そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

久しぶりの彩雲が!

2010年02月26日 | 虹・彩雲・アーク
昨日のお昼ごろのことでした。

洗濯物を干しにベランダへ出ようとして、何気なく見上げた空に、肉眼でもそれと判る良い色が見えているではありませんか。
やった~!!

こんな色でした。
もっと広い範囲に見えていたのですが、一番きれいな部分をカットしてみました。
太陽のほんの近くだったので、-1,3もの補正をしています。

風が強くて雲がどんどん動いていたので、こんな特別にきれいな色が見えたのは、たったの2秒ほどのことです。



直接は見れませんから、モニター上で、刻々と変化している色を楽しんでいると、飛行機が飛んできました。

彩雲を横切る飛行機雲の影が、写っているのが見えました。
これも写しておかなくちゃ!

ほんとうは、飛行機雲の彩雲を見たいのですが、それはまだこれからの楽しみのようです。

この後は、急速に雲が広がって厚くなり、すっかり曇ってしまいました。
さっきまできれいな色が見えていたなんて、信じられないくらい・・・




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
コメント (12)

水の春

2010年02月24日 | 風景写真 &葉っぱの姿
あたたかく柔らかな日差しの中をゆく水は、キラキラと輝いています。

春の季語の中で
「水ぬるむ」というのは、いかにも春の喜びがあふれていて、聞くだけで心が弾むようですね。
それにくらべて「水の春」というのは、あまり聞きなれないですが、これもまた優しさあふれる季語の一つと思います。



< 水の春 ゆれる落ち葉とドングリと >

去年の秋に川岸の木から落ちたどんぐりが、水の中に沈んだままで冬を越しました。

どんぐりが石に張り付いている落ち葉に話しかけています。

「落ち葉くん やっと少しだけ暖かくなったね」

「うん、光がまぶしいよ」

「僕たち、これからどこかへ行けるのかなあ?」

「そのうちにここのお掃除があるから、きっと外に出られるよ!」


そうなんです。 
この水路は時々水を止めて、お掃除します。
そのときに、溜まっている落ち葉と一緒に、どこかへ連れて行ってもらえるでしょう。





流れる水は、光とたわむれて、表情を変えてゆきます。

いちど、水の中から空を見上げてみたいものですね。



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
コメント (14)

森にも春が♪

2010年02月22日 | マクロで写す雑草や昆虫など
私の住んでいる森(?)にも、ようやく春らしい気配が感じられるようになってきました。
今日は良いお天気です。
病院へ定期検査の結果を聞きに行った帰り、この春初めて見るものをいっぱい発見♪

まずは、ナナホシテントウです。
どこかで越冬していたのが、暖かさにつられて姿を現したようです。



そして、これも越冬したウラギンシジミが。

いつもの小さな水路を覗き込んだら、何か白いものが。

まさかチョウが居るなんて思っても見なかったので、驚きました。

越冬から目覚めて飛んではみたけれど、まだ力が出なかったのでしょうか?
かろうじて苔につかまっているので、かろうじて水面に落ちずに居ます。

でも、夜はまだまだ冷え込むので、大丈夫なのでしょうか・・・?
とても心配です。




そういえば、そろそろツクシも出ているはず。

いつも、春一番に姿を見せてくれるヒミツの場所があるので、行ってみました。

ありましたよ~枯れ葉をかき分けて、頭を出しています♪

右の方に細く見えているのは、スギナの芽です。
今ごろだと、摘んで佃煮にすると美味しいです。



これはトウカエデの新芽です。

新芽が顔を出して、展葉(てんよう)を終えたばかりの姿です。

とても新鮮な色。
葉っぱの赤ちゃんって感じですね。



そして、花を咲かせ始めたお馴染みの草たちです。

誰でもご存知、オオイヌノフグリ

他にも、星の瞳、瑠璃唐草などの呼び名が・・・
どの名前がいいかしら?

この写真のは、もしかすると花の大きさがやや大きいタイプかもしれません。



こちらは日本産のイヌノフグリです。

小さくて地味な色なので、もしその辺に咲いていたら見落としてしまいそう。
今年で三年目、プランターで元気よく育っています。



最後にこれなんですが・・・

私はずっとキウリグサと思い込んでいました。

この場所で、毎年他より早く咲き始めるのです。
今年も咲いていました。

で、写してきてビックリ。
よく見れば、花の真ん中が黄色くないのです。

つまりはハナイバナ!!
そういえば、蕾の様子もキウリグサなら「サソリ型の花序」と呼ばれる形をしているはずなのですが、これはサソリの尻尾のようにクルリと巻き込んでいません。

キウリグサとハナイバナの違い、以前の記事に詳しいのでこちらをご覧下さいね。


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
コメント (12)

苦しい時をプラスに変える力を

2010年02月19日 | 12~2月の草木
まずは紅白の梅をお祝いに。


紅梅



そして白梅

白梅の後姿のガクの色合いが、私はとても好きです。



試合が終わった後のインタビューの中で彼は、過去の怪我に触れて、
「この怪我は、きっと自分のこれからにプラスになると信じてきました。あの怪我は、確かに今日につながったと思っています!!」
という意味のことを言っていました。

つらさ、苦しさ、悲しさというマイナスの出来事に出会ったときに、このことはきっと自分の今後にプラスをもたらすと信じること、とても大切です


さらにすごいのは『五体不満足』(講談社)の乙武洋匡さんです!!
「自分にマイナスの事態が起きたら、絶対にこれは自分のためになると信じているのです」と書いておられるのを、新聞で読んだことがあります。(07年9月30日・朝日新聞)

さらに、
「手と足がないという状況は客観的に見ればかなりの人生のマイナスかも知れない。
でも、そうではなく、たぶんこれには意味があると考えたのです。
僕の人生をものすごく豊かにする意味があるはずだ。では、それはなにか。
20歳くらいからずっとそう考えていますね」
とも仰っています。


泣くのもいい、苦しむのもいい
人間だもの・・・

でも、流した涙を糧に 一歩前へ。
これはきっと自分の今後にプラスになると信じて!!


高橋選手、おめでとうございます!
そして織田選手、木塚選手、バンクーバーに来れなかった方々も、明日を信じてご精進をお続け下さいね。
いつか、自分にとって最高の日が来ることを信じて

そして、そして乙武さん、これからも素晴らしい人生を歩いていかれると、信じています。
あなたは、私たちの、大きな大きな灯火です
コメント (9)

お金で買えないよ!

2010年02月17日 | ポエム&好きな言葉
            お弁当を毎日作ってきた

            もう何十年も
            
            その時間を全部足したら

            いったいどれくらいになるかしら?

            
            私の命の持ち時間の 

            全部の中では

            ほんのわずかかもしれないけれど

            きっと

            計算したらビックリするような時間数だと思う





「お弁当には、作った人の命が詰め込まれています」と書いてあるのを読みました。
ちょっと大げさじゃない?
と思いましたが・・・・


一日の中の、ほんの30分ほどでしかないけれど、積み重ねれば、きっとすごい時間数

もしかしたら手抜きの日も多いけれど、食べる人の好みや体調を考えて、季節や彩りも考えて、作りますよね

お弁当の中身はお金で買えます。
でも、組み合わせを考えるのは私の愛情です、たぶん。
これはコンビニやスーパーには売ってません

手作りのお弁当、
私は料理が下手だから美味しくない日だってあるだろうに、
毎日きれいに食べてくれてありがとう。


お昼にはお弁当を食べて
午後はまた仕事をがんばってくれてる。
その姿を、ときどき想像したりして、また明日の献立を考える・・・

私は体に故障を抱えているので、毎朝、お弁当作りを終えるとホッとします。
ああ、今日も無事にお弁当を作れたと


ネコヤナギの花言葉<努力が報われる>
コメント (14)

大きな目玉?!

2010年02月15日 | 太陽の姿・太陽柱
日曜日なのでゆっくり起きました。

カーテンを開けて空を見ると、全体に薄い雲が広がっているので、もしかすると日暈くらいは見れるかもしれません。
しばらく気にしていると、竹薮の上の方に何やら見え始めました。

おっ、カメラ、カメラ!!
こんな空を写すのは、ニコンのクールピクス8400という、めちゃ古いカメラが一番なのです。

やがてきれいな丸い暈になりました。
なんと暈の上と下にアークのおまけ付きです。
消え残っていた飛行機雲が、その暈の輪を貫くように見えます。


空の高い所では、六角や平板の氷の粒が、様々に組み合わさって並んでいるのでしょうねえ・・・
幻日も右側に現れました。


やがて右の幻日はうすれて、今度は左側に現れました。



それからは次第に消えて行きましたが、下部ラテラルアークの部分だけ、かなり長い時間消え残っていました。


現れ始めも、この部分からだったのです。


久々に見れて、ちょっとうれしい、ひと時でした


06年の1月にも、これと同じようでもっと素晴らしいのを見ています。
空の専門家に「これは一生に一度見れるかどうかという、素晴らしい現象ですよ~!」といっていただきました。
以前にご覧いただけてない方は、是非こちらも見てくださいね

その続きの下部ラテラルアークも、よかったらどうぞ。





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
コメント (11)

ハートがいっぱい♪

2010年02月12日 | 本の紹介・その他いろいろ
              バレンタインデーって知ってる?

              知ってるよ~チョコレートをもらえる日だろ!

              

              森の中でも、色んな話題が飛び交って、にぎやかです


              でも森にはお菓子屋さんがありません。

              なので、みんなは

              チョコレートではなしに

              ハート型のものを探して

              大好きなお友達にプレゼントするのです



              最初に見つかったのは

              カタバミの葉っぱ

              なるほど ハート型ですね!

              そしてきれいな滴が キラリ

              おひさまからの贈り物



              そうそう 森の奥のほうには

              雪や氷が まだ残ってるはずだよね

              あそこでも探してみよう!



              あった、あった こんなのが




              あっ、こんなのも♪

">



              そしてね、こんな楽しい落し物も 

              見つかったんだって!

          
              だれです、こんな大事なものを落としたのは!!

これは、森ではとってもめずらしいので、みんなで仲良くわけわけするんですって



↑これは、今年の「イラクの白血病の子どもたちを救うための募金」のチョコです。
私も買いました。
イラクの子どもたちが描いた絵の入っている缶に入っています。

北海道の六花亭のなので、きっと美味しいと思います


にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
コメント (13)

何が入っているでしょう?

2010年02月10日 | 本の紹介・その他いろいろ
以前にもお見せしたことがあるので、覚えていて下さる方も?


そうです、中に入っているのは、折り紙のお雛さま!
もちろん手作りです。



他にも手作りのお雛さまがいくつかありますが、そこに今年はこんなのが仲間入り。

手先の器用な方が、作ってくれました。

お雛さまの体、何で出来ていると思います?
なんと、写真のフイルムの容器なんです!
思いがけなくて、ビックリ!

お雛さまが乗っている台も、お菓子の空き箱です。

そして、ぼんぼりも手作り。
フエルトにきれいな刺繍が入っています。


これを下さった友人は、ご主人がお体を悪くされて、その介護のかたわらでこのように手芸を楽しまれています。
趣味を持つことのねうち、しみじみと感じます。


そして息子が買ってきてくれた、おひな菓子です。


お茶をたてますので、あなたもご一緒にいかがですか?


< 遠き日の想い出胸に ひな飾る >


他の色んなお雛さまはこちらに。一昨年の記事ですが良かったらご覧下さいね
コメント (9)

ささやかに雪が・・・

2010年02月08日 | 霜・氷・雪
ドングリが雪に埋もれている姿を見たくて、探し回りました。
やっと見つけた!

とても冷たそうだね、もうすぐ日が当たってくるから、それまでがんばってね。



向こうの植え込みのカンツバキの花も、きっと震えているよ。励ましに行かなくては!

うわ~これは冷たそう。
花びらが、きっととしびれてるよね。
もうちょっとの辛抱だからね!



おや?
車のフロントガラスに、珍しい模様が・・・

これの周りはまだ雪が張り付いているのですが、溶けてしまっている部分には、なんとこんな模様が張り付いていました。
初めてみる光景です。

雪の名残?  
いいえ、そうではなさそうですよ。

じゃあ、霜の結晶?
う~ん、それにしては、いつも見慣れてるのと違う模様・・・


ちょっと一部を大きくしてみました。

やっぱり霜なんでしょうか?



感心して見とれているうちに時間が経って、日向ではすっかり雪も溶けてしまいました。

スギゴケの上に、雪の名残を乗っけたドングリが。
きっと、ホッとしてるにちがいありません。

「ふ~~だいぶん暖かくなってきたよ♪」



そのそばには、誰かが落としていった羽根の上に、大きな水玉が。

雪が溶けて、水に戻ったんですね。
ずっしりと重そうです。
ちょこっと青空が映っていました。


こうしてすぐに溶けてしまったので、ゆっくり起きてきた人は、夕べは雨が降ったのだなと思ったことでしょう。
あ~~あ、あと一時間早く起きていたらなあ・・・・



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へにほんブログ村
コメント (13)

NHKラジオの番組、鎌田實「命の対話」をご存知ですか?

2010年02月06日 | 本の紹介・その他いろいろ
ホスト役は、あの鎌田實さんで、司会はNHKの村上信夫アナウンサーです(ラジオビタミンを通じてファンの方もいらっしゃるのでは?)。

毎回テーマを儲けて、命について色んな角度から優しく、温かく、楽しく語り合います。
感じることの多い、でも堅苦しくなく、涙もあるけれど、笑いもあふれるステキな番組です♪


公開放送が始まってもう5年になるのですが、毎回迎えられるゲストも多彩で、今回は堀江謙一さん、田部井淳子さん、シンガーソングライターのリピート山中さんの3人です。

今回のテーマは「命の冒険」
さて、どんな内容になるのでしょう?

放送時間や今回のゲストのご紹介はこちらでご覧下さい。
コメント