電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

興味関心の広がりと狭まり

2012年09月24日 06時04分54秒 | 週末農業・定年農業
高校生から大学生のころは、興味関心がしだいに広がっていくのを感じました。雑多な知識の集積は、今でも役立つことがあり、馬鹿にしたものでもありません。
これに対して、最近はむしろ興味関心の狭まりを痛感します。昔は関心を寄せていたビデオカメラによる撮影は、とんとかえりみることはなくなりましたし、オーディオ機器に熱をあげることもなくなりました。パソコンは相変わらずですが、最新のOSやアプリケーションを追いかけることは、すでに止めて久しいです。読書の範囲も、かなり限定的なものになってきています。

こうしてみると、若々しい活力と興味関心の広がりとは、やっぱりかなりの相関性があり、年をとると興味関心は狭まる一方なのでしょうか?

いやいや、待てよ。最近、畑がおもしろい。昔はまったく関心を持たなかった農作業への興味関心の広がりはどうだろう。中高年になって広がったものとしては、かなり大きなジャンルではなかろうか?

コメント