そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

波からの贈り物<1>

2007年09月28日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
バケツ一杯の貝殻って、想像できますか?
とにかく重いです。
配達の人が「重いから、中まで入れてあげましょう」と言ってくれました。

開いてみると、一番上に特大のが乗っていたので、またビックリ


この写真は、一番大きなのから、後で探し出したごく小さなのまでを、ズラッと並べてみました。
出てきたのを集めて順に並べています。
余分なのは一つもありませんでした。

まるで、こうやって写してくださいと言わんばかりに、大きさが順に揃っていたので、不思議な気持ちでした。

これだけでは、大きさの実感が湧かないと思います。
これを見てください。


真ん中に置いたのは、10円玉ではありません。
500円玉です!!



小さい方ではこんなのがありました。


一番小さいのは3ミリくらいです。

2枚がちゃんとくっついているのや、薄いのもあって、よくまあ壊れずに・・・・・・
感動で胸が熱くなりました。



初めて見たのもあります。


ピンクのとその左横のは欠片ですが、とてもきれいでしょう?

斜め左上のが、不思議なものです。
ちょっと大きくしてみました。

こんな貝があったなんて、知りませんでした!

大きさはこれも、下のも1,3センチくらいです。



左下の白いのは、段々模様になっています。でこぼこしているのです。

波のいたずらかと思いましたが、いくつも出てきたので、きっとこんなのがあるのでしょう。
これも不思議・・・


何しろ膨大な分量なので、ゆっくりと整理して、珍しいのやきれいなのをUPしていく予定です。
楽しみに待っててくださいね。



最後に、若い頃から集めていたミニ貝殻の特集を。


紀州白浜で拾った、サンゴのかけらも仲間入りしています。
真ん中のスケールは、おなじみの一マス5ミリ四方です。


< 遠き海の波に抱かれ はるばると 旅した貝と話してみたい >

コメント (21)

面白い読み方の苗字

2007年09月28日 | HP&ブログ記事の紹介
○月○日と書いて、別の読み方をする苗字をもたれる方が、いらっしゃいますか?

例えば4月1日を「わたぬき」さんと、読むような・・・
昔旧暦の4月1日は衣替えの日で、袷(あわせ)を単物(ひとえもの)に着替えたそうです。
もう綿入れは着なくなるので、このように読むのだとか、金田一春彦さんの『ことばの歳時記』(新潮文庫)で、読んだことがあります。

そんな興味深い読み方の苗字がたくさん紹介されています。
suuさんのサイトです。
文字を楽しむ

9月26日の記事のコメント欄の少し下のほうに、たくさんお書きなので、よかったらごらんください。
「へ~~!」です


記事のご紹介なのでコメント欄は閉じておきます。ごゆっくりどうぞ。
コメント

これな~んだ?

2007年09月26日 | 木や草の実・タネ・松ぼっくり
これはヤマボウシの実なんですよ。


春に、白い総苞片をまるで花びらのように四方に開いて、楽しませてくれましたね。
あの真ん中の緑の部分が花でしたが、




そこが実になりました。サッカーボールみたいです。


いっぱいなるはずだったのですが、夏の日照りと高温で木が弱り、ぱらぱらとしか姿が見えませんでした。

これは下向きになっていますが、上や横に向いているのもあります。
大きさは1、5センチ前後です。


身の中には、甘くて美味しい果肉が入っています

といっても小さな実なので、ほんの一口ですが・・・


そしてタネは3個ずつ入っていて、一個は5ミリ前後です。



図鑑で見て、ぜひ食べてみたいと思い、楽しみにしていました。
思っていたより甘かったです。

あの花が、こんな実になり、タネが3個入っているというのが不思議でなりません。
出来ていく過程を見たくなりましたが、来年の宿題ですね
コメント (20)

昨日は市長選挙

2007年09月23日 | 本の紹介・その他いろいろ
あまり感じは出ていないかもしれないですが、投票所の前の土に、たくさんの足跡がついていました。
いつもはこんなことはないので、ちょっと面白かったです。



投票所の入り口の横で、ボールが転がっているのかと思ったら、なんとキノコでした。

大きくてビックリ!
私の手と比べてくださいね。

最近は雨らしい雨も降っていないのに、キノコなんて思いがけなかったです。
名前をご存知の方がいらっしゃったら、教えてくださいませ。


帰り道、横のフェンスにこんなものが・・・

以前にも、違う場所で見かけたのをUPしたことがありました。
時々、こういうことが起きているのでしょう。

ここに生えていた木が切られた時、フェンスに食い込んでいた部分はどうしようもなくて、切り離されてそのままになったようです。

切り倒された木の「思い」のようなものが、残っていそうな気がします。



これは浅い水溜りの風景です。

左側の黒っぽい丸い点々は何でしょう?
何かの影なのですが・・・
写真をよ~く見てくださると答えが写っていますが、この影を見たことがない方には、ちょっと難しいかな?

知ってしまうと簡単なんですが、私も知らなくて、初めて見たときは???でした。

 ヒントをひとつ
*太陽の光は、右斜め上から射しています。
コメント (13)

クモの糸と枯れ葉

2007年09月21日 | 風景写真 &葉っぱの姿
蜘蛛の糸に絡って、風に揺れている枯れ葉の姿が好きです。
それを写したいと、どれほど憧れたことでしょう。

土の上に落ちているのではなく、空間に浮かんでいる感じをそのまま写し撮りたい!

でも、私の力ではとても無理そうでした。
失敗に失敗を重ねて、でも何とかしてとがんばりました。

そして、やっと・・・・・・・
まだまだですが、うれしかったので見ていただくことにしました。

どれが一番いいでしょう?
いえ、マシでしょう?


上の写真は、雨水を流すための側溝の中の、ほんとにに小さな空間でした。


こちらは、ちょっとした茂みの中です。



そして最後はこれ。

公園の木の枝に張られた網が雨に破れて、一部だけが残って、そこにぶら下がっていました。

網に捕らわれたアリの姿も見えます。


今年の夏は酷暑でしたが、そのおかげで夏なのに枯れ葉が落ちてきて、私を励ましてくれました。



        


光が当たればキラリと光り

時には虹色にも輝く

蜘蛛の糸



風に乗って

どこからか舞い落ちてくる

枯れ葉

そのまま地面に落ちれば

どこかへ飛び去るか

土に還るしかない


でも

蜘蛛の糸に出会うと

絡まって ゆらゆらと揺れることが出来る

まるで

風と戯れているみたいに



ゆれながら枯れ葉は唄う

それを見て 私のカメラも唄う

その2部合唱が この写真


色々な枯葉の声が

あなたにも聞いてもらえたら

うれしいな

コメント (17)

可愛い生き物の写真をご紹介します

2007年09月20日 | HP&ブログ記事の紹介
こちらです。
門間さんの「雑記ですよ!」

今まで、コウモリと言う生き物から、可愛いというイメージは湧かなかったのですが、このコテングコウモリはあまりの可愛らしさに、うふふ・・・ってなっちゃいますよ!

枯葉の中に暮らしているので「枯れ葉さま」と呼ばれているんですって!

トップの記事から少し下に下がった所に、すごく可愛い写真があるので、見落とさないようにネ。


コメント欄は閉じておきますので、どうぞごゆっくりと

コメント

色々な色の花

2007年09月19日 | 9~11月の草木
まずは赤です。

トケイソウのようですが、少し小さくて赤いです。私は初めてみました。
「よく知ってるよ」という方、いらっしゃいますか?

可愛い感じです。


これはやや紫がかったピンクとでもいいましょうか

アレチヌスビトハギです。
この花は楽しいんですよ♪

右側の花は天狗さんのような顔をしています。
この天狗さんの鼻の部分をそっとさわると、左のようにパチッと開きます。

虫がやって来て触れると、開いて花粉を運んでもらうのでしょうね。
レンゲソウと同じような仕組みです。

やがてタネができますが、マメのような莢に入っています。
それを適当にちぎって、こんな遊びが出来ます。

ヒッツキムシなんですね。
2センチくらいの大きさです。
よくくっつくので、TシャツやGパンなんかにもイニシャルをつけたり出来ます。

子供に付けてあげると、大喜びしていました。



次は花なのに、緑色。
以前にお見せしたヤブガラシの花も緑でしたね。

これはノブドウです。


やがて色づくとこんなにきれいです。


ちょっとした茂みで他の気に絡み付いているのを、見かけることがあると思います。
花も実も5ミリくらいの大きさです。

色はきれいですが食べられません。


これはガーベラ・ミニマリモというそうです。


近くの花壇で咲いていたのですが、初めて見たときはビックリ。
これが花だといわれてもねぇ・・・


最後は白です。

まず、食卓でおなじみのニラです。


こんなに込み入ったきれいな花をつけています。


これはアオツヅラフジ(カミエビ)です。



やがて青いきれいな実ができます。



その中には、こんなに面白い形のタネが入っています。


花と実は3~5ミリ、タネは3ミリくらいです。
この写真のタネは、おなじみの5ミリのマス目にちょうど入っていますが、これは特大です!


たくさん見ていただいてありがとうございました。
どうもお疲れさまでした!


コメント (15)

ごあいさつ

2007年09月17日 | 本の紹介・その他いろいろ
こんなにたくさんのコメントを書き込んでいただけるとは、夢にも思ってもいませんでしたので、もうビックリでした!

あたたかいお言葉にウルウルしながら、これからもゆるりとがんばろうという元気をいっぱいいただきました

そして、コメントはいただけなくても、いつも見てくださっている方々にも、心からの「ありがとう」を申し上げます

こうして、たくさんの方々が支えてくださっているからこそ出来上がってきたこのブログ、本当に私は幸せ者です

これからも、懲りもせずに色んな話題を強引に押し込んで続けていきたいと思いますので、
「どうぞよろしくお願いいたします」

コメント

スポットライトを浴びたスターたち

2007年09月17日 | 影を楽しむ
スポットライトを浴びて、ミッキーマウスが唄っています♪

夏の朝日の強い光が、くっきりした影を作ったようです。
ほんとうは何の影だと思います?

そうです、影のもとになっているのはツユクサでした~


そのそばに止まって、じっと光を浴びていたのはハエ。

タダのハエですが、翅の影が気に入って写してみました。

光が強いので、触角や脚の毛まで、ちゃんと影が写っています。

ハエの脚の先って面白い形ですね。地下足袋を履いているみたいです。
これで張り付くから、滑り落ちないのですね。

あれ、もしかしてこれってアブでしょうか?
ハエとアブの違いがわからないどんぐり屋でした

↓のコメントで、mayobikiさんときのこ山書房さんが「センチニクバエ」と教えてくださいました。




これはスポットライトではないですが、普段は写らないところに突然映し出された空。

場所はどこだと思われますか?

いつもはお布団を干している、ベランダの手すりの上なんです。
丸い手すりなのでカーブしているのですが、夕立の直後、まだ濡れている時に見えた風景です。

写っているのは、横に生えているフウセンカズラと空。


最後は別の日です。

夕陽が草の間から照らして写した、ヤブガラシの葉の影です。

これはスポットライトの中・・・

影は、普段は見れない、物の姿。
やっぱり「光はマジシャン」ですね!




よかったら、こちらへもどうぞ!
にほんブログ村 トラコミュ 身近な自然からの便りへ身近な自然からの便り

コメント (17)

3000枚目の写真です

2007年09月14日 | きれいな空と雲
私がブログを始めてから、ほぼ2年半になります。
今日までにUPした写真2999枚、記事は980本になりました。

なので、この写真は3000枚目なんです。

その間に捨ててきた写真数知れず。
涙をのんでUPを諦めた写真は、たぶん倍くらいの枚数。
デジカメならではですね~~(ため息)



思うところあってカウンターは付けていませんし、ランキングへの参加もいい加減で、ほったらかしです。

それでもアクセス数と閲覧数は、カメの歩みながら上昇しています。
これはもう、皆様のお陰としか言いようがありません。
本当にありがとうございます。


体に故障があっても、身の回りの小さな自然を見つめることで得られる、ささやかな幸せ。
独り占めするのがもったいなくて、何とかお伝えしたいとがんばってきました。

一日に一人でも良いから、私のブログを見て下さることで心が休まり、ほっとしていただけたら・・・・
それが私の願いでしたし、これからも同じです。




上の2枚の写真は、一昨日水曜日の、夕焼豪華版です!
とても大きな雲でした。


そして静かに暮れていく一日。


明日も、あなたにとって楽しいことが、たくさんありますように・・・・・

コメント (40)