そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものをご紹介しています。

秋桜ゆれて

2009年09月30日 | 9~11月の草木
秋風に 儚げにゆれて  

強い雨風に打たれると 倒れてしまう

それでも また立ち上がって

健気に咲く 細い茎のコスモスが好き



花の真ん中を しみじみと見たことある?



思いがけない様子でしょう?


そして花の裏は こんなだよ。




群れて咲いているのも豪華でいいけれど 木の根元にひっそりと寄り添っているのもすてき。




タネはあちこちへ旅するので 

思わぬところにこぼれて

一人ぼっちで咲かなくちゃならない花もある

草陰なので 小さな花しか付けられない


でもね

こころやさしいネコジャラシさんが

いっしょにいてくれるから

寂しくないんだよ






にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (12)

落としたの だ~れ?

2009年09月28日 | 9~11月の草木
ふわふわしてて、お菓子みたいでした。

今たくさんの花を付けていて、花が終わるとこうしてま~るくしぼんで落ちます。

あ、判った?

そう、フヨウの花でした

たまたま、ほろほろと落ちていることに気が付いて、集めてみました。
可愛らしいでしょう?




これはもう誰でも知ってますよね

裏藪の中に、大きなクリの木があります。
そこから落ちたのでしょう。

見ているぶんには秋らしくていい感じですが・・・
歩いている時に頭の上に落ちてきたらイヤだな~~
と思いました。



フッキソウの葉の上に、こんなものが、

もう少しヨレヨレとしていたのですが、何がなんだかわからなかったので、少し広げてみました。

ヘビの抜け殻の一部? なんだかちょっと違うみたい・・・

最近ヘビの抜け殻は見ていないので、忘れてしまいました。
どなたかお解りになりませんか?


ちょっと気持ちの悪いものを載せちゃったので、お詫びにきれいなものを。
落し物ではないのですが

持ち主が去って、破けてしまって風に揺れていたクモの糸です



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (14)

いのちを考える

2009年09月25日 | HP&ブログ記事の紹介
皆さんは、毛皮のコートを着たり、羽毛のお布団を使ったりするときに、それを作るために消えていった命のことを考えてみたことありますか?

毛皮を剥ぐために養殖されている場合もありますが、山谷にワナを仕掛けて捕まえている場合も多いようです。
そのワナにかかって苦しみながら命絶えていく動物たちの様子も、この動画には収録されています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

犬を飼っていて、飼いきれなくなったからと捨てたり、お金を払って引き取ってもらったりする人がいます。

そのような犬たちはどうなるのでしょう?
そう、ガス室に送られて殺されてしまうのです。

そんな命を救おうと、懸命に活動されてる人達がいます。
その活動の様子や、殺されていく犬のことなど、多くの事実が動画には紹介されています。

見るに絶えない画像もありますが、私たちの身近に起きている現実です。

犬を飼う(犬に限りませんが)とは、その犬の命を預かること。
家族として一緒に暮らすこと。
もういらなくなったから、飼いきれないから、お払い箱に・・・というのは、あまりに悲しすぎますね。

いらなくなったから、思ったより大変だからと、家族を捨てるような人間にだけは、なりたくないですね。


ちょっとつらい動画ですが、一部分だけでもぜひご覧下さい。

こちらからどうぞ



またマナティさんのブログへもどうぞ。
そちらからでも、同じ動画を見ることが出来ます。

コメント欄は閉じておきますので、ごゆっくりと見てきてくださいね




昨日の夕月です。
これが丸くなったら。お月見ですね♪
コメント

秋の野の、打ち上げ花火

2009年09月23日 | 9~11月の草木
群れて燃え立つ彼岸花の鮮やかさには、目も心も奪われ、圧倒される。

いったいどう写したら、この燃える命を表現できるのかと、たじたじと後ずさりさせられた。

いやいや逃げてはだめだ!
と、思い切って寄ってみたのが上の写真。


ずっと昔に中国からやって来たという。
そして飢饉の時には、毒のある球根を毒抜きして食べるために、各地に植えられたとか(『自然の楽しみ方』秋・(山と渓谷社)より)
人々の命をつなぐための植物でもあったのだ。


華やかに広がるおしべの姿は、まさに打ち上げ花火。
光が当たると、つやつやと輝くのを知ってる?

群れて咲く姿は、篝火のようだと表現する人もいる。

こんなに鮮やかな姿は、誰のため?
そうだ、アゲハチョウがよくやってくるね。
華やかな花には、アゲハがよく似合う・・・



そういえば、空の青もよく似合う。




ときには仲間からは離れて、ひっそりと寄り添って咲く姿も、かえって目に残る。



燃える花の命は短く、実を結ぶことはない。





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (22)

マツバボタンの実とタネ

2009年09月21日 | 木や草の実・タネ・松ぼっくり
マツバボタンは花の後は、ほぼ100%の実が出来ます。


これは、まだ花が終わったばかりの頃です。
モジャモジャオヒゲに守られていますね。



まだ完全には熟していないのですが、この実は蓋モノの容器みたいになっています。
ちょっと開けてみましょう。

中には細かなタネがびっしりと入っています。


もう少しよく見えるように、開けてみますね。



タネはこんな形をしています。



このタネの入れ物は、なかなかうまく出来ています。
未熟果だと、蓋が外れてもタネが全部こぼれてしまわないように、内側はネバネバしています。



このように、蓋が外れてタネがこぼれるような仕組みの植物には
オオバコ(青い四角は5ミリ四方です)

花と実やタネの詳しい写真はこちらでどうぞ


ゴキヅル(これは水辺のつる草で、実もタネも大きいです)

詳しい写真と記事はこちらでどうぞ

などがあります。
面白いので、私は大好きです



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (10)

今年も世界の子供たちの応援を!!

2009年09月20日 | 本の紹介・その他いろいろ
世界の恵まれない子供たちの命を応援しているユニセフ。
新しい通販のカタログが届きました。
私もたくさんは応援できませんが、数十年にわたって購入を続けてきました。

と言うとえらそうに聞こえますが、以前にお奨めしました「1%貯金」のビンがだいぶん重くなっているので(硬貨ばかりなので思いのですそれで申し込もうと思います。

1%貯金の話をお読みいただけなかった方は、ぜひこちらを


カタログには

*クリスマスカード  *年賀状  *ステキなクリスマス用品

*バースデイカード  *色々な衣類 *子供のためのおもちゃ

*そのほかユニークなプレゼント用品などがいっぱいです♪

カタログの閲覧はこちらからどうぞ


コメント欄は閉じておきますので、どうぞユニセフへジャンプして、ゆっくりとお楽しみくださいネ
コメント

諸行無常

2009年09月18日 | 9~11月の草木
夏の間 青々として風をはこび、日陰を作ってくれたナンキンハゼの葉。

そろそろ紅葉の時期を迎えますが、それを待てずに散り急ぐ病葉(わくらば)もあります。

小さな水路に散り込んで、ちょっと淋しげに浮かんでいました。

葉の上に光っているのは、枯れ葉の涙でしょうか・・・



ふと見上げた葉裏には、なにやら影が。

たぶん空蝉でしょうか。


背伸びしてみると

やはりそうでした。

この殻から生まれ出た命は夏を満喫して、今はもう土に還ったのでしょうね。



そして、ハナミズキの小さな葉がひとつ、他より早く秋色に染まって、青空に映えていました。

まだしっかりと枝に付いていますが・・・



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (11)

面白いものを見ました

2009年09月17日 | 9~11月の草木
ツユクサの花がしぼんで落ちたらしく、空になった苞葉(花びらを包んでいるいれもの)がいくつかありました。

その一つに、何かが入っています。
触覚みたいなものが見えているので、もしかすると昆虫かも???

覗いてみると、どうもカネタタキのようです。

まるで揺りかごの中で眠っているようで、とても不思議な光景でした。
明け方はかなり冷えたので、寒さしのぎに入り込んだのでしょうか?

死んでいるのかなあ・・・・
心配になって、そっと開いてみると

あ、生きていました!!

私の手の上にちょこんと出てきました。

暗い所で、片手での撮影で、しかもすぐにも飛んで行ってしまいそうだったので(カネタタキは飛べないのですが、そんなことはすっかり忘れていました)大慌てで写したものでブレブレですけど、証拠写真です(笑)

目が可愛らしいですね。


ところで                

このブログがスタートしたのは2005年の3月です。
それから4年半、見に来て下さる方の延べ人数の合計が、今夜のうちに20万人を越しそうなんです。

カウンターは付けていないので、どなたが20万人目になるかは残念ながらわかりませんが。

4年半に20万人なんて、大した数字ではないかもしれません。
もっと人気のあるブログはいっぱいありますものね。

でも、なかなか出かけられない私の、ささやかな身近な自然からの便りを見に来て下さる方々が、こんなにいてくださったなんて信じられないくらいに幸せです♪

最近は更新も隔日ですが、更新の無い日にもおおぜい見にいらしてくださいます。
どんなにうれしいことか・・・

心からのお礼を申し上げます


これからも、代わり映えのしない内容でしか続けられないと思いますが、どうかよろしくお願いいたします
コメント (14)

風の足跡

2009年09月16日 | 9~11月の空
         大きな雲の固まりが

         少しずつ吹き飛ばされて 

         レース模様を作っている


         こんな雲を作っているのは

         小さな小さな氷の粒

         雲の中でぶつかり合って

         どんな音をたてているのかな?


         その音色を

         お月さまも楽しんでいるみたい





         そして これはきっと 風の足跡・・・



         風の中に一日が過ぎて

         やがて夕暮れ

         強い風に塵が吹き飛ばされてか

         空気が透き通っていたよ




         夕焼けの 名残の色をかき分けて
         ずっと遠くから伸びてくる光は

         薄明光線という名前



         そして
         もう光を失い始めた 北の空には

         まだ強い風が吹いているらしい

         渡り鳥が群れて飛んでいるような雲が 流れていた

         わたしも乗せて行ってほしいな



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
よかったら、久しぶりにのぞいてみませんか?
にほんブログ村 トラコミュ 身近な自然からの便りへ身近な自然からの便り

コメント (7)

フヨウの花粉、見てきました。

2009年09月14日 | マクロで写す雑草や昆虫など
ミドリグンバイウンカの卵がこぼれているのかと思いましたが、コメンと欄に
soh-01さんが「フヨウの花粉では?」と書き込んでくださいました。

宿題になっていたので、やっと見てきました。

やはりそうでした!
フヨウの花の花粉に間違いありません。

こんな形をしているのですね

ご報告でした。

そしてsoh-01さん、ありがとうございました。
コメント (4)