そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものをご紹介しています。

よみがえった いのち

2013年08月30日 | ポエム&好きな言葉
気が狂いそうな暑さに 毎日朝から晩までさいなまれ

もう秋は来ないのではないか

もしかしたら 

このまま命が消えてしまうのでは無いかと

ふと 心細くなるような時間が続いていた


そんなある日

思いがけなく雷がとどろき 大きな雨粒が落ちてきた

遠くが見えなくなるような 大雨

空からの思わぬサプライズ!!


ああ きっと草木が 虫たちが 喜び合っていることだろう

畑の農作物も 田んぼのお米も

みんなみんな どんなに嬉しい事だろう



その次の朝は

空もうれしかったとみえて 

こんなきれいな雲が姿を見せたよ




月も 周りの朝焼けぐもの中で 白く冴えて

良い気持ちそう



こんな形の雲も見えたりして


わたしはワクワクしながら 眺めていた


太陽が姿をあらわせば またまた暑くなるかもしれないけれど

一息ついたから、大丈夫!

また とうぶん元気に暮らせるよ


コメント

空秋めいて

2013年08月28日 | 6~8月の空
やっと少し秋の風が感じられるようになりました

連日の猛暑に 精一杯緊張して耐えてきたので

涼しさを感じて 疲れが出たみたいです

いくら寝ても眠い~~~

とはいえ 寝てばかりはいられないので

空を眺めています

今年はとうとう びっくりするような入道雲は見ませんでした

あんなに暑かったのにね なんだか変です


上の写真は今朝の南の空

一瞬のうろこ雲


これは昨日の夕方です

うす~~い幻日が現れました 赤色しか見えてないですが・・・


そのあとです

飛行機雲と 風に流されたいくつかの雲がくっついてるだけなのでしょうが

ちょっと 不思議な感じでした!
コメント (10)

待望の大夕立が

2013年08月24日 | 6~8月の空
夕方、まだ少しの明るさが残っている頃から、西の遠くの方で稲光がしていました。

なので期待していたら、だんだんカミナリの音が聞こえ始めました。
そして7時頃になってものすごい大夕立が!!

草も木も農作物も私も、大喜びでした。

降りだす少し前から、カミナリサマが大活躍!
なんとかして写したいと、私も大活躍!!

上の写真は「幕電」まくでん」(雷鳴を伴わない雲と雲間の稲光 夜間、遠方で発生した雷による稲妻が雲に反射する現象および、 雲内放電により雷雲自体が光って見えるものを言う)で、その雲の中でも稲光も写りました。

この後、ゴロゴロが聞こえ始めました。

そしてこれは、すごく遠いですが、落雷。

ちょっとブレてますが・・・全く偶然に写ったものです。見えてから「それっ!」とシャッターを押しても絶対にと言ってもいいほど写りませんものね。


カミナリサマの写真は難しいというか、根気がいります。特にデジカメの古いタイプでは。

こんなつまらないようなものでも、何とかなったのは、70枚ほども写した中でこの2枚だけですもの・・・
でも、それだけに写ると嬉しい♪
大切な2枚です!!
コメント (6)

昨夜は十六夜

2013年08月23日 | 6~8月の空
咲夜は十六夜いざよいでした。
八月、九月ごろの十六夜の夜は、何故かとても雲がきれいなのです。
空の温度の関係でしょうか?


昨夜も、上の写真のような雲が・・・
そしてまたやってくる雲が染まります。

月の姿は見えません。
まるでお月さまが、隠れんぼを楽しんでいるようです♪


        

そしてこの、なんとも不思議な雲は、一昨日の夕方に。

薄い雲に包まれて、雲の中にもう一つ雲があるように見えました。

こんな楽しい雲を見たのは初めてです

長く空を眺めて暮らしてきましたが、まだまだ ”初めて”と言える経験をさせてもらえて、空のカミサマに感謝しきりでした!! 


コメント

ちょっと珍しいムシ風景

2013年08月21日 | マクロで写す雑草や昆虫など
たまたま早起きしたので、近くの草むらをウロウロしてみました。

そこで見つけました。
何かが何かを捕まえて食事中、と言うのは判るのですが、う~~んなんだろう??

ズームしてみました。

捕まっているのがイトカメムシの仲間というのは解りましたが・・・
捕まえてる方は見覚えの無いヒトですねえ~。
私の手におえないので、詳しい方に見ていただきました。

なんと、アリのふりしてますが、他の昆虫を捕まえて食べるクモの仲間ですって!!
ちょっとずるい感じ

名前はタイリクアリグモというのだそうです。
初めて聞く名前です。

そういえば少し前ですが、こんなのも。

生まれたてで、群がっているワスレナグモの子供です。
土の中に穴を掘り、潜んでいて他の昆虫を捕まえるのだそうです。
名前はかわいいのですが・・・


最近は、この足の長いイトカメムシの仲間が出回っています。
先日もフヨウの花の裏で、こっそりと、、、

私に見つかったことを察知して、くっついたままで場所を移動。
左上の写真です。

この仲間は、花や葉っぱの裏がお好きなようです。


同じくカメムシの仲間ですが、これはコロンとしています。

時々見かけるウズラカメムシといいます。
鳥のウズラに模様が似てるから? 
この写真では、触覚が折れてますね。右側だけちょこっと残ってますが、紅くてきれいな触覚なんですが、残念です。


最後はこれなんですが、ツユクサはムシさんのやってくるのなどアテにしないで、さっさと自家受粉しますので、あまり見かけない風景です。
ツユクサにやってきているミツバチの仲間(?)


記念になるかと近づいて見ました。



今日は昆虫ばかりだったので、面白くなかった方はごめんなさいです
コメント (4)

最近、印象に残った言葉

2013年08月20日 | ポエム&好きな言葉
<その1>
 くくのちのモリプロジェクトという団体の方に教えていただきました。

原発反対の署名を集めている高校生たちの集団で聞いた言葉だとか。
微力だけど、無力じゃない
微力を全力で

あ、これいい言葉だ!! と感じました。


私は色々な支援をさせてもらっていますが、あまりにも微力で悲しく、泣きたくなることがしばしばでした。
でも、この言葉を教えてもらってから、とても元気が出ましたよ~


<その2>
これは今朝の新聞から。(朝日・「ひと」欄)

米国務省から人身売買と闘う「ヒーロー」に」選ばれたという、鳥井一平さんという方の言葉です。
明日のために
すぐには変わらなくても、できることから始める。明日もあるよ、ってね

この人は賃金未払いや労働搾取に苦しむ外国人労働者や技能実習生の駆け込み寺のようなお仕事をされています。
そんな人達からの訴えに対して、行動を越し、支援するのです。
企業が相手だけに、どん何大変かは想像に余り有ります。
命がけになることもあるそうです。

できることからコツコツと、というのが「うん、そうやそうや!」と改めて思えました。


小さな力だから、なかなか前に進まないからと、とかく言い訳にしがちなことですが、そうじゃないんだよ~一歩一歩が大事なんだよ、と背中を押してもらったような、いい言葉でした。

これからは、自分のモットーにさせていただくことにします
ありがとうございました!!


(写真は、ある日のささやかな彩雲です)
コメント (2)

久しぶりの雲の展覧会

2013年08月19日 | 6~8月の空
夕方、なんとなくきれいな雲が見れそうな気配が感じられたので、北の空が見える部屋へ行ってみました。
きれいな雲が見られるのは、たいていの時は、こちらの空なのです!

するとどうでしょう・・・白い「くの字形」の雲がたくさん並んでいました。コンデジなので28ミリの広角いっぱいにしても入りきれません、これで精一杯です、残念。


少し西の方を見てみると、まあきれい!!

普段にはあまりみない形の雲がいっぱいです。

右端に見えている小さな塊の雲が、小鳥のよう。

左を向いて飛んで行きそうでしょう?
それとも、何か他のものに見えますか?


そしてもっと西の方へ目を移すと、電線がたくさんあって、少し残念ですが・・・

風の流れを感じますね。
ひょろひょと細長くうねっているのは、飛行機雲の名残の姿です。


しばらく、見とれているうちに、少しずつ様子も変わって、

こちらは、一番上のやや右寄りの大きな薄い雲が、飛ぶ鳥のように見えません?
西から東の空へ、飛んでいきそうです・・・


やがて雲の形も崩れて、暮れていきましたが、その頃の南の空には、



旧暦7月12日の月です。


いつも不思議に思うのですが、北側の空にとてもきれいな雲が見えている時、南の空にはほとんどそれらしい雲がないのです。
たまにはものすごく広い範囲できれいな時も無くはないのですが。

以前に空仲間にはよく笑われたのですが、我が家を境にして、北と南の空の様子がぜんぜん違うのはなぜ??
いろいろ教えてくれましたが、やっぱり私にはナゾのままです




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (4)

コニシキソウの花!

2013年08月18日 | 6~8月の草木
日中にはとても出られないので、朝夕には健康のためになるべく歩くようにしています。
もちろんカメラを持ってネ。

暑さに負けずキョロキョロしていると、足元の茂みに何やら小さな花が・・・

上の写真は、どこにでも生えているコニシキソウという植物ですが、それに花が付いているのです!!
今までそんな姿は見たことがなかったのでビックリ(古いですねえ~今どきこの絵文字を使う人なんているのかしら? でも、私好きなんです

よく似たのでオオニシキソウというのも有るのですが、コニシキソウは葉っぱの真ん中辺りに、やや紫っぽい斑紋があり、草丈が低いです。

すごく小さくて2ミリか3ミリくらいの花です。
ルーペで見ると、けっこう綺麗!
さっそく写してきました。

ちょっと白飛びしています、ごめんなさい。

もっと大きくしてみますね。

ほら、可愛らしいでしょ?

図鑑によると、花びらみたいなのは、花びらではなくて横に見えている球状のもの(将来は実になる)の付属物なんだそうです。(『雑草や野草がよーくわかる本』秀和システム刊・岩槻秀明著)

ちょっとした発見で、嬉しかったです♪
コメント (6)

マンホールの蓋の写真をいただきました・その2

2013年08月13日 | マンホールなどの蓋
先日の続きです。

北へ飛んで岩手県花巻市のもの。
旧花巻市のものです。

旧花巻市の市章・市の鳥フクロウ・市の木コブシ・鹿踊の様子・早池峯・菊の花などがギッシリと配されているようですが、どれがどれやら・・・
ずいぶんと盛り沢山な模様ですね!

宮沢賢治生誕の地なので「詩のまち」という文字が入っているのでしょうか?



こちらは東京の下水用です。

都の花サクラと、都の木イチョウが配されています。
今は、真ん中に番号が入っていたりするようなので、それ以前に作られたものかと思います。


それと、これもサクラとイチョウの図案なので東京都かと思うのですが、どなたかご存知ありませんか?

この写真を添付して送ってくださった時のメールを、私の不注意で削除してしまったので、わからなくなってしまいました。
ごめんなさい


今回はここまで。 私が自分で写したものも溜まっていますので、そのうちにUPします。
コメント (4)

昨日の夕空の色

2013年08月12日 | 6~8月の空
日中のベランダの最高気温は39,5度・・・なんだか頭がぼ~~っとしていました

それでも夕ごはんは作るしかありませんよね、というわけでキッチンで頑張っていると、なんとなくきれいな雲が出ていそうな予感が!!

夕方ですから西の空が見える窓のところへ行ってみました。
そして眼に飛び込んできたのは、上の写真のような雲です


面白さに、どんどんシャッターを押しているうちに、雲の形は崩れ初めて、だんだん夕焼け色が赤さを増して来ました。



そして、飛行機が・・・(右上です)


これは多分夕焼け色をしているだろうなあ~と思って、トリミングしてみましたら

やっぱり!
ひいき目でしょうか、憧れの虹色をしているような? ちょっと無理でしょうか?


なんだかんだで、さすがに首が疲れたので、一旦お台所へ退却。

お水を飲んで、かぼちゃを煮ていると、なんだか西の空がとても紅く染まってるようです。
それっ!
火を止めて、窓辺に駆けつけました。

おおこんなに・・・・

もう雲の形はすっかり変わりましたが、とてもいい色!!

そしてなが~い雲のしっぽの方まで紅く染まっています。
ほらネ。


この雲は、最初の写真でもお分かりかと思いますが、とても大きかっったので、かなり広い範囲の空で見られたようでした。

もしかして、あなたもご覧になっていたのでは



 

今月は11日に、東北の方々を思っての記事を書きませんでした。
決して忘れていたわけではありません。

今も東松島市・石巻市・そして福島から栃木県へ避難されている方と、3人の方々とのお付き合いは続いています。
なので、忘れるわけがありません。

ただ、あれ以後の時間の中で、別の地域での大きな災害があったり、世界の各地でも命をけずられるようにして死んでいく人々や子どもたちがいます。

そんな力が有るわけでもないですが、せめてより広くを見つめて行きたいと思いますので、
東北の地域限定の毎月の定期的な記事(月命日の)は、しばらくお休みにさせて頂きますね。

でも、折々に関連記事はもちろん書いて行きます。
東北の皆さん、どうかご理解くださいね。決して、決して、皆さまのことを忘れたり軽く考えたりしているわけではありませんので。

そして、ブログを訪ねてくださる各地のあなたには、どうか今後も色々な応援を
お願いします
コメント (2)