そよ風つうしん

日々の暮らしの中で心に残ったことや、目にとまったすてきなものをご紹介しています。

おもしろネジバナ

2007年06月29日 | 6~8月の草木
あちこちの草むらや芝生の中に、小さな花を付けたネジバナが伸びています。
このようにねじれて咲くのでネジバナという名前なのでしょう。

別名をモジズリといいます。

これは、福島県信夫郡の信夫もじずりという織物の、ねじれた模様のイメージから付けられた名前なのだそうです。


ネジバナはランの仲間です

花の一つ一つは小さいので、しげしげとな眺めることはあまりないかもしれません。
よ~く見ると、確かにランの花です。

こんな細やかな造り方をした上に、くるくるとねじって咲かせるなんて、お花造りのカミサマは凝り性ですね。


ところで、数多くの中には、個性豊かなものがあるのは世の常です。
そんなのを二つお見せしましょう。



ちょっとオシャレな感じ

この写真は、去年のものです。
今年も探したのですが、見つかりません。

右巻きと左巻きが隣り合わせに咲いているので、こんなややこしいことになりました。
こんなネックレスがあったら、つけてみたいですね♪




数ある中には怠けものもいる

「巻き巻きするのなんて、めんどくさ~い」
と言わんばかりに、真っ直ぐにのびています。

真っ直ぐのままに終わるものと、「ヤッパリ恥ずかしい・・・・」と思うのかどうか、だんだんにねじれるものとがあります。

見ていると、なかなか面白い花です♪

百人一首に「みちのくの しのぶもじずり たれゆえに・・・」と詠われているところをみると、ずいぶん昔から、人々に愛されてきたようです。

あなたのお近くにも咲いていますでしょうか?

コメント (21)

紫陽花の思いがけない美しさ

2007年06月27日 | 6~8月の草木
紫陽花は花が見事なので、ついそちらに目が行ってしまいます。
いままで、葉をしみじみと眺めたことなど、ありませんでした。

ある日の午後、花瓶に挿した花を、ぼんやりと眺めていました。
窓辺の食卓の上なので、光は外から入ってきます。

ふと、花の下に、すっくと伸びた葉が目に入りました。
思いがけず、透けて見えた葉脈のすばらしさ!

紫陽花の葉がこんなにも繊細な模様だったなんて・・・


< 紫陽花は 葉も美しと知りし午後 >




同じ花です。外の竹藪の緑を背景に。

こちらは、花びらの中の模様(筋)がよく見えるでしょう?


< 花びらの中にも しかと模様あり >




上の2枚の写真の花が、木に咲いていたときです。ご近所の一番人気なんです。

全部同じ株から出ている枝で、一番上のひとかたまりが最初に咲いたもの。その下が咲き、一番下はこれから満開をむかえようとしています。
色の変化がたのしいですね。


写していたら、持ち主さんが偶然に通りかかられて
「そんなに気に入ってはるんやったら、切ってあげますよって、ちょっと待っててね」と、わざわざハサミを取りにいってくださいました。


< 花の主に やさしさ少し貰いきぬ > 




これは、別の雨の日です。

花びらからこぼれ落ちるしずくの中にも、雨に濡れた花が咲いていました。


< こぼれ落つ しずくの中にまた花が >

コメント (21)

チリメンモンスター・その3

2007年06月25日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
これはワレカラという生き物です。

チリメンの中では、もじゃもじゃにもつれていて、壊さずに伸ばすのには苦労しました。

愉快な形だと思いませんか?
あなたは何に見えたでしょう?

エビの仲間で、藻場に住む稚魚の餌になるそうです。
歩く姿は尺取虫のようだとか、さもありなんという感じがしますね。

海藻に付いていることも多く、昔は海で拾った海藻が食卓の登ることが多かったので、これの姿もしばしば目に触れたようです。


これはカニダマシの子供です。

体の後ろ側のツノが二本見えますでしょうか?

そうそう、カニダマシというのは、カニの仲間ではなくてヤドカリの仲間なんだそうです。
しかも宿を持たない・・・・つまり貝殻に入っていない、ヘンなヤツなんです。

しかし、この形から下のようなカニダマシになるなんて、想像ができませんね。



他には、こんなものもありました。


上段は、おなじみのタツノオトシゴなんですが、種類が違うのか、成長過程で姿が変化するのか、細かいところの色や様子が違っています。

下の左はシャコの子供です。
これもその姿かたちから、カマキリというニックネームがあるそうです。
右は、イシガニの仲間の子供だと思います。



こちらは

上段 : ウオジラミ(魚の寄生虫)・ ヒトデ
下段 : 名前不明の貝 ・ カニの子供(もうすぐカニの形になる前)


スケールの目盛りは、いつもと同じで、ひとますが5ミリです。

こうして並べてみると、まだまだ写し方がばらばらで、みっともないですね。
おいおい工夫をしていきますので、お見苦しいと思いますが、お許しください。


参考にさせていただいたサイトはこちらです。

静岡県水産試験場HP・しらす干に混入する生物について

きしわだ自然友の会HP・チリモン図鑑


名前の間違いなど、何かお気づきのことがありましたら、お手数ですがご指摘をお願いいたします。
コメント (19)

幻想的な光冠の写真が見られます

2007年06月24日 | HP&ブログ記事の紹介
こちらです。
心象スケッチ(新)
いい感じの雲に反射して、ちょっと珍しい感じの光冠です。
うらやましいナ♪
コメント

今日も今日とて・・・

2007年06月23日 | ポエム&好きな言葉
この雲に乗って

なつかしい 子供のころの世界へ いきたい

そこには 

やさしい ちちははや 

おじいちゃんや おばあちゃんや

先に逝ってしまった 友達がすんでる



そこで みんなに会えたら

元気でがんばってる姿を 見てもらいたい


あの頃よりも

ずっと優しくなれたわたし


みんなで 頭のてっぺんを

よしよしって なでてくれるかな?






これはねえ

たぶん 

飛行機がとおって行った跡だと思うんだ


空の上の 色んなことの都合で

こんな形に なったんだね きっと


雲の子供たちが

みんなで 綱引きしてるみたいで

うふふ

かわいいね


耳をすましてごらん

ほら 掛け声が聞こえるでしょ?






空のかみさまは

ときどきゴキゲンになると

こんないたずらをするの


大きな筆に

絵の具をたっぷりつけて

白い雲の上に

ほわ~~って 色を乗っけていくんだよ


雲の形のとおりにね

はみださないように 苦労するんだって


でも なかなか 

思い通りには いかないらしいよ

きょうも 

ちょっと 色がうすいもんね


でも きれいだよ かみさま

ありがとう おつかれさま!

コメント (17)

表情豊かな空

2007年06月22日 | 虹・彩雲・アーク
やっぱり!
太陽を薄い雲が被っているらしく、光冠が見えていました。

見始めた頃はのような、平凡な光冠だったのです。


それが、ややあって、短い時間でしたが最初の写真のような、見事な色を見せてくれたのです。

波立っているような雲までが、虹色に染まっています。


環水平アークもきれいに見えたらしいのですが、私の居た所は視界が狭いのでダメでした。
でも、こんなすばらしい色を見せてもらったのだから、感謝、感謝!!




夕方まだ青い空に、白い月が、ケヤキの葉っぱと何やら話しているようでした。

旧暦では昨日は5月7日、7日月です。




雲が多くなってきて、夕焼はほとんど見れませんでしたが、暮れてからの空は私の好きな色でした。






いつものように

何事も無く過ぎていく一日


そのありがたさを 

ふと忘れてしまうくらい

いつもどおりに


でも 忘れてはいけない


ありがとう いのち

ありがとう 時間


↑ 実は、これの原文は、先日月うさぎさんのブログの詩に感じるものがあって、書き込んだものです。

すこし手を加えました。

月うさぎさんの所は、いつも心地よい時間が流れているブログです。
写真も、とってもきれいです♪


コメント (15)

空写す水玉

2007年06月20日 | 水滴・凍露
ずっと前から、青空が写りこんだ水滴に憧れていたのです。
ブログのお友達がそれぞれに、とてもすてきに写されているのですもの。

なかなかチャンスがなかったのですが、この朝はよく晴れていたので、ひそかに狙っていました。

そしてこの朝、やっと写せたのが上の一枚です。
4時半に起きた甲斐がありました!



折からの朝日の光に、きらめくしずく。
まるで森のランプ?





ふと、足元に視線をやると、こんなにちいさなのも。

細いタケノコのてっぺんです。



これは、近くの葉っぱを映して、不思議な色合いを見せてくれました。
よく見ると空も写っているのですよ♪

ちょっと風が出てきたので、落ちないでね~と祈りながら・・・



            


こんな静かな光景の中に身を置いていると、三好達治の詩のことばを思い出します。


静かな目  平和な心

その外(ほか)に

何の宝が世にあろう
       
(「冬の日」より) 


コメント (20)

能勢のケヤキの大木と空と

2007年06月18日 | 6~8月の草木
こんな表示が立っています。

とにかく大きいです!

樹齢:千年以上
幹の周囲:14メートル
木の高さ:30メートル
枝の張り出し:南北に38メートル・東西に42メートル

大阪府ではもちろん一番。全国でも4番目の大きさだそうです!
見上げると首が痛くて、後ろにひっくり返りそうでした。

こんな感じです。

下のほうに、箱庭の置物のように見える建物と比較して、ご想像下さいね。


<千年の時を生きたる大木の 見たことの全て聞くすべもなし >



この日(土曜日)は朝から太陽の周りに暈などが見られ、ごく薄い雲が広がっていたので、夕方には幻日(げんじつ)が見られるのではないかと期待していました。

すると、けっこう早い時間から見えたのです。

太陽の左右に見えていましたが、地形の関係で片方しか写せませんでした。

これは向かって左のです。
いつも自宅からばかりなので、野外で見るのは新鮮でした!


< 太陽の光が雲とたわむれて 幻の小さな太陽が光る >



やがて山の向こうに日が沈んでいきました。



< 空の彼方 風に吹かれて流れゆく 雲の行方に夕星光る > 




その後しばらくは空の見えるところにいなかったのですが、きっとすばらしい夕焼だったのでしょう。
これが、その名残の色です。



< 山の端に 残る夕映えあかあかと 穏やかな日が静かに暮れる >

コメント (23)

北国のノウサギの写真

2007年06月17日 | HP&ブログ記事の紹介
こちらです。
北のフィールドノート

静止写真もとてもかわいいけれど、やっぱり動画は楽しいです♪

他にも珍しい生き物の写真が豊富で、生き物大好きの方にはおすすめサイトです。
コメント (6)

空の彩り

2007年06月16日 | きれいな空と雲
連日の強い風や雨のお陰で、空がすっかりきれいになりました。
雲が冷たそうです。


こんな雲の様子なら・・・と期待していたら


道端の水溜りに映る光冠です。  

もう少しきれいなところで写したかったのに


で、イタズラ心を起こして露出補正を強くしてみました。

なんだか夜空のようになりました



午後からは雲って、夕焼けはあまりきれいではありませんでした。
ガッカリしていたのですが、遅い時間にふと見ると意外にきれい。

でも、いささか暗い雰囲気でもありますね。



そして、一夜明けて今朝の日の出の頃です。


ごく短い太陽柱をお供に、太陽が昇ってきました。
今日は暑くなりそうな予感です。


午後には薄い環水平アークも見えましたが、先日ほど鮮やかではありませんでした。

今夜はホタルを見に行ってきます。
ではまた
コメント (13)