susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

有馬記念(10)((結果))

2010-12-27 22:13:55 | 有馬記念
2010年12月26日(日) / 中山 2500m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 定量

1[1] 1  ヴィクトワールピサ 牡3 55 デムー 2:32.6 2
2[4] 7 ○ブエナビスタ    牝4 55 スミヨ ハナ 1
3[6] 11  トゥザグローリー  牡3 55 ウィリ クビ 14
4[7] 14 △ペルーサ      牡3 55 安藤勝 3/4 3
5[2] 4 △トーセンジョーダン 牡4 57 三 浦 1.1/2 7
6[3] 5  ルーラーシップ   牡3 55 ルメー クビ 6
7[5] 10  エイシンフラッシュ 牡3 55 内 田 アタマ 5
8[1] 2  ネヴァブション   牡7 57 後 藤 2.1/2 12
9[5] 9  ダノンシャンティ  牡3 55 ベリー 1.1/2 10
10[2] 3 ▲フォゲッタブル   牡4 57 岩 田 クビ 13
11[7] 13 ◎オウケンブルースリ 牡5 57 横山典 1/2 8
12[4] 8 △メイショウベルーガ 牝5 55 蛯 名 クビ 9
13[6] 12  ドリームジャーニー 牡6 57 池 添 アタマ 4
14[8] 15  レッドディザイア  牝4 55 四 位 1.1/4 11
15[8] 16  ジャミール     牡4 57 福 永 アタマ 15
-[3] 6  ローズキングダム  牡3 55 武 豊 取消

払戻金 単勝 1 840円
    複勝 1 200円 / 7 110円 / 11 1260円
    枠連 1-4 480円
    馬連 1-7 550円 / 馬単 1-7 1640円
    3連複 1-7-11 11610円 / 3連単 1-7-11 60770円
    ワイド 1-7 270円 / 1-11 5680円 / 7-11 2430円

最後、届いたと思ったんだけどなあ・・・

馬券を忘れて、最後はブエナが勝ってほしいとテレビの前で応援したのだが。。。
いやあ、今回は、馬券をハズしたこと以上に、ブエナが負けたことが悔しい・・
その差、わずか2センチ・・力差ではなく、完全に位置取りの差。いや、運のなさかな。。

デムーロはスローを見越しての早めの追い出しで、完璧な騎乗。
対するスミヨンは、道中、内に閉じ込められ、動くに動けず、直線で猛追するも、中山の直線は短い・・
前走JCの降着で、私はまた横典に乗り替わってくれることを期待したんですがね。
横典だったら、昨年のように好位から競馬をして、今回圧勝していたのでは。。タラレバですけど・・

結局、秋のG1は1着2着2着という結果になってしまいましたが、年度代表に相応しい走りだったと思います。
是非、ブエナに年度代表馬になってもらいたいな。

勝ったヴィクトワールピサは、2戦2勝の得意の中山に戻り、絶好の最内枠を引き当て、おまけに白鵬来場で、白枠のサインもありで。
プラス要素ばかりで、あまりにも出来すぎが、逆にワナかと思ったんですが・・
まあ、単に2番人気だったことを嫌っただけなんですけどね。。。
2500mは、長いと思ったんですが、今回のようなスローではスタミナも問われないしね。。。
やっぱり今年の3歳は、強かったね。

波乱の有馬は、今年も3着にありました。
ブービー人気のトゥザグローリーが、大健闘の走り。
この秋すでに4走し、中1週という厳しいローテで、どう考えても、お釣りはないと思ったですが・・
前走の中日新聞杯で、小回り適正を証明しており、母トゥザビクトリーもこのレース3着だったことからも、この人気なら買えたか。
実際、中日新聞杯の結果のところで「人気がないようなら穴で面白い存在」と自分で書いておきながら、スッカリ無視していたよ・・
父キンカメ、母父サンデーって、ローズキングダムの代用かあ。。。
にしても、母父サンデーは、重賞で穴あけるなあ。

結局、外国人騎手の上位独占!
これも、朝日杯の結果のところで、「外国人活躍の流れは有馬にも続く」と自分で書いておきながら、今回、日本人本命だもんな・・・
ブエナから外国人騎手4人に流しただけで、3連複万馬券取れたのね。。。。

◎オウケンブルースリは、鞍上が横典に替わって、どんな競馬をしてくれるか楽しみでしたが。
まさかの2番手からの競馬!!
ハナを切ったのが、逃げ馬じゃないトーセンジョーダンだったので、これはかなりのスローだと思いましたので、この位置取りは最高!
と、オウケンの勝ち負けは、確定だと思ったんですがねえ・・
4コーナーで既に手ごたえがなく、直線では、姿も見えず・・・
普段、好位で競馬をしたことがなかったので、馬が戸惑ったのか。。同じことは好スタートを切ったペルーサも。
それにしても、あそこまで凡走するとは、やっぱり中山コースが合わなかったのね。

今回の予想は、有馬予想のセオリーである「中山巧者」をあえて無視して挑んだのだが、やっぱり適正は大事ね。
ネヴァブションは、ワナだろうな、思ったんですが、替わりにメイショウベルーガは、ないわな・・・

最後を当てて終えることが出来ず、ほんと残念。。
もっと予想の精度を上げて、来年は頑張りたいと思います。
今年もまだ少しありますが、とりあえず、今年1年、当らん予想を見に来てくれた皆様には感謝します。
ありがとうございました。来年も引き続き、宜しくお願い致します。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント (2)

ラジオNIKKEI杯2歳S(10)((結果))

2010-12-27 22:03:13 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年12月25日(土) / 阪神 2000m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系2歳 / (国際)(特指) / オープン / 馬齢

1[5] 8  ダノンバラード   牡2 55 武 豊 2:02.2 4
2[2] 2 △オールアズワン   牡2 55 安藤勝 クビ 2
3[2] 3  コティリオン    牡2 55 ルメー 1/2 5
4[8] 15 △ウインバリアシオン 牡2 55 福 永 アタマ 3
5[6] 11  アドマイヤコリン  牡2 55 藤岡佑 1.3/4 9
6[4] 6  ナリタキングロード 牡2 55 川 田 ハナ 7
7[3] 4 ▲ハーバーコマンド  牡2 55 ウィリ クビ 10
8[7] 12  ショウナンマイティ 牡2 55 浜 中 1/2 1
9[3] 5  ノヴァグロリア   牡2 55 佐 藤 クビ 15
10[6] 10 ◎イデア       牡2 55 デムー クビ 8
11[4] 7  ビップセレブアイ  牡2 55 岩 田 1.1/2 12
12[5] 9 ○ゴットマスタング  牡2 55 国分恭 1.1/2 14
13[7] 13  マーベラスカイザー 牡2 55 和 田 1/2 13
14[1] 1 △ユニバーサルバンク 牡2 55 スミヨ クビ 6
15[8] 14  レッドセインツ   牡2 55 四 位 7 11

払戻金 単勝 8 690円
    複勝 8 220円 / 2 160円 / 3 320円
    枠連 2-5 1000円
    馬連 2-8 1400円 / 馬単 8-2 3290円
    3連複 2-3-8 5310円 / 3連単 8-2-3 27670円
    ワイド 2-8 610円 / 3-8 990円 / 2-3 820円

今年最後の2歳重賞で、ようやくディープ産駒が、重賞初制覇!
独走で2歳リーディングになったディープですが、やはり重賞の勲章はほしかったですよね。
その最初の馬が、ディープと同じ池江泰郎厩舎で、鞍上が武豊ですから、“持ってる”馬は違いますね。

そのダノンバラードですが、前走の京都2歳Sが、僅差の3着とはいえ、1、2着馬が人気薄の馬だったので、今年の京都2歳S組のレベルは低いと判断してしまった・・
朝日杯の結果のところで、距離伸びて、ディープ産駒の重賞勝ちが見られるでしょうね、と書いておきながら、今回、1頭もディープ買ってない・・

札幌2歳Sからここ連勝で、ロジユニヴァースの再現を狙ったオールアズワンは、惜しくもクビ差2着。
ネオユニヴァースの一発は、ここじゃなくて、日曜だったのね。。。

3着コティリオンは、PO馬だったのに、前走のマイル戦で折り合いを欠いていたので、距離延長はマイナスと判断したのだが・・
鞍上が、ルメールに替わって、しっかり折り合ってましたね。。。

僅差での連勝だったショウナンマイティの1番人気は、怪しいと判断したのは、正解でしたが、本命は的外れ・・・
◎イデアは、最後方から、まったく見せ場なく惨敗・・
鞍上がデムーロだから、もっと積極的な競馬をしてくれると思ったのだが。。デムーロの一発も日曜でしたね・・

他のPO馬達もなかなか勝ち上がってくれず・・
アドマイヤバートン(2着)ノーザンリバー(3着)アドマイヤカーリン(2着)ソルデマーヨ(5着)ヴィジャイ(2着)・・
そんな中、新馬戦のグルヴェイグは、しっかり人気に応えて勝ってくれましたが。
あと、日曜のホープフルSでも、ベルシャザールが勝ってくれたので、よかったよ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

有馬記念(10)(予想)

2010-12-25 20:31:08 | 有馬記念
土曜のラジニケ杯は、大ハズレ・・
あえて消したPO馬コティリオンが3着に来るとは、裏目・・

日曜の中山メイン、有馬記念の予想
芝 2500M G1 定量 15頭

ローズキングダムが疝痛で出走取消。
ここは激走の疲れもあるし、中山コースもマイナスでお客さんだと思っていたので、取り消しは残念。。

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 ブエナビスタ・・・・・・1.8倍
2番人気 ペルーサ・・・・・・・・8.7倍
3番人気 ヴィクトワールピサ・・10.1倍
4番人気 ドリームジャーニー・・12.6倍
5番人気 エイシンフラッシュ・・13.3倍

ローズキングダムの出走取消で、ブエナビスタ1強の圧倒的人気ですな。
是非、人気に応えてほしいものですが。

土曜の新馬戦にエアグルーヴの仔、グルヴェイグが見事デビュー勝ち。
この流れで、有馬でもエアグルーヴの仔の激走はあるのか?!
わたしは、人気のない方の激走に期待してます。

◎オウケンブルースリ

中山でこの馬を本命にするのはどうかと思ったが・・
父ジャンポケ自身は、中山では勝つことが出来ませんでしたが、産駒の成績は東京とさほど変わらない。
3歳時のまくりを決めた菊花賞や、好位からレースをしたJCのような競馬が出来れば、チャンスはある。
先行有利なのは承知だが、追い込み馬の出番がないわけでもなく。2年連続追い込み馬来てます。
かつて余力の一番ある馬が勝つレースと言われていただけに、今年はこの馬が該当だ!
10ヶ月半ぶりだった京都大賞典を2着後、秋天を目指すも脚を打撲し回避。
その怪我を気にしての調整で、前走JCは万全ではなかった。
それでもローズキングダムから0.2秒差なら悪くない走りだった。
秋3走目の今回は、一番のデキであることは間違いないところ。
今回は、鞍上に横典ということで、その手腕にも期待だ。
怪我さえなければ、ブエナに騎乗していたであろう横典が、巡りめぐってオウケンの乗るのも何かある。
音無厩舎に横典といえば、カンパニーでG1を2つも勝っているし、これはもしかして。


○ブエナビスタ

勝つのはこの馬。だったら◎をつけろって・・
現役最強馬であることに、もう異論はないであろう。
ローズキングダムが出走取消になってしまった橋口調教師も「ウオッカ以上」と評価してました。
ただ、強い馬が勝つとは限らないのが有馬記念なのだが、このレースはリピーターG1。
昨年、差し馬有利の流れを先行しながら2着した実績から、今年は順当に1着の番。
勝って、文句なしの年度代表馬に!!


▲フォゲッタブル

夏負けの影響で、ここ2戦は精彩を欠いているが、そろそろ走り頃。
前走は、デキ一息に加えて、鞍上の早仕掛けの騎乗ミスも。
それでも、見せ場は作っての0.5秒差の5着なら、復活の兆しあり。
中山コースは、セントライト記念3着、ステイヤーズS勝ちがあり、得意舞台。
昨年の有馬も不利な大外枠からアタマ差の4着。
菊花賞2着→ステイヤーズS1着という厳しいローテで、余力もないながらの好走は中山巧者ゆえのもの。
今年は、秋3走目で、近2走とも凡走で力を出し切っておらず、余力は十分。
鳴尾記念をルーラーシップで快勝しながら、ルメールに乗り替わられた岩田の、怒りの激走が見れる?!
同じエアグルーヴの仔だし、こっちの方が、人気薄で気楽に乗れるか。


△メイショウベルーガ

G1馬でもない牝馬に、この舞台は荷が重いのは承知。
そんなG1馬でもない牝馬が、今年、春天、宝塚、JC、そして有馬と牡馬の王道レースに挑戦。
それは厩舎の期待の現われであり、そんな大舞台でも春天こそ大敗したが、宝塚とJCは善戦。
このレースと相性のいい日経新春杯の勝ち馬でもあるのも買い材料。
追い込み一辺倒のイメージがあるが、前走のJCや勝った京都大賞典は、中段からの競馬。
小回り中京の愛知杯でも0.1秒差3着の実績があり、中山コースも何とか対応出来るのでは。
何と言っても今回、鞍上には中山得意の蛯名ですし。
有馬は既に2勝しており、中山コースの走りは熟知してます。海老蔵とのエビつながりのサイン馬券も。
当日は、横綱の白鵬がプレゼンターで来場ということで、シロつながりのシロイルカのベルーガが来る!


△トーセンジョーダン

G1実績がないとはいえ、現在3連勝中の今年一番の上がり馬。
爪の病気で、クラシックを棒に振ったが、元々、皐月賞有力候補の1頭だった馬。
前走で、距離の目処もたち、中山コースは2戦2勝と得意舞台。
鞍上不安も、昨年は12番人気マイネルキッツで5着と掲示板確保してるし、今年は更に上にいけるか。
絶好の内枠を引き当てたし、積極策で一発の魅力は十分。


△ペルーサ

スタート、それがすべて。
前走は、スタートで他馬がゲート入りをてこずり、ゲート内で待たされたことが出遅れの原因か。それとも・・
とにかく今回も、再三のゲート練習はしており、今度は大丈夫と、有馬3勝している藤沢厩舎も言ってますし。
スタートさえまともなら、中山コースは対応可能。
なにせ同産駒の重賞馬達は、みんな中山でも勝ってますし、産駒の1番の成績は中山芝だったりするしね。3着率40%超えてます。
日曜、1鞍入魂のアンカツが、スタートにすべてを集中して、ブエナを逆転出来るのは、この馬かもしれない。
ブエナを負かすアンカツって、因縁だねえ。。

馬券はオウケンブルースリとブエナビスタの2頭を軸に3連複と馬連は2頭の1点で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (35)

ラジオNIKKEI杯2歳S(10)(予想)

2010-12-24 22:55:49 | 10~12月重賞(G2、G3)
ローズキングダムの出走取消は、非常に残念・・・・
消しの1頭だったんですけどね。。
ブエナとの完全決着を見たかったよ。。

土曜の阪神メイン、ラジオNIKKEI杯2歳Sの予想
芝 2000M G3 馬齢 15頭

このレースにはPO馬コティリオンが出走しているので、普通ならその馬本命でいいのだが・・
前走は、折り合い欠きまぐりながら、メンバー最速の上がりで2着に追い上げたところに能力を感じたが。
やはり折り合いに心配のある馬が、距離延長となると、ちょっと買いづらい。
今回はルメールに乗り替りなので、しっかり折り合ったりしたら、ここでも有力の1頭なのだが・・・

◎イデア

3戦目の勝ち上がりで、取り立てて強調出来る戦績ではないのだが・・
前走の未勝利戦で負かしたソルデマーヨ(2着)アドマイヤバートン(4着)が我がPO馬なので、そのPO馬の代用激走で期待!
父ジャンポケ、母父サンデーという成功配合であり、このレースも同配合のフサイチホウオーが勝ってます。
鞍上のデムーロは先週、G1朝日杯を勝ち、のってますし、ここも外国人騎手の上位独占もありえそう。


○ゴットマスタング

鞍上が外国人騎手だったら、間違いなく本命にしてた馬。
デビューから3戦の走りが、ある意味、インパクト大!
デビュー戦が好位につける競馬をしながら4コーナーあたりで他馬と接触したのか、突如ズルズル下がる結末。
仕切り直しの2戦目は、スタートは普通に出たのに、その直後からポツンと後方に置かれる展開。
それを挽回しようと、強引はマクリを展開し、全馬差し切るまではいかなかったが、メンバー最速の上がりで3着。
そして前走もスタートでハデに出遅れ、5馬身以上後方からの追走。
それでも、またもメンバー最速の上がりを披露し、見事差し切る!
またもに走れば、相当強いんじゃないかと思える、ここまでのレースぶり。
フジキセキ産駒は、昨年のダノンシャンティや、3年前にはサブジェクトが勝っており、相性はいいのかも。
先週の朝日杯では出遅れに不利にとフジキセキ産駒は不完全燃焼に終わったので、ここで鬱憤晴らしだ!

 
▲ハーバーコマンド

この馬も、前走、未勝利勝ちって、おいおい大丈夫か・・・
こちらも、その前走で負かした相手が我がPO馬アドマイヤカーリンだったということで、代用激走期待だ!
鞍上も前走に引き続き、ウィリアムスだし、ウィリアムス自身も有馬のトゥザグローリーよりは、こっちの方が勝算あるのでは。


△ユニバーサルバンク

2年連続ネオユニヴァース産駒が勝っていることから、今年も同産駒のオールアズワンで決まり!
なんてことになりそうだが、意表を突いて、人気のない方のこちらってこともあるのでは。
前走は超スローの展開で、逃げ切りを許してしまったが、2走前に3馬身半差の圧勝劇があり、侮れない。
鞍上のスミヨンは、有馬のブエナで勝つためには、ここは勝たずに2、3着にしておくのがいいでは。
先週は、土曜にキンシャサで勝って、日曜、1番人気で負けちゃったからね。


△オールアズワン

札幌2歳Sの勝ち馬ということで、ここでは実績上位。
デビュー戦で0.1秒差で先着を許したグランプリボスが朝日杯を勝った流れもあるし、ロジユニの再現は十分可能ね。


△ウインバリアシオン

2戦2勝で、その2戦ともが圧勝。
3ヶ月ぶりの休み明けのハンデはあっても、あっさり勝たれても不思議でない存在。
ディープ産駒の初重賞制覇を阻むのは、やはりハーツクライ産駒というのが、絵になるのでは。

馬券はイデアを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (14)

愛知杯10((結果))

2010-12-20 22:14:05 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年12月19日(日) / 小倉 2000m 芝・右 / 晴・良
サラ系3歳以上 / 牝(国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[2] 3 ◎セラフィックロンプ 牝6 55 宮 崎 1:59.5 6
2[3] 5  ブロードストリート 牝4 56 藤 田 ハナ 1
3[7] 13 △ヒカルアマランサス 牝4 56 池 添 1.1/2 2
4[4] 8 △イタリアンレッド  牝4 53 秋 山 ハナ 3
5[6] 12  コスモネモシン   牝3 54 丹 内 クビ 7
6[1] 1  トゥニーポート   牝3 52 芹 沢 クビ 8
7[3] 6 ○スイートマトルーフ 牝4 51 田中博 1.3/4 16
8[5] 9  バイタルスタイル  牝3 49 荻野琢 1.3/4 15
9[2] 4  レジネッタ     牝5 56 中 舘 3/4 14
10[6] 11  タガノエリザベート 牝3 52 丸 山 クビ 13
11[8] 16 ▲ブライティアパルス 牝5 55 藤岡康 ハナ 9
12[8] 18  ブラボーデイジー  牝5 56 生 野 1.3/4 11
13[5] 10 △シングライクバード 牝5 53 鮫 島 クビ 12
14[4] 7  サンレイジャスパー 牝8 51 上 村 2.1/2 17
15[7] 14  ラナンキュラス   牝3 54 川 島 1.1/2 18
16[7] 15  レディアルバローザ 牝3 53 丸 田 1.3/4 5
17[1] 2  ムードインディゴ  牝5 54 ウィリ 大差 10
-[8] 17  テイエムオーロラ  牝4 56 国分恭 中止 4

払戻金 単勝 3 1390円
    複勝 3 330円 / 5 170円 / 13 230円
    枠連 2-3 1880円
    馬連 3-5 2680円 / 馬単 3-5 6060円
    3連複 3-5-13 4280円 / 3連単 3-5-13 29130円
    ワイド 3-5 1050円 / 3-13 1290円 / 5-13 590円

せっかく◎セラフィックロンプが勝ってくれたのに、なぜ1番人気のブロードストリートを買ってない・・
こういうレースは、確実に当てておかないと駄目だよなあ・・・

勝ったセラフィックロンプは、2年前のこのレース以来の重賞制覇というか、それ以来の勝利となりました。
まあ、今回突然の劇走ではなく、今年はマーメイドS2着、府中牝馬S2着に、前走のエリ女も見せ場充分の7着と、今年は充実してましたね。
今年は中央場所で、好走してましたが、元来、平坦小回り巧者だけに、今回はベスト条件でしたね。
ハナ差の勝利でしたが、宮崎騎手は、ゴールと同時にガッツポーズしてましたな。

2着のブロードストリートは、このメンバーなら力上位は分かってましたが、小回りコースは合わないと判断したのが失敗・・
同期ライバルの2頭が、有馬に駒を進める中、ひっそり裏開催の重賞ですから、ちゃんと存在感を見せないとという劇走でしたか。

テイエムオーロラは、残念なことになってしまいました。

さて、いよいよ、今週末はもう最後の有馬記念。
当てて、いい正月を迎えたいものですが、今年は豪華メンバーが揃って、買い目を絞るのが大変ですな。
ブエナ中心になるのは、当然ですが、荒れる有馬でもあり、しっかり穴馬を見つけたいと思います。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

朝日杯FS(10)((結果))

2010-12-20 22:03:08 | 朝日杯FS
2010年12月19日(日) / 中山 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牡・牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[6] 11 ○グランプリボス   牡2 55 デムー 1:33.9 5
2[3] 5  リアルインパクト  牡2 55 ベリー 3/4 4
3[1] 2 △リベルタス     牡2 55 福 永 アタマ 2
4[5] 10 △サダムパテック   牡2 55 スミヨ クビ 1
5[4] 8 ▲リフトザウイングス 牡2 55 ルメー クビ 3
6[2] 3 ◎マイネルラクリマ  牡2 55 松 岡 2.1/2 7
7[4] 7  トキノゲンジ    牡2 55 安藤光 クビ 16
8[5] 9  ロビンフット    牡2 55 後 藤 1/2 8
9[1] 1  オースミイージー  牡2 55 渡 辺 ハナ 10
10[6] 12  シゲルソウサイ   牡2 55  幸  アタマ 9
11[8] 15 △アドマイヤサガス  牡2 55 小 牧 1/2 6
12[3] 6  タガノロックオン  牡2 55 田 辺 1.1/2 15
13[8] 16  タツミリュウ    牡2 55 江田照 1 12
14[7] 13  エーシンブラン   牡2 55 蛯 名 1.1/2 13
15[7] 14  マジカルポケット  牡2 55 安藤勝 2.1/2 11
16[2] 4  ブラウンワイルド  牡2 55 浜 中 3.1/2 14

払戻金 単勝 11 1460円
    複勝 11 430円 / 5 350円 / 2 250円
    枠連 3-6 3370円
    馬連 5-11 4990円 / 馬単 11-5 11750円
    3連複 2-5-11 8830円 / 3連単 11-5-2 67910円
    ワイド 5-11 1740円 / 2-11 1360円 / 2-5 860円

5番人気のグランプリボスが勝って、矢作厩舎が悲願のG1制覇!!
これまでG1で6度の2着があり、あと少しが続いていましたが、ようやく勝ってよかったね。
でも、せっかくのG1制覇も、自身の馬が審議対象になってしまい、喜びを爆発できず、少々残念でしたね。

またもや、G1で降着かと思いましたが、今回は入線通りで、確定も比較的早くしましたし、混乱はなかったか。
まあ、相変わらず、降着の基準がよく分かりませんが・・
今回がセーフなら、JCのブエナもセーフでよかったんじゃないかとも思えるが。。
デムーロは、過怠金10万円ですみました。

勝ったグランプリボスは、前走の京王杯でも強い勝ち方をしたわりに、血統のせいか、人気を下げていました。
本来なら2番人気に支持されるべき馬で、それが5番人気と不当評価なら、この馬本命にするのが正解だったな。
本命にしたマイネルラクリマが、どうせ実績よりも低評価されるだろうとの根拠で、本命にするも7番人気と穴人気。
まあ、適正人気だったわけだが、前走との比較の人気差なら、断然グランプリボスが、馬券的に美味しかったわけで。
各競馬ブログ上でも、やけに人気になっていたので、穴馬が穴人気しちゃった時点で、もう穴馬の資格なしだったね。。
今回は、せっかくの内枠も、更に内にいたリベルタスにラチ沿いの好位置を取られてしまったのが痛かったね。

2着3着には、ディープ産駒が入り、その存在感は見せましたが、またしても産駒重賞制覇はお預けに。
まあ、マイルよりも2000m以上で、活躍するんでしょうから、クラシックが楽しみですね。
今週末のラジニケ杯で、いよいよ重賞勝ちそうですかね。

1番人気のサダムパテックは、またも出遅れが響いて4着まで。
すぐに出遅れを挽回したのはよかったが、そこで馬が掛かってしまったロスが最後の伸びに影響したようで。
土曜に既に重賞を勝ってしまったスミヨンだけに、早々、全部勝てないわなあという結果か。。

結局、外国人騎手の上位独占を何とか福永が食い止めたという形。。
やはり大一番では、外国人騎手が頼りになるということ。
この傾向は、次の有馬でも続きそうだな。
今回、リアルインパクトで2着のベリー騎手は、有馬ではダノンシャンティに騎乗予定。
休み明けに加えて、初の中山、初の2500、初の古馬相手と条件的には非常に厳しいが、その走りには大注目です。
買うかどうかは、悩みどころ。。人気すれば即消しですが、微妙に人気を落とすなら。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

阪神C10((結果))

2010-12-20 21:55:21 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年12月18日(土) / 阪神 1400m 芝・右 内 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / 定量

1[7] 14  キンシャサノキセキ 牡7 57 スミヨ 1:20.3 2
2[7] 13  レッドスパーダ   牡4 57 横山典 クビ 5
3[2] 4  マイネルフォーグ  牡6 57 ルメー 1.1/4 15
4[4] 7 △ガルボ       牡3 56 池 添 ハナ 8
5[5] 10 ○ゴールスキー    牡3 56 福 永 1.1/4 1
6[6] 12 △サンカルロ     牡4 57 吉田豊 クビ 7
7[4] 8  リーチザクラウン  牡4 57 武 豊 アタマ 3
8[3] 6  リザーブカード   牡7 57 川 田 クビ 17
9[8] 16  エイシンタイガー  牡4 57 岩 田 3/4 10
10[2] 3  ショウナンアルバ  牡5 57 四 位 3/4 13
11[6] 11  ビービーガルダン  牡6 57 安藤勝 1 6
12[3] 5 △ファリダット    牡5 57 デムー クビ 4
13[5] 9 ▲テイエムアタック  牡6 57 和 田 クビ 16
14[1] 1  スズカコーズウェイ 牡6 57 藤岡佑 1/2 14
15[1] 2  リビアーモ     牝5 55 三 浦 クビ 9
16[8] 15  アーバニティ    牡6 57 藤 田 3.1/2 11
17[8] 17 ◎オセアニアボス   牡5 57 小 牧 クビ 12

払戻金 単勝 14 390円
    複勝 14 180円 / 13 490円 / 4 1960円
    枠連 7-7 3180円
    馬連 13-14 3080円 / 馬単 14-13 4900円
    3連複 4-13-14 131400円 / 3連単 14-13-4 438250円
    ワイド 13-14 1290円 / 4-14 6480円 / 4-13 19020円

これほど綺麗にハズせば、何も言うことございません・・・
上位3頭に無印に加えて、本命馬がドンジリという見るも無残な予想結果・・・

勝ったキンシャサノキセキは2連覇を達成!
前走はマイルの距離が長かったという敗因がハッキリしていただけに適距離で巻き返しは当然の結果か。。
7歳という年齢から、そろそろ衰えがきているのかもという判断で無印にしたが・・
でも2走前のスプリンターズSでは、2着だったしね。。
昨年のこのレースが、短距離では致命的といえるほどのハデな出遅れをしながら、終わってみれば圧勝の強さ。
1400までなら、やはりこの馬の力は抜けた存在でしたね。
来年の高松宮記念でも主役を張るのでしょうか。。

騎乗停止明けのスミヨンもいきなりの大活躍!
土曜は5鞍騎乗で、3勝2着2回と完璧!
折り合いの難しいこの馬も、しっかり好位で我慢させ、直線の叩き合いも、クビ差制する勝負強さ。

2着のレッドスパーダは、10ヶ月ぶりの休み明けに加えて、初の1400と、ここは静観が正解と思ったのだが・・
横典の逃げという好判断もあり、惜しくも勝ちは逃したが、ナイス騎乗でした。
長期休み明けで、これだけ走れれば、来年の安田記念が非常に楽しみな1頭。

3着には15番人気のマイネルフォーグが突っ込み、波乱に。
またもやルメールマジック炸裂ですが、よくよくこの馬の戦績を見れば、穴馬としては買えた1頭でしたか。。
前走は、この馬には距離が長く、逃げて惨敗も参考外のレース。
1400mは、この馬が最も得意としている距離で、今年も1400mを3戦して、0.2秒、0.4秒、0.5秒差と崩れず走ってましたね。
かつて重賞NZTで、大穴をあけた馬ですし、一度穴をあけた馬は、再び穴をあける法則で、今回が狙い時だったか。。

本命オセアニアボスは、積極的な競馬をするも直線でガス欠の大失速・・・
矢作厩舎のグランプリの馬を本命にするのは、土曜じゃなくて、日曜だったというオチね。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

愛知杯10(予想)

2010-12-19 01:13:03 | 10~12月重賞(G2、G3)
先週が、G1の裏重賞で、万馬券を当てたので、今週も2匹目のドジョウを狙うぞ!

日曜の小倉メイン、愛知杯の予想
芝 2000M G3 ハンデ 18頭

中日新聞杯に続いて、ここも今年は小倉開催です。

◎セラフィックロンプ

G1のエリ女で本命にしたんだから、ここでも引き続き本命に。
そのエリ女は、相手が強かったとはいえ、メイショウベルーガとは0.5秒差、アパパネとは0.2秒差だ。
2年前の勝ち馬だけど、今年は小倉開催なので、中京実績はアテにならんか・・
それでも小回り平坦コースが得意なことには変わりなく、小倉でも得意の2000mならチャンスあり。


○スイートマトルーフ

今年の2歳馬はパッとしないスペシャルウィーク産駒だが、このレースには4頭も産駒が出走。
でも、どれも、重賞ではワンパンチ足りない馬達ばかりだが、脚質的には、この馬が一番チャンスありそうか。
小倉コースで、今回人気になっているイタリアンレットに0.2秒差の2着。
その時が同斤量で、今回2キロ軽いハンデとなれば、逆転は可能。
あとは、鞍上の田中がエリ女のクィーンスプマンテの時のように思い切った騎乗が出来れば面白いが。

 
▲ブライティアパルス

前走のエリ女は8着だったが、本命にしたセラフィックロンプとはクビ差。
小倉コースは[1-1-0-0]と実績あるし、2000mはマーメイドS勝ちがあり、外枠からすんなり先行出来れば、当然勝ち負け。


△シングライクバード

先行馬ばかり買っていて、いきなり追い込み馬とは、どうかだが・・
小倉2000mは、準オープンだが牡馬相手に勝っているし、G1を使った経験が、ここでいきれば、無欲の追い込みが決まるか。


△ヒカルアマランサス

今回のメンバーではエリ女5着は最先着馬。
ヴィクトリアM2着の実績もあり、ここでは実績上位。
小回りコースにも対応可能だし、叩き2走目、順当なら、この馬がアッサリ勝ちそうだが。


△イタリアンレッド

小倉4戦4勝。
もう、それだけで買いですな。素直に押えます。

馬券はセラフィックロンプを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (6)

朝日杯FS(予想)

2010-12-19 00:19:37 | 朝日杯FS
土曜の阪神Cは、まるで明後日の予想で、まったく酷いハズしかたでした。
おかけで、なんの後悔もなく、きれいさっぱり忘れて、日曜に気持ちはすぐに切り替わり!

日曜の中山メイン、朝日杯FSの予想
芝 1600M G1 定量 16頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 サダムパテック・・・・・1.9倍
2番人気 リベルタス・・・・・・・6.9倍
3番人気 リアルインパクト・・・・7.8倍
4番人気 リフトザウイングス・・・8.3倍
5番人気 グランプリボス・・・・16.6倍

1強ムードですが、フジキセキ産駒というのが、ちょっと気になる。。
ついに親子制覇が実現しちゃうのかな。

◎マイネルラクリマ

新潟2歳S、東スポ杯に続いての3度目の本命。
今回、またしも内枠に入るという幸運を味方につけて、チャンスは十分!
この馬は何といってもスタートセンスが抜群にいい。
内枠に入っても、二の足が遅い馬だと逆に馬群に包まれ不利となるが、この馬は速い!
最内枠のオースミイージーが逃げ宣言をしており、2、3番手から抜け出す競馬で勝機あり。
04年、このレースを勝ったマイネルレコルトと同じチーフベアハート産駒という一致。
こちらは、更に母父サンデーという強力な血もあり。このレース2年連続母父サンデーが勝ってます。
レコルトは新潟2歳S1着→京王杯5着というローテでしたが、こちらは新潟2歳S2着→東スポ4着。
ちょっと前走使ったレースは違うが、新潟で連対して東京は馬券圏内を外しているあたりは同じ。
中山は初めてになるが、脚質からは、むしろプラスになりそうで、東京でキレ負けした馬が、ここならば粘り込める。
鞍上の松岡も、マイネルチャールズやマイネルキッッツ、今年も新潟2歳Sのマイネイサベルとマイネル馬との相性抜群。
中山コースも熟知しており、大一番のここでも頼りになる騎手で、手頃な人気の今回、気楽な立場で一発!


○グランプリボス

矢作厩舎と朝日杯といえば、05年のスーパーホーネット。
クビ差でG1制覇を逃してから、未だG1勝ちまであと一歩が続いており、そろそろの予感。
阪神Cで同じ矢作厩舎のグランプリの馬を本命して大恥をかいてしまったので、ここで挽回してもらおう。
前走、京王杯を勝ちながら、バクシンオー産駒ということでか、人気がそれほど上がっていないのがいい。
ここ3年連続で、京王杯好走馬が連対している流れもあるし、この馬も母父サンデーの強力な後押しがある。
デムーロが引き続き騎乗するというのも心強いですな。


▲リフトザウイングス

一応PO馬ですので、この馬本命でもよかったが、先週それで失敗してるしね。。
東スポ杯は最後方からの追い込みで2着となったが、あんな競馬を中山でしちゃうと馬券圏外確定。
しかし、今回の鞍上はルメール!
ルメールがハーツクライ産駒の馬に乗るというめぐり合わせ。
追い込み馬だったハーツクライを先行させて、ディープを負かした有馬記念がよみがえる。


△サダムパテック

東スポ杯は3馬身半差の圧勝で、強いの一言。
ただ、デビューから3戦いずれも出遅れており、直線の短い中山コースでまた出遅れるとヤバイことに。
しかし騎乗停止明けのスミヨンは土曜いきなり5戦3勝2着2回と完璧ね。
それでも、次週の有馬に向けても、ここで無茶な騎乗は出来ず、大外回して届かないなんてこともあったり。


△アドマイヤサガス

外枠に入ったことで人気が上がっていないがデイリー杯2着馬。
言うまでもなくデイリー杯の勝ち馬が2歳女王レーヴディソール。
もうそれだけで、この馬も人気になっていいはずだが、外枠ということで評価が下がっているのは、馬券的には逆に買い。
鞍上の小牧は昨年のローズキングダムに続いての2連覇の可能性があるし、橋田厩舎もアドマイヤコジーンで既にこのレース勝っている。
今年まだ重賞勝ちのないアドマイヤの馬が、ここでやってくれるか。


△リベルタス

最後の1頭は、同じディープ産駒のリアルインパクトと迷ったが、枠順、脚質でこちらを押えることに。
何といっても鞍上の福永は、先週、阪神JFを勝っていることは勿論のこと、このレース既に3勝しており、相性抜群ですから、今年も期待。

馬券はマイネルラクリマを軸に3連複と馬連で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (32)

阪神C10(予想)

2010-12-18 00:07:47 | 10~12月重賞(G2、G3)
ダノンシャンティの有馬参戦表明で、更にメンバーが豪華になり、今年の有馬記念は楽しみ!
3歳馬VSブエナビスタ、または中山巧者の逆襲ということで、とにかくみんな出走してね。

土曜の阪神メイン、阪神Cの予想
芝 1400M G3 定量 17頭

鳴尾記念、中日新聞杯の結果をみれば、ここも3歳馬を買っておいたら当たりそうだが・・

◎オセアニアボス

矢作厩舎にグランプリの馬といえば、日曜の朝日杯グランプリボスが注目なのだが・・
狙って面白いのは、こっちの方ではないか。
前走は5ヶ月ぶりの休み明け、完全にここへの叩き台でしょう。
なにせ阪神コースは大得意!
[4-4-3-0]と、ここまで11戦走って、3着内100%という完璧な走り!
重賞実績こそないが、昨年末、阪神1400で、エーシンフォワードと0.3秒差2着の競馬してますから。
今どき流行らないマル外ですけど、母父はなんとサンデーで、毎度お馴染み重賞穴あけ請負馬!
鞍上の小牧は、初の中央重賞勝ちが阪神だったし、初G1も桜花賞だし、今年唯一の重賞勝ちも阪神。
何気に阪神の重賞では頼りになる騎手で、大外一気で穴あけてくれ!!


○ゴールスキー

素直に行くなら、軸はこの馬で間違いないか。
強い3歳馬で、前走のマイルCSが、クビ、クビの3着という大健闘の走り。
阪神コースも2戦2勝で、問題は、初の1400mの距離。
まあそこは、先週G1勝って勢いにのる福永だけに、しっかり乗ってくれるでしょうか。

 
▲テイエムアタック

差し馬決着で決まりやすいここなら、出番があるかも。
1400の距離も阪神コースも大丈夫だが、内回りコースは、直線が短いか・・・
それでも、今年の阪急杯では、勝ったエーシンフォワードから0.5秒差の5着だし、展開がはまれば。
先週、アヴェンチュラで下手な騎乗をした和田が、その汚名返上のナイスな騎乗をしてくれることを期待!


△ガルボ

もう1頭の3歳馬も忘れちゃだめ。
前走は、G1で相手が強かったし、先行馬にはきつい流れで、0.8秒差なら、そう悪くない。
マイルCS大敗ながら、マイル重賞勝ちがある3歳馬って、昨年のサンカルロと同じなので、今年はこの馬が3着。


△ファリダット

この馬って、まだ重賞未勝利なんだね。。そろそろ怖いぞ。
前走は4着とはいえ、トップハンデで最後方からの追い込みは、少々きつかった。
勝ったリビアーモからは0.2秒差だったが、ハンデ差4.5キロのせいとするなら、今回は2キロ差。
少なくも、リビアーモには、今回逆転出来るはず。
混戦のときに頼りになるのは、やはり外国人騎手。やっぱりデムーロかあ、と今週も言いそう。


△サンカルロ

前走はダート戦で、大敗もまったくの参考外。
昨年の2着馬だし、今年もG1スプリンターズS3着の実績ありで、やはり押えておきたい1頭。

馬券はオセアニアボスを軸に3連複と馬連で勝負!!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント   トラックバック (12)

阪神JF10((結果))

2010-12-13 23:20:39 | 阪神JF
2010年12月12日(日) / 阪神 1600m 芝・右 外 / 晴・良
サラ系2歳 / 牝(国際)(指定) / オープン / 馬齢

1[6] 11 ○レーヴディソール  牝2 54 福 永 1:35.7 1
2[2] 4 △ホエールキャプチャ 牝2 54 池 添 1/2 4
3[8] 18  ライステラス    牝2 54 デムー 1 8
4[1] 1 ▲アヴェンチュラ   牝2 54 和 田 3/4 3
5[6] 12  ツルマルワンピース 牝2 54 安藤勝 クビ 11
6[3] 6  マイネイサベル   牝2 54 松 岡 ハナ 6
7[5] 10  タガノラヴキセキ  牝2 54 岡 部 アタマ 14
8[3] 5  フォーエバーマーク 牝2 54 吉田豊 2 10
9[7] 14 △ダンスファンタジア 牝2 54 武 豊 クビ 2
10[2] 3  トツゼンノハピネス 牝2 54 佐 藤 ハナ 15
11[4] 7 △リトルダーリン   牝2 54 後 藤 クビ 5
12[5] 9  マルモセーラ    牝2 54 田中健 1/2 7
12[8] 17  マリアビスティー  牝2 54 小林慎 同着 13
14[7] 13  オースミマイカ   牝2 54 柴 原 1.1/4 18
15[4] 8  ピュアオパール   牝2 54 内 田 クビ 9
16[1] 2  ハピシン      牝2 54 酒 井 アタマ 16
17[8] 16 ◎グルーヴィクイーン 牝2 54 藤岡佑 1/2 12
18[7] 15  クリアンサス    牝2 54 渡 辺 1.1/4 17

払戻金 単勝 11 160円
    複勝 11 110円 / 4 330円 / 18 740円
    枠連 2-6 1120円
    馬連 4-11 1260円 / 馬単 11-4 1490円
    3連複 4-11-18 9200円 / 3連単 11-4-18 24540円
    ワイド 4-11 450円 / 11-18 1230円 / 4-18 4230円

今年もここから、名牝が誕生か!
勝ったレーヴディソールは間違いなくウオッカ、ブエナビスタ、アパパネに続く逸材!
心配は、怪我のみ。
足元の弱いアグネスタキオン産駒で、牝系も不幸が続いている血筋だけに、とにかく無事に行ってほしい。
幸い、今回のレースも、負担の少ないものだったし、しっかりケアしてもらって、いざクラッシクへ!

終わってみれば、2着、3着にも芦毛馬が入り、JRA至上初のG1での芦毛馬上位独占!
結局、4着までの馬すべてが、牡馬相手のオープン以上のレースで好走しており、その経験がものを言ったということか。
2着ホエールキャプチャは、ファンタジーSが不利あっての3着で負けて強しだったし、何より自在性ある脚質が素晴らしい。
芙蓉Sでは逃げ切り、ファンタジーSでは追い込み、そして今回は、好位からの抜け出しとほんと自在。
追い込みイメージの強い池添であったが、今回は内枠を生かしての早めの競馬で、好騎乗でしたな。

3着ライステラスは、まったくノーマークの馬でしたが、前走は牡馬相手の重賞京王杯2歳Sで4着。
昨年2着アニメイトバイオも京王杯2歳S2着からのローテで、強気なローテの馬は、来年も要注意ですね。
そして何より、鞍上がデムーロでしたね。
先週のJCDでは、鞍上がデムーロというだけで、無理目のマカニビスティーに○打ってたのに、今週はPO馬に気をとられて・・

本命グルーヴィクイーンは、マイナス8キロで384キロでの出走。
デビュー戦より更に小さくなった馬体に上がり目はなく、デビュー戦も時計、上がりとも平凡で、血統だけで期待したは間違いでした・・
その血統にしても、エリカ賞で同じ血統構成のアドマイヤセプターが、折り合い欠いて惨敗していたので、イヤな予感はありましたが・・・
アドマイヤセプターの惨敗を見て、素直にレーヴディソールからの馬単勝負に切り替えようかととも思いましたが、穴党の性で・・

人気のもう1頭ダンスファンタジアも折り合いを欠いて自爆してましたので、この時期、気性の見極めは難しいですな。

残すところ、中央のG1レースもあと2つ。
有馬記念は何としても当てたいのは当然ですが、朝日杯はPO馬の扱いをどうするがポイントになりそう。。
今のところ、1頭が出走確定で、1勝馬の2頭が抽選対象。
冷静な予想のためには、抽選対象の2頭は、除外された方がいいんだろうな。。。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント   トラックバック (1)

カペラS10((結果))★

2010-12-13 23:13:57 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年12月12日(日) / 中山 1200m ダート・右 / 晴・良
サラ系3歳以上 / (国際)(指定) / オープン / 別定

1[7] 13 △セイクリムズン   牡4 56  幸  1:09.7 3
2[8] 15 ◎ティアップワイルド 牡4 56 石橋脩 クビ 13
3[4] 7  エノク       牡6 56 浜 中 1 5
4[4] 8 ▲シルクフォーチュン 牡4 56 小 牧 1/2 1
5[7] 14  マルカベンチャー  牡4 56 吉田隼 ハナ 9
6[3] 6 △マハーバリプラム  牝5 54 蛯 名 クビ 4
7[5] 9  スーニ       牡4 58 川 田 1/2 7
8[8] 16  ヤサカファイン   牡4 56 石崎駿 3/4 6
9[3] 5  スリーアベニュー  牡8 56 江田照 ハナ 15
10[6] 12  ダイワディライト  牡6 56 北村宏 アタマ 8
11[1] 1  ビクトリーテツニー 牡6 56 三 浦 クビ 14
12[2] 3 △ナムラタイタン   牡4 56 熊 沢 1.1/2 2
13[2] 4  ヘッドライナー   セ6 57 津 村 3/4 11
14[1] 2 ○ニシノコンサフォス 牡10 56 勝 浦 クビ 12
15[5] 10  アグネスジェダイ  牡8 57 柴 山 5 16
16[6] 11  ジーエスライカー  牡3 55 坂 井 1.3/4 10

払戻金 単勝 13 440円
    複勝 13 180円 / 15 1380円 / 7 320円
    枠連 7-8 1760円
    馬連 13-15 18610円 / 馬単 13-15 27170円
    3連複 7-13-15 37030円 / 3連単 13-15-7 217490円
    ワイド 13-15 3970円 / 7-13 700円 / 7-15 7840円

日曜はG1に資金集中で、このレースは買わないでおこうと思ってたんですが、直前に少額だけだが、購入してよかった。
先週のJCダートに続いて、2週連続の万馬券的中!!これは、明日は吹雪にでもなるか?!
3連複は、迷って無印にしたエノクに来られてハズしたとはいえ、馬券購入が、馬連しか買わなかったので結果オーライ!

勝った△セイクリムズンは、前走が5馬身差の圧勝でしたので、その勢いそのままに重賞初制覇!
エイシンサンディ産駒の平地重賞勝ちは、05年チューリップ賞のエイシンテンダー以来ですな。

◎ティアップワイルドは、前走の大敗と、1200の実績なしで、人気がなかったですが、前走は休み明け。
初めての1200も、血統的には何ら問題なしだし、1400得意で1600以上は駄目で、先行脚質の点からも距離短縮には対応出来ると。
血統も、JCダートを勝ったトランセンドと同じ父ワイルドラッシュで、母父がこのレースに強いミスプロ系だったこともよかったね。
クビ差で重賞初制覇を逃してしまった石橋脩騎手は、ほんと残念でしたが。

次週、夢の3週連続万馬券的中を目指して頑張ります!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

中日新聞杯10((結果))

2010-12-13 23:06:59 | 10~12月重賞(G2、G3)
2010年12月11日(土) / 小倉 2000m 芝・右 / 曇・良
サラ系3歳以上 / (国際)(特指) / オープン / ハンデ

1[1] 1 △トゥザグローリー  牡3 55 デムー 1:58.7 1
2[4] 8  コスモファントム  牡3 55 太 宰 1.3/4 6
3[4] 7  ゲシュタルト    牡3 56 池 添 3 4
4[8] 18  サンライズマックス 牡6 57 福 永 1.1/4 13
5[2] 3 ◎バトルバニヤン   牡6 57 藤岡康 ハナ 7
6[5] 9 △ナムラクレセント  牡5 57 小 牧 ハナ 2
7[6] 11  ドモナラズ     牡5 54 北村友 1.1/2 16
8[7] 15  ダイシングロウ   牡6 53 田 辺 クビ 17
9[3] 5  スリーオリオン   牡5 55 武 豊 1/2 3
10[2] 4  オートドラゴン   牡6 54 渡 辺 クビ 5
11[8] 16  ヤマニンキングリー 牡5 57 吉田隼 クビ 11
12[3] 6  ダンスインザモア  牡8 56 丸 田 クビ 10
13[8] 17 △マイネルスターリー 牡5 57 丹 内 クビ 9
14[6] 12  シゲルタック    牡6 53 松 山 1/2 12
15[7] 13  エーティーボス   セ6 53 鮫 島 1.3/4 18
16[1] 2 ○メイショウクオリア 牡5 56 武 幸 1/2 14
17[7] 14 ▲エアシャトゥーシュ 牡5 55 中 舘 3/4 15
18[5] 10  ミヤビランベリ   牡7 58 丸 山 1/2 8

払戻金 単勝 1 220円
    複勝 1 150円 / 8 340円 / 7 240円
    枠連 1-4 630円
    馬連 1-8 1780円 / 馬単 1-8 2600円
    3連複 1-7-8 3760円 / 3連単 1-8-7 14000円
    ワイド 1-8 800円 / 1-7 490円 / 7-8 1320円

先週の鳴尾記念に続いて、ここも3歳馬による上位独占!
今年の3歳牡馬陣は、層が厚くレベルが高いようで・・って、先週そう書いたんだから、馬券に反映させろよ・・
学習能力なく、予想は好き勝手にやって、大ハズレ・・・

トゥザグローリーは、ここでは力が一枚上と言わんばかりの快勝!
中1週になるけど、有馬記念への参戦に意欲的。
来春勇退する池江泰厩舎にとっては、最後の有馬記念ですから、押せ押せでも、やる気充分のようですな。
姉トゥザビクトリーが、有馬3着の実績がありますので、人気がなければ、狙って面白い存在か。

にしても、今年のダービーって、レース前は空前のハイレベルの1戦と期待されながら、ダノンシャンティの出走取消に、
スローペースによる瞬発力勝負で、レースレベルはどうなの?と、あまり今年のダービーに対する評価は高くなかったはずですが。。。
ダービー後の各馬の成績は、立派の一言。やっぱりレベルは高かったんですね。。

1着 エイシンフラッシュ → 神戸新聞杯2着 <有馬登録>
2着 ローズキングダム  → 神戸新聞杯1着、菊花賞2着、JC1着 <有馬登録>
3着 ヴィクトワールピサ  → JC3着 <有馬登録>
4着 ゲシュタルト → 中日新聞杯3着
5着 ルーラーシップ → 鳴尾記念1着 <有馬登録>
6着 ペルーサ → 天皇賞(秋)2着 <有馬登録>
7着 トゥザグローリー → カシオペアS1着、中日新聞杯1着 <有馬登録>
8着 サンディエゴシチー → キャピタルS1着
9着 ヒルノダムール → 鳴尾記念2着
10着 コスモファントム → ジャパンDダービー2着、中日新聞杯2着
11着 レーヴドリアン → 引退
12着 リルダヴァル → 大原S1着、鳴尾記念3着
13着 アリゼオ → 毎日王冠1着

既に引退してしまったレーヴドリアンを除けば、上位12頭までが、この秋、好走を続けております。
唯一、古馬相手に結果を出してないのが、ダービー馬エイシンフラッシュのみ!
ということは、もしかして、最後の有馬記念で、エイシンフラッシュの再びの大劇走が見られるのか?!

今回人気を落としていたコスモファントムも、1年前のラジニケ杯ではヴィクトワールピサとクビ差の競馬をしてた馬ですからね。

本命バトルバニヤン、若さの勢いに敗れ去りました・・

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑よろしければ1クリックお願いします!
コメント

カペラS10(予想)

2010-12-12 01:55:58 | 10~12月重賞(G2、G3)
正直、G1がある日の裏の重賞レースは、予想する気も買う気も半減なのだが、それでも買ってしまうんだろうな。。

日曜の中山メイン、カペラSの予想
ダート 1600M G3 別定 16頭

◎ティアップワイルド

前走は休み明けに加えて、実績のないマイル戦ということで、大敗も参考外。
1200戦は初めてとなるが、1400戦で安定した成績を残しているし、距離伸びてサッパリの馬だけに、距離短縮の方がいいはず。
トランセンドがJCダートを勝ち、同じワイルドラッシュ産駒という血の勢いも重視。
ミスプロ系が強いレースということで、この馬もしっかり母父フォーティナイナーですし、一発の魅力あり。


○ニシノコンサフォス

さすがに12月に10歳馬を重賞で本命にするのは、ためらってしまい対抗に。
こちらも休み明けを叩いての上積みに期待したが、10歳馬だし、半信半疑ではある・・
それでも今年、中山1200で1着、2着しているように、とにかく中山1200が得意。
メンバー中一番の中山巧者で、単騎逃げが見込めるとなれば、10歳馬でもチャンスは十分。

 
▲シルクフォーチュン

前走は、実績のないマイル戦で、連勝が止まってしまったが、それでも0.5秒差。
4連勝を達成した得意の1200の距離に戻って、すかさず反撃。
中山1200も2走前に勝っており、ここは相手にも恵まれた感もあり、重賞制覇のチャンス。


△ナムラタイタン

6連勝って、並みの馬では出来ない芸当ですからね。
連勝止まった、ここ2戦は人気を裏切っているが、前走は休み明けということを考えれば、叩き2走目のここは怖い。
デビュー以来、すべて1400戦しか使われていないが、血統的には、距離短縮はむしろプラスになりそうか。


△マハーバリープラム

現在、5戦連続連対中という安定を買いましょう。

△セイクリムズン

前走が5馬身差の圧勝劇。
それだけで買いの1頭だし、この馬も5戦連続馬券圏内中で、安定感も兼ね備えてますので、押えます。

馬券はティアップワイルドを軸に3連複と馬連で勝負!

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (2)   トラックバック (3)

阪神JF10(予想)

2010-12-11 16:40:56 | 阪神JF
土曜の中日新聞杯は、3歳馬が上位独占。
今年の3歳のレベルはやはり高いようで、有馬でも要注意ですな。
馬券は、いつものようにハズしてしまいましたので、日曜頑張ります!

日曜の阪神メイン、阪神JFの予想
芝 1600M G1 定量 18頭

まずは、前日の単勝上位人気ですが、オッズは、今現在も刻々と変わっております。

1番人気 レーヴディソール・・・・1.8倍
2番人気 ダンスファンタジア・・・3.7倍
3番人気 アヴェンチュラ・・・・・9.2倍
4番人気 ホエールキャプチャ・・21.7倍
5番人気 リトルダーリン・・・・29.0倍

2強ムードで、今年も荒れる要素はないか・・
今年はPO馬が3頭も出走しているので、基本その3頭からの勝負!
ただ、同じくPO馬3頭出しだった07年皐月賞が、その3頭の3連複1点勝負で、撃沈しましたので、そんな愚考はしませんが・・

◎グルーヴィクイーン

抽選を通れば人気になっていたはずのアドマイヤセプターが除外。
その替わりに抽選を突破し、アドマイヤセプターとまったく同じ血統構成のこの馬が、セプターの代役に!
父キンカメ、母父サンデー、母母エアグルーヴという血統は、まさに、ここを勝つ血統構成!
392キロの小さな馬体で、今週の追い切り後の馬体重が380キロと更に小さくなったことで人気も上がらないのでしょうが、そんなの気にしない。
92年の勝ち馬スエヒロジョウオーは390キロでした。人気も9番人気と、今回のこの馬と同じという偶然。
その時の2着マイネピクシーも12番人気で398キロと、小さな馬でした。
鞍上の藤岡佑は、このレース、レーヴダムールで2着の実績があるし、08年チューリップ賞、09年マイラーズC勝ちもあり、阪神マイルは得意。
ごちゃつかない外枠を引いたことも、小柄なこの馬にはプラス材料で、並み居る良血馬の中から、この馬が2歳クイーンに!!


○レーヴディソール

牡馬相手のデイリー杯を圧勝し、現時点では間違いなく牝馬NO1。
松田博厩舎-サンデーレーシングといえば、ブエナビスタの再現。
ここを勝てば、アパパネに続く、牝馬4冠の可能性も見えてくる。
姉レーヴダムールはこのレース、クビ差2着のあと、残念なことになってしまったが、その姉の無念を晴らしてくれるか。


▲アヴェンチュラ

ウオッカ、トールポピーで連覇している角居厩舎が、トールポピーの全妹で今年も狙う!
札幌2歳S2着の実績からも、牝馬同士なら力は上位。
ただ、中間に熱発があったということが、何とも気がかりだが。
でも阪神1600は、デビュー戦で3馬身半差の圧勝だったし、ライバル馬達が阪神初出走なら、そのアドバンテージはある。


△リトルダーリン

92年の再現なら、2番目に軽いこの馬が2着だ。
角居厩舎2頭出しのもう1頭で、金子オーナーといえば、昨年アパパネでこのレース勝ってます。
エリモエクセルの仔からは、ここまで活躍馬が出てませんが、父ディープになってどうか。
ディープ産駒重賞初制覇が、G1というのも、ありえそうな感じだしね。


△ホエールキャプチャ

前走ファンタジーSは、最後方からの競馬となったが、メンバー最速の上がりでハナ、ハナの3着。
直線で、前が塞がる不利もあり、スムーズな競馬だったら、突き抜けていた内容で、負けて強しの1戦。
父クロフネ、母父サンデーは、昨年3着のベストクルーズと同じで、ファンタジーSちょい負けのローテも一緒なら、この馬が今年の3着。


△ダンスファンタジア

2戦2勝で、その2戦ともが楽勝。
赤松賞勝ちのローテは、昨年のアパパネと同じだし、母はダンスインザムード。
父ファルブラヴというのが、G1の舞台でどうかとの懸念もありますが、同産駒のレーヴダムールは2着でしたね。
鞍上の武豊は、JCで連続G1勝ちを継続しましたが、繰り上がりだし、ここでスッキリ勝ちたいところだね。

馬券はグルーヴィクイーンを軸に3連複と馬連で勝負!!
 
人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!
コメント (4)   トラックバック (23)