そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

名残の秋

2013年11月30日 | 9~11月の草木
今年の秋も、そろそろ後ろ姿を見送る頃になりました。

近くの公園のカエデが、青空に燃えるような色を見せてくれています。
でも、風が吹くたびにはらはらと葉が枝を離れて、舞い降りてきます。

足元はふかふかの落ち葉に・・・
昔は、落ち葉を集めて焚き火をしては、焼き芋を作ったものですが、今は出来なくて残念です、、、、


足元にもこんな紅葉が。

これはツタウルシでしょうか?
とてもきれいな色ですが触るとかぶれるので、ご用心ですね。

これは一枚の葉っぱだけ色がついてます。

ヨモギです。
ところどころがこんな色になっているのはどうしたのでしょう?

そしてこの素晴らしい色!

キレハノブドウです。

普通のノブドウの葉っぱは、こんな切れ込みはありません。
そして紅葉も、こんなに鮮やかではないですよね。

毎年楽しみなのですが、ちょうど色づく寸前に刈り取られることが多くて、悔しい思いをします。
これは、たまたま狩り残されていたので、とても嬉しかったです♪




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント

植物園の大きな樹

2013年11月24日 | 9~11月の草木
良いお天気が続いて、木々の紅葉も最高です。

今夜から風が強くなり雨になるらしいので、きっとかなりの葉っぱが散ってしまうことでしょう。
名残り惜しいことです。


植物園には大きな木がたくさんあります。

去年の写真ですが、モミジです。

今年はどうしたことか、あまりきれいに紅葉していませんでした。
夏の猛暑と雨不足が答えたのでしょうか?

これはユリノキ。

どんなに大きいかというと、丸で囲んでいるのが私です!


これはメタセコイヤです。

歩いている人が写っていますので、大きさをご想像くださいね!


細い道の両側に、ドングリのなる木が茂っているので、トンネルのようになっている場所があります。

夏にはとても涼しい木陰になります。


長い長い時間、ここに居てどんな物語を見てきたのでしょう?
話をしてみたい気がします。

コメント

穴だらけの葉っぱ

2013年11月23日 | 風景写真 &葉っぱの姿
落ち葉の下に埋もれて、葉脈だけになった葉っぱが好きなのですが、この写真みたいに虫に食われて穴だらけになっているのも、なかなか魅力があると思うのです。

どんな虫が食べたのでしょうね?

こんなのも有りました。

これくらいのは、まあよく見ますが、

ちょっと古い写真ですが、こんなスゴイのを見かけたことがあります。

こうなると、もう穴の方が面積が広いですよね?
数年前に見たものですが、今でもびっくりした瞬間の記憶が、はっきりと目の奥に残っています。

色もなかなか渋いですし、ちょっとした芸術作品だと思いません?


コメント

秋深い こもれび水路

2013年11月21日 | 風景写真 &葉っぱの姿
バスで行くと10分くらいの所にある「こもれび水路」です。

ずっとこのブログを見てくださっている方々には、おなじみの名前ですね!

春のサクラやドウダンツツジ、秋の紅葉を手軽に楽しめる、ささやかなスポットです。

上の写真は、その水路に写り込んだ、木々の紅葉風景です。

見とれているうちにも、はらはらと様々な色の落ち葉が散り込んできました。
緩やかな流れなので、池の水面のように、落ち葉がやってくると波紋が生まれます。

この流れは人口のもので、循環させているのでここで暗渠に入って、また上流から流れてきます。
その取水口付近に引き寄せられて積もった落ち葉たち。

大きな柿の葉がきれいな色を見せてくれていました。
右の一番上に見えています。


後ろを見上げると、老人福祉施設が建っています。

たまに、車椅子を押してもらって、散歩している人の姿が見られます。

従業員の方に「こんな素晴らしい場所を終の住処にしたいわ~」と言ったら「あなたみたいな元気な人は、まだまだダメ!」と言われてしまいました。
私みたいな体力のない老人でも、一応自立していると入れてもらえないようです。

コメント

ケヤキの葉っぱの展覧会

2013年11月19日 | 9~11月の草木
木枯らし2号かな? と思うような風が吹き荒れました。

散ろうかどうしようかと迷っていた葉っぱたちは、
いっせいにひらひらと旅立って、
あちこちに葉っぱの吹き溜まりができたかと思えば、
それがまた吹き飛ばされて、
お掃除のおじさんは大変です。

上の写真は、そんな中から拾ってきたケヤキの葉っぱたちです。
もしかすると、違うものが混ざってるかも
大きな落ち葉の上ででも写したかったのですが、風が強すぎたので諦めました。

今年はケヤキの紅葉がきれいですね。
あなたの所でも、そうでしょうか?


ところで、こんな小枝を見たことが有りますか?

これはケヤキです。

そして、小さなものがくっついているのは、なんです。まだ完熟していないようですが、風が強すぎて吹き飛ばされてしまったのでしょう。

多くの植物は、実やタネはその部分だけが熟して落ちたり飛んで行ったりしますね。
でも、ケヤキは例外(?)で、葉っぱの付け根に実が出来て、それが枝ごと切り離されるような仕組みになっていて、風とともに小枝ごとくるくると回りながら飛んでいきます。

実が出来るからには、花が咲くわけですが、私は長い間、ケヤキの花って見たことがありませんでした。

数年前にブログ記事にUPしていますので、どうぞご覧ください。
こちらです

そして来年の春には、実物をご覧になってみませんか?



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント

とりどりの色を見せるナンキンハゼ

2013年11月14日 | 9~11月の草木
いつもの年は、図書館の前の樹をご紹介してきましたが、今年は枝を落とす時に切り方が下手だったので、さっぱりな姿です。

なので、この写真は少し離れた所の団地の入り口付近の並木道からです。


ナンキンハゼは鮮やかな色に染まりますが、この時期は、まだ、とりどりの色が重なり合って、パステル画のような雰囲気です。

もう一枚、少し違う雰囲気のものを。


今夜から雨になるらしいので、その後、染物屋さんががんばって、きっと見事な色に染め上げってゆくことでしょう。
また見に行ってみようと、楽しみにしています。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


コメント

三日目の虹

2013年11月13日 | 虹・彩雲・アーク
今日は午前8時。

ちょっとお寝坊して目が覚めカーテンを開けると!!!

真正面に太い虹が。
北の空です。

相変わらず短いですが、色は今日のが一番きれいです

上のほうの黒い雲から、雨が降っているのでしょうね?

長く虹を見ないとぼやいていたのに、3日も続けて見せてくれるなんて、カミサマありがとうございます
コメント

また虹が!

2013年11月12日 | 虹・彩雲・アーク
今日も夕方4時過ぎに、こんな小さな太い虹が見えました。

窓の近くを通った時に、「今の時間に、もし虹が見えるとしたら、この方向やな~」と思って見ていると、なんと本当に虹が生まれてきました。

上の写真は出始めです。

そのうちに

2つに別れて見え始めました。

雲の中の、虹が見えてるところだけ雨が降ってるのでしょうね?

そしてまだまだ頑張って見ていたら、つながりました!!

やった~~

この頃が一番太陽が強く照らしてくれていたようで、上の2枚に比べて空も周辺も明るいのが、おわかりと思います。


今は日没が早いので、この時間には太陽はすっかり西に傾き、日没寸前でした。
この時間には大きなアーチは望むべくもないですが、それでも虹は虹、嬉しかったです。

コメント

あら、きれい!

2013年11月12日 | 9~11月の草木
散歩道の植え込みの上に、こんな落ち葉がありました。

渋い色あいですが、なかなかおしゃれな葉っぱでしょ? とても気に入りました。

気をつけてみていると、よく似た色のは時々目につきます。何の木なんでしょう?


こちらは、ご存知ナンキンハゼです。

でも、ちょっといつもと違う色でした。

みんなと同じじゃイヤ、とおしゃれしたのでしょうか?


これは、よく見かける風景ですね。

植え込みの上に落ち葉が乗っかっている、なんてことのない眺めですが、先日ある人がこんな様子を「トッピング」と表現されていて、なるほどねえ~~!! と思いました。





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


コメント

冬の虹

2013年11月11日 | 虹・彩雲・アーク
あれ? 今はまだ秋なのに・・・と思われた方もいらっしゃるでしょう。
関西では紅葉真っ盛りですものね。

でも、暦の上では7日が立冬でしたから、今はもう冬。

『旬をあじわう 七十二候おぼえ書き』(ほぼ日刊イトイ新聞発行)という小さな本によれば、立冬の次は「小雪」(しょうせつ)で、今の暦で見てみると、今年は11月22日~12月6日の間です。
そしてその最初には「虹かくれて見えず」という項目が出ています。

冬は太陽の光も弱いので、虹はあまり見られないのでしょうか?

なので、今日のお昼すぎにうっすらと虹が見えた時は、とても嬉しかったのです♪
短いけれどきれいな色の虹でした。

うっすらと虹のかかるあたりは、時雨れていたのでしょう。

折しも今日は11日。
大震災関連で亡くなられた方々を偲ぶたくさんの人の心が、時雨を降らせたのかもしれません。

そして空のカミサマは、そんな方々の心を慰めようと、虹をかけてくださったのかも。

淡い色ながら、長い時間見えていました・・・











コメント