ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

【半月板損傷】 退院から抜糸、入浴OKまで

2020-01-19 23:37:40 | 膝半月板損傷

膝の半月板損傷手術の退院後のリポートです。

私の手術は右膝で、膝の表側の2カ所をそれぞれ横1cmほど切った所から内視鏡を入れ、全身麻酔で行なわれました。

 

 

切った箇所をわかりやすく青のラインでマークしてみました。

上は手術翌日の写真です。

 

退院の際には、この包帯は取れ、膝に長方形の大きな防水性の絆創膏を貼られました。

 

入浴は、シャワーはOKだけど、浴槽に入るのはNGです。

絆創膏の箇所は、シャワーがかかっても問題ないと言われました。

絆創膏は無理に剥がさず、自然に取れてくるようなら取り、同じような絆創膏をドラッグストアなどで買って貼ってください、とのこと。

 

この絆創膏がかなり強力で、水をしっかりシャットアウト!

まったく剥がれる様子がなく、だんだんとかぶれが気になってきたので、絆創膏の端っこを少し浮かしながらシャワーして、ペロンと問題なく取り去りました。

 

手術後しばらくはシャワーだけで、浴槽に入れない、というのはわかっていたので、できれば冬の手術は避けたかったのですが、今回は早く済ませることを最優先しました。

 

いや、本当に、震えながらシャワーしました。

温度は普段より高めにしたり、時間の都合がつけば昼間に入ったり。

ですから、晴れて浴槽に漬かれた日は感動モノでした(笑)

 

浴槽OKが出たのは、抜糸の翌日からでした。

膝半月板切除手術の場合、抜糸は術後10日から2週間後くらいです。

私は年末でしたので、病院が休みに入るギリギリ前で、術後10日目でした。

手術は隣県の病院で受けましたが(手術スケジュールが空いていなかったため)、抜糸は地元の大学病院(こちらが元々の病院)で、執刀医であり担当医によって行なわれました。

 

黒い糸で、それぞれ2針縫われていましたが、それをパチパチとハサミで切り、ピンセットでピッと抜き取ります。

抜く時はピリッと一瞬痛みがあります。

ああ、ようやくです。

 

(続きます)

 

 

 

コメント

今日は雪が舞いました~

2020-01-18 20:57:51 | 雑記

お寒うございます 

 

私の方では、午前中にが舞いました。

とはいえ、積もるほどではなかったのですが、そのせいで暖房をつけても冷え冷えで、「手が冷たくて仕方ない」と母が言うので、以前に紹介した、秘蔵のマフ(本来はあったか枕)を母に貸しました。

 

 

これ、両脇から手を入れると、中がふわふわであったかいんですよね~

しかも、ダイソーで200円 

今年の冬は暖冬とはいいますが、冷え込んだ日にはオススメの、私の中ではこの冬の大ヒットグッズです。

 

しかし、昔から、共通一次試験、センター試験の時にはなぜか雪が降りますよね。

試験は明日もありますが、明日は暖かくなるようで、でも、会場によっては寒いところもありますので、万全の寒さ対策をしてお出かけください。

体調万全で、実力を発揮できますように 

 

 

 

コメント

カップ酒を飲み比べーその3

2020-01-17 10:00:27 | ワイン&酒

好評?「カップ酒」飲み比べシリーズ()

 

3弾は、いよいよ本家の「ワンカップ大関」が登場です 

 

左)上撰 金冠 ワンカップ180ml)  右)ワンカップ 淡麗辛口200ml

大関株式会社(兵庫県西宮市)

 

左が基本のワンカップ大関ですが、商品名は「上撰 金冠 ワンカップ」なんですね。

 

ちなみに、「ワンカップ」は、大関株式会社の登録商標なので、他では使えません。

つまり、第1弾、第2弾で取り上げた他社の酒は、「カップ酒」/「コップ酒」としか呼べないんです。

 

 

 

「上撰 金冠 ワンカップ」は、アルコール度数15%、日本酒度±0、酸度1.4で、味わいは「普通~やや淡麗」。

 

「ワンカップ 淡麗辛口」は、アルコール度数13%、日本酒度+5、酸度1.1で、味わいは「淡麗辛口」。

 

 

例によって、温度を変えながら飲み比べます。

 

「上撰 金冠 ワンカップ」は、冷やで飲んで旨い!

これはよくできています。

お燗もオススメとありましたが、アツアツよりは、ほどよいぬるめの方が旨味、広がりを感じました。

 

「ワンカップ 淡麗辛口」は、冷やだとあっさり軽く、「上撰 金冠 ワンカップ」との違いがはっきりわかります。

冷やだと物足りなく感じたので、お燗したところ、ボディが出てきました。

これは、アツアツすぎない程度の、やや熱めくらいが好みかな。

 

 

「上撰 金冠 ワンカップ」は 180mlで、希望小売価格が218

「ワンカップ 淡麗辛口」は 200mlで、希望小売価格が 157

 

量が少ない方が高いって、どういうこと?と最初は思いましたが、飲んで納得。

味わいは「上撰 金冠 ワンカップ」の方がコクがあり、完成されたバランスで、飲み飽きません。

さすが、練りに練って開発された商品だけあります。

 

結論としては、本家「ワンカップ」は、やっぱりうまかった!です 

 

 

ワンカップ大関の歴史を調べると、「ヤング層をターゲットに」東京オリンピック開催の19641010日に誕生していました。

「ヤング層」(昭和の表現ですね)とは思いませんでしたけれど()

 

2019年で誕生から55年、今年2020年はふたたび東京オリンピックの年ですから、なにか特別バージョンのワンカップが発売されそうな気もします。

期待していいでしょうか 

 

 [参考]

カップ酒を飲み比べーその1 

https://blog.goo.ne.jp/may_w/e/fa7f252b8497a5e94a5221ecae73fe15

 

カップ酒を飲み比べーその2

https://blog.goo.ne.jp/may_w/e/05cbe9d8eccfa0efb4f58a34edc5fe98


 

コメント (1)

古い友人の訃報に涙…

2020-01-16 22:43:21 | 雑記

本日かかってきた大学時代のサークルの友人からの電話は、同じサークルにいた別の友人の訃報でした。

その友人とは、卒業以来、おそらく会っていないかもしれません。

だから、私の記憶にあるのは、学生時代のどことなくはにかんだような笑顔。

口数があまり多い人ではなかったけれど、彼女、Y.Uさんの傍は、とても居心地が良かったなぁ…

彼女とハグすると、ほっこりしました。

あまりにも早すぎますよ。。。

 

急な連絡だったので、行けませんが、本日が通夜、明日が告別式。

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

コメント

ひとまず一段落です(仮)

2020-01-15 23:32:18 | 雑記

このところ、「わき道にそれますが」というのが多かったですが、それは原稿の締め切りがあったからでした。

本日までに原稿3本。

さきほどようやく提出しました 

 

これで肩の荷が少し下りましたが、昨年から滞っている原稿も何本か残っているので、まだまだ気が抜けません。

 

明日は久しぶりに何かワインを開けようと思っています。

まあ、日本酒のカップ酒は飲んでいましたけれど()

 

 

先週食べた、今年初の道明寺の桜餅&うぐいすあんの鶯餅

和菓子って、季節を先取りしてますよね。

なんか、元気が出ます 

 

 

 

コメント

カップ酒を飲み比べーその2

2020-01-14 18:20:03 | ワイン&酒

カップ酒を飲み比べーその1 からの第2弾です  

 

今回はこちらの2アイテムを紹介します。

 

左)日本盛 サカリカップ300ml) 右)白鹿 鹿カップ200ml

 

カップ酒って、300mlサイズもあるんですね!

 

 

サカリカップにはプラスティックキャップが付いていましたが、鹿カップには付いていませんでした。

これは飲み切れ、ということですね()

 

1弾の時の「まる」のキャップがありますので、それを使って問題解決です。

飲み終わった後のカップは計量(200ml)にも、他の用途にも使えますので、キャップとともにいくつか残しておくのがいいですね。

 

 

いよいよ飲み比べです!

 

アルコール度数が軽い方の「鹿カップ」から、まずは冷酒でいただきます。

こちらはアルコール度数13-14度で、日本酒度±0、酸度1.2

製法は、白米を丁寧に蒸し上げる、「白鹿伝承蒸米仕込」。

 

「鹿」を冷やで飲むと、あっさり軽く、少し物足りない感じでした。

そこでお燗をして飲んでみると、ボディがふっくらとしてきます。

やや熱めの燗が私の好みでした。

 

「サカリカップ」はアルコール度数14-15度、日本酒度+5.0、酸度1.0です。

冷やで飲んでみると、やはり「鹿」よりも少し厚みを感じますが、それでも軽やかです。

が、お燗をすると、こちらはもっと開き、厚みを増します。

味わいとしては「淡麗辛口」ですが、淡麗辛口は私にはあっさりに感じることが多いので、そんな時はお燗 

 

ちなみに、サカリカップのデザインは昨秋にリニューアルされ、日本盛のHPでは新しいパッケージが掲載されていました。

 

「日本盛」は兵庫県西宮市に本社と工場があり、「白鹿」も兵庫県西宮市です。

「白鹿」の屋号は「辰馬本家酒造株式会社」で、社長の苗字は辰馬(たつうま)さん。

辰と馬から、なぜ「白鹿」になったのか、気になりました()

 

私が購入した店では、鹿カップ(希望小売価格145円)が99円!(税別)、サカリカップ(同220円)が178円でした。

鹿カップ、安いですね~ 

 

まだ続きます…  

 

コメント (1)

なにかと話題のdショップで…

2020-01-13 21:52:37 | 雑記

またまたわき道にそれますが、先週行った携帯電話のdショップで、久しぶりに良い対応をしてもらい、気分が良くなりました。

 

行ったキッカケは…

携帯電話の料金をチェックしていたら、11月がいつもの5倍!?

明細を見ると、海外パケホの金額がすごいことになってました。

 

たしかに11月は海外出張に行きましたが、出先では電話をほとんど使っていないですし、携帯メールも1本くらいしか利用していません。

ちなみに、私の携帯はガラホで、wifi接続できる機種です。

この利用状況で、こんなに金額がかさむもの?

腑に落ちなかったので、ネット予約してdショップに行ってきました。

 

対応してくれたのは、20代前半くらいの若い女性でした。

利用明細を見せ、海外での利用状況を説明すると、「ネットワーク設定」についての私の勘違いが今になって発覚しました。

 

海外では、ネットワーク設定をONにしていましたが、ONにしなくても通話とSMSは普通にできるとのこと。

ONにすると、携帯メール送信ができるのはもちろん、アプリなどのプログラム更新がその都度実行され、実行分のネットワーク使用量がかかることになります。海外滞在中にプログラム更新がたまたま実行されると、私のように悲惨なことになるのだそうです。

 

ということで、その女性スタッフさんは、私の使い方に適した、時間単位で利用料を選べるプラン(事前登録が必要、ただし登録は無料)を提案してくれました。

 

つまり、メールを使わないならネットワーク設定はONにせず、必要な時にだけプランを選びます。

プランは、1時間200円、24時間980円、etc...とあり、その時間が過ぎると自動的に切断されるそうなので、使い過ぎが避けられます。

 

あ~、これならいいですね。

メールは、wifiがあれば、ipod-touchを使っての送受信も可能ですから、今後は、ネットワーク設定をONにすることはほぼないと思われます。

海外でのSMSは、送信側は1100円、受信側は無料なので、場合によっては、SMSを使えば安く済みます。

 

料金を抑える相談をしたのに、とても丁寧に調べ、対応してくれたこの若い女性スタッフさんの態度がとても素晴らしく、いつもはちょっと不満に感じていたdショップでしたが、彼女のおかげで評価が上がりました 

 


 

PCの方ですが、今の私の壁紙は、大好きなパン屋さんのパン・オ・レザン  

 

コメント

カップ酒を飲み比べーその1

2020-01-12 17:55:00 | ワイン&酒

スーパーの酒売り場を覗くたび、いつも気になっていたことがありまして、新しい年になったことでもあるし、やってみました。

 

はい、日本酒の「カップ酒」の飲み比べです()

 

カップ酒って年配男性のイメージがあり、なんだか手を出しにくかったんですよね。

でも、一度は飲んでみたかったので、色々買って、飲み比べをすることにしました。

 

まずは、兵庫県は灘の「白鶴酒造」です。

 

左から)

白鶴 上撰 御神酒180ml)/ 白鶴 まる200ml)/ 白鶴 まる 辛口200ml

 

最初のキッカケは「白鶴 上撰 御神酒」(おみき)を店で見かけたことで、お正月らしく、日本酒でも飲んでみようかしら…と、まずはこれを手に取りました。

その後、棚を見ると、白鶴酒造のワンカップタイプ「まる」があり、「まる 辛口」なんていう商品もある!

これはもう、飲み比べるしかないじゃないですか?()

 

 

まずは、「まる」「まる 辛口」の飲み比べです。

 

2つともアルコール度数は1314と変わりませんが、「日本酒度」「酸度」が異なります。

 

「日本酒度」は甘辛度で、プラスの数値が大きいほど淡麗辛口の度合いが強くなり、マイナスの数値が大きいほど甘さの度合いが濃厚になります。

「酸度」は、有機酸の相対量を表し、日本酒度の数値が同じ時は、酸度が高いと辛口が強く濃くなり、酸度が低いと甘みと淡麗さを感じるそうです。

 

「まる」の日本酒度は+1、酸度1.2、「まる 辛口」の日本酒度は+6、酸度1.3

数値を見ると、たしかに「まる 辛口」の方が辛口のようですよね。

 

まずは冷やして飲んでみました。

「まる 辛口」は、たしかに淡麗辛口です。

が、この2つを冷酒で飲み比べると、通常の「まる」の方がふっくらとした口当たりで、ほわっと口の中に広がり、うまみを感じますが、「辛口」の方はそっけない感じがしました。

 

実は「まる」の方は、インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019のSAKE普通酒部門でシルバーメダル

TVのCMでもよく見る、ごくごく普通の酒だと思っていましたが、意外とやるもんですね()

 

 

冷酒状態では「まる 辛口」があまりにもそっけなかったので、次はどちらもお燗をしてみました。

HPでは、どちらも、冷酒、ぬる燗、上燗(45-50度くらい)がオススメとのこと。

 

「まる 辛口」をお燗すると、特に私は温度高めの上燗が、よりおいしく感じました。

キリッとした骨格と厚みが出ます。

 

「まる」もお燗で、よりふわっと開きます。

温度は高めからスタートし、自分の好みを探りながら飲むのがいいかな。

 

 

 

「白鶴 上撰 御神酒」は、正月用商品に「金箔入り」があるみたいなのですが、これには金箔は入っていません。

アルコール度数1516%、日本酒度+1、酸度1.4というスペックです。

 

想像していた通り、3つの中ではこれがダントツに好みでした。

コクがあり、おいしい~

日本酒度は「まる」と同じですが、酸度が少し高いので、より濃く辛く感じるようになっています。

 

「上撰 御神酒」を冷酒で飲むと、より繊細さ、透明感を感じます。

お燗をすると、力強さ、厚みが出てきます。

これはもう、その時の気分次第でしょうかしらね…

 

価格は、「白鶴 上撰 御神酒」が200円少々、「まる」2種が130円前後。

3本買ってもワンコインという素晴らしいコストパフォーマンス 

やりますなぁ~()

 

さてと、また別銘柄のカップ酒の飲み比べへと続きます 

 

コメント (2)

抹茶バージョンのマーブル模様のチーズ伊達巻

2020-01-11 22:38:46 | 甘いもん

少し前のことになりますが、年明けにスーパーに行ったら、お正月用の食品がまだ置いてあるコーナーがあり、そこで お気に入りの蒲鉾屋さんの伊達巻を発見!

 

マーブル模様のチーズ抹茶伊達巻  新潟マルス蒲鉾(新潟県新潟市)

 

元から伊達巻は大好きなので、伊達巻が色々と出回る年末は私にはとても嬉しい季節なのです。

今年のお正月は、上を含めて3本の伊達巻を買いました()

 

新潟マルス蒲鉾の伊達巻は過去に何本か食べていますが、特にお気に入りなのが、「マーブル模様のチーズ伊達巻」です。

みっちり詰まった伊達巻にクリームチーズが混ぜ込まれ、ねっとり濃厚なチーズケーキのようなんです。

それの抹茶バージョンなら、試してみたいですよね?

 

 長さ13㎝くらい?  重さ190g  カロリー 392kcal

 

 

表面はまさしく「茶色」ですが、切ってみると「抹茶色」でした。

白く見える部分がクリームチーズです。

 

食べてみると、抹茶の入らない普通バージョンよりも甘さが抑えられていて、ねっとり感はあまりなく、さっぱりめ。

抹茶が作用しているからでしょうか。

 

ここのチーズ伊達巻ならではのねっとりした甘さを期待していた私には、少しパンチが物足りなく感じました。

ああ、やっぱり、いつもの「マーブル模様のチーズ伊達巻」が恋しい。。。

とはいっても、この抹茶バージョンもレベルは高いんですけどね。


 

[参考] リンデのドイツパン&まるでスイーツ!チーズ伊達巻

https://blog.goo.ne.jp/may_w/e/0e6c7c8494d6235e34206c0ce950e093

 

コメント

ダイソーの400円時計を買ってみました

2020-01-10 16:20:42 | 雑記

今日もわき道にそれた話で恐縮ですが…

 

自室で使っていた掛け時計が動かなくなり、電池交換してもダメでした。

時計の裏に電池交換の記録を付箋で貼っているのですが、それによると、この時計を買って10年近くがたっているみたいです。

10年使えば仕方ないでしょうかね。

 

しかし、部屋に時計がないと不便です。

1階の廊下にある掛け時計を一時的に持ってきましたが、母から文句が出たので、早急に調達しなければなりません。

 

納得のいく時計を買うには、ホームセンターを回ったりとか、ネットで調べたりとか、時間が必要ですが、今はあまり余裕がないので、ひとまず100均に頼ることにしました。

ネットで調べると、100均時計のムーブメントも悪くなさそうなんです。

であれば、とりあえず100均で急場をしのぎ、後でじっくり選ぶことにしましょう。

 

私が使っていた掛け時計は、直径30㎝ほどのシンプルなものでした。

 

 

ダイソーに行くと、私の時計によく似た直径30cmの商品があり、値段は400

一回り小さいサイズで300円の商品もありましたが、大きい方が見やすいので、ひとまず400円のこちらを買ってみました。

 

電池は別売りなので、単三電池1個を入れ、自室にセットしてみると…

 

秒針の音がかなり大きい!

 

デスクのすぐ斜め上に掛けたところ、カチコチ鳴る音量が気になりすぎてダメです。

この音の大きさは寝る時にも耳に付きそうです。

 

そこで、このダイソー時計は1階の廊下に移動させ、1階の廊下に掛かっていた時計を自室に持ってきました。

こちらだと音が静かで、ほっとします。

とはいえ、この廊下から持ってきた時計はけっこう古いので、近いうちに次候補を探しておかないと、です。

 

このダイソーの400円時計、文字盤が大きくて見やすくて、音以外はほぼ満点だと思います。

音の大きさが気にならない方や、ある程度の雑音のある場所で使う場合にはいいと思いますが、書斎や寝室で使おうとしている方はご注意を~

 

 

ということで、この時計は今、大きな音でも問題のない廊下でカチコチ動いています(笑)

 

 

コメント

この冬に活躍中のぬくぬくオススメグッズ

2020-01-09 21:34:01 | 雑記

膝手術リポートのインターバルをいただき、脱力投稿です(笑)

今日は、この冬に買って活躍中のあったかグッズを紹介します。

 

ウルトラライトダウン コンパクトベスト(ユニクロ)

マフDAISO) ※200円商品

 

ユニクロのウルトラライトダウンは冬の定番中の定番ですが、今年わたしが追加したのは、コンパクトベスト

普通に着るのはもちろん、インナーに着られ、荷物としてもコンパクトにまとまり、女性用Sサイズで100gという超軽量!(ちゃんと計量しましたよ~)

 

これだけコンパクト&軽量だと、トートバッグに入れて持ち歩けますので、外出先で急に寒くなったりした時に役立ちます。

 

荷物を軽くしたい旅行時にも、これは超便利!

冬だけでなく、まだ肌寒さが残る春先、急に冷え込んだ秋口など、使えるシーンは多いです。

 

コンパクトベストはすでに持っていましたが、別メーカーのスタンド襟でファスナー式Mサイズ130g。

よくスーツケースや手荷物に入れていましたが、ユニクロの100gは最強!()

 

 

あともうひとつ紹介したチェック柄のマフは、両サイドから手を入れられるようになっていて、かつ、デスクで昼寝する際の枕にもなるというスグレモノ()

ロシアの冬の服装を写真などで見ると、もふもふの手袋のような、毛皮のようなものに両手を差し込んでいますが、あれは「マフ」というものらしいです。

上の写真の商品は、商品名は別のものが付いていましたが、役割はまさしくマフ。

 

私はこれをデスクのPCを使う時に、膝の上に置いています。

手が冷たくなった時、ひとやすみしたい時、マフに両手を差し込みます。

これ、中がふわふわで、あったかいんです。

 

また、マフを載せていると、膝の上があったかくなります。

マフの上に手を置くだけでも、いい感じ。

腰の方に置けば、クッションにもなります。

 

これで200円は、いい働きをしていると思います 

 

コメント

【膝半月板損傷】 いよいよ退院!

2020-01-08 15:47:16 | 膝半月板損傷

(この前から読みたい方は下記もどうぞ)

 

【膝半月板損傷】損傷から入院まで

https://blog.goo.ne.jp/may_w/e/df82d290935b83f653a8422ca343d2b8

 

【膝半月板損傷】入院、そして手術!

https://blog.goo.ne.jp/may_w/e/904ad5460783b5ffd2a5d16bea97e09a

 

 

思い出したことがあったので、手術後の状況を少し補足しますね。

 

全身麻酔での手術が終わり、病室に戻ったところで目が覚め、時計を見ると、1605

手術室に入ったのが1440くらいで、それから麻酔をかけられなので、手術の所要時間は1時間以内、といったところでしょうか。

 

病室で目が覚めた段階では、心電図、酸素マスクがまだ付いていて、手術着のままです。

手術した右膝の下には毛布があり、右足は少し高く置かれていました。

 

痛み止めを点滴から入れてもらい、落ち着いてきた17時過ぎには心電図、酸素マスクが外されました。

痛み止めが終わると、今度は抗生剤の点滴です。

 

必要な点滴が一通り終わると、手術着から病衣(院内用パジャマ)に着替えました。

この頃には、少しだけなら水を飲んでいいと言われ、うがいをして、水も少し飲みました。

洗顔はさすがにできないので、看護師さんが持ってきてくれた温かいウエットタオルで、顔、首、手が届く範囲を拭きました。

 

トイレは車椅子で看護師さんに連れて行ってもらった、と前回書きましたが、病室にもトイレがあり、私のベッドからはとても近かったので、明け方には、点滴のスタンドを杖にして、こわごわと歩いて行ってみました。

さすがに膝に負荷がかかる感じ。


 

朝になり、38時間ぶりの食事()

 

ご飯、高野豆腐の卵とじ、しらす青菜和え、みそ汁、ふりかけ、牛乳

 

青菜和えの味がほとんどなく、どうしようと思ったら、「ふりかけ」がありました!

「ふりかけ」を調味料として使うと、もっさりとした味付けにメリハリが出ます()

 

食事が終わる時間帯には、近場をだいぶ歩けるようになってきました。

痛みも落ち着いてきましたが、右膝の上がぼわ~っと大きく腫れ、熱を持っています。

 

 

 お見苦しいですが、参考までに、右膝はこんな様子です。

 

医師の回診後、眠くなってきたので、持参したスティックコーヒーを眠気覚ましに飲もうと、点滴のスタンドを引きずりながらお湯をもらいに行きました。

この後、いったん点滴が外れて自由の身となりましたが、再度点滴につながれ、でも、昼食が済む頃には点滴が終了しました!

 

昼食は、以前も紹介したナポリタン。

ナポリタン(ウインナー、マッシュルーム、玉ねぎ、ピーマン)、コンソメスープ(人参、ピーマン)、チーズサラダ(ブロッコリー、玉ねぎ、キュウリ)、ミルクティーゼリー

 

このナポリタン、パサパサで食べにくく、大昔風() しかも量が多い!

さすがに残しましたよ…

 

この頃には、もう、病棟内をあちこち歩き回っていました。

これならもう退院できるんじゃない?

そこで、午後に検温、血圧チェックに来た看護師さんに、「もうだいぶ歩けるので、明日に退院できないでしょうか?」と希望を伝えました。

退院には医師の判断が必要ですが、早いうちから希望を伝えておくのは大事です。

 

夕方には、療法士さんによるリハビリルームでのリハビリもありました(約30分)。

この療法士のSさんが、20代くらいの若いテキパキとした女性で、初日にも会いましたが、とても感じのいい人でした。

Sさんには、とてもていねいにリハビリをしてもらえました。感謝 

 

夕飯後は、持参のほうじ茶ラテでほっとひといき。

膝の手術ですから、手術前後の制限以外は飲食の制限がないため、こうしてコーヒーを飲めてよかったです。

お湯をもらいにいくのが面倒ですが、ヒマすぎる入院生活なので、苦になりません()

 

 

翌朝、医師の回診があり、手術の傷を見て「退院したいんですよね?いいですよ」と言われました。

ああ、ようやくです 

 

グルグル巻いていた包帯は剥がされ、消毒の後、水を通さない大きな四角い絆創膏が貼られました。

 

右膝はまだ大きく腫れていて、熱も持っています。

術後はずっと保冷剤で冷やしていましたが、退院したら、温めすぎないようにしなければ!

入浴は、シャワーはOKですが、浴槽にはまだ入らないでください、とのこと。

抜糸がまだですからね。

 

看護師さんによると、車の運転も、自転車も、しばらくはしないで様子を見た方がよいとのこと。

外を歩くときは、を持つ方が、まわりから注意してもらえるそうです。

杖は父が使っていたものがあるので、それを活用します。

 

会計を済ませ、いよいよ退院。

退院時には友人が車で迎えに来れるかも、と言ってくれていましたが、電話がつながらなかったので、自力で帰ることにしました。

 

松葉杖だったら迷いなくタクシーでした。

が、機内持ち込みサイズの超軽量ソフトスーツケースひとつしか荷物はなく、病院から最寄り駅は徒歩数分と近いのです。

電車を3本乗り継ぐルートは、すべてバリアフリーであることは、入院の時に確認済みです。

しかも、お昼前と、乗客が最も少ない時間帯でしたので、練習のつもりで、電車で帰ることにしました。

途中でダメだと思ったら、そこからタクシーを使えばいいですしね。

 

ということで、病院を出て最寄り駅まで歩き、1本目の電車は空席がなくて立っていたものの、一駅だけの乗車だったので問題なし。

乗り継いだ2本の電車はガラ空きで、バスも座れ、帰宅したのは13時過ぎ頃 

 


今回は、結局、34日の入院でした。

手術した翌々日には退院できたのは、早い方だと思います。

 

医師や看護師さんからよく言われたのが、「若いから」という言葉でした。

親世代の7080代の患者さんの中にいれば、私はかなり「若い」患者みたいです()

 

この「若さ」は、退院後の経過にも影響したようです。

 

(続く)

 

コメント

【膝半月板損傷】 入院、そして手術!

2020-01-07 12:30:32 | 膝半月板損傷

(前回) 【膝半月板損傷】損傷から入院まで

 

入院前検査から1週間後、いよいよ入院の日がやってきました。

大学病院を紹介され、初診察からわずか2週間後というスピード展開です!

 

私が受ける手術は、半月板を縫合できるケースであれば縫合するが、縫合できない場合は切除する、というものでした。

今後のことを考えれば、「切除」より「縫合」の方が望ましいのですが、実際に半月板の状態を見てみないとわからないとのこと。

私は「縫合」がいいと思っていましたが、術後は「縫合」の方が大変で、縫合個所が離れないように足が固定され、入院期間も長くなり、退院したら松葉杖生活です。

「切除」の術後は楽で、翌日から普通に歩けるとのこと。

さて、どちらになるか?

 

以下は、私が入院、手術した病院でのことです。

病院によって、入院、手術までの過程が異なると思いますので、ご承知おきください。

 

 

私が入院する病院は隣県の地方都市の総合病院で、入院前検査の時には自分で運転して行きましたが、入院の際には電車を3本乗り継いで行きました。退院直後は自分で運転できませんからね。

 

病院の入退院窓口で手続きを終え、担当看護師さんの案内で、整形外科病棟に向かいます。

私の病室は4人部屋で、7080代くらいの高齢女性ばかり。

他の病室も、高齢の患者さんが多いようです。

 

指定の病衣に着替え、血圧や体温の計測を終えると、もうすることがありません。

リハビリ担当という療法士さんが来て、私の膝の現在の可動域や曲がり方をチェックしてもらうと、またヒマな時間になります。

 

暇つぶしに持ってきた雑誌を読んだりしているうちに、シャワーの案内が来ました。

手術は入院した翌日になるので、手術を控えた人は前日にシャワーに入ります。

 

シャワーを浴び、洗髪し、メイクも落とし、いよいよスッピンに()

そうこうしているうちに、入院して初の食事タイム、夕飯がやってきました 

 

 

ご飯、ホッケの蒲焼き、カニカマとキャベツ、おかか炒め(ほうれん草、人参)、ほうじ茶

 

さすが病院食。そっけないです 

これなら入院中に痩せそう?()

 

 

消灯時間の21時には、下剤の錠剤を飲むように渡されました。

 

21時以降は飲食禁止で、指定された経口補水液だけを口にすることができます

この経口補水液を、朝9時までの12時間のうちに1リットル(500ml2本)飲まねばなりません。

そんなに飲んだらトイレが心配になりますが、経口補水液って、不思議なことに、これだけたくさん飲んでも、尿として排出されるのが非常に少なく、これにはビックリでした。

経口補水液の水分は身体の細胞の隅々に行き渡るようになっている?ので、尿としては排出されにくいものなんでしょうかしらね?

ちなみに、この経口補水液は、自分で用意するよう事前に言われていたもので、私は「OS-1」(大塚製薬)500ml2本、ドラッグストアで買ってきました。 


 

手術当日の朝、当然ですが、食事はありません。

9時に経口補水液を飲み終わった後は、水さえも口にできません。

 

ですが、経口補水液は少し甘い味がついていて、口の中がスッキリしなかったので、歯磨きはしました。病院側からの説明でも、朝の歯磨きと洗顔はしてください、とありました。口の中をうがいできただけでもサッパリします。

 

朝の担当医師の回診後に、いよいよ点滴が始まりました。

その後、麻酔医の訪問があり、麻酔の手順の説明を受けます。

膝の手術なのに、なんと、全身麻酔です。

 

この後、手術時刻が告げられ、15時からとのこと。

その後にも薬剤師さん(術後に飲む薬の説明)や、手術担当看護師さん(手術の手順の説明)訪問がありましたが、それが過ぎるとすることもないので、相変わらずヒマな時間が続きます…

 

手術時間が近づくと、胃を守るための薬を点滴から注入されました。

そのせいで、少しむせます。(よくあるそうです)

 

よく、手術前には浣腸しますが、私の場合は手術時間が1時間ほどと短いのでナシでした。

手術着に着替え、手術しない方の左足に圧力ソックスを履きます。血栓防止のためです。

そしていよいよ、看護師さんと一緒に手術室に自分で歩いて移動します。

 

ヘアキャップを被り、処置台に上がり、心電図のクリップ、酸素マスクを付けます。

この時に、看護師さんから、肌がキレイと褒められました()

そんな会話をしてましたが、気付くと、手術が終わってました!

 

右膝の表側2か所を1㎝ほど切り、そこから内視鏡を入れての手術です。

手術時間は約1時間。

術後は、家族に説明があるのですが、私の場合は家族が来られなかったので詳しい内容がわからず、「半月板を切除した」とだけ聞きました。つまり、松葉杖は使わず、翌日から歩ける、という方です。

 

病室に戻ってからは、麻酔のせいでウトウトしていましたが、麻酔が切れると手術した場所が痛くなってきたので、痛み止めを点滴から入れてもらいました。

切った後の痛みは、以前に別の手術でも経験しているので、「痛いと思ったらすぐ痛み止めをもらう」と決めていました。ガマンする必要はありません。

ただ、次の痛み止めを使うには、ある程度の時間(薬によって違う)を開けないといけないので、その時間を看護師さんに確認しました。

 

膝は包帯でグルグル巻きで、腫れて熱を持っているので、氷で冷やされていました。

 

こうした手術の時って、尿管を入れられることが多いですが、「尿管は?」と訊くと、「付けてません」とのこと。

尿管は違和感があるし、少し痛いので、付けられなかったのはラッキーでしたが、ということは、自分でトイレに行かねばなりません。

看護師さんからは、「まだ歩かないでください。行きたい時は車椅子にしますので、ナースコールを押してください」と言われたので、何回かナースコールしました。

 

こうして、手術日の夜が過ぎていきました。

 

(続く)

 

コメント

【膝半月板損傷】損傷から入院まで

2020-01-06 14:55:55 | 膝半月板損傷

201912月に手術した、右膝半月板損傷手術について、同じ症状の方の参考になればと思い、何回かに分けてリポートします。

 

20194月に、外出先で階段から転落して膝を痛めたのが発端です。

 

右膝の内側の痛みが強く、正座ができない状態でしたが、GWには痛みが落ち着き、その後に出かけた海外出張先では、まったく痛みはありませんでした。

 

そうして、夏、秋を迎え、膝の痛みのことはすっかり過去のことになっていました。

 

が、10月後半に、自転車の鍵をうっかり紛失してしまい、鍵のかかった状態の自転車を引きずって運んだことがありました。

翌日に自転車を見ると、後輪のタイヤがボロボロ。

自転車屋さんに運ぶと、タイヤだけでなく、枠もガタガタとのことで、修理代は7000円!

 

後になって考えれば、自転車はそのまま置いてタクシーで帰宅し、家にある合鍵を持って翌日にでもバスなどで取りに行けば良かったんですよね。

タクシーだったら1000円少々なのに、その時は気付かないものですね 

 

そうして無理に自転車を運んだせいなのか、その後ほどなくして膝の痛みがまた出てきました。

ただ痛いだけでなく、正座ができなくなり、逆にピンと伸ばしても痛みがあります。

膝の裏側にも引きつれた感じがあります。

しばらく様子をみても良くなりそうにないので、地元の友人が推薦する整形外科に行くことにしました。

 

整形外科でレントゲンを撮っても問題なかったため、MRIも撮りますか?と訊かれたので、紹介された隣市の総合病院で後日MRIを撮ったところ、「右膝の半月板水平断裂」と判明!

手術を希望するならと、家からも比較的近い大学病院を紹介してもらいました。

12月初旬に大学病院に行き、ここでまたレントゲンを撮ると、前から問題のあった左の股関節の悪さを指摘されました。それをかばうと反対側の膝に負担がかかるため、右膝を痛めた原因のひとつになっているのでは、とのことでした。

先日、TVで芸人さんが、マラソンを完走して膝の半月板を損傷した、と言っていました。え?そんなことでも半月板損傷するの?と驚きましたが、40、50代になってくると、ランニングで膝を痛める人は多いようですから、いつもと違うような負担がかかる時は要注意、ですね。

 

とにかく、まずは右膝の半月板損傷をどうにかしないといけません。

手術を希望すると、その大学病院では、年明け3月以降にならないと手術の空きがないと言われ、診察してくれた医師(30代男性)が週1日だけ診察しているという隣県の系列病院を紹介されました。

遠い!けれど、春まで待っていられませんからね…

 

 

翌週、手術前検査のために隣県の病院まで行き(道に迷いながら車で約1時間)、血液&尿検査、心電図、肺活量などなどのメニューをこなし、医師の診察も再度受け、看護師さんから入院準備の説明を聞き、書類関係(手術同意書など)をもらってきました。

 

いよいよ、次の週に入院、手術です。

 

 

入院中の食事はこんな感じ。

ご飯、鯖の南部焼き(黒ごま)、卯の花和え、漬物、お茶。

これで614kcal、食塩2.1g

 

(続く)

 

コメント

縁起物の「ふくひれ酒」をワンカップで(笑)

2020-01-05 22:04:23 | ワイン&酒

今日は新年初の買い物に行ったのですが、スーパーの酒コーナーでこれを見つけ、季節の限定品で、売り切れ御免と書かれていたので、買ってきました。

紙箱入りのワンパック酒です。

 

黄桜 春帆楼 ふくのひれ酒カップ 180ml

 

なんと、「とらふくのひれ」入り!

山口県下関の高級ふく料亭「春帆楼」(しゅんぱんろう)とのコラボ商品だそうです。

下関では、「ふぐ」ではなく、にごらない「ふく」と言います。

 

 

紙箱のふたを開けると、ちゃんとシールで封がされ(さすがです)、ビニール袋に入った「とらふくのひれ」がありました。

中指の第二関節分くらいのサイズです。

 

 

酒は「黄桜」(京都市伏見区)の本醸造清酒で、精米歩合65%、アルコール16%。

おすすめの飲み方は「上燗」。4550くらいとありました。

ひれをカップに入れ、電子レンジでお燗できるとパッケージに書かれていましたが、私は小鍋で燗を付けました。

 

 

温められた酒のおかげで、ふくひれがふやけ、酒の色も、ほぼ透明だったのに、うっすら色付きました。

ひれの成分が溶けだしたわけですね。

 

飲んでみると、魚系のうまみがほんのり。

これ、やや熱めの燗の方が、じわ~っときますね。

最初に注いだ器の酒と、温めながら残しておいた残りの酒(やや熱め)を飲み比べると、明らかに後半の方がうまみが出てきます。

 

残った「ふくのひれ」を食べてみると、ほぼ出し殻()

でも、正月からいい縁起物をいただきました 

 

希望小売価格は334円(税抜)

私が見つけたスーパーでは、299円(税抜)でした。

300円でふくのひれ酒が飲めるならいいですね 

 

 

下関の高級ふく料亭「春帆楼」は、あの伊藤博文氏が命名したという由緒ある店。

それまではご禁制だった「ふぐ」を食べたのも伊藤博文で、博文公は、春帆楼に、ふく料理公許第一号を与えたそうですよ。

 

コメント