そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

遠い昔の幼児(おさなご)を想う

2019年05月27日 | どんぐり屋のつぶやき
だいぶん前の事になりますが、我が家の「過去帳」(仏教で使う古い親戚の戒名を集めて一ヶ月の日にちごとに分けて記入したノート)を整理しているときに、とても遠い昔の年号の、幼い子どもの名前を発見したことがあります。

安和(あんな)元年の記録です。
安和という年号はたった2年しか使われていません。平安時代の初期の頃です。
「安和の変」というのがあったらしいので、戦争のために元号が変わってしまったのでしょうか。
その年に亡くなった幼い子どもの戒名で、難しい文字が使われていて、真ん中の一字が読めず、漢和辞典でやっと読みが解りました。

仮名交じりで書くと「亮びん童子」といいます。
「りょう」は、朗らか、明るい等の意味があり、その難しい文字の「びん」は、惜しむ、悲しむ等の意味があります。
朗らかな可愛らしい幼児が亡くなり、その短い命を惜しみ悲しんだ当時の様子が忍ばれます。

平安時代の初期に戒名を付けて弔われていた事に愕きました。
この子の家系は武家筋ですが、他にも幼い子どもで戒名をもらっている子が数人います。
もしかすると、武家の中でも仏教に関係していた血筋なのかも知れないですね・・・
でも、この亮びん童子ほど古い人は見つかっていません。
1968年には千年忌に当たっていたので、法要をしました。

ドラマや映画を観る時、幼い子どもが登場すると、遠い時代に想いを馳せています。
亡くなってあの世へ行くと、先に逝った人たちと会えると言いますが、こんなにも古い時代の人とは会えないのでしょうか?



コメント (4)

今日は はっきりと!!

2019年05月22日 | 虹・彩雲・アーク
先日の水平アークは、実はかなり強調していましたが、今日は実にはっきりと素晴しい見え方でした!!

朝から良い感じの雲が流れていたので期待していたのですが、正午直前の南の空に・・・

20分ほど、色の強弱はありましたが、ずっと見えていてとても満足しました。

やがて雲が移動していったので、消えてしいましたけれど。

念のため太陽との位置関係の証拠写真を(笑)



上の写真にも、わずかに太陽の暈のかけらが写っていますが、雲の位置によって大きな暈がかかったり、光環がかかったり彩雲が見られたりもしていました。




にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (4)

関西夜間中学運動50年の歩み

2019年05月19日 | 本の紹介・その他いろいろ
夜間中学って、ご存じない方もいらっしゃるかも知れないですね?

私は通学していた中学にあったので、よく知っていました。そして高校にも夜間部があって、友人が通っていたので夜間部については親しみを感じていました。

そんな夜間中学の50年の歩みをまとめた本が、今回発行されました。
『生きる 闘う 学ぶ 関西夜間中学運動50年』(解放出版社)です。
>学ぶ喜びや苦労、設置を求めた各地の運動を、卒業生や元教員ら約60人の声や手記、資料で紹介している
と解説にあります。

夜間中学は戦後の引き上げ者や貧困などのために開かれました。
しかし、様々な事情から一度は廃校が相次ぎましたが、有志の方々の必死のご努力でまず大阪市立天王寺中学に69年に再会されました。
大阪が最初ということに誇りを感じています!!

現在は公立の夜間中学は9都府県に33校、大阪府には最多の11校あります。
いまでは、不登校のために中学を卒業できなかった方も、学ばれているとか。
年齢不問で学ぶことが出来るというのが、大きな特色でしょう。
皆さん大変な努力家で、77歳のある方は「雨の日には駅のホームのコンクリートに、傘から落ちる滴で感じを書きました」と仰っています。

学びたいという体の内からわき上がる意欲を感じますね!!

これからも、もっともっと多くの所に広がってほしいものです。携わる方があのご努力は大変と思います。祈るばかりで応援が出来ていない私ですが、何か出来ることが見つかればご協力は惜しまないつもりです。

この本、街の書店では見つからないかも知れませんが、Amazonで入手できます。
ご購入いただいたり、もし図書館に通われている方ならリクエストしてくださったら、より多くの方の目に入るきっかけにもなることでしょう。
これもささやかな応援になると思うのです!
どうかよろしくお願いいたします。
咲き始めた月見草の写真を添えて、私からもお願いいたします。




にほんブログ村

コメント

初夏の風になりたや

2019年05月15日 | 3~5月の空
気持ちのいい朝色の空

さわやかに吹き抜ける初夏色の風

さわやかに流れる雲は鳥のよう

そんな目覚めのひとときは

心の芯までしあわせ色

きのう はるばると訪ねてくれた友と 

たくさん交わした愉しい言葉

よりすぐりの言葉で話せる友がいるしあわせ


夕べの空には

そんな友のすむ街まで届きそうな光の帯が




そして今日も静かに暮れていく

しあわせのあふれるひととき

初夏の風になりたや・・・というあの詩を思い浮かべて



にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村

コメント

久しぶりの水平アーク♪

2019年05月10日 | 虹・彩雲・アーク
朝からずっと雲の様子が気になっていました。
何度も見上げましたが変化なし、、、、

でも正午頃、やっとうす~く虹色らしいのが見えてきました!
太陽には破れ傘でしたが暈がかかっています。
太陽との位置関係と、虹色が水平に伸びていることから
水平アーク??と思いつつも長く見ていなかったので、自信がもてません。

そこでTwitterを見てみると、全国的に見られたようで数名の投稿がありました。
間違いなさそうです。



何年ぶりでしょうか!
とても嬉しかったです。


にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村




コメント (6)

大阪府冨田林市のマンホール

2019年05月07日 | マンホールなどの蓋
先日冨田林市市役所へ行きました。

マンホールの写真の色が綺麗なのが掲示されていたので、ご覧ください。

上から順に
石川の源流部
金剛葛城山系の山
冨田林市が出来た時から現存している重要文化財の「旧 杉山家住宅」
一番下の、左は市の花ツツジ 右は市の木「クスノキ」です。

冨田林は古い街ですから、文化財がたくさんあります。
ひな祭りの頃の雛飾りやお盆の頃の様々な行事など、見て歩きたい思いつつ、結構い範囲が広いので実現していません。古い雛飾りなど、とても見たいのですが・・・


コメント

豆御飯?!

2019年05月02日 | どんぐり屋のつぶやき
豆御飯にしては、おマメが小さいなぁと、気づかれた方は鋭いです!!

実はこれカラスノエンドウなんです♪
以前にも写真をUPしたことがありましたが、思い出してまた作ってみました。

ごはんは普通に炊いたものです。
カラスノエンドウの豆をを鞘から出して薄い塩水でさっと湯がきます。
ごはんは軽く酢飯にして、豆と混ぜます。

これだけのことなのですが・・・
豆がプチプチして、おもしろい食感です!
あ、豆を茹ですぎると柔らかくなるので、様子を見ながらネ。

それと鞘にはアブラムシがたくさん付いていることが多いので、綺麗なのをさがして取りましょう。
アブラムシが付いているのを触ると、指が黒くなってベタベタします。







にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村


コメント (6)