ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

シャンパーニュ・チャーリー1985

2006-09-30 20:23:36 | ワイン&酒
昨日紹介した、シャンパーニュの4つのカテゴリのうち、

これは 「魂」 だ!

と思ったのが、昨夜飲んだ”シャンパーニュ・チャーリー”。




Charle Heidsieck "Champagne Charlie" Brut 1985

エドシックには、「パイパー・エドシック」、「エドシック・モノポール」、
そして、この「シャルル・エドシック」がありますが、

いちばんよく目にするのがパイパーで、
いちばん通好みといわれるのが、このシャルル・エドシックでしょう。

長い瓶熟成を特徴としていて、ノン・ヴィンテージものでも4年
ヴィンテージの入っているミレジメ・シャンパーニュは8年から10年も熟成させます。

この“シャンパーニュ・チャーリー”も、長い瓶熟成の末、ようやく市場に出てきました。

今から21年も前につくられた1985年ものが現在市場に出ている最新のヴィンテージだというのだから、やれやれです 


深みのあるこっくりとした黄金色で、マロンぽい熟成した香りが穏やかに立ち昇ります。

酸の存在はしっかり感じられるものの、酸の余韻はやや短めで、
それでも、まったりとしたコクのあるリッチな味わいが素晴らしく、
まるで熟成した上質のブルゴーニュの白ワインを飲んでいるかのよう。

に訴えかけてくる波長を持ったシャンパーニュです  

-----------------------------------------------------------------

そうそう、「魂」以外の残り3つについて解説をすると、こんな感じでしょうか。


エスプリ:生き生きとして、フレッシュ感があり、繊細で洗練されているタイプ。
      シャルドネだけでつくったブラン・ド・ブランや、ノン・ヴィンテージものなど。

ハート :ばら色、つまりロゼの美しい色を持ったシャンパーニュ。

ボディ :コクがあって力強く、飲みごたえのあるタイプ。
      ピノ・ノワールを使ってつくられたプラン・ド・ノワールやブレンドものなど。
コメント

シャンパーニュの夕べ

2006-09-29 15:52:11 | ワイン&酒関係雑記
昨夜は、マンダリンオリエンタル東京で、シャンパーニュ委員会主催による

「シャンパーニュの多彩な個性を楽しむ会」という、プレス向けのイベントがありました。



エスプリ 
ボディ
ハート 
 

の4つにカテゴリ分けされた89銘柄のシャンパーニュがずらりと並んだのですが、
(このカテゴリについては次回説明します)

一番人気は、“魂”の“Salon Blanc de Blanc 1996”

なんたって、抜栓と同時になくなってしまいましたからね!
でも、そこは抜け目なくいただいた私 


だけど、ボディ全体がケバ立っているみたいに落ち着きがなくてザラつき、
酸も荒れていて、全然本領発揮できていませんでした。
う~ん、もったいない~、残念~

こういう状況で開けられたからかもしれませんが、
他のものにも、状態がちょっと?と感じるものがいくつかありました。
すべてのボトルを最適のコンディションでサーブすることは、ホントに大変です。


イベント自体はものすごく華やかで、「平服で」という案内にもかかわらず、
非常にゴージャスな衣装の女性が多かったのが印象的 


たしかに、シャンパーニュは、華やかな席に最適な飲み物ですが、
シャンパーニュ好きの私としては、やはり、

ゆったりと食事をしながら1本のシャンパーニュをじっくりと楽しみたいなぁ~ 

と思ったのでした。


シャンパーニュは、乾杯だけでなく、食中酒としても活躍してくれますからね!



コメント

400kgの月餅

2006-09-28 00:12:54 | 甘いもん
中秋節を前に400キロの「ジャンボ月餅」が登場 (ロイター) - goo ニュース


中国の四川省の成都で、
400キロの月餅(げっぺい)が市民に無料で振舞われたとのこと!

月餅は中華菓子のひとつで、
松の実やゴマ、クルミなどが入った小豆あんをおまんじゅうの皮で包み、
卵黄を塗ってつややかに焼き上げたひらべったいお饅頭です。

中華街に行けばよく目にするし、新宿中村屋でも出してますね。

あんに色々混ぜ込んでいるので、日本のおまんじゅうよりもコクがあって、
私は本当に大好き~

それが、400キロというジャンボサイズで登場し、
しかも、無料で振舞われたというのだから、

「あんこ」好きにとっては、なんともたまらない~

 
中国では、旧暦の8月15日に当たる中秋節(今年は10月6日)に月餅を食べることから行われたイベントだそうです。

いいな~、日本でもあればいいなぁ~ 


でも、中国ではこの時期に月餅の贈り物が飛び交うので、
(日本のお中元の贈答と同じ感覚らしい)
もうほしくない、という人も7割以上いるのだとか。

そういうときは、私がもらってあげます! 


コメント

ぶどうまつり@勝沼

2006-09-27 15:27:48 | ワイン&酒関係雑記
山梨県の勝沼町で毎年行われてきた恒例のイベント、

「かつぬまぶどうまつり」10/1(日)に開催されます 


勝沼町は、昨年近隣の市町村と合併し、「甲州市」となりましたが、
今回は、甲州市誕生1周年記念のお祭りだそうです。




これ 「ぶどうまつり」という名前ですが、どちらかというと
「ワインまつり」と言っていいんじゃないかと思うほど、ワインがいっぱい飲めます

500円で試飲グラスを買うと、
会場に出ている各ワイナリーのワインが飲み放題ですからね~


ぶどうの無料配布もあるけれど、配布時間を調べて、かなり前から並ばないとゲットできません。

だけど、ワインは並ばずに色々と飲めます。

食べ物とレジャーシートを持って行けば完璧ですが、飲みすぎには要注意!
ワインの飲める時間は、10:00~17:00です。

JR中央線の勝沼ぶどう郷駅から会場までシャトルバスが出ていますので、
ぜひ、電車に乗って行きましょう!

飲酒運転は厳禁ですよ! 
コメント

オクトーバーフェスト@横浜

2006-09-26 15:49:44 | ワイン&酒関係雑記
世界最大のビール祭り、ミュンヘンで開催中 (ロイター) - goo ニュース


ドイツ最大のビール祭り
「オクトーバーフェスト」がミュンヘンで開催されているというニュースを見つけ、
(今年は9/16~10/3まで)

あ、そういえば、東京でもそろそろ開かれるんじゃ?

と調べたところ、

日比谷公園でのイベントはもう終わってました(9/13~15)


元々は、ドイツのミュンヘンで毎年10月に開かれるビール祭り のことですが、

2003年からは横浜長崎なとでもイベントとして開催されていて、
また、2005/2006年は日本におけるドイツ年ということもあり、
昨年初めて東京でも「東京オクトーバーフェスト」が開催されました。

私も、神宮外苑でのイベントに行ってビールを飲んできました。 

あ~、今年も行きたかったのに・・・・


でも、横浜でのイベントは9/29(金)から  (~10/9まで)

赤レンガ倉庫で開催されるので、機会があれば行ってみてはいかが?

ドイツビールが飲めるほか、ソーセージやドイツ料理も楽しめるようで 

あ、ワインもあるようですね~

  詳細はこちらのURLに載ってます

      http://www.nihon-oktoberfest.com/index.html

コメント

シャンパーニュの赤

2006-09-25 17:50:33 | ワイン&酒



「そんなものありっこないじゃない!」

って言われそうなのが、シャンパーニュの赤 


確かに、発泡性の“シャンパーニュ”には赤はありません。

が、ソムリエ試験の勉強をしたことがあるような人だと、

「うんうん、シャンパーニュ地方でつくられる赤のAOCワインはあるよね」
ニヤリとするはず。


はい、そうです、この写真の「AOC Coteaux Champenois」(コトー・シャンプノワ)がそれ。

非発泡性のワインで、白、ロゼ、赤があります 

実は発泡性のワインの方が歴史は新しく、
昔は、シャンパーニュのワインといえば、「非発泡の赤」でした。

どんな味かというと、今まで何本か飲みましたが、ホント、さまざま・・・。


今回飲んだのは、ポメリーのつくる 
Coteaux Champenois Bouzy Rouge 1996 

ブルゴーニュのピノ・ノワールなら、まだこれからという1996年ですが、
もう、少々落ち気味です。
ちょっと苦味があり、厚みが感じられませんでした。

保存状態が悪かったかもしれないし、なにか他の要因があるかもしれませんが・・・。


まあ、出会いはあまりないかもしれませんが、見かけたら試してみると面白いワインでしょう 
コメント

アンリ・ジャイエ死去

2006-09-24 17:26:32 | ワイン&酒関係雑記
仏の元ワイン醸造家、アンリ・ジャイエさん死去 (朝日新聞) - goo ニュース


ワイン、特にブルゴーニュワインを愛する人にとって超有名な人物、

アンリ・ジャイエ氏が9月20日に死去した、というニュースが
飛び込んできました 


死因は前立腺がん。
ディジョンの病院で亡くなったとのこと。
享年84歳。


すでに第一線から引退しているものの、その名前は“神”のように崇められていました。


彼の手がけたワインは、目玉が飛び出るほどの高値が付けられていましたし、

しかも、もう市場で見かけることはほとんどありません。


彼のワインを持っているとしたら、ホント、それは宝物 
大事に飲まなくちゃいけません。


心よりご冥福をお祈りいたします。
コメント

ワインで歯垢分解?

2006-09-24 17:01:55 | ワイン&酒関係雑記
歯垢を分解する糖類、果物やワインに 花王研究所が発見 (朝日新聞) - goo ニュース


「糖類の一種“エリスリトール”に、虫歯や口臭の原因となる歯垢(しこう)を分解しやすくする働きがあることを、花王の研究者らが見つけた」

というニュースを見つけました。


エリスリトールは、
メロンやナシなどの果物、しょうゆ、みそ、ワインなどの発酵食品に含まれる糖類だそうですが、


細菌同士の結合をゆるくする効果があり、

殺菌剤も入ることができない歯垢内部まで浸透できるので、

軽くブラッシングするだけで歯垢がはがれやすくなるそうです 


そんな素晴らしい歯磨き剤、早く製品化してほしいなぁ~ 


エリスリトールは白ブドウの方に含まれるそう。

赤ワインはお歯黒状態になりがちだから、
歯を汚さない、しかも歯垢にも効果アリという点からも、

歯に気を遣う人は白ワインを選ぶべし、でしょうか? 

まぁ、飲んで直接的な効果があるかはわかりませんが・・・
コメント

ブドウ葉のお皿

2006-09-23 17:08:47 | ワイン&酒関係雑記



あるワイナリーで、ブドウの葉っぱを敷いた上にチーズを盛ってサービスされました。

お皿は直径20cmくらいあったから、
この葉っぱがどれほど大きいかわかるでしょうか?


ブドウの葉っぱって、せいぜい手のひらぐらいと思われていると思うけど、
ヤツデみたいに大きくなるものもあるんですから、本当にビックリですよね! 

で、こんなふうに 食べ物を盛ると、とても美味しそう~ 

大きい葉っぱがない時は、何枚か重ねて敷き詰めてもステキ 

使えるテクですね 
  
コメント

ハニービーナスのワイン

2006-09-22 17:57:11 | ワイン&酒
新品種ブドウでワイン仕込み (中国新聞) - goo ニュース


広島県東部の世羅町(せらまち)で、こんなワインがつくられていました。


ブドウの名前は「ハニービーナス」 

“甘美な女神”・・・、すごいネーミングです 


「紅瑞宝」(べにずいほう)、「オリンピア」

どちらも皮は薄い赤
なのに、生まれた女神は「黄緑色」 


樹の性質としては、あの「巨峰」に近いそうで、
同じ黄緑色のネオ・マスカットよりも早い時期に収穫できます。
糖度も非常に高いとのこと。

2001年に品種登録されたばかりの新しいブドウ品種ですが、

世羅町が出資する第三セクターの「せらワイナリー」では、
2005年の操業開始からこのハニービーナスの甘口ワインをつくっています。

今年で2年目。
観光ワイナリーみたいですが、チャンスがあれば飲んでみたいかも

コメント

金木犀の香り

2006-09-21 14:03:26 | ワイン&酒関係雑記
一昨日あたりから、
お隣の庭の「金木犀」(キンモクセイ)がいい香りを漂わせ始めました。

夏の終わり、秋のはじめのこの時期の甘い香りは、
いつも私に新しい季節の到来を教えてくれます


金木犀の香りというと、

「君の瞳は百万ボルト」 (資生堂CMソング)

「イヴ」( ロッテガム)

このあたりを思い出す人は、世代が一緒? 


ワインでは、「金木犀の香りのする・・・・」という表現はあまり使わないけど、

使うとすれば、ヴィオニエ(白ワイン)か、極甘口ワインあたりかな?


そうそう、ワインじゃないけど、
「桂花陳酒」(けいかちんしゅ)という、金木犀のフレーバーの中国酒がありますが、

あれは本当に金木犀の花をお酒(白ワインらしいですが)に漬け込んでいるらしく、
甘いし、香りもいいので、女性には人気が高いですね 


この時期、氷を浮かべて飲むと、仕事の疲れも吹き飛びそうでしょうか?


コメント

サムスンからボルドー新発売?!

2006-09-20 20:39:40 | ワイン&酒関係雑記


日本サムスン(株)から、

ワイングラス をモチーフにデザインした液晶TV  が発売されます。

愛称は「Bordeaux(ボルドー)」だそうです 


32Vインチと40Vインチの2タイプで、
9/12から予約受付で、10月上旬から販売されます。


特徴は、外側からほとんど見えないというスピーカーを搭載しているということ。

そして、もちろん、その姿がワイングラスに似ているということ。


そのTVの外観の画像を見ましたが、
うーん、ワイングラスに似ているかどうかというと、微妙・・・・


それでも、ワイン好きなら、やっぱりこんな名前の付いたTVを選びたくなるかも?



コメント

秋のワインフェアⅠ

2006-09-19 21:24:41 | ワイン&酒関係雑記
今日は暑かったけれど、秋といえばデパートのワインフェア

新宿京王から秋のワインフェアの案内が来ていました。

ここはボルドーとブルゴーニュが多いですが(9/21~27)、
今回は、それ以外に、


「日本のワイン特集」(9/21~27と9/28~10/4)

「体にやさしいワインセール」(9/28~10/4)

というのが特集されていました。


今の流行を思いっきり反映しているなぁ~ 


ここのはあまり大規模なフェアではないけれど、
他では出ないようなものが見つかる可能性が高いかも?

私も、チャンスがあったら覗きに行ってみようっと。



コメント

実りの秋

2006-09-18 20:22:11 | ワイン&酒関係雑記
<マスカット・ベリーA>


先日行ってきたブドウ園では、こんなに立派な房が実を付けていました 

これが、そのまま食べるブドウではなく ワイン用 なのですから、
ホントに見事でしょう?


ワイン用のブドウというと、

「渋いんでしょ?」とか、
「あまり出来のよくないブドウなんでしょ?」

と思い込んでいる人がいますが、それは大きな誤解というもの 


このブドウは、とても甘くて美味しかったし
房の充実感も、見た通り、素晴らしいものです 

あ~、ひと房丸ごと食べたかった!

だけど、ワインのためにガマン、ガマン 


コメント

ワインカーヴから穴掘り泥棒@パリ

2006-09-17 12:21:54 | ワイン&酒関係雑記
パリで横行の「穴掘り泥棒」逮捕 カーブの壁破り隣侵入 (朝日新聞) - goo ニュース


数日前に、新聞にこんなニュースが載っていました。

パリのアパートの地下には、住人用のワイン貯蔵庫があって、
そこは普段は人気が少ないことから、
このワインカーヴの壁を掘って隣のお店の地下に侵入して盗みを働いていた泥棒グループ3人が捕まったとのこと 

今年4月から20件も発生し、お金や色々な商品が盗まれていたそうです。

中には、お菓子やさんのチョコレート175キロなんて被害もあったそうで、
この泥棒たちは、よっぽど甘党だったのでしょうか・・・ 


このグループは飲食店専門で、同じ手口を使う宝石店を狙うグループや高級ブティックを狙うグループは捕まっていないそうですが、


アパートの地下に住民用のワインカーヴがあるなんて、さすがフランス 

そして、ワインカーヴを利用した犯罪を考え付くというのも、さすがフランスですね~ 


 
コメント