そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

影のすがた しばし留めむ

2017年12月25日 | 影を楽しむ
        おひさまの ちからは すごい
 
        ほんの はかなげな ものでも

        おひさまにてらされると

        かげができる
      
        ゆびさきがふれたら すっときえてしまう 

        くさのはのうえの みずたまさえ

        こんなきれいな かげをうつすんだよ


        ほらね ひとつ ひとつの みずたまのなかに
   
        おひさまが かがやいているよ

        うちゅうに ひとつしかない おひさまなのに



        しずかな みなもに

        はっぱが おちてきて はもんがひろがる

        そんな ささやかなうごきも

        おひさまとであうと かげができる


        あさはやく
   
        くるまのうえにおかれた しものひとひら

        そこにも あさひの ひかりがさすと

        ほら こんなかげが・・・

        よくみないと みえないくらいだけど


私は影が好きです。儚いけれど、たしかに今そこににある影。

その姿を留めておきたくて、思わずシャッターを押す。

すると、そこに確かな影の姿が残る。

なんだかとてもうれしい瞬間。





にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (8)

楽しいペーパーウエイト

2012年03月29日 | 影を楽しむ
息子に、仕事がらみでちょっとめでたいことがあったので、記念にこんなものをプレゼントしました。
ガラス製の文鎮です。

久保裕子さんという方の作品で、富山県の日の出ガラス工芸社というところで作られています。

「手のひらサイズの小さな自然の世界・夏の状景を楽しむ」というキャッチフレーズが付いていました。


斜め上から光が当たると、上の写真のようにさざなみ模様があらわれます。
まるで、本当に水の中にお魚がいるみたいでしょう?!
泳いでいるのはメダカとヒブナです。


日陰では可愛いけれど平凡です。

この違いが楽しいですね。


この方の作品は、どれもほのぼのと、しています。
ご覧になり方はこちらでどうぞ
このペーパ^ウエイトも、もっときれいな写真でご覧いただけますよ

コメント (12)

水鏡

2009年11月20日 | 影を楽しむ
息子の職場にある養魚池の、水面に写る秋模様。
青空だけだとつまらないので、雲が流れてくるのを待ちました。

そして

なよなよとしたコスモスが、木に寄りかかってるだけなのですが、まるで木に名かが咲いているようでおもしろかったので。。。
コメント (13)

水鏡

2009年08月19日 | 影を楽しむ
暑い日だったのですが、秋を思わせる雲も出ていて、一瞬太陽に光環ができて水槽の水に映っていました。

雲のもこもこが、お菓子みたいでおいしそうでしょ?


ちょっと離れた所に、池があります。
覚えていらっしゃる方もおいでかもしれませんね?
メタセコイヤが生い茂る中に、静かなたたずまいで小さな空を写しているあの池です。

手前に見えている茶色のこぶのようなのは、ラクウショウ(ヌマスギ)の根が土より上に伸びてきたもので気根(きこん)といいます。
ここでも呼吸をしているそうです。

色んな形をしていて面白いのですが、うっかりするとつまずくので、池のそばでは油断が出来ません。


同じ池の少し奥です。

池の向こうの方にピンクと白の夾竹桃の花が咲いているのです。
それが映って、鯉が泳いできた時の波でゆれて、こんなふうに見えています。


一番奥にはスイレンが植わっています。
陽が当たらない場所なので、花はほとんど咲きません。
茂った葉の間に映る木を見ていると、とても深い池のように思えてきます。



水滴も同じですが、表面に写っているだけなのに奥行きを感じさせる光の魔法は、見飽きることがありません。




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (8)

来週は日食がありますね

2009年07月15日 | 影を楽しむ
この写真は、毎日見ている普通の木漏れ日です。
影が丸いでしょう?

これが、部分日食の時は太陽が欠けているのと同じような形の木漏れ日が見れます。
とても面白いです。

前に見たときの写真をなくしてしまったので、検索で探してみましたらこんなのが見つかりました。
部分日食の時の影の出来方
木漏れ日ではないので、ちょっと残念ですが参考になると思います。

こんな仕掛けを作らなくても、木陰に入って木漏れ日を見るだけでも楽しいです。

もしお天気に恵まれて、お時間がありましたら、三日月形の木漏れ日をぜひお楽しみください♪


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (13)

空と水面(みなも)と

2008年09月22日 | 影を楽しむ
モクマオウの葉っぱの間から見上げた空を行く雲です。
モクマオウってご存知ですか?

遠くから見ていると、枝垂れ松葉(そんなものはないのですが)を想像してしまいます。
こんな枝振りなんです。

小さなマツボックリのような実がたくさん出来て、とても楽しい木です♪


何度もお見せしているので、お馴染みの方もいらっしゃると思います。
メタセコイヤの木が生い茂る木立の中に、小さな池があります。

コイがゆっくりと泳いで、静かな水面にときおり波紋がひろがります。

木立の中をコイが泳いでいる、不思議な風景・・・


これはいかがでしょう?

「写真の上下が逆じゃない?」

うふふ、これも水鏡のいたずらなんです。
何かの葉っぱが浮かんでいるし、出前の方にはアメンボがいるでしょう?



他にも、水辺の植物のお花など色々あるので、また見てくださいね。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

にほんブログ村 トラコミュ 身近な自然からの便りへ身近な自然からの便り
どうぞ、のぞきに来てください♪
そして、あなたもTBなさってくださいね♪
コメント (14)

しばしの憩い

2008年08月27日 | 影を楽しむ
水面の風景に心惹かれるようになって、写しためた写真がかなりの枚数になりました。

水面のわずかな揺らぎが、風景をじかに見るのとはまた違ったイメージを作っているように感じます。


この流れは人工の水路ですが、所々に大小の石を積んであるので、面白い水模様が見られました。


写真のサイズがいつもより大きいので、全部を見られない方もいらっしゃると思います。
でも、大丈夫です!
私が一番お見せしたかったのは、真ん中の細かな波紋の部分なんですから。

光と水が織り上げる透明な織物に、しばし見とれて時間を忘れました。



やがて秋が来ると、色づいた葉っぱが流れてきたり、沈み込んで、彩りを見せてくれるのが楽しみです。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

こんな所ものぞいてみられませんか?
にほんブログ村 トラコミュ 水の表情へ水の表情

みなさんが大好きな水滴の写真も、たくさん見られますよ!

コメント (12)

スポットライトを浴びたスターたち

2007年09月17日 | 影を楽しむ
スポットライトを浴びて、ミッキーマウスが唄っています♪

夏の朝日の強い光が、くっきりした影を作ったようです。
ほんとうは何の影だと思います?

そうです、影のもとになっているのはツユクサでした~


そのそばに止まって、じっと光を浴びていたのはハエ。

タダのハエですが、翅の影が気に入って写してみました。

光が強いので、触角や脚の毛まで、ちゃんと影が写っています。

ハエの脚の先って面白い形ですね。地下足袋を履いているみたいです。
これで張り付くから、滑り落ちないのですね。

あれ、もしかしてこれってアブでしょうか?
ハエとアブの違いがわからないどんぐり屋でした

↓のコメントで、mayobikiさんときのこ山書房さんが「センチニクバエ」と教えてくださいました。




これはスポットライトではないですが、普段は写らないところに突然映し出された空。

場所はどこだと思われますか?

いつもはお布団を干している、ベランダの手すりの上なんです。
丸い手すりなのでカーブしているのですが、夕立の直後、まだ濡れている時に見えた風景です。

写っているのは、横に生えているフウセンカズラと空。


最後は別の日です。

夕陽が草の間から照らして写した、ヤブガラシの葉の影です。

これはスポットライトの中・・・

影は、普段は見れない、物の姿。
やっぱり「光はマジシャン」ですね!




よかったら、こちらへもどうぞ!
にほんブログ村 トラコミュ 身近な自然からの便りへ身近な自然からの便り

コメント (17)

不思議な風景

2007年07月25日 | 影を楽しむ
そうです、冷水ポットの表面に、外の景色が映っているのです。

梅雨あけの、気持ちのいい青空が映っています。


ところが・・・・同じような景色が二つ並んでいて、
向かって左は、風景がそのままに写り、空が上になっています。
右側は、上下半分ずつに分かれているようで、空と雲が上下で「こんにちは♪」となっているのです。

何故なのでしょう?
真っ直ぐな「平面」でなく、少しカーブが有るせいなのだろうと思いますが、左右の映り方の違いが、わたしには解らないのです。

どなたか教えてくださいませんか?
コメント (15)

閑だったので・・・

2007年02月21日 | 影を楽しむ
春の季語の中に「石鹸玉」というのが目に止まりました。
はて? 何のことだろうと思って読んでみると、な~んだ「シャボンダマ」でした。

そういえば、昔は石鹸水を自分で作って、シャボンダマ遊びをしたんですよね。
石鹸水が薄すぎると、ふくらまずにボタっと落ちるのが悲しかったっけ。

今は合成洗剤のようなのが原料で、たくさんのシャボンダマが一度に出てくるようになっていますね。

手元に液があったので、吹いてみました。
でも・・・シャボンダマを吹いてそれを写真に写すという作業を、一人でやるのは無理でした
つまらないので、これは中止。

< 石鹸玉ならぬ洗剤玉を吹く >


暖かいので外に出てみることにしました。

始めに出会ったのはネコ。

いい気持ちそうに寝ていたのを起こしてしまいました。
「あ~~っよく寝た。。。」

怪しい奴かどうか、私をじっと観察しています。

一触即発の危機でしたが、無事に通過

< 昼寝ネコ起こして機嫌うかがって >



少し歩くと、足元にきれいな影が見つかりました。

レースをはめ込んであるような枯れ葉です。

< 虫食いの穴の影絵のおもしろさ > 


その横には、水仙が・・・


水仙の香りは、幼い日の思い出を運んでくれます。

<「咲いていたよ」手渡す花に目を細め 
            父は手袋脱いで受け取る >



お花がお好きな方は、よかったらどうぞ。
にほんブログ村 花ブログへ
こちらは自然写真です。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ

コメント (17)