おさかな’sぶろぐ

日々感じたことを徒然なるままに。。。

禅庭花

2019年08月04日 22時09分10秒 | 自然風景
 本州の比較的北の方の山に登るとよく見かける黄色い花『禅庭花』です。「ニッコウキスゲ」と呼ばれるのですが、日光の固定種ではありません。


 花期は5月上旬から8月上旬で、草原・湿原を代表する花で、群生すると山吹色の絨毯のようになるのですが、群生してる場面にはまだ出会ったことがないです。群落で有名なのは、日光の霧降高原、尾瀬ヶ原、霧ヶ峰などあげられます。
 ニッコウキスゲという名は、花が黄色で、葉がカサスゲ(笠萓)に似てて、群生してる日光の地名をつけたのだと言われています。

コメント   この記事についてブログを書く
« 伊予富士【愛媛県西条市】 | トップ | 積丹岬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自然風景」カテゴリの最新記事