そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

どんぐり事情

2019年10月29日 | 9~11月の草木
いつも歩くフェンスの向こうに、大きなドングリの木があります。
シラカシ?

まだおおかたは青いのですが、少しずつ色づきはじめました。

強い風の吹いた翌朝など、舗道の方にまでたくさん転がっています。
もちろん歩道にも。
サクラの紅葉など見上げながら、ぼんやり歩いていると、ときたますべりそうになって「ウッ!」

「ドングリ注意」などと、立て札が要りそうですよ。

枚方に居たときのように、たくさんの種類は無理ですが、しばらくどんぐり屋は商売繁盛の季節です!




にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (2)

久しぶりにアクセサリーを買いました♪

2019年10月26日 | どんぐり屋のつぶやき
歳を重ねて、もう新しいアクセサリーは買わないと決めていたのに・・・とうとう買っちゃいましたよ~
これ、材料は何だと思います?

ショーウインドウの中に飾られているのを、ためつすがめつ長い時間眺めていました。
でも、何で出来ているのか解りません。う~~~ん・・・

あまり長い時間眺めていたので、とうとう知り合いの店員さんが出てきました。

「ずいぶんお気に入りのようですね?」
「ふふふ!! でも、何で出来てるのですか?」
「何と思います?」
「そうやね~何かの骨を加工してるのかな?」
しばし、店員さん沈黙。
ニヤニヤしています!

とうとう、耐えかねた私「もう! もったいぶってないで教えて!」

「これはね、ちょっと想像がつかないかも・・・
シカの角の輪切りにしたものなんです!!」(これについての詳しい説明を、コメント欄に「小坊主さん」が書き込んでくださいました。なるほどと、思えます。ぜひお読みください!)

びっくりでした。

大きい写真を

そして革紐も鹿の皮を編んでいるのだとか。

最近は鹿の害が増えて、困っている人々も多いとか聞きます。
なので鹿肉料理も増えてきました。
でも、角のペンダントというのは、私は初めて見ました

年金暮らしの私にはちょっと高かったのですが、ちょうどそのお店で貰った「お誕生日おめでとう」のチケットがあったので、それを使って少し安くしていただいて買っちゃった、というわけです。

気に入ったので、毎日のように首にかけています

何だか人気商品らしく、同じモノはないけれど、鹿の角細工のペンダントは入荷したらすぐに売れていくとか!
どこかで、これを身に付けている人と出会わないかな~~
コメント (12)

中秋の落ち葉事情

2019年10月24日 | 9~11月の草木
相変わらず,気温は安定しなくて体が悲鳴をあげていますが、それでも季節は少しずつ進んでいます。

私の周辺(大阪府中部)でも、歩道にはいろいろな色の落ち葉が散り敷いて、毎日歩くのが楽しみです

上の写真は街路樹のトウカエデだと思います。

もう一枚。これは紅が多くて華やかです!


これは通りから少し入った所に生えている、たぶんクスノキ?

クスノキは常緑樹ですが、春にたくさん葉を落とすので「春落ち葉」と呼ばれます。
で、秋には散らないのかというと、なかなかお付き合いの良い木のようで、少しだけ葉っぱの入れ替えをするんですよ。
この一枚、とても地味な色ですがきれいでしょう?

そしてサクラもそろそろ散り始めています。
集めてみました。

色々な色があって、集めるのが楽しかったです♪


これはまた、至って地味な葉っぱですが、小さな実が着いています。
ご存知でしょうがケヤキです。

タネは、こうして小枝といっしょに、風の強い日に飛んでいきます。
でもなかなか、着地して芽を出すには至らないらしいですね?
ごくたまに、なんだかとんでもない場所に若木が育っていて、気の毒に思うこともありますけれど・・・



にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (2)

第2室戸台風の記憶

2019年10月21日 | どんぐり屋のつぶやき
むかしむかし、それは今から50年も60年も前のお話ですけれど
大阪には毎年のように大きな台風が来ていました。

なかでも学生時代にやって来た第2室戸台風は、四国の室戸岬に上陸してから、私が住んでいた大阪湾沿いの岸和田市の海岸に再上陸しました。

平均風速は40メートル位でしたが、瞬間最大風速は60メートル吹きました。
家がミシッと音がして揺れ、ドキドキした記憶があります。

高潮もあったせいか、大きな船が陸地の紀州街道の辺りまで上がって来ていました。
陸の上で見る船の大きさに、ビックリ。

実家の庭には大きな樹がたくさん生えていたので、後片付けも大変!
でも若かった私は一人で大奮闘!!
張り切っていて不注意でしたが、古釘のついた木ぎれを踏み抜いてしまって、大慌てで隣家の内科医の所へ。
お医者さんにはたいそう叱られて、すぐに破傷風のワクチンを打たれました・・・

まあ、どうも無くてすみましたので、助かりましたけど。

そんなこんなでしたが、しばらくの断水や停電にも、あまり困った記憶が無いのです。

なんでだろ?
と振り返ってみると、当時の生活環境が今とは全然違っていたことに気がつきました!

つまり、こうだったのです。
  *井戸があって水には困らなかった
  *トイレはくみ取り式だった
  *お風呂は薪で焚いていた
  *ガスは使っていましたが、かんてきと炭も使っていたので、煮炊きには困らなかった
  *戦争が終って以来、長い間しばしば停電があったので、昔のランプがあった

なるほど、こんな暮らしをしていたのですから、停電や断水といってもあまり困らなかったのでしょう。
学校に定期試験の時には、お風呂の焚き口の前で、時々薪をくべながら勉強をしていた記憶もあります。

停電は電産(正式な名前は忘れました)という労働組合のような組織があって、要求を通すために電気を止めちゃうと言うけしからん(?)ことをしていたので、不定期に一寸長い時間停電することが、かなりしばしばありました。
「あ、またや!」といいながらランプを灯してすごしました。
ランプは、すすがたまるとガラスが曇って暗くなるので、お掃除をしなければなりません。
手が真っ黒になるので、かなりいやでした。

その点、今の暮らしはすっかり楽になっていますが、その結果何かあると苦労することになるのですねえ・・・

そうそうもちろんテレビもスマホもありませんでした。
みんなでラジオを聴いていました。
電話だけは、固定式のしかなかったので、しばらく不便でしたね~

という昔のことをふりかえってみて、「長生きしたもんだ!」とつくずく思ったことでした。



にほんブログ村
コメント

どうしたら良いのでしょう?

2019年10月18日 | どんぐり屋のつぶやき
Twitterで、RTや新規の投稿をしようとして書き込みEnterキーを押すと、それまでに書いた部分が消えてしまうという現象に困っています。
数日前からです。

検索で調べて見ると、Facebookで同じような事にお困りの人もいらっしゃるようです。

他の方々の書き込みは読めるしRTそのものは出来るのですが、書き込みが一切出来ません。
Twitterへ通報相談するにも、書き込みが出来ない状態ではどうしようもありません。

どなたか、こんな状態から回復されたご経験がありましたら、教えてくださいませ

コメント (3)

カメムシ嫌い!のかた、ごめんなさいね

2019年10月16日 | 昆虫&生き物
先ず、台風の被害に遭われた皆さまに、心からのお見舞いを申しあげます。
私も、子供の頃にはジェーン、学生時代に第2室戸と伊勢湾を経験していますので、台風の恐ろしさは身にしみています。
後片付けの時に釘を踏み抜いて、破傷風のワクチンを打ったりもしました。

しばらくはどんなにかお大変の事と思いますが、どうかどうか、お体に気をつけられてお元気になられますように、お祈り申しあげています。

さてさて、私の勝手な理由ですが、台風のためにTwitterのRTが忙しく、ブログがお留守になっていました。

東北の大震災の時もそうでしたが、大きな災害があると、少しでも役立ちそうな投稿を選んでRTすることで、必要な人に必要な情報を届けられたらと思って、ついそちらに気持ちが行ってしまいます。
ごめんなさいでした

大阪は覚悟していた暴風圏にも入ることなく、少しの風雨だけでした。
それでも、一応はベランダを片付けましたが、その時に見付けたカメムシの幼虫です。
くまじろうさんに伺うと「チャバネアオカメムシかな?」とのことでした。

少し前に、幼いボーイフレンドが網戸に発見したチャバネさんのお子さまかも?

色がきれいだったので大きくしてみました。

例によって、冷蔵庫でしばらく冷えていただき、おとなしくなったところを写しました。

実物、すごくきれいな色でしたよ~~!!




にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (4)

いちおうはチリモン?!

2019年10月06日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
ちりめんじゃこを買いました。
普通はシラスを買うのですが、久しぶりに硬いのを食べたくなって。

で、こういうモノを見ると、昔の習慣からついお皿にあけて中身をチェックしてしまいます。

すると、おやまあ~出てきましたよ、チリモンたちが。
何しろチリモンとして売っているのではないので、かなり壊れていましたが、ちょっと取り出して見ました。
上の写真です。

多くは同じ種類のメガロパ(カニの赤ちゃん)やゾエア(まだメガロパより幼いもの)でしたが、真ん中辺りに見えているのは、カニダマシの仲間のゾエアかも?
こんなに壊れていてはとても同定は出来ませんけど。
左の下のはシャコの中間の子供です。

中に一つだけこんなのがありました。

しっぽの先の様子や、背中の殻(正しい呼び名をど忘れしてしまいました)が二つに割れているところから考えると、たぶんヤドカリの仲間のゾエアかな??
大きく写していますが3~4ミリ程度です。

他にエソやサバ等の極小さな子供が見えましたが、あまりに壊れているので、写真には撮りませんでした。

たいていのお客さんは、こんなものが混ざっているなんて気がつかずに召し上がっているのでしょうね・・・極小ですから口の中で痛かったりということもないでしょうし。

もう、しっかりと写真を撮る技術も気力も失せてしまいましたが、一寸楽しいひとときではありました、うふふ




にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (6)

今年も咲きました!

2019年10月04日 | 12~2月の草木
あちこちにアレチヌスビトハギが繁っていて実はヒッツキムシなので、実に迷惑ですね

去年、これの白い花が咲いているのを見付けました。
そして今年も。

花のクローズアップです。


全体の姿です。


今年はどういうわけか、実が着いていません。

少し紅い色も残っているようです。

今年は一寸時期が遅れたようで、花がはっきりしませんね。
去年の写真です。


葉を見る限りではアレチヌスビトハギのシロバナのようなのですが・・・
花は一寸違うような気もします。
また見に行ってみます。




にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (2)