そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

チリモンブログを更新しています。

2012年08月31日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
知っている人は知っている、プチモンの中のヤドカリの大小とゾエヤかな? というものをUPしています。
こちらです

このタイプのヤドカリは他の地区ではあまり見かけないように思います。

写真を写して投稿して、さて片付けましょうと思ったら、脚が一本、ポロリと取れました
よく有ることなんですが、口惜しかったです。

コメント (2)

今日見たもの

2012年08月30日 | 昆虫&生き物
朝の草むらで。

「なんだマメコガネか」と軽く見られがちの気の毒なひとですが、よく見ればなかなかきれいじゃないですか!

メタリック青色がすばらしい!


午後、ちょっとだけ夕立。

雨が上がったので出かけると・・・

視野の中に、何かが動いている!

写真の真ん中部分に、触覚見たいなのが見えるでしょう?

はて、バッタかな?
と思ったけど、違ったようです。

愛嬌の有る顔ですねえ~


そしてこの人はお食事中。

写真を写していると、保育所帰りの子供がやってきて

「さわれる?」

「う~~ん、触れるけど、ぷにゅっとしてるのはあんまり好きじゃないんだよ」

「あはは、ぼくも!」

しかし、こんな茎の部分が美味しいのでしょうか?



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント (12)

ギマという魚をご存知でしょうか?

2012年08月27日 | 鯛のタイ・耳石・鯛の九つ道具
このお魚はギマという名前です。たぶんかなり子供だと思います。成魚は25センチくらいにもなるそうですから。

名前の由来については諸説有るようです。
気になる方は検索してみてくださいネ。

私は全然知らないお魚だったので、フグのお腹がぺちゃんこになってるのかな? と言ったら笑われました。

笑われてから調べてみたら、「フグ目」って書いてありました。
まったくのピントはずれでもないじゃないですか、ねえ!
顔つきも似ているし・・・


それはともかく、お腹の方にものすごく硬い棘があります。
向こう側にも有るので、お皿に乗せて、その棘で立たせることが出来ました!!
(お皿の直径は21,5センチです)

背中の棘も硬いです。

どうしてこんなに武装してるんでしょうねえ・・・???


この魚の「鯛のタイ」です。

カワハギのものに、少し似ていますね。


そして耳石です。


なんとも小さな耳石で、またまた息子にご厄介になりました。

だって、ご覧のように2ミリないんですもの・・・

取れた時も、ほんとにそうなのか、ただのごみなのかわからなかったのですが。耳石専門のサイト
日本産魚類耳石大図鑑で、やっと確認できました。

但し、どうも少し壊れているかもですが・・・

なんだか色々と不思議なお魚でした。
もちろん、頂き物です。


☆「鯛のタイ」や「耳石」に関して、たくさんの過去記事があります。興味の有る方はこちらへどうぞ
コメント (6)

空もまた一期一会

2012年08月25日 | 6~8月の空
今朝は家族がトンボの写真を写しに出かけるので、つられて早起きしました。

上の写真は4時46分。ようやく東の空が白み始めた頃です。
この時間の空の濃い青色は、ドーンパープルという色で、空気の澄んでいるときにしか見られないのだと知ったのは、空の写真家田中達也先生が、ほんのしばらくの間WEB上で開かれていた写真教室でのことでした。

この写真の、いちばん濃い色から少し明るくなっているあたりが、その色ではないかと思います。
心に沁みてくる大好きな色です。

今朝も、薄くですがオリオン座が写っていますね♪



そんな空に、しばし見とれているうちにも、地球は廻っています。
どんどん明るくなってきました。

ちょっと北側の空も見てきましょうかね。

北の窓から見た、東の空です。
5時11分になりました。

ちょっと障害物があって目障りですが、我慢してください。

雲のところだけ大きくしてみますね。



南の空が見えるほうのベランダに戻ってくると

秋を思わせる雲が、淡い朝色に染まっていました。


どんなにお気に入りの空も、一期一会。
もう2度と同じ風景は見られないのですねえ。


とっても涼しい風です。
せめて、昼間も30度くらいになってくれるとうれしいのですが・・・


あなたの所も、気持の良い朝でしたでしょうか?



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


コメント (14)

星座は巡り、明け方の空はもう秋です

2012年08月24日 | 6~8月の空
熱帯夜が続くけれど、朝までエヤコンを付けているのもどうかと思い4時位に切れるようにしています。

そうすると、どうしても4時半には目が覚めるので、起きだして窓を開けることになります。

涼しい風が吹いていたのでベランダに出てみると、東よりの南の空に、なんとオリオン座が輝いているではありませんか!
上の写真です。

コンデジですからすっきりとは写っていませんが、解っていただけると思います。

ああ、下界では暑い暑いと言ってても、星は巡っているのだなあ~と、少し感動しました。
これは4時30分頃のこと。


そして・・・
しばらくすると、日の出が近くなりました。

まだ姿を現していない太陽の光が、後光のように柔らかな色で差し上ってきました。
薄明光線です。
午前5時01分でした。

それから15分。
太陽はだいぶん高くなっているようで、南の空の低い所の雲も、こんな輝かしい色に染まってきました。


もう間もなく日の出でしょうね。

今日も一日、うだるような暑さが続きそうです。
がんばらなくっちゃ!!




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ



コメント (4)

わ~~ビックリ!

2012年08月22日 | 6~8月の空
日が翳ったので、すだれを上げようと北の部屋へ行きました。

すると、まあ、どうでしょう、窓いっぱいに広がる雲が!!

北から南に向かって、とても強い風が吹いているのでしょうか?
たぶん、入道雲が流されて、こんなことになったのではないかと思います。

こんな大きな雲を見たのは初めてです~~



コメント (8)

チリモンブログを更新しています

2012年08月22日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
今日は、ヤドカリのやっとそれらしい形になった頃の小さな赤ちゃんです。

写真は上のものと同じですが、こちらへ見に行っていただくと、今までに写したヤドカリの赤ちゃんの色々な写真をリンクしています。
良かったら、どうぞ見てください♪


コメント (2)

久々にチリモンブログを更新しました!(正しい内容はプチモンです)

2012年08月21日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
6月の末に鹿児島から送ってもらっていたのに、息子の婚礼などで写真が眠っていました。
いびきの音があまり高くなってきたので、意を決してUPしました

興味の有る方はどうぞご覧下さいネ。
こちらです
はじめて見る、体の丸っこいタイプのアジの仲間がありました。

コメント (2)

ガチョウの水浴び

2012年08月20日 | 昆虫&生き物
相変わらずの暑さが続きます。

みなさんお変わりありませんか?

昨日は、久しぶりに農園料理の杉五兵衛へお客様をお連れして行ってきました。

最初にカレー味の野菜がいっぱい入った大きな「お焼き」が出てきて、ビックリします。
そのうちに、カゴに盛った野菜がメインのお料理がでて、後はバイキング方式で色々と珍しいお料理が食べ放題!!

ハナオクラの酢の物が、ショリショリと口当たりが良くて、とても美味しかったです



園内には相変わらずロバが居たり



季節柄、紅白のサルスベリが元気だったり



でしたが、

池の方ではガチョウが水浴びをしていました。
木陰で、気持ちが良さそうです。


足元の石の上から落ちそうになりながら(落ちたってどうってことないですけどネ)


たぶん口の中に水が入ってるんだろうと思うのですが、

こんな具合で顔をあげてくると

翅をつくろってきれいにしていました。



わざわざ、こんなことしなくても、いつも水の中に入っているのに、ちょっと不思議でしたが、こうして細かい所まで手入れをすると、スッキリするのでしょうね?


見ている私も、少しいい気持ちになりました

コメント (2)

京都五山の送り火

2012年08月17日 | 本の紹介・その他いろいろ
出かけることの出来ない私は、京都テレビの中継で鑑賞しました。
なので、これらの写真はテレビ画面からです。(著作権侵害にはならないと思うのですが・・・?)

詳しい説明や、きれいな写真はこちらで、見せていただいてくださいね。
「五山の送り火」などと検索されても、いろいろなサイトが見られます。


さて、最初に燃え始めるのは、上の写真の、如意ケ嶽の「大文字」です。
この後、少しずつ時間をずらして点火されて、最後に全部が揃います。


次は「妙法」
私はブログにUPする都合で、二文字をくっつけてしまいましたが、実際にはかなり離れたお山に、一字ずつ現れます。


最初に文字の下絵を書かれたお坊さまが、それぞれに得意な字体で書かれたので、こんなに違う字体の2文字になったのだそうです。


その次は「舟形」です。

この船の進行方向は、西、つまり西方浄土を向いているのだとか。

お船の下の方は、手前に小さな山があるのでしょうか、ちょっと欠けて見えます。
でも、それがかえって波間に浮かんでいるイメージにつながって、趣が感じられるのではないでしょうか?


そして「左大文字」



最後に「鳥居形」が現れます。

京都テレビから、この鳥居形だけが見えにくいのだそうです。
でも、鳥居の形だとわかりますものね。

この鳥居型、今年は東北の大震災でなくなられた方々の魂をお慰めするために、いつもより長い時間燃やされたのだそうです。


多くの方々が願いや想いを書き込まれた護摩木が燃されているのだ思うと、炎の一つ一つが心に染み渡りました。


今日も京都は格別の暑さのようですが、送り火が終わればもう秋。

また一年、がんばって生き抜こうと、気持を引き締めておられることでしょう。
大きな年中行事は、生活の中で気持を支えてくれる存在であると、「岸和田っ子・だんじり娘」の私は知っています!!

コメント (14)