馬をやっているんだから、距離不安を囁かれた桜花賞馬のオークスでの好走を何度も見てきたじゃないかよ・・

昨年が桜花賞123着馬が、そのままの着順で、今年は桜花賞1着フローラS1着馬の決着と、今年もある意味分かりやすい。
掲示板に乗った馬も、フローラS2着馬、阪神JF2着馬、桜花賞2着馬だから、実績馬がそのまま好走という分かりやすさ。
新阪神コースになってから、阪神コースと東京コースとは直結しやすくなったか。
結局、素直な人が、馬券を当てられた今年のオークスでした。

東海Sは、シルクメビウスとトランセンドの2頭で堅いからと、荒れるオークス1本に絞って、馬券を買ったが、見事に撃沈・・
これなら、東海Sを馬単1点買いでもしておけばよかった・・

それにしても、横典の勢いは凄い!
G1連勝で、この勢いなら、ペルーサでダービーも勝ってしまいそう。いや、勝つね、こりゃ。。
サンテミリオンがペルーサと同じゼンノロブロイ産駒であることも、後押ししそうね。

◎ギンザボナンザ、今回は出遅れもなく、好位からレースを進められたが、直線ごちゃつく場面もあり、弾けることなく10着惨敗・・
雨で緩んだ馬場が合わなかったとレース後のコメント・・こればっかりは走ってみないと分からんしなあ。。。

馬券戦略としては、大外枠というだけで、人気が下がった感じのあったサンテミリオンから買うのが正解だったか。
あと、桜花賞のレベルが低いとされていたので、別路線のフローラSを重視するのが、よかったようで。
一応、アグネスワルツについては逃げ粘り警戒で、馬券を買い足したのだが、アパパネ買ってないから、意味なし・・

にしても、桜花賞馬アパパネをちょっと軽視しすぎたは大いに反省・・強い馬です。

さあ、次はダービー!
5月の負けは、ダービーで返してもらいます。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)   トラックバック (2)

オークス10(予想)

2010-05-23 01:00:51 | オークス
日曜の東京メイン、オークスの予想
芝 2400M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 ショウリュウムーン・・・・3.6倍
2番人気 アパパネ・・・・・・・・・・・4.6倍
3番人気 アプリコットフィズ・・・・6.4倍
4番人気 オウケンサクラ・・・・・・8.0倍
5番人気 サンテミリオン・・・・・・9.9倍

まさかまさか、ショウリュウムーンが1番人気とは・・
距離不安はあっても、実績的にアパパネが1番人気と思ったが。。
または、クイーンC勝ちのあるアプリコットフィズか、前走が強かったサンテミリオンが1番人気を争うと思ってましたが。。
とにかく、混戦となっている今年のオークス。
過去10年で、1番人気の単勝オッズが3倍以上だったことは4度ありますが、馬券になったのは、10年前のシルクプリマドンナ1頭だけ。
その年も、3着に16番人気の馬が来てますから、混戦の時は、すべて荒れています。
今年は、天気も雨模様で、荒れることは確実か?!

◎ギンザボナンザ

大挙6頭が出走するロブロイ産駒の中で、血統的魅力はこの馬が断然。
母父トニービンで、母母がオークス馬のアドラーブルとくれば、ここで買わなきゃ、どこで買う?!
前走の桜花賞はスタートで出遅れ後方からのレースとなり、前残り決着で、流れが向かず。
直線でも不利もあったりで7着だったが、上がりはショウリュームーンと同じ34.0秒で勝ち馬から0.4秒差。
クイーンCの7着は、折り合いを欠いてのもので、力負けではない。
ロスなく乗れれば、勝ち負け出来る力があることは前走で示した。
で、今回の鞍上が池添。
池添といえば、トールポピーでオークスを勝っているが、あの時の騎乗は反則ギリギリ。いや罰金払っているから反則ですが・・
でも、反則スレスレじゃなきゃ、トールポピーはオークス馬になってなかったし、ある意味、ナイス騎乗。
他にもスイープトウショウや、ユウキャラットで2着3着しており、オークスで頼りになる騎手だ。
ロブロイ産駒がトライアルホース専用でないことをオークスで示してくれることを祈る!


○エーシンリターンズ

オークスといえば福永ね。
オークス3勝の平成のオークス男が、今年もやってくれそう。
馬自身も桜花賞を11番人気ながら0.1秒差の3着と大健闘。
母がエリザベス女王杯を3着に逃げ粘ったエイシンサンサンで距離延長も問題ないはず。
兄ニーザンはプリンシパルSを勝って、ダービーでも7着。
テンリューは、ダービー12着も、青葉賞で3着。ディーエスは先週、障害の重賞を勝ってました。
ということで、兄達が東京コース、長距離で結果を出しているので、この馬も大丈夫。
雨で道悪にでもなれば、更にチャンスは広がりそうで、坂口厩舎の20年ぶりのオークス制覇もあるぞ!


▲タガノエリザベート

桜花賞で本命にした以上、ここでも責任を持って買います。
桜花賞で本命にしたローブデコルテが、オークス馬になった3年前のこともありますので。
で、その桜花賞は、首を上下に折り合いを欠きまくりで、12着と大敗。
すべては折り合いしだい。
マイルの桜花賞で折り合いを欠いて、スローが濃厚なオークスで折り合えるかは、非常に微妙だが・・
まあ、2走前に2200mのすみれSを走った経験が、ここで生きれば、もしかして、きっちり折り合ったりして。
ロブロイ産駒が6頭も出走して話題になっているが、この馬もロブロイを姪に持つ血統の持ち主。
東京2400と直結すると言われている京都1400mファンタジーSの勝ち馬でもあり、2週連続の松田博厩舎のSW産駒のG1勝ちもあるかも。


△コスモネモシン

ロブロイ産駒のもう1頭。
こちらも母父がJCを勝っているシングスピールで、この舞台は合いそうか。
桜花賞は9着とはいえ0.4秒差と、それほど負けていない。
フラワーCでもサンテミリオンに先着の2着。
フェアリーSでは、アプリコットフィズを負かして勝っている。
実績的には、ここでも十分やれそうで、最内枠から、ロスなく競馬が出来れば、3着争いあたりには。


△ショウリュウムーン

まさかの前日1番人気でビックリだが、距離伸びてよさそうな桜花賞の走りでしたからね。
鞍上も東京では、ほんとに頼りになる内田だし、母父はダンスインザダークで、距離延長にも対応出来そう。
実際、チューリップ賞ではアパパネを負かしているわけだから、1番人気に支持される実績もあるわけだが、ちょっと人気しすぎな気も。
このまま最後まで1番人気だと危険な人気馬になりそうで・・アパパネに1番を譲れ。。
さもなくば、買い目、アプリコットフィズに変えようかな。。


△サンテミリオン

この馬が、もしかしたら1番人気になる可能性も思ったが、大外枠が嫌われたか。
それでも、絶好調の横典が鞍上だし、前走のフローラSが、強かったので、ここでも十分通用しそうね。
ロブロイ産駒の上位独占の可能性もありそうな気がしてきたな。
ロブロイ産駒が、ここで全滅だと、ダービーのペルーサも怪しくなるぞ・・

馬券はギンザボナンザを軸に馬連と3連複で勝負!!
 押さえ馬券として○エーシンリターンズからも3連複を買います。
 やっぱり、基本、関西馬に頑張ってほしいもので。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (5)   トラックバック (33)

ヴィクトリアM10((結果))

2010-05-17 21:42:53 | ヴィクトリアマイル
2010年5月16日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系4歳以上 / 牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[6] 11 ○ブエナビスタ    牝4 55 横山典 1:32.4 1
2[1] 2  ヒカルアマランサス 牝4 55 内 田 クビ 8
3[5] 10  ニシノブルームーン 牝6 55 北村宏 3/4 11
4[8] 17 △レッドディザイア  牝4 55 四 位 ハナ 2
5[5] 9  ブロードストリート 牝4 55 藤 田 アタマ 4
6[4] 7  ミクロコスモス   牝4 55 福 永 ハナ 7
7[7] 13 ▲ワンカラット    牝4 55 藤岡佑 アタマ 13
8[6] 12 △ブラボーデイジー  牝5 55 北村友 クビ 9
9[8] 18  プロヴィナージュ  牝5 55 佐 藤 ハナ 5
10[7] 15  アイアムカミノマゴ 牝4 55 秋 山 1 6
11[7] 14  コロンバスサークル 牝4 55 蛯 名 1.1/2 15
12[2] 4 △ウェディングフジコ 牝6 55 吉田隼 クビ 10
13[2] 3  ラドラーダ     牝4 55 安藤勝 3/4 3
14[3] 6  シセイカグヤ    牝4 55 丸 田 1/2 14
15[1] 1  ベストロケーション 牝5 55 木 幡 クビ 12
16[4] 8 ◎ヤマニンエマイユ  牝7 55 吉田豊 クビ 18
17[3] 5  アルコセニョーラ  牝6 55 武士沢 1.1/4 17
18[8] 16  ムードインディゴ  牝5 55 上 村 ハナ 16

払戻金 単勝 11 150円
    複勝 11 110円 / 2 850円 / 10 920円
    枠連 1-6 1600円
    馬連 2-11 2490円 / 馬単 11-2 2780円
    3連複 2-10-11 29700円 / 3連単 11-2-10 85770円
    ワイド 2-11 1160円 / 10-11 1620円 / 2-10 12220円

単勝320倍の馬を本命にしたらアカンわなあ・・・
7歳馬だし、近2走が見せ場ない惨敗で、上がり目ない状態でG1参戦。
期待するほうが無謀でした・・昨年本命にした手前、もし今年来たら立ち直れないと思いまして。。
別に熟女好きではないんですが・・・

ブエナビスタは、やはり名牝です。
牝馬相手にかなり苦戦しましたが、マイルは適距離じゃないし、ドバイ帰りで体調も万全ではなかったようで。
それでも勝つのが、名馬というものか。
昨年のオークスでも、外差しがきかないと言われた馬場で、見事差し切りを決めてくれましたが。
今回も、前が止まらない馬場で、よく差し切ってくれました。
次走は、宝塚記念で、再び牡馬との対決。
そこも突破すれば、次は凱旋門賞挑戦もあるのでしょうか?!

2着ヒカルアマランサスは、当初、しっかり買い目に入れていたんだけどなあ・・
最後の最後で、配当に欲が出て、更に人気のないウェディングフジコに変更してしまった・・バカ。。
ヒカルアマランサスの前走の大敗は熱発明けという明確な敗因があったし、京都牝馬Sを勝った直後は、ヴィクトリアMでも買いの1頭と思っていたのに。。
東京でも2着があったし、元々、先行して勝ち負けしていた馬で、今回内枠に入り、前で競馬をすれば、馬場のアドバンテージを受けれるとも思っていたのに・・
鞍上が内田だったのに、前走の敗戦だけで、8番人気まで下がっており、馬券としては絶好の狙い目でしたね。
どうせ、この馬、穴人気するだろうとも思ってまして、案外人気が上がっていなかったのを見逃していた・・

3着ニシノブルームーンも、迷って切った1頭・・
最後、迷って迷って、ウェディングフジコを選んでしまった・・
そのウェディングフジコを前走負かして重賞勝ちしていた馬でしたが、久々のマイル戦が、どうかと思ったのが失敗・・
前走で、重賞勝ちしているのに、人気薄(11番人気)って、昨年のブラボーデイジーと同じパターンでしたね。。
それにしても、ブエナビスタと同じ、上がり33.5は立派!

惜しかったのは、メンバー最速の上がり33.3で追い込んだミクリコスモス。
スタートの出遅れが、痛かったですね。
あと、スタート前に落鉄して、応急処置したブラボーデイジーであったが、結局、レース中にまた落鉄したようで。
着差が0.2秒差でしたら、ハプニングさえなかったら、もっと粘れたのにね。

というわけで、馬券的には、ブエナからの馬券もしっかり買っておきながら、相手抜けすぎで・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (2)

京王杯SC((結果))

2010-05-17 21:30:25 | 競馬予想・結果
2010年5月15日(土) / 東京 1400m 芝・左 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[7] 15  サンクスノート   牝5 55 蛯 名 1:19.8 10
2[5] 9  マルカフェニックス 牡6 57 福 永 クビ 5
3[4] 7  アーバニティ    牡6 57 横山典 1/2 3
4[8] 17 △エーシンフォワード 牡5 57 岩 田 2 1
5[2] 3 ◎スズカコーズウェイ 牡6 58 浜 中 クビ 7
6[6] 11 ○テイエムアタック  牡6 57 後 藤 2 9
7[8] 16  デリキットピース  牝4 55 藤 田 ハナ 13
8[1] 1 △タケミカヅチ    牡5 57 柴田善 アタマ 4
9[4] 8  グッドキララ    牡6 57 三 浦 クビ 15
10[3] 6  サンカルロ     牡4 57 吉田豊 クビ 2
11[8] 18 △オセアニアボス   牡5 57 松 岡 1.1/4 6
12[5] 10 ▲ゲイルスパーキー  牡6 57 北村宏 アタマ 8
13[7] 13  ダブルウェッジ   牡4 57 内 田 1.1/4 12
14[6] 12  ケイアイダイオウ  牡4 57 伊藤工 クビ 11
15[2] 4  キルシュブリューテ 牝6 55 戸 崎 1.1/2 14
16[3] 5  リキサンファイター 牡6 57 武士沢 3/4 16
17[1] 2  アグネスジェダイ  牡8 57 勝 浦 3/4 17
-[7] 14  タマモナイスプレイ 牡5 57 四 位     取消

払戻金 単勝 15 3980円
    複勝 15 850円 / 9 360円 / 7 310円
    枠連 5-7 6700円
    馬連 9-15 18300円 / 馬単 15-9 43630円
    3連複 7-9-15 48720円 / 3連単 15-9-7 416260円
    ワイド 9-15 4300円 / 7-15 3490円 / 7-9 1800円

またレコードですか・・

どうなってるですか、今の東京の馬場状態。。速過ぎるって・・

高速馬場の弊害は、ご存知の通り、馬の脚への負担だ。
やはり、日本レコードが出てしまったNHKマイルCの出走馬に故障馬が・・
まず、最後方からダノンシャンティに次ぐ上がりを使ったエーシンホワイティが骨折。
そして、超ハイぺースを先行して4着に粘ったサンライズプリンスが、屈腱炎に。。
ダービーに登録してきたダノンシャンティ、リルダヴァルの脚元が心配になりますね。

しかし、どうしてJRAは、この高速馬場を放置するのか。いや、推進している?!
実力馬、人気馬の故障、早期引退が、競馬離れの一因になっていることは明らかなのに、対策しなくていいのかね。

で、勝ったサンクスノートは、前走、阪神牝馬S大敗で、重賞では足りないだろうと、まったくノーマーク・・
でも、東京1400で2勝しているコース巧者であったし、脚質的にも、今の東京馬場に合っていましたね。
鞍上が、好調な蛯名であったことも、考慮しておくべきでしたね。

2着マルカフェニックスは、東京実績がなく、いつ走るかも分かりずらい馬で、消してしまったが・・
昨年の阪神Cは人気で大敗してたものの、スワンSは3着で、一昨年の阪神Cは勝っており、1400巧者であったわけですね。

3着アーバニティも、東京1400は実績ありのコースだし、逃げた横典の作戦も大正解でした。
いつも元PO馬ということだけで、買い目にいれるくせに、アーバニティは、元PO馬なのに、無印・・

上位3頭を無印にするという、まったくお粗末な予想結果で、お恥ずかしいかぎり。
◎スズカコーズウィイは、上がり33.2を記録し、それなりに走っているが、前が止まらない馬場で、5着まででした・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

ヴィクトリアM10(予想)

2010-05-15 20:10:46 | ヴィクトリアマイル
相変らず、馬券が当たりません。。
土曜の京王杯SCは、上位3頭を無印にする酷い予想結果・・
まあ、購入金額を上げるG1で、当たってくれたら、問題ないんですけどね。。

日曜の東京メイン、ヴィクトリアMの予想
芝 1600M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 ブエナビスタ・・・・・・・1.5倍
2番人気 レッドディザイア・・・・・5.6倍
3番人気 ラドラーダ・・・・・・・12.0倍
4番人気 ブロードストリート・・・14.1倍
5番人気 アイアムカミノマゴ・・・27.5倍

2強対決と言われておりましたが、オッズは1強ムード。
まあ、どう考えても2頭とも、馬券圏外はありないと思いますが。

3番人気のラドラーダは、東京マイルの実績もあり、当然買いの1頭でしたが。。
前走の負けが、55キロの斤量と考えると・・小さな馬ですから、そういう可能性も。

4番人気ブロードストリートは、昨年からの成長に乏しく、距離も1800がベスト。

5番人気アイアムカミノマゴは、1400m専用馬か。

◎ヤマニンエマイユ

一度狙った馬をしつこく追い続けるのが、穴馬券の定石。
ということで、昨年、本命にしたこの馬を、もう一度狙ってみたい。
ここ2戦の走りを見ると、さすがに年齢による衰えを隠せませんが・・7歳かあ。。
昨年は、大外枠が応えたうえ、前残りの展開で、最後方待機策では流れも合わなかった。
それでも、ウォッカに次ぐ上がり33.8で、2着馬から0.3秒差なら悪い内容ではなかった。
右回りの芝では1勝もしていない典型的なサウスポーで、トニービンの血が騒ぐ東京コースで一発期待!
7歳とはいえ、昨年末のファイナルSではエーシンフォワードから0.2秒差。
年明けの京都金杯では、ライブコンサートから0.3秒差で、牡馬相手に善戦しております。
ダントツの単勝最低人気の気楽な立場で、無欲の追い込み3着希望!でも中段から競馬してね。。


○ブエナビスタ

勝つのは間違いなくこの馬。
桜花賞以来のマイル戦となるが、マイルは4戦4勝で完璧。
鞍上が横典なら、差し損ねるレースもしないだろうし、牝馬相手ではもう負けないでしょう。
ドバイも横典が鞍上だったら、勝っていたんじゃないかと思うし、とにかくここは取りこぼせない。


▲ワンカラット

ブエナの相手は、おばさん7歳馬じゃなくて、やっぱり若い4歳馬か。
前走の阪神牝馬Sは、出遅れて位置取りが後ろすぎで、レースに参加出来ず。
それでもメンバー最速の上がりを使っており、状態は悪くない。
2走前の阪急杯では、牡馬相手に2着と好走し、この戦績は、G1のここで活かされる。
東京マイルといえば、NHKマイルCで6着に負けているが、前残りの展開で、後方からよく追い上げた。
上がりは、これまたメンバー最速の33.5で走っており、牝馬相手ならG1でもやれる。
今回、陣営は好位差しを支持しており、藤岡佑介が指示通り、中段より前目で競馬をしてくれれば、チャンスあり!


△ウェディングフジコ

血統で見れば、この馬が一番怖い1頭。
この4年で2勝しているフジキセキ産駒で、母父は◎と同じ府中の鬼トニービン。
近2走も、重賞で2着、3着と安定しているし、好位からレースを進められるのもいい。
中山巧者のイメージだが、東京でも勝っているし、マイルも問題なしで、内枠でロスなく立ち回れば。


△ブラボーデイジー

昨年の2着馬が、昨年同様人気がないなら、買って損はないか。
とにかく時計の速い今の東京の馬場は、やはり、ある程度前に行ってないと勝負にならない。
今回、楽にハナに立てそうなメンバー構成で、スローに持ち込めば、昨年同様粘りこめそう。


△レッドディザイア

間違いなく強いもう1頭ですが。。
デビュー以来、堅実に走ってきた馬が、前走のドバイで初めての大敗。
これまでの好調期が終了し、下降期に入りだした可能性ありで、すんなり2強対決にはならないような。
それでも、この馬の強さは、認めますので、消すことは怖くて出来ず押えます。

馬券はヤマニンエマイユを軸に3連複で勝負!!
 このところ、G1では◎以外の押さえ馬券が当たっているので、ここも。
 元PO馬でもある○ブエナからも3連複は、しっかり買います。
 土曜の京王杯も元PO馬アーバニティが、馬券になってましたしね。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (3)   トラックバック (30)

京王杯SC(予想)

2010-05-14 23:35:53 | 競馬予想・結果
ヴィクトリアMは、ブエナとディザイアの一騎打ち濃厚。
割って入る可能性があるのが、ラドラーダにブロードストリート。
ああ、今回は、穴党の出番なしか・・
いやいや、それでも、無理矢理穴狙いが、このブログの生きる道。。。

土曜の東京メイン、京王杯SCの予想
芝 1400M G2 別定 17頭

タマモナイスプレイが、フレグモーネで出走取り消してます。

◎スズカコーズウィイ

スティンガーが2連覇し、テレグノシス、オレハマッテルゼが3年連続で馬券になるなど、リピーター重賞。
今年は、該当するのは、昨年の勝ち馬であるこの馬1頭。
なら素直に2連覇に期待しよう。
マイラーズC大敗からの巻き返しも、過去に例があるし、得意の左回りに替わって一変だ!


○テイエムアタック

もしかして、馬の2連覇じゃなくて、騎手の2連覇の可能性が。
昨年勝って、このレース2勝している後藤への乗り替りは、大きなプラス。
前走は、前残りの流れで、展開向かず。
それでもメンバー最速の上がりを使っており、展開さえはまれば。
[3-2-0-2]と得意の東京で、重賞初制覇のチャンスは十分。

 
▲ゲイルスパーキー

東京コースといえば、東京で4勝している、この馬だ。
今回は、最近3度つけて、まったく結果の出なかったブリンカーを外して、2走前の再現だ。


△オセアニアボス

スーパーホーネットに替わって、矢作厩舎の看板馬になるべき馬。
とくかく堅実な走りで、オープン昇級初戦だった前走でも2着を確保。
重賞初挑戦のここでも相手なりに走りそう。
大外枠も、過去、このレースは、結構、外枠の馬が来ているので、大丈夫か。


△タケミカヅチ

11ヶ月ぶりの休み明けだった前走が0.5秒差とまずまず。
叩いた上積みは十分で、東京コースも問題なし。
昨年は、直線で不利を受けながらも、メンバー最速の上がりで0.3秒差まで詰め寄った。
皮肉にも昨年と同じ1番枠に入ったが、今度は不利なく走っておくれ。


△エーシンフォワード

このレースに強い高松宮記念組。
東京コースも東京新聞杯3着があるし、1400mはベストの距離。
連戦の疲れさえなければ、ここでも主役の1頭。

馬券はスズカコーズウェイを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (13)

NHKマイルC10((結果))☆

2010-05-10 22:29:55 | NHKマイルC
2010年5月9日(日) / 東京 1600m 芝・左 / 晴・良
サラ系3歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 定量

1[7] 13 ○ダノンシャンティ  牡3 57 安藤勝 1:31.4 1
2[1] 1 ▲ダイワバーバリアン 牡3 57 蛯 名 1.1/2 5
3[2] 3 △リルダヴァル    牡3 57 福 永 1 3
4[2] 4 △サンライズプリンス 牡3 57 横山典 1/2 2
5[5] 10  キョウエイアシュラ 牡3 57 吉田豊 2 13
6[8] 18  エーシンホワイティ 牡3 57 北村友 1 16
7[8] 16  レト        牡3 57  幸  2 9
8[5] 9  モンテフジサン   牡3 57 武士沢 1/2 18
9[6] 11  エイシンアポロン  牡3 57 岩 田 1.1/2 4
10[7] 14  シゲルモトナリ   牡3 57 松 岡 1/2 12
11[1] 2  コスモセンサー   牡3 57 石橋脩 3/4 7
12[6] 12 ◎キングレオポルド  牡3 57 伊藤工 1/2 15
13[3] 5 △サウンドバリアー  牝3 55 内 田 3/4 8
14[4] 7  トシギャングスター 牡3 57 浜 中 クビ 11
15[7] 15  ガルボ       牡3 57 後 藤 クビ 6
16[4] 8  パドトロワ     牡3 57 柴田善 クビ 17
17[3] 6  ニシノメイゲツ   牡3 57 北村宏 1.1/2 14
18[8] 17  エーシンダックマン 牡3 57 四 位 3.1/2 10

払戻金 単勝 13 260円
    複勝 13 140円 / 1 340円 / 3 210円
    枠連 1-7 1250円
    馬連 1-13 2040円 / 馬単 13-1 2680円
    3連複 1-3-13 3860円 / 3連単 13-1-3 17180円
    ワイド 1-13 820円 / 3-13 400円 / 1-3 1370円

1分31秒4!!!速いよ!凄いよ!日本レコードだよ!

こんな速いタイムで勝っちゃうと、その反動、脚元が大丈夫か、心配しちゃうね。
勝ったダノンシャンティは、間違いなくマイルでは相当強いと思うが、2400mのダービーでどうか。
今回はハイペースに助けられたが、折り合いに苦労する馬だけに、距離延長はマイナスか。
それでも、こんなタイムで走った馬だもん、能力はピカイチ!ダービーでも買いたくなるよねえ。
買い目に入れるかは、人気次第だが、恐らく上位人気するでしょうから、現状、次は消しで。

2着は、ここでも堅実な走りを披露したダイワバーバリアン。
皐月賞をパスしてマイル路線を選んだ馬ですので、ダービーはパスして秋に備えるようですね。

惜しくも3着で、賞金加算出来ず、ダービー出走ならなかったリルダヴァル。
PO馬ですので、なんとか2着に来てほしかったが・・・残念。
でも、馬券は、この馬からも3連複を買っていたので、3着までに来てくれて、ほんとありがとう。
いつも、PO馬馬券で、損をすることが多いですが、たまには、助かりますね。

しかし、このハイペースを先行して、4着に粘ったサンライズプリンスも、相当強い1頭では。
次は、予定通り、ダービーのようだが、今回の負けで人気が下がれば、穴馬としては狙える1頭ですが。。
鞍上は、横典から後藤に乗り替わるそうで。

それにしても、どえらいハイペースでしたね。
前半1000mが、56秒3。
これは、当然、これまでのNHKマイルCで最速。
テレビで柏木さんは、調べてないけど、すべての東京マイル戦でも最速ではと言ってましたね。

この速い流れを2、3番手で進めてしまった◎キングレオポルドは、直線失速もやむなし・・
ここ2走、後方からの競馬で結果が出てなかったので、前で競馬をしてくれることを望んでの結果だけに、納得。。
でも、同じく前で競馬をしたコスモセンサーに先着出来なかったから、力的にも足りなかったね。。。

皐月賞に続いての◎以外の馬からの押さえ馬券でのG1的中。
なかなかスッキリした予想結果になりませんが、次こそは、キッチリ当てます。
ブエナ、レッドの間に入る馬は、もう探しました!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)   トラックバック (1)

京都新聞杯10((結果))

2010-05-10 22:19:05 | 4~6月重賞(G2、G3)
2010年5月8日(土) / 京都 2200m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系3歳 / (国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[6] 11  ゲシュタルト    牡3 56 池 添 2:12.8 3
2[4] 8  コスモファントム  牡3 56 松 岡 1.1/4 2
3[1] 1 △レーヴドリアン   牡3 56 藤岡佑 ハナ 1
4[8] 16 ▲メイショウウズシオ 牡3 56 飯 田 クビ 10
5[3] 5  ブレイクアセオリー 牡3 53 和 田 3/4 5
6[2] 3 ○シルクアーネスト  牡3 56 松 山 クビ 6
7[5] 9  カネトシパサージュ 牡3 56 川 島 3 14
8[6] 12  プレファシオ    牡3 56  幸  3/4 15
9[5] 10 ◎マコトヴォイジャー 牡3 56 安藤勝 1.3/4 9
10[3] 6  アドマイヤタイシ  牡3 56 武 幸 アタマ 13
11[8] 15  アキノグローブ   牡3 56 渡 辺 1.1/4 17
12[2] 4  カミダノミ     牡3 56 藤 田 クビ 16
13[8] 17  シャイニーナイト  牡3 56 川 田 クビ 8
14[1] 2 △ハードダダンダン  牡3 56 鮫 島 1 12
15[4] 7  モズ        牡3 56 小 牧 1.3/4 11
16[7] 13 △ネオポラリス    牡3 56 浜 中 クビ 4
17[7] 14  アドマイヤテンクウ 牡3 56 岩 田 大差 7

払戻金 単勝 11 550円
    複勝 11 160円 / 8 150円 / 1 140円
    枠連 4-6 1050円
    馬連 8-11 1060円 / 馬単 11-8 2370円
    3連複 1-8-11 1270円 / 3連単 11-8-1 7580円
    ワイド 8-11 420円 / 1-11 340円 / 1-8 320円

マンハッタンカフェ産駒の3連覇を期待して◎を打ったが、別のマンカフェ産駒に勝たれてしまうとは・・
皐月賞で◎をつけた馬をここで無印にして、勝たれてしまうとは・・・

ゲシュタルの皐月賞での負け方が、若干距離が長かった感じに見えたので、2200mはマイナス材料と思ったが・・
そうは言っても、勝ったヴィクトワールピサから0.5秒差だもん、そのあたりを評価しないとね。
みなさんは、ちゃんと評価したんで、3番人気でしたね。

2着も休み明けなのに、人気になるだろうという理由で切ったコスモファントムとは・・
完敗の予想結果でした・・いつものことですが。。

最後、猛然と突っ込み、2着は確保したかに見えたレーヴドリアンは、ハナ差で賞金加算出来ず・・
このハナ差は、大きいね。
恐らく、賞金足りずで、レーヴのダービー出走は絶望では。
この責任は大きいぞ、藤岡!
だいたい、きさらぎ賞でも勝ち損ねてる前科がある身で、ここは最低2着が絶対条件で、またしても差し損ねるとは。。
プリンシパルSの横典の騎乗を見習えよ!
勝たないとダービーに行けないレースで、出遅れながらも、無理なく位置取りを上げて、差し損ねのない好位置からレースをして、しっかり結果を残す。
これが、一流騎手と、そうでない騎手の差か・・

◎マコトヴォイジャーは、差し損ねる以前の問題で・・
後方から、まったく見せ場のないまま惨敗・・気性に難ありのようで。。
前走で、折り合いを欠いて負けた馬を、次走は折り合うだろうと、根拠もなく期待して本命にするのは、危険ね。
桜花賞のタガノエリザベート、春天のナムラクレセントを本命にして駄目だった反省がいかされていないね・・

今回、手術明けだったので、無印にしたPO馬アドマイヤテンクウですが、馬体回復に手間取ったとは言っていたが、更に16キロも減っているとは。。
結果は、大差のドンジリ負け。
明らかに走れる状態じゃなかったわけで。。
アドマイヤの近藤さんが、どうしてもダービーに持ち馬を1頭でも出したかったでしょうけど、無茶しないでよ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

新潟大賞典((結果))

2010-05-10 22:10:12 | 競馬予想・結果
2010年5月8日(土) / 新潟 2000m 芝・左 外 / 晴・良
サラ系4歳以上 / (国際)[指定] / オープン / ハンデ

1[8] 16 ▲ゴールデンダリア  牡6 56 柴田善 1:57.7 2
2[5] 9  セイクリッドバレー 牡4 56 三 浦 1 3
3[1] 2 ○ニホンピロレガーロ 牡7 56 酒 井 3/4 6
4[8] 15 △マイネルスターリー 牡5 56 石橋脩 アタマ 7
5[7] 13  デストラメンテ   牡6 54 丹 内 1/2 9
6[1] 1 ◎シャインモーメント 牡5 54 太 宰 2.1/2 8
7[4] 7  チョウカイファイト 牡7 55 北村友 クビ 5
8[3] 5 △トリビュートソング 牡5 55 ウィリ 1.1/4 1
9[2] 4  ベルモントルパン  牡6 53 田中博 1.1/4 16
10[7] 14  サニーサンデー   牡4 54 吉田隼 3 4
11[6] 12  マイネルシュピール 牡7 53 大 野 クビ 12
12[5] 10  サンレイジャスパー 牝8 51 難 波 3/4 14
13[2] 3  レッドアゲート   牝5 52 丸 田 アタマ 13
14[6] 11  タマモサポート   牡7 56 秋 山 3.1/2 10
15[4] 8 △アグネススターチ  牡5 52 長谷川 2 11
16[3] 6  エーシンコンファー 牝5 49 荻野琢 大差 15

払戻金 単勝 16 540円
    複勝 16 220円 / 9 190円 / 2 250円
    枠連 5-8 860円
    馬連 9-16 1640円 / 馬単 16-9 3220円
    3連複 2-9-16 5280円 / 3連単 16-9-2 27010円
    ワイド 9-16 700円 / 2-16 950円 / 2-9 810円

ゴールデンダリアが、重賞初制覇!
前走、ドリームジャーニーに先着して2着した大阪杯がフロックでないことを証明。

2着にも3番人気のセイクリッドバレーが入り、まあ順当な結果か。
やはり、この馬は、マイルよりも、2000m前後の距離が合っているようで。
新潟コースにも実績があったし、なんで無印にしたんだろう・・・

昨年の2着馬ニホンピロレガーロが、今年も3着と、一応頑張りました。
昨年は人気薄でしたが、今年は、1、2番人気に支持されるだろうと思い、本命にしなかったのに、6番人気とは。。
この人気なら、素直に本命にして、3連複5280円をしっかり当てておきたいレースでした。
って、2着のセイクリッドバレーを買ってないやつが、言うなって・・

◎シャインモーメントは、最内からロスなくレースを進め、直線では一瞬抜け出してくれそうな勢いでしたが、一瞬でした・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント