そよ風つうしん

小さな自然の発見をご紹介してきましたが、転居で環境が激変。内容を一部変更し日々の雑感を綴ったりもしています

相手の立場になって聴くということ

2022年11月30日 | どんぐり屋のつぶやき
どなたの言葉だったのか、お名前の記録を忘れていて大変失礼なのですが、このところTwitterで、不登校のお子さんを持つお母さんの嘆きをたくさん見ているので、このことが大切と思い書いてみました。

自分なりの理解でなく、相手の身になって聞くことの大切さ。
話の内容について、自分としてはそのことを認められなくても、その人の現実として先ず受け止める。
それが土台となって、初めて教育が成り立つ


親も学校の先生も、このことを先ず大切にしてくださったら、話は前へ進みます。
「そうか、あなたはそう思う(そう感じている)のね」というひと言を、心から発することが出来たら、そこから子供の心は開くはずです。

それが出来るくらいなら、ここまで苦しまないと思われるお母さんも多いかもですが、聴き方の訓練を受けているのだと思って努力されたら、時間はかかっても身につきます。
そうなると、お母さんの苦しみも軽くなるのです。

そして先生と生徒、親子の間に信頼感が育っていくので、とても温かい関係が育ちます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学校のワクにはまらないということ

2022年11月24日 | どんぐり屋のつぶやき
少しだけ古い人のお話しになりますが、まだまだ覚えていらっしゃる方がほとんどでしょう。
ジョン・レノン・・・その人の高校時代の指導記録がロンドンで競売に出されたことがあったそうです。

お値段はまあおいとくとして、内容について少しだけ。
記録によれば、宿題をしていないとか態度が無礼、その他授業の妨害や大幅な遅刻などがあり、相当に教師を悩ませていたようです! 愉快な人だったのね!!

今はあまり見かけないタイプかな?

「通信簿や指導の記録に、どれだけかんばしくない事が評価されていても、それらが未来を決定しない事が解ります。」
と鎌田實さんが『遊行を生きる』(清流出版)の中でお書きになっています。
人の評価に負けてはいけません、とも。
そこに「努力」と「時間」というものを積み重ねて、自分だけの世界を作り上げていくことが大事になります。

みんなと違うということは、もしかしたら大きな事ができる可能性があるということです。とも。

私もかなり学校を悩ませましたし、娘も宿題なんていっさいしなかったし、不登校の時期もありましたけど、なんとか浮き世の荒波にのって生きています。大きな事は出来なかったけど・・・

この本は鎌田さんご自身の事も含めて、お説教では無く、人生の可能性について色々な実例が書かれていて、とても興味深い本です。
AMAZONの古本で1円から買えますので、是非一度お読みになると、面白いですよ!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真は以前に見かけた、空の色々な虹色を集めてみたものです。
こんな空を追いかけていた若い頃が懐かしいです。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

度胸と希望と

2022年11月15日 | どんぐり屋のつぶやき
歳を取れば、あちらこちらと故障が出てきますが、それでも一人暮らしが出来て、必要に応じて外出も出来るのは有難いことと、感謝の日々ですが、ここまで来るのに大きな支えになって下さった人の一人が、建築家の安藤忠雄さんです。

と言っても個人的な知り合いではなく、ある時、新聞で安藤氏のお気持ちのありようを読んで以来の事なんです。

安藤氏は2000年の始め、相次いでガンにかかり胆嚢・胆管・十二指腸・膵臓・脾臓を摘出されています。
それぞれに、全摘しか生きる方法が無いと言われて、目の前が真っ暗になられながらも、「それなら、しゃあない」と決心されたそうです。

自分にどうにも出来ないことは、悩んでもしゃあない」と覚悟を決められます。
そして生延びるためにできることを考えて、実行なさった。
若い頃に読まれた吉川英治の『宮本武蔵』の影響なのだそうです。
武蔵は数多くの試合を経験し、その一回一回に命をかけてきた、その生き方に感銘を受けて以来、ご自分でも日々覚悟をもって生きることを、人生の旨とされてこられたので、ガンにも同じように立ち向かわれたとのこと。

その他にも、生活を助けるために入ったボクシングの世界で、ファイティング原田の試合を見ていて、それなりの能力はあっても、自分には天賦の才はないと悟り、関心のあった建築の世界に方向転換されました。

人生には覚悟と工夫、時に諦め、そして希望が必要だとおっしゃいます。

お体のことに関してもに、「考えられるだけ工夫して努力して、ないなら、ないように楽しく忙しくやっていれば、普段はガンの事は忘れています。
だから今を全力でいきるしかない。そう思う度胸も大切ですね」と。

お仕事でお金儲けもされますが、そのお金を「社会に恩返ししながら」と子ども図書館を作ったりもされています。

人生の困難の一つとして、がんもある。なったら、度胸を据えて付き合うしかない。希望を持ってね。

度胸を据えて、希望を持って生きるということ、かっこいいけれどなかなか出来る事ではありません。
忘れないように心に置きたい言葉です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真は父が愛した秋明菊です。
薩摩男児で豪放磊落な父が、こんな花を好きだったなんて、なんだかほほえましいのです・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

昨日は盲導犬と交流してきました♪

2022年11月14日 | どんぐり屋のつぶやき
近くで「公民館祭り」というのがあって、盲導犬もやって来るというので、雨の中を行ってきました。

訓練所が、わりと近くにある関係で、時々駅前などで訓練士さんと歩いているのを見かけるのですが、お仕事中の盲導犬に話しかけてはいけないので、遠くから見守るばかり。
撫でたくてうずうずしていたので、じっと寝そべっている側で、思いきり(?)なでなですることが出来て、久しぶりに感じる犬の体温が、とても心地よかったです。

犬をお伴に歩行の体験もさせてもらえる予定でしたが、昨日は雨がひどかったのでそれは中止。
とても残念!!

来年のカレンダーや、ストラップ、ピンバッジ、ポストカードの販売もあり、カレンダーとポストカードは何年も前から買っているので、ストラップなどを求めました。
このカレンダー、盲導犬たちの写真もステキだし、書き込み欄も広くて便利なんです

「日本ライトハウス 盲導犬チャリティカレンダー」で検索してみてください
グッズも買えます。

他にもボランティアの方が、昨日の催しのために作って下さったというすてきなクリスマスリースが一点あったので、友人へのプレゼントにと求めました。

盲人の方々の外出を助けるパートナーとして大切な盲導犬ですが、育成には時間も費用もかかるので、まだまだ必要としている皆さんに行き渡るまでにはなっていません。
ささやかな応援でも、積もり積もれば力になると思うので、これからも協力しようと思っています。

皆さまも、どうかよろしくお願いいたします


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

結果ご報告

2022年11月04日 | どんぐり屋のつぶやき
大学病院へ行ってきました。
がんばって目薬をさしつづけたので経過良好!  完治はしていないものの、網膜の腫れはかなり少なくなりました!!

注射は先生も好まれないようで、「早く治したかったら注射が良いけど、このまま目薬でもいいよ」と言ってくださったので、特に早く治したいわけでもないので目薬を続けることにしました。
ヤレヤレです。

ぼやけていた部分も元のように見えるようになったので、大丈夫と思います。
また、左目の飛蚊症以外の、ぼんやりとクロっぽい影について質問したら、「黒目の真ん中にあるので気になるやろうけど、ゴミが浮かんでるようなものやから3ヶ月くらいかかるけど、なおります」とのこと。
こちらもほっとしました。
かかりつけの先生に訴えても、何も答えていただけていなかったので・・・。
患者の訴えに、簡単でも答えをいただけると、ほっとしますね。忙しい先生方には面倒なことだと思いますが。

というわけで、次回の診察は12月28日です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真はミズヒキの花。
花の上下の色が紅白に分かれているので、この名前がついたそうです。

水引といっても、お若い方にはわからないかも?
昔は、物やお金を他人様に贈る時、お目出度い場合は紅白、不祝儀なら黄色か黒と白い色の組み合わせの紙製のひものような物を上から掛けたのです。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大阪も秋深し・・・

2022年10月28日 | どんぐり屋のつぶやき
表通りのトウカエデ、サクラが、きれいな色になってきました。

サクラの落ち葉って、押し葉にすると色あせてしますのでガッカリします。
何か良い方法がありますか?

今日は、近所のボランティアカフェで、古本を買ってきました。
『明日を開く50の言葉』(芸術生活社)
その中の1ページより。
失敗があるから成長もある
 
  どんな人にも失敗はあります。
  しかし失敗に学ぶ人と
  同じ失敗を繰り返す人とでは、
  その後の人生に大きな差がついてきます。
  (中略)
  失敗は成長のための大切な栄養素です。 

きっとどなたも「そうだ、そうだ」と思われることでしょう・・・
もしかして今日何か失敗しちゃった人、ガッカリしないでね!



コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

この蝶を見ると、秋深しと感じます

2022年10月23日 | どんぐり屋のつぶやき
そして、セイタカアワダチソウ! 秋のアレルギー鼻炎の原因がまだまだ続くのでつらいです。マスクが放せず、肺活量が少ない身には悩みの種。

右目は、見えにくい範囲が広くなってきたようで心配です。
来週は、網膜の専門医の診察があるので、もしかしたら注射?
まあ、覚悟しておきましょう。

飛蚊症も相変わらずですが、無視することにしています。
でも、まとまって現れてウロウロされると、足元が危なかったりするので、これまた困りもの。
老人が生きるのは大変です。
まあ、老人でなくても生きるのが大変な人はたくさんいらっしゃいますから、グチを言っててはダメですね!

Twitterでフォローしている中学生も、イジメやパニック障害で毎日生きているのが苦しそう。
家庭的にも過去からつらい事情が続いているようです。
おばあちゃまと二人暮らしのようですが、おばあちゃまもあまりそういったことへの理解が深いわけではなさそうなので、大変でしょうね。
母親とお兄さんが、別の所で暮らしていて、父親もまた別の所に居る。

自傷もしているし死にたい、消えたいと・・・
お医者さんにもかかっているらしいけれど、うまく相談に乗ってくれないようで、困ったものです。

私は専門家ではないので、フォローはなかなか難しいですが、できるだけ悲しみ苦しみに寄り添うことを心がけています。
励ましは無用と思いますので。

高校時代に、その頃にすでに生きる希望を無くしていた彼を自死で亡くし、何十年もかかってその喪失感や自分の無力感に私も負けそうになりながら、なんとか乗り越えてきたので、そういう人をTwitterとはいえフォローしていくことの危険さは承知しています。
それでもやっぱり、無視することはできない・・・・
私もまた、親子関係に原因する多くの傷を抱えて生きてきたからでしょう。

どう展開していくかはまったく解りませんが、自分の目とともに希望を捨てないで行こうと思っています。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

やっと気持ちが落ち着きました

2022年10月18日 | どんぐり屋のつぶやき
目について思い煩うことが多く、あまりに辛いので思い立ってある人を訪ねました。
今は転勤で、少し離れた所に勤務するメガネ専門店の店長さんです。

私がここへ転居してきてからずっとお世話になっていた人で、とても勉強家で色々な事を教えていただきました。
手術後初めてお目にかかったので、私の視力のことをとても心配してくださっていたことを知り、ありがたく思いました。

私は、見えない見えないと悩んでいるけれど、左目だけですが1.2~1.5見えているので、白内障の手術後にこんなに見える人は少ないですよ、とのこと。
まあ、その左が飛蚊症がひどくて辛いのですが・・・

右に関しては手術前から難しいことは解っていましたが、主治医も手術担当医も詳しい事は教えてくれませんでしたので、手術後の事については私は想像していなかったわけです。
どちらの先生にも予想が出来にくかったのかも知れませんね。

手術からやがて4ヶ月、そろそろ落ち着いてくるでしょうとのことで、後は右がどの程度まで見えるようになるのか、その結果次第・・・緑内障を抱えていることですしね。

とにもかくにも、こうしてパソコンもどうやら使えるし、新聞も読めますから贅沢は言えません。
白内障の手術と言っても、レンズを取り替えるだけなのですから、82歳なみの視力の衰えまで解消できるわけではありません。
その辺を肝に銘じて、贅沢をいうこと無く上手につきあっていかなくてはと、思えるようになりました。

信頼できる旧知の人と会えて、良く晴れた秋の日のような気分になれたのは、有難かったです。
このブログでも、いつも変わらず励ましてくださる方々がいらっしゃいますしね
頑張ります!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

写真は、近くでみつけたキレハノブドウの色づいた実です。
色の変化は、実の中に虫がはいると出来るのだとか。
葉っぱは、枚方に居るときには冷え込みがあったので、きれいな色に染まりましたが、今の住居周辺ではその色は見られないようです。ちょっと残念です。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

命ある限り

2022年10月13日 | どんぐり屋のつぶやき
相変わらず右目が改善せず、とても辛いです。
そして左は、視力はよく見えるのですが飛蚊症がひどく、時に気が狂いそうになることがあります。
でも、思い直します。もっと不自由でもしっかり頑張ってる人がたくさんいるじゃない! と。

そんな私を、今朝励ましてくれたもの。
もういつ寿命が終っても仕方ないといった風情で、草の茂みの中で頑張って花をつけているツユクサ。
羽根が少し破れて触角も片方しかないツマグロヒョウモンが、風に吹かれて揺れながら必死で花の蜜を吸っている姿・・・

明日への不安など感じることなく、精一杯生きている姿に、「あなたも頑張って!」と力をもらいました

>秋風 行きたい方へ 行けるところまで
             種田 山頭火


コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

父を信じて

2022年10月09日 | どんぐり屋のつぶやき
何度も書きましたので覚えてくださっている方もいらっしゃるかと思いますが、
人生は、なるようにしかならんもの。しかし、何とかなっていくものでもあるよ」という父の言葉を思いだして、心の中の父に手を合わせています。

大学時代の親友が、事故で片足切断の手術をしたときに、父が書き送った手紙の中の言葉です。
奥様が覚えていてくださり、私が子供と老親を抱えて食うや食わずの苦しい生活をしていたときに、「主人の事故の時に、お父様からこんな言葉で励まされました」と書き送ってくださって、私も座右の銘にしてきた言葉です。

明治時代に鹿児島の片田舎に産まれ、大正時代に頑張って東京の大学へ進学。そこで就職しました。想像するだけでも、どんなに多くの苦労や悲しみや悔しさがあったことかと・・・

白内障の手術の後遺症で苦しんでいますが、父はきっと空の上から応援してくれていることと思います。
頑張らないと叱られそうです!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真は昨年の今頃の空です。

>秋の雲静かに流れ 亡き父の励ましくれる声が聞こえる
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする