そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

園芸店の早春賦

2016年01月31日 | 霜・氷・雪
氷の山です!
うふふ、そんなわけないですよね。

園芸店の裏にあったバケツに氷がはっていたので、そっと押してみると動くので持ち上げたら、壊れちゃいました。
そしてこんなのが残ったというわけです。
ちょっとお山のような形でしょ?

色々なものがある大規模なお店なんです。

小さな蓮池もありますが、今は枯れ果てて、見る影もありません。
でも、そこにはこんな面白い模様の氷が・・・

なんだかよくわからない模様ですが、カチンコチンの氷なんですよ。

写真を写すのにそっ~~と乗っかって見ましたが、まったく大丈夫でした!!


そして奥の方に積み上げられて傾いていた植木鉢に、こんなウメの花が。

売り物にはならないのでしょうが、そんなことにはお構いなく、可憐な花をつけて。
まさに『置かれた場所で咲きなさい』(渡辺和子さん)の精神ですね。

紅梅の華やかさは無いですが、精一杯に花開いている姿が、元気をくれました!




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント (4)

あかるい空に

2016年01月27日 | きれいな空と雲
昨日とはうって変わった春のような青空の一日。

雪が降った後は、空気中のチリが少なくなっているみたいですね。

そんな空に、ほんの短い時間でしたが、きれいな雲が見られました。

この部分だけ、冷たい空気が残っていたのでしょうか・・・

西風に吹かれて東の空へ流れて行きながら形が崩れて、やがて消えてしまいました。

楽しい気分の数分間、夢を見ているような気分でした        
コメント (4)

地域限定の雪の置きみやげ

2016年01月26日 | 霜・氷・雪
「雪が積もってるよ~!!」という息子からのメールに起こされて、カーテンを開けると、久しぶりの白い世界。

お向かいの学校のプールにも氷が浮かんでいます。


窓から見えた不思議な模様は、タイヤの跡?

それにしては、どういう状況なんでしょうねえ??


外に出て、雪ウサギを作ろうとしたら、両手でとらえた雪は指の間からさらさらと・・・
珍しいほどのパウダースノーでした。

なのでウサギはあきらめて、凍露(とうろ)や、氷を探すことにしました。


これは、小さな花壇を作っている友人が、切り株に生えたサルノコシカケの下に植え込んでいるユキノシタです。

サルノコシカケの上には雪が積もって、これぞ正真正銘の雪の下!

この上の方にはナンテンが枝を伸ばしています。
そこに出来た小さなツララ。



そしてあちらこちらに出来ている凍露たち。こんなのが見られるということは、雪が一度溶けかけて、でも早朝の冷え込みでまた凍ったのでしょうね。
凍ってくれてありがとう






これは木の枝ではなくて、駐車場のフェンスの一番上の所に出来ていました。
よく晴れて真っ青な空が、凍露にも映っています。


上ばかり見ていたので、ふと視線を下に落とすと、地上すれすれのところに映えている枝に、すけすけになった葉っぱがあって、その上にも雪が・・・




今日の雪は地域限定だったようで、少し離れた場所では「雪なんて積もってないよ」とのことでした。
何だかとても得した気分です




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




コメント (2)

チョコ募金にご協力ください!!

2016年01月22日 | 本の紹介・その他いろいろ
JIM-netのチョコ募金が、ここに来て少し売れ行きが止まっているそうです。

バレンタインデーも近いので、ぜひお買い上げをお願いします。

もちろんネットで買えます。

詳しくはこちらで

六花亭の美味しいチョコです。
利益ゼロでご協力くださっています。

どうかよろしくお願いいたします



コメント (2)

朝10時過ぎの幻日!

2016年01月22日 | 虹・彩雲・アーク
遅めに起きたので、洗濯物を干すのが10時過ぎになってしまいました。
でも、いいお天気なので「まあいいか~」とベランダへ。

日焼け防止用に大き目のサンバイサーをかぶっているのですが、それを通して見上げた空に、
小さいけれど、なんともいえないきれいな色の「幻日」が!!

ビックリしました。
だってこんな時間に・・・ねえ。

カメラを取りに行っているうちに雲が移動して、現場に戻ったときは青空が広がるばかり。
とってもがっかりしましたが、小さな薄めの雲が周囲に点々とありましたので、再度チャンスを待つことにしました。

その間に洗濯物は無事に干せました。

待つうちにやって来ましたよ~ かわいい雲が!!
そして写せたのがこの写真です。
色が薄かったのと、周りが明るすぎたので、マイナス1の補正です。

こんな時間に見れるとは思っていなかったので、とてもうれしい空からのプレゼントでした。

この後はずっと快晴が続いたので、ホントに一瞬の出会い。

まぶしい空でしたから、サンバイザーをかぶっていなかったら、きっと気がつかなかったでしょう





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


コメント

公園での???

2016年01月19日 | 12~2月の草木
公園の横をバスで通るたびに、気になっていたものがあります。
上の写真です。

どうもヤドリギみたいですが、公園のだいぶん奥の方なので、はっきりしませんでした。
そばへ行って見なければと気になっていたのですが、時間がなくてそのままになっていました。

やっと見て来ましたが、こんな感じでした。

やっぱりヤドリギでしょうね?

検索してみると、こんな説明もありました。
>落葉樹の木に寄生し、その幹から養分などを吸い取って生息する。
 冬、落葉したあとで、ヤドリギの丸っこい茂みが目立つことがある。

まさにその通りです。
今までは木が茂っていたので、目に付かなかったのでしょう。


この写真を写してから、公園の入り口の方へ戻ってくると、ソテツの木がいくつもありました。
実を捜してみましたが、まだ若い木のようで一つも見つかりませんでした。

ちょっとがっかりして帰ろうとしていたら、こんな葉が・・・

え~~っ、斑入りのソテツ?
そんなの聞いたことがありませんよねえ。

それで、足場が悪かったけれどそばへ行って見ました。

そしたら、なんのことはない、他の上の方にある葉の木漏れ日が、こんな模様を作っていただけでした
これまたガッカリ、、、

でも、そばにあった葉っぱに、こんな模様を発見。

何の都合でこうなったのか?
私にはわかりませんが、きれいな模様でした。

寒かったですが、ヤドリギのナゾも解けましたし、珍しいもの見たしで、公園に入って行った甲斐がありました。




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ


コメント (11)

身近なマンホール・2

2016年01月16日 | マンホールなどの蓋
富田林市と大阪狭山市はお隣同士です。
なので歩いていると、思わぬところで大阪狭山市のマンホがあったりなんかするのです。

上の写真のはおなじみのデザインですが、色が付いてるので、目に付き易いです。
市の花であるツツジがあしらわれています。


道路の敷石を取り込んでデザインされているのもありました。


これはちょっと気になったのですが、

盲人の方用の黄色いタイルの上に乗っかっているのですが、これってかまわないのでしょうか?

そして消火栓。


黄色で囲んでないのもあります。



最後にこれは富田林ですが、マンホールの脇に方角が刻まれています。

北だけですが、初めて歩く時に方角が判ると、地図と比べられるので、助かりますね。






コメント (4)

身近なマンホール・その1

2016年01月13日 | 富田林に来て初めて見たもの
所変れば何とやら・・・といいますが、引っ越してきてそれを実感したのがマンホールでした。

もちろん、ごく普通のもたくさんあるのですが、それでもここにご紹介するようなのが、しばしば見られます。

上の写真はわりに珍しいですが、こんなのもあります。


よく似たタイプですが、

この二つは、しばしば見かけます。


そしてこれは

バス通りにあるごく普通のマンホールです。

山を削ったりして建てられている団地ですが、池などもあった地域で、地盤が沈下し易いのでしょうか?
なんとなく心配です・・・



コメント (6)

食べ物を無駄にしないステキな活動にご参加を!!

2016年01月07日 | 本の紹介・その他いろいろ
食べ物が余って困っている人、食べるものが無くてお腹がすいて死にそうな人・・・
その中を取り持って、余って困っている食べ物を、足りなくて困っている人のところへ届けるという活動をしている団体をご存知でしょうか?

フードドライブ」といいます。
詳しいことは、この記事の最後にURLを載せますので、ご覧くださいね。

日本の食品のロスは毎年600万トン以上あるとか。
捨てるのは気がひけるけれど、さりとて少量なので寄付する所も判らないし・・・
もしそんなお宅がありましたら、宅配便で送れば良いので、ご協力をお勧めします。

詳しくは下記URLに書かれていますが、
賞味期限が明記され、かつ一ヶ月以上の猶予があり、未開封であることが条件。
割れる可能性のある瓶詰めもダメ。
など、いくつかの条件もあります。

外国では盛んに活動されている団体もあるようですが、日本ではまだまだ知られていません。
私も先日新聞で紹介記事を見るまで、まったく知りませんでした。

缶詰一個からでも良いので、食べ物の募金活動と思って、多くの人に参加して欲しい」と「セカンドハーベスト・ジャパン」の主宰者の方がおっしゃっていました。
米・パスタ・麺などや、お茶・飲料の缶詰・調味料なども喜ばれるそうです。

缶詰一個でもかまわないというのが、気軽に参加できる気持ちにさせてくれますね!!


色々な参加のしかたがありますので、ぜひご覧になってみてください。
こちらです

お休みの日に届かないようにしてほしい等のお願い事項がありますので、お互いに気をつけたいですね。


コメント (4)

新年のご挨拶を申し上げます

2016年01月02日 | 霜・氷・雪
年改まって2日目、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今年もどうかよろしくお願いいたします。

この写真は、今からちょうど10年前のブログに載せたものですが、一片の雪にも、日が当たれば影が出来ることを知って、とても驚いたときの写真です。

その時は、ベランダに出て手すりに舞い降りてくる雪の形を撮りたくて、がんばっていました。
その時間の中で、ふわっつと一片の雪が舞い降りてきたその瞬間に、雪雲の切れ目からお日さまの光がさしました。なんというタイミングのよさ!

当たり前のことなのでしょうが、ひとひらの雪がそれなりに形を保って舞い降りてくる、そんなことは暖かい大阪ではなかなかありません。
そのめったに無いところに、太陽の光が当たるなどということも、まずありません。

偶然の空からのプレゼントが重なっての、初体験だったというわけです!

懐かしい、忘れがたい思い出の一つです。

今年はこの地で、雪が見れるでしょうか・・・


写真一枚は寂しいので、これからの季節にしか見れないものを。



2枚とも「凍露」です。
冷え込んだ早朝に、霜を写しに出て、足元の草むらに視線を落とすと見ることが出来ます。

朝露が冷気で氷になっているのです。

触っても、水滴のように壊れませんので、持ち帰って冷凍庫に保存できますよ~



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント (12)