おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

鞘橋

2021年10月19日 23時30分17秒 | 建物
琴平町を流れる金倉川に架かる鞘橋です。両妻が唐破風の屋根付橋です。普段は通行不可ですが、金刀比羅宮大祭の御神輿の渡御、湖川神事、お田植え祭などの神事のときにのみ用いられています。いつ頃架けられたかは不明ですが、現在のものは明治2年(1869)に再築され、明治37年(1904)に現在地に移築されています。平成10年(1998)に国の有形文化財として登録されています。


金刀比羅宮に所蔵されている元禄期(1688-1703)に描かれた屏風「金毘羅祭礼図」には、鞘橋が描かれているので、その頃には鞘橋がかけられていたことが推察されます。



金刀比羅宮に参拝された際には、少し足を延ばして鞘橋も見学してみてはどうでしょうか。



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 披雲閣本館大書院 | トップ | 藝術喫茶 清水温泉 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

建物」カテゴリの最新記事