そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

雨の前の夕焼け

2019年02月20日 | 12~2月の空
昨日の日の入り時

窓の外がとっても紅いので

もしかしてきれいな夕焼け?


急いで見に行きました

まあ、きれい! 

久しぶりの良い色

明日は雨の予報なので

西の空には雲が多く

少し重そうでしたが なかなかの眺め!

実は 空の中のほんの一部分なんですけどね


しばらく見とれているうちに

じゃあね♪ と色あせていきました

その後 雲が広がってしまったので

スーパームーンは見られそうにありません・・・

あなたはご覧になりました?




にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (6)

昨日から「寒」に入りました

2017年01月06日 | 12~2月の空
寒中見舞いを書くのに、ちょっとした絵が入ったはがきが欲しかったので、買いに出かけました。

その途中、見上げた空には、刷毛で掃いたようなこんな雲が。
ふわふわと冷たそうです。

それでもコブシの枝には花芽がたくさん準備中でした。

寒いので、きらきら光る毛皮のコートをまとっています。
暖かい日も多いので、大急ぎでお支度中なのかも。

その近くにあるケヤキはすっかり葉を落としてしまいました。
なのでカラスの巣が丸見えです。

カラスの巣は、何年も利用されるらしいので、もしかしたら今年も使われるかも?
楽しみに見ていましょう。

カラスはいたずらするので、困っている人もたくさんいます。
自治会では何とかしようと、鷹匠さんを呼んで威嚇をしていますが、どうなのでしょう?
ずっといるわけではないから、賢いカラスはうまく立ち回るのではないでしょうか?
かえって悪戯がエスカレートしないと良いのですが・・・





にほんブログ村
コメント (4)

明けましておめでとうございます

2017年01月01日 | 12~2月の空
皆さま良いお正月をおむかえでしょうか?

大阪は快晴で暖かいです

今年もよろしくお願いいたします。

写真は、枚方に居た頃にはしばしば見ることが出来た、太陽柱です。
冷え込んだ朝の日の出の頃に、太陽から立ち上る光の柱。
広い空が見えるところで無いと、出会えないので、今となっては懐かしい思い出の光景です。


コメント (6)

まるで舞台装置の背景のように・・・

2014年01月29日 | 12~2月の空
今朝は早くに目が覚めました。
時計を見ると、まだ6時40分。  でも、もしかしたらきれいな空が? と思いカーテンを開けたら!!

南の空に、写真のような風景が!!

今日は旧暦の12月29日です。
その細い月と開けの明星(金星)が、まるで舞台装置の空みたいに輝いていました。

かなり得した気分で、眺めていると、たちまち明るくなって、まず星が見えなくなり、月も姿を消しました。

金子みすずの詩の「昼のお星は・・・・見えないけれどもあるんだよ」というのを思い出しました。





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント

きれいな雲が

2013年12月30日 | 12~2月の空
今朝は、冷え込んで霜が降りているようでした。
見に行きたかったのですが、忙しくて出られませんでした。

でも、空もきれいで大満足!

上の写真は南の空です。
日の出直後です。

そして、こちらは北の空。



今年もあと2日を残すばかり。
色々な出来事の多い一年でしたが、来年はどうでしょうか?

元気をだして、自分らしく生き抜いて行きたいと思います。

皆様も、どうか良いお年を・・・・

そして来年もよろしくお願い致します。

コメント

もうすぐ冬至

2013年12月17日 | 12~2月の空
日の出が遅くなり、日の暮れが早くなりましたね。

朝、ちょっと早起きすると薄暗いですものね。
買い物に出て立ち話などしていると、日が暮れかけて、足もとから寒さが這い上がってきます。

この写真は、日の出前です。
夏よりは2時間くらい遅いです。
お日さまが顔をだす場所も、夏よりはずっと南寄りで、季節の変化を実感します。

そして、空も冬の色・・・


今年は色々なことがありました。
中でも悲しかったのはたった一人の母方の叔母が旅立ったことでした。
最後の叔母でした。

そして、12月には二人目の孫が生まれて。
これからの時代を考えるとなんだか不憫ですが、世の動きに押しつぶされないように強く生きてほしいと思います。


寒そうな雲です。
コメント

一列に並んだ雲

2013年02月20日 | 12~2月の空
朝からずっと曇っていて、とても寒いです。
外に出るのも億劫で、部屋の中をウロウロ。  これでも少しは運動になるでしょうから。

東の空を見ると、 こんな雲が一列に並んでいました。
なんだか、飾ってあるみたいですね。

しばらく見ていると、風が強いのか、すぐに形が崩れていました。

北側の山の方は、雪時雨のようです。


小さな動物たちは、どうやって過ごしているのでしょうね?
案外、元気にかけまわってるのかな?

あなたの所はどんなお天気ですか?



クリックすると色々な人のブログが見れます
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
こちらにも楽しいブログが!
にほんブログ村 トラコミュ 自然に魅せられるブログへ自然に魅せられるブログ
コメント

寒い朝に

2013年01月16日 | 12~2月の空
冬至からもうじきに一ヶ月

日脚が僅かずつ伸びて 
日の出もほんのわずかずつ 早くなりました

それでもまだ 早起きしなくても こんな空を見ることができます

天女が舞っているような
鳳凰が羽ばたいているような
何だかとてもおめでたい気分の雲でした


もうすぐ大寒
寒さは今が一番厳しいときですね
風邪をひいてませんか?
シモヤケは出来ていませんか?

私は親指のひび割れが痛むので 毎晩オロナイン軟膏をたっぷりつけてバンドエイドで湿布をしています。
これが意外によく効くのです!



< 澄み渡る空の青さを映しつつ 硬く凍れる凍露あっぱれ >

長さが1センチほどもある 大きな凍露を発見!
明けてゆく空の色を映して 凜として存在感を示していました。




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント

何もいまごろ・・・

2013年01月14日 | 12~2月の空
とは思ったのですが、元日の写真を載せます

これ以上寝かせておくと、UPする機会はなくなりそうなので・・・

元日はよいお天気だったので、夕方になって、息子夫婦と一緒にちょこっと出かけました。

上の写真は、もう暮れていく少し前の空です。
シルエットになっている某宗教団体の建物が、なかなか良い雰囲気でしょう?


もう一枚は、ある神社の境内の焚き火です。

街中に住んでいると、焚き火なんてめったに見られません。

ゆらゆらと揺れる炎は、気持を落ち着けてくれますよね。
人間にとって、火と水は大切なものですから。

私がカメラを向けていると、火の面倒を見ていたおじいさんが、少し炎が見えるようにしてくれました。

最後にもう一枚。

これは和菓子の大好きな友人への「お年賀」なんですが、京都のお菓子です。

可愛いでしょう?

こんなのを食べながら、仲良しの友人とおしゃべりしていると、日本に生まれてよかったなあ~~なんて、思っちゃいます


コメント

いつものように

2012年02月17日 | 12~2月の空
                    今朝の7時3分の東の空

                    冬にしか見られない色をしている

                    太陽柱まではいかないけれど

                    少しだけ 光が天に向かって伸びている気配

                    そして

                    カラスが 今日の糧を求めて

                    お出かけの様子


                    いつものように

                    いつもの所から陽が昇る


                    いつもと同じということの幸せを

                    東北のみなさんに 教えてもらった

                    感謝を込めて 

                    合わせる手のひらの暖かさも ありがとうと

                    
                    彼の地も 春まだき

                    雪にうもれて暮らす方々も

                    たくさんいらっしゃる

                    冷え込む仮設住宅の朝

                    去年の今頃を思い出されて

                    涙ぐむ人も 多いはず・・・


                    ああ、せめて雪がやんで

                    暖かい光の降り注ぐ日が

                    早く来ますように

                    
                    

                                                                                   
コメント (14)