そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

ヨメゴチの鯛のタイ

2011年07月29日 | 鯛のタイ・耳石・鯛の九つ道具
ヨメゴチというお魚をご存知ですか?
鯛のタイを採るために送っていただきました。

この写真の下側の魚です。ザルの直径は27センチ。

「ネズミゴチ」の仲間です。

写真のように、尾びれがと~~っても長くてビックリ!
これでも、まだ一番端までは写ってないんです。


尾びれをちょっと広げてみました。



胸鰭なども模様がとてもきれいなんですよ~。
こちらで見せていただいてください


さてさて、一番上の写真はそのヨメゴチの鯛のタイです。

同じものですが、もう一枚。


とても複雑で、こんな形は想像していなかったので面白かったですが・・・
あまりに複雑で、どういう角度で写せばよいのか、しばし途方にくれました

そこでいつもお世話になっている「魚のサカナ(鯛のタイ)図鑑さまのお写真を真似させていただきました。
どうも申し訳ありません・・・

当然ながらそちらのお写真がきれいですし、説明も専門的なので、どうか見せていただいてくださいね。



~~~~~~~~~~~~~~

ザルの中の上の魚はキジハタと言うのだそうです。
ぬめりが強くて、さばくのがつらかったです。

鯛のタイは平凡でした。


~~~~~~~~~~~~~~

ヨメゴチもキジハタも耳石採りは失敗しました。
この道は遥かに遠く、なかなか厳しいです





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
      
コメント (10)

珍しい貝がら!

2011年07月27日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
頂き物です。

名前はミズスイと言います。

色々と珍しい貝を頂いた中で、大きくはないのですが、ひときわ目を引いたのがこれでした。
だって、とても変わった形をしているのですもの・・・


本州中部以南、フィリピン、オーストラリア、南アフリカに生息し、他の生き物に寄生して暮らしているようです。

水深100メートル弱のところに住んでいます。
送って下さった方は、甑島の近海、水深80メートルのところで見つけられ、中身を出して蓋を着けなおしてくださっていました。
綺麗な色の蓋ですねえ♪

甑島というのは、プチモンでおなじみの「いちき串木野市」の沖合いにある島です。
きれいな海なんでしょうねえ。

ところでこの貝の正面は(正面といっていいのかどうか解らないのですが)こんな形をしています。


小包を開いて、これを見た瞬間は「ん? 途中で壊れたのかな??」と思ってしまいました。

図鑑やネットで調べて、やっと正体がわかりでした。
こんな不思議な形の貝がいるなんて・・・

♪海は広い~な 大き~いな♪ と実感しましたよ~。


あ、忘れてました。
こんな大きさなんです。






にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
      



コメント (6)

すいてき いろいろ

2011年07月25日 | 水滴・凍露
雨上がりの

朝の涼しい空気の中で

小さな水滴が 光ってる


葉っぱに もたれかかって

細長い形が楽しいね

おもしろいから このまま しまっておきたくなる





オオボウシバナの花びらの先に

今にも落ちそうな雫たち


もうちょっとだけ近くで写させてね、と

そ~っと近寄ったつもりだったのに

ころりと落ちてしまったよ





ツユクサの葉っぱには

朝早く たくさんの露が止まる

あ、だから露草って名前が付いたんだね、きっと

よく見ると

葉っぱの裏側についてる雫が

上からも見えてる


これって、水滴の後姿だね!



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
      
コメント (13)

しょうが寒天ゼリーで元気になって東北の応援も!

2011年07月22日 | HP&ブログ記事の紹介
鎌田實さんのブログに詳しいです♪

美味しいので、おすすめ

コメント

今年も咲いたツユクサの仲間たち

2011年07月22日 | 6~8月の草木
種まきが遅れたので、なかなか咲かなくて心配しましたが、やっと咲きました。

これはオオボウシバナです。
一番下に添えているのは、普通の野生のツユクサです。大きさを見てください。

滋賀県草津市では市の花に指定されているとか。

華麗な青い花びらを持つので「青花」とも呼ばれます。

この花の汁で布に画を描いて、水で洗うと消えるので、友禅染の下絵を描くのに使われるそうです。


花びらの色・・・




そしてもうひとつ。
これはメガネツユクサ。

今年、なかなかよい写真が撮れないので、去年の一枚です。

控えめなやさしい花びらですね。


あなたはどちらがお好きでしょう?
私は、どちらとも決めかねています。

もしかすると、野生のささやかな花が一番好きだったりして・・・




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (2)

自転車通勤しています

2011年07月19日 | 本の紹介・その他いろいろ
うちの息子は、もう長いこと自転車通勤!

職場までは歩いて・・・じゃなくて、自転車に乗って40分くらいです。

最近では、とうとう自分で組み立てた自転車を走らせています。
いい気分なんでしょうねえ?

雨さえ降らなければ、こんな格好で通勤です。
誰が、仕事に行くところだと思ってくれるでしょう???

お弁当と水筒を持っていますから、途中で気分が変わったら、行く先変更も可!
ま、そんなこともなく、おかげさまでまじめに通勤しておりまする・・・


自転車の部分を少しだけUPしてみますね。

なにかご質問のある方は、コメント欄にどうぞ。




かくて今日も元気よく、

「行ってらっしゃ~い!」

コメント (17)

大急ぎのお知らせ!!「いのちの対話」の再放送があります

2011年07月16日 | 本の紹介・その他いろいろ
先日のNHK・鎌田實「いのちの対話」の再放送があります
18日の午前8時33分からNHK第一放送です

鎌田實さんのブログに詳しいです。
こちらです


鎌田さんの詩の朗読を聞きながら、村上アナウンサーが泣いちゃった、あのときの放送です!

あの時は大震災の直後で、急遽あった国会の中継のために録音を分断しての放送になりました。
今回は通しでの放送と思います。

あの時こんな記事などを書きましたが覚えていらっしゃいますか?

いろいろと心に残るお話が聞けますのでぜひぜひ、お聞きください!



なお、次回は9月19日で「納得する生き方」というテーマだそうです。
詳しく解りましたら、またお知らせしますね。
コメント (4)

街のスズメ

2011年07月15日 | 昆虫&生き物
アウトレットモールへ息子の誕生日のプレゼントを買いに行きました。

一休みしていると、何やら騒がしい??

息子がパンを食べているのを見つけて、雀たちが集まってきたのでした。
パンをちぎって与えると、くわえて飛んでいきます。

するとまた次のが来るので、おちおち食べていられません。

ハトは時々こんなのがいますが、スズメがこんな近くまで来たのは初めてでした!



帰り道。
道の駅のドアの上にはツバメのおうちが。

ここは環境がいいのか、近くにもうひとつ巣がありましたが、そこもにぎやかでした。

いずこもお腹が空くようです(笑)




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント (8)

ゆうすけさんに頂いたコメント

2011年07月13日 | ポエム&好きな言葉
↓「あれから四ヶ月」の記事に、「ゆうすけさん」が、こんなコメントをくださいました。

生きるって事に意味があるから。

辛さも、悲しさも、苦しさも、

全てが"生きる証"だから。



ゆうすけさん、こと、坪倉優介さんについては、以前にご紹介したことがあるので覚えてくださっている方も多いでしょう。

ちなみにその時の記事はこちらです

このゆうすけさんに、上のようなコメントを頂くと、もう心の底から納得してしまいます。


余計なことを書き添えるのはよしますね。

どうぞ、じっくりと

ゆうすけさんの言葉を味わってください
コメント (6)

あれから、四ヶ月

2011年07月11日 | ポエム&好きな言葉
大切な人が 

遠くへ行ってしまったとき

それが

生き別れであれ 死に別れであれ

四ヶ月などという月日は

当事者にとっては たったの一日みたいな時間だよね



まだまだ 毎日 事あるごとに涙が流れ

思い出が 胸からあふれて こぼれ落ち

幻を追いかけ 幻に追いかけられ・・・


一年たっても

五年たっても

十年たってさえ

忘れるなんてこと 出来っこないのさ


人は

悲しいことは 早く忘れて

元気を出さないとダメだよ なんていうけど

そんなこと出来っこないし

無理しちゃだめなんだ


いいんだよ

忘れられなくても

いつまでも悲しくても

それが

生きてる人間の

当たり前の気持ちなんだから



だけどね

ちょっとずつ

ほんの少しずつ

時間が癒してくれることもあるんだよ

これはほんとのこと

だから 

安心して悲しい間は悲しんでいてね


いつか

涙の出ない日があることに

気づく時がくるから


ずっと昔に

大切な人を死なせて

自分は死に損なったことのある私が

自分で感じてきたことだから

間違いないよ


少しでも

眠れるときは眠ってね

たまらなく悲しくなったら 祈ろうね


私も

ずっとここで 祈っているから

あなたのために

みんなのために


祈りは

どんなに遠くにいる人の所にも

きっと きっと

とどくから・・・




コメント (10)