そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

次回「いのちの対話」は長崎県島原市で

2011年03月31日 | 本の紹介・その他いろいろ
次回の「鎌田實 いのちの対話」は、4月29日です。
近づきましたら、改めてご案内しますね。

今回のテーマは「いのちの絵本」
ゲストは:中島 潔(画家)、落合 恵子(作家)、長谷川 義史(絵本作家)さんです。

なんだか楽しくなりそうで、今から楽しみですね♪


公開放送ですので、お近くの方は、申し込んでおいたら当日会場に行けます。
こちらをご覧下さい

コメント

これは某避難所の昨日の夕食です

2011年03月31日 | 本の紹介・その他いろいろ
これは岩手県宮古市の某避難所の、昨日の夕食だそうです。
こちらは宮古のある漁師さんのブログです
この夕食の写真は、ここからお借りしました。

これを見て、私はとても悲しかったです。

かなり状況が良くなっている避難所もあるようなのに、こんな所もあるのですね。
あの日から、もう3週間になるというのに、、、これでは元気が出ないでしょうし、このままでは健康の維持も難しくなってくるのでは?
とても心配です。


たくさん集まっている義援金の配分について、難しい問題が多くて、あまりお金が動いていないというような話も聞こえてきます。

まだ電気もガスも水道もダメなところも多いとも聞きます。


もちろん、原発も含めて、命がけで精一杯以上に頑張って復旧に努めておられる関係者の皆さまと、その家族のご努力ご苦労には、頭が下がりっぱなしです。

それでもなお続く、被災者の皆さまのご不自由な生活。
いったいどれだけ大きな災害であったか・・・ですね。


関西にも遠からぬ将来に必ず起きる、南海、東南海大地震。あるいは東海地震。
この三つが連動して起きると、ほぼ今回の東北関東の大災害に匹敵する被害が出るとか。

けっして他人事ではありません

さあ、あなたも避難グッズや備蓄食料などの点検を!
まだ準備の出来ていない方は<非難グッズリスト>で検索すると、必要な物について書かれた、色々なサイトが見られます。

コメント (10)

ユニセフへの本の送り先が変わっています

2011年03月30日 | 本の紹介・その他いろいろ
昨日ご紹介した記事の文中の子どもの本の送り先が、3月29日に変更になったそうです

ユニセフのHPでご確認くださっていると思いますが、気を付けてくださいね。

正しい送り先をこちらでご確認ください

送っていただいている本の数が増えてきたので、集めやすい・整理しやすい所に変更されたようです。
うれしいことですが、お詫びして訂正いたします。

絵本はたくさん集まったので、すでに募集が締め切られ、現在は高学年から中学生用の児童書のみ、募っています。
コメント

被災地の子供達に本を贈りませんか?

2011年03月29日 | 本の紹介・その他いろいろ
ユニセフ ちっちゃな図書館プロジェクト

ユニセフでは現在、大震災の被災地に対して、募金活動や物資の支援など様々な支援を行っています。

その一つとして
えがおをおくろう。
東日本大震災で被災した子どもたちのために、
「ユニセフ ちっちゃな図書館」プロジェクト

が行われています。

このプロジェクトは震災の被害を受けた子どもたちがいる避難所に、ユニセフが設ける”子どもにやさしい空間”に、絵本や児童書などを詰めたミニライブラー(小さい箱型本棚のようなもの)を設置しようというプロジェクトです。

詳細は 下記のユニセフのホームページに掲載されています。
こちらです

送り先が変更になっていますのでHPでお確かめください

なお絵本はたくさん集まったので、今は高学年や中学校向けの児童書を募っています。
締切りは2011年4月5日(火)

みんなの想いを児童書に乗せて、被災地の子どもたちの笑顔へとつなげていくために。

あなたもぜひ、本を贈って『ユニセフ ちっちゃな図書館』プロジェクトに参加しませんか!

私も明日、本棚から探し出して送ろうと思っています。

一冊でも、二冊でも!
「ゆうメール」で送ると料金が安いです。

コメント

霜羊歯

2011年03月28日 | 霜・氷・雪
     もう3月も終わるというのに

     夜 

     静かに雪が舞い降りた様子

       
     そして
  
     そこに霜の華も咲いている


     雪の精と

     霜の精は

     どんな話をしたのでしょう


     とっても寒い東北地方とやらで

     大きな災害があって

     一人ぼっちになった犬や猫がいるそうな

     動物園では
   
     エサがなくなって動物達がお腹をすかせているそうな・・・

     だれか助けてあげてほしいねえ     

     
     

。。。。そんな ひそひそ話しの声が聞こえたようで、動物達はボランティアの人たちに探し出されて、暖かい所へ移れたのもいるようですね。

そして動物園の動物達のところへは、関西地方の動物園や水族館が協力して餌を集めて、今日送られたそうです!


私も、今日はさっそく義援金を送りに郵便局と銀行へ行ってきました。

地震と津波の被害にくわえて、さらに原発の災害にあわれた福島の被害者の方々に集中的に届く、日本チェルノブイリ連帯基金へも、僅かですが送りました。
一般の義援金からも当然届くと思いますが、鎌田實さんの呼びかけに応えて、わずかですが協力しました。
また後日送るつもりです。

可能でしたらあなたもぜひご協力を!!

日本チェルノブイリ連帯基金   
   口座番号:00560-5-43020 
   加入社名:日本チェルノブイリ連帯基金
   通信欄に福島原発被災者支援寄付と記入日本赤十字社のように有名な団体ではないので、送料無料とはいかず、少々の手数料が必要です。



ところで、こんなときこそ1%貯金をしませんか?
  
なにか買ったら、その1%の金額を貯金するのです。
きれいな箱かビンを用意して、その中に貯めていきます。

それが少しまとまった金額になったら、寄付をするんです。
これならあまり負担にならないし、貯金をするたびに送り先の人々の幸せを祈ることも出来ますので、なかなか良いですよ

今回の災害は大規模すぎるので、一度だけの応援ではなく、たとえ少しずつでも何度も送る、末永い応援が必要とされるはずです。

志のある方、ご一緒に頑張って、1%貯金に励みませんか!!




今日の帰り道、春らしいお花をたくさん写しました。
また見ていただきますね♪




     

     
コメント (3)

被災地を応援する音楽です!

2011年03月28日 | 本の紹介・その他いろいろ
私のブログのお友達のマナティさんのお嬢さんが、お友達といっしょに作られたんだそうです。

ぜひ聞いてみてください!

こちらです

コメント (6)

大阪府が寄付金を募集

2011年03月26日 | 本の紹介・その他いろいろ
被災地から大阪府へ避難してこられる世帯または個人に、大阪府は見舞金を送るそうです。

そのための寄付を募っています

詳しくは、このブログの左脇、「最新コメント」の下に表示している<Twitter>のなかに書いてありますので、ご覧下さい。

コメント (2)

どうか 諦めないで!!

2011年03月25日 | 本の紹介・その他いろいろ
まだまだ苦しい被災地です。

私達も、どうしたら応援が出来るのだろうと暗中模索しながらもどかしい毎日です。


思うことを詩につづってみました。
森山ヒカルさんのブログに触発されて、コメント欄に書き込んだものですが、
より多くの方に見ていただきたくて、こちらにも書きます。
私の気持ちです。



消えていく命と 生まれ出る命と

沈む夕陽と 昇りくる朝日と

別れていく人と 新しい出会いと・・・


終わりは 必ず 始まりにつながっています

ひと時の悲しみを味わい尽くせば

やがて 喜びの時は必ず巡ってきます


ただ

諦めると あたらしい喜びに巡り会えなくなってしまいます


どうか諦めないで

どうか 投げ出さないで


あなたの一歩と  

私の一歩が

どこかでつながって 新しい道を開いていけるのです


ささやかな力も 一つになれば大きな力になること

あなたも知っているでしょう! 



日本全体が、これからどう歩み始めるのか、自分の暮らしがどう変化していくのか、あなたにも私にもほとんど見えていません。

それでも私は希望を持って、

自分らしい生活をしていきます。

ささやかな寄付を繰り返していきます。

無駄を省いて、よりつつましい生活をするように努力します。

コメント

ペット連れの避難少しはOKの様子!

2011年03月24日 | 本の紹介・その他いろいろ
ツイッターを見ていると、わずかですが、犬を連れての避難を受け入れますよいう所があるという記事が見られます。
阪神淡路大震災の時には無かったように思うのですが、良かったです!

ペットは飼っている人にとっては、家族のような存在ですものね。別れ別れなんて、つらすぎます。

見られた方もいらっしゃるでしょうが、今朝の朝日新聞に、一人ぼっちのわんちゃんが、長い影をひいてとぼとぼと歩いている写真が載っていました。
飼い犬だったかどうかは判りませんが、いかにも心細そうで、涙がでました。

新聞紙上では「疎開」とか「配給」という単語が飛び交っていますね。
私のような年齢だと、つい戦争中や戦後の混乱期の、苦しい生活がよみがえります。
それほど、今は大変な時なんですよね!

新しい日本が生まれ出るかどうか、正念場なのかも!!


話が前後しましたが、災害時の避難所にはペットを連れては入れません。
同伴OKの受け入れ所、難しいかもしれないですが、増えてくれるといいなあと思います。


それと、認知症の方といっしょに避難所に入られた方々も、とても苦労をされています。
認知症の方は、状況を理解して対処するというのは無理なので、大きな声を出されたり、徘徊されたりします。
すると、認知症のことをよく判らない方はイライラして、避難所から出て行って欲しいと迫られたりしているケースもあるそうです。

他にも様々な障害を持った人々が避難されていることでしょう。
上手にお付き合いの出来る方法などの手引書があるといいですね。


コメント

義援金の送金について

2011年03月23日 | 本の紹介・その他いろいろ
日本赤十字社などへの義援金の、郵便局からの振込みについて。 ATMからだと手数料を取られます。窓口からの振込みなら無料です! 
気を付けて。

コメント