そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものを、折々にご紹介しています。

最近これにハマってます!

2017年08月30日 | どんぐり屋のつぶやき
ご存知の方も多いでしょう?
そう、ナンプレ(数独とも)です。

九つの枠がある九つの四角と、縦横の9列にはそれぞれ1~9の数字が入るのですが、いろいろルールがあって、簡単には数字を入れられないのです。

私は子供の頃から数字が苦手で、算数も数学も落第に近いようなありさまでした
なので、このクイズが新聞などに載っていても、初めから見向きもしないで無視していたのです。クロスワードなんかは得意なんですけどね

それが最近、あの認知症騒動の時に、脳の中の使っていない機能も使わなくちゃダメとお医者さんに言われて、初心者用の本を買ってきました。

しばらく横目でチラチラ見ながらほったらかしていたのですが・・・
でも、もったいないので、試しにやってみました。

そしたら、なんと出来ちゃったのです!!
もちろん易しいからですがネ。

え~~っと思ってもう一つ挑戦!
時間はかかりましたが、出来ました。
やれば出来るのですね~~~

大げさですが、人間ってスゴイ、と思いました。
だって、私にこんなことが出来るなんて、どう考えても不思議ですもの。

今年の自分の十大ニュースのトップ間違いなし!!

あまりの暑さにへばりかけていましたが、元気モリモリです
コメント (8)

行き合いの空を見上げて

2017年08月26日 | 6~8月の空
「処暑」も過ぎて、猛暑の夏もようやくおさまりつつあるのでしょうか、今日はこんな雲を見ました。

夏の雲は、垂直方向に発達する入道雲。
秋の雲は、水平に伸びる巻雲やうろこ雲。

それらが出会って挨拶を交わしているのが、今の時期なのですね。
夏の雲と秋の雲が行き会っているから「行き合いの空」という名前が付いたのでしょうか。

今年の夏は滅多に見られなかった入道雲が、今頃こっそりと。
でも、あまり元気がありませんね。
この跡もしばらくして姿が崩れてしまいました。

そしてそばにはこんな秋の雲も。

季節の変わり目には、次の季節がやって来て、空の片隅でそっと出番をまっているのだそうですから、またこんな空を見る機会もあるでしょう。
楽しみです。




にほんブログ村


自然観察
-->
コメント (8)

楽しい写真をいただきました!!

2017年08月22日 | 単管バリケード(コーン)
久しぶりに見る「単管バリケード」です!

古いブログの友人koyapooさんが思いがけなくも見せてくださいました。
このブログは珍しいクルマの写真満載のブログなのですが、
他にもベランダの訪問者たちという昆虫や鳥など自然関係のきれいな写真を集めたブログも展開なさっています。

そもそもは、そちらでお付き合いが深かったのですが、諸事情からご自宅のベランダに昆虫たちが来なくなってしまって、しばらくお休みされていた間に疎遠になってしまっていました。
それなのに・・・覚えていてくださったのですね~~

そんな個人的なお話はさておき・・・

とても立派な「単管バリケード」の一覧写真集をお作りくださったので、今までに見たことのないものも含めて、一目で見せていただけます。壮観ですねえ!!
富士山のまで有るのには驚きました。関東地方の方、見られたことあります?

リンク先をご訪問いただいたら、それぞれの大きな写真をご覧いただけますよ!
では、どうぞごゆっくりとお楽しみくださいませ。

koyapooさん、ほんとにありがとうございました。
夏バテの妙薬ですよ

私が今までに集めた写真はこちらにまとめました。
コメント (10)

京都・大文字の送り火

2017年08月17日 | どんぐり屋のつぶやき
いつもの年よりは少し涼しい風の吹く昨夜

京都では、五山の送り火の催しがありました

見に行けない私は 今年もテレビで楽しませていただきました


お盆でお帰りになっていた、

たくさんの魂が

送り火の中の「舟形」のお船に乗って

また一年を過される「あの世」へお帰りになるのを見送る夜です


西方浄土へ旅立って行かれるための乗り物なので

「舟形」のお船は 舳先を西に向けているのだそうです


8時15分 まず如意ヶ嶽の大文字が点火されます


それから5分ごとに

「妙法」
上手に写せなかったので、テレビ画面の解説写真をお借りします。

二つの文字はちょっと離れた二つの山で炊かれます。
基になる文字を書かれたのも二人の別々のお坊さまなので、字体がちがっているのだとか。

「舟形」


「左大文字」


そして最後の「鳥居形」へと順に点火されていきます



私の若い頃には 

この大文字の姿を、お酒を満たした杯に写して それを飲み干すと

恋しい人と結ばれる という言い伝えもありました


けれど・・・

一緒にこの季節の行事を見たい人は

ずっと早くに舟形の船に乗って

あの世へ逝ってしまいました


何年も 何年も 

私の目に映る大文字は

涙にぼやけていました


ちゃんと見えるようになったのは

ほんの数年前のこと・・・

時間は魂を優しく包み込んでくれるものなんですね


今年もちゃんと見えましたよ、あなた




夜空の闇を色どる炎は、こんなたいまつが作ってくれているのです

たくさんの保存会の皆さま、お疲れさまでございました
そして
ありがとうございました


さようなら 

去って行く夏の後ろ姿を静かに見送りましょう


この行事が終わると 京都はもう秋なのです

コメント (3)

終戦の日に

2017年08月15日 | どんぐり屋のつぶやき
私は大阪府の南寄り、だんじり祭で有名な(?)泉州は岸和田の生まれ育ちです。

大阪市はもとより、近くの堺市まで空襲がありました。そして「あと3日戦争が続いていたら岸和田も空襲に遭っていたんだよ」としばしば言われていました。
すっとその言葉の持つ意味が解りませんでしたが、先日のテレビ番組で、全国の空襲の跡を見て納得しました。

終戦直前に空襲を受けた地域の中で、確かに大阪湾沿いの岸和田の辺りから和歌山市までが、何故か空襲の空白域でした。

これといって軍事関係の施設がなかったためでしょうか?
でも、戦争末期の空襲はそんな事はお構いなしだったようなのですが・・・
なので、私にはいまだに理由はわからないままです。

何にしても「生かされた命」で有ることに変わりはありません。

沖縄の70年来の友人も、よくぞ生きていてくれたと思います。
お兄さんは、お友だちと歩いているときに、逃げる間もなくアメリカ機から機銃掃射を受けて、目の前でお友だちは亡くなられたそうです。

父は体に悪いところがあり戦争には行けませんでした。
どんなにか肩身がせまく、哀しかったことでしょう。
それをつぐなうかのように、残された親族の面倒を見てくれましたし、勤め先の見まわりも怠りませんでした。なので、空襲の警戒警報が出ると会社の見回りに行くので私はたちは残されました。
友人たちのお父さんで、生きて帰られなかった方々は、決して少なくありません。
お父さんがいらっしゃらなくて、お母さんが必死で働いているお宅がたくさん有りました。

そんなこんなで、終戦の日は毎年厳粛な気持ちで黙祷をしています。

一人で防空壕の中で過した夜の、何の音もしない心細さ。(警戒警報が出ると、隣組のお当番に当たっていたときは、母は「警戒警報発令!」とメガホンを持って隣組を回らないといけなかったのです)
空襲警報のサイレンの音の不安と恐ろしさ。
時たま飛来するB29(アメリカの爆撃機)のプロペラ音の恐怖。

様々な音の記憶が、戦後何年も耳に残って、正午を知らせるサイレンの音や、民間機のプロペラの音が恐怖をよみがえらせて、苦手でした。

いま、日本は戦争がありませんが、世界の各地で戦争の中に生きることを強いられている子供たちの心を思うとき、言葉を無くします。

戦いのない世界になって欲しい!
子供たちがお腹いっぱいご飯を食べられる世の中であって欲しい!
子供たちの笑顔が輝く日が続いて欲しい!

それを祈りつつ、今日も折り鶴を折っています・・・

コメント

群馬県安中市のマンホールの蓋

2017年08月15日 | マンホールなどの蓋
ずいぶん前にブログの友人からいただいていたのに、暑さにバテバテでそのままにしてしまっていました、、、Kさん、ごめんなさい!

群馬県安中市で写してきてくださいました。

汚水処理用のモノらしいです。
安中市の花「梅」と市の木「杉」の図柄ですね。
シンプルでステキです。




コメント (10)

大きな幻日?

2017年08月11日 | 6~8月の空
先ほど、京都には大雨注意報や竜巻注意報が出ました。
大阪は特に変わりはありません。

でも、なにか見えるかもと北西の空を仰いでみると、こんなものが!
とてもおおきな幻日(げんじつ)のように見えますが、もしかすると暈の一部なのでしょうか?
判断が難しいです!

周囲の空にはこんな雲が。



そういえば、台風が過ぎた翌日のこと。
あわてもの(?)のツクツクボウシの声が、アブラゼミやクマゼミに混じって聞こえてびっくりしましたが、さすがに引き続いては聞こえてきませんでした。
いくら何でも早すぎですものね。



にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (8)

台風のお見舞い申し上げます

2017年08月07日 | どんぐり屋のつぶやき
なんとまあ、長いことかかってやっと動き出した台風ですが、ただいま大阪は暴風圏の中です。
といっても私の住んでいる所は、表通りではないですし、大きな河も近くにはないので、至って静かな雨が降っているだけです。

でも、各地大変なようですね。
あなたのお住まいの辺りは大丈夫でしょうか?
どうか気をつけてくださいネ。

被害が少ないようにお祈りしています。



コメント (2)

暑い一日がやっと暮れて

2017年08月06日 | 6~8月の空
洋上遙かに台風がいます。
そのせいかどうか、とても暑い一日でした。
私の所は36度台でしたが、以前住んでいた枚方市は37度を超えていたようです。

その一日の疲れを癒やしてくれるように、鮮やかな色の夕焼けが・・・

夕焼けを見ていると、あまりにも急速に色が変化するので、おどろきます。
あ、キレイ!と思ってカメラを取りに行ってるうちにも色は変わってしまいます。

地球は回ってるのですね~~



にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村
コメント (2)

賑やかなセミ

2017年08月02日 | 昆虫&生き物
セミの声がやかましいから駆除しろという人が多くなっているそうです。

関西はクマゼミが多いので、とにかく賑やかです!
夏の風物詩なのにな~~と思っていたのですが、今年はそうも言ってられないほどの賑やかさ!
朝、明るくなってくると聞こえ始め、日が昇るとものすごい大合唱となります。

暑さも連日ひどいので、その疲れもあると思いますが、なんだか頭がおかしくなりそうなくらいの賑やかさなのです。

蝉時雨といえば風流ですが、それどころではなく「集中豪雨」や「ゲリラ豪雨」といった感じがします。
あと2週間も我慢すれば、ツクツクボウシが鳴き始めて次第に静かになっていくでしょうから、それを楽しみに我慢していますけれども、辛い毎日ではあります。

そんな折り、道ばたで見かけた姿です。

何もこんな所で・・・と思いましたが、セミにも都合があるのでしょう。
数年前には、道ばたの雨水を流す側溝の壁につかまっている、抜け殻を見かけたこともあります。

セミも大変そうです。




にほんブログ村


自然観察
にほんブログ村


コメント (6)