ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

ご褒美ワインに「アンペロス」@サンタ・リタ・ヒルズ

2019-02-28 15:57:46 | ワイン&酒
丸3日かかってパソコン移行作業を完遂できたので、昨夜は大好きな生産者のワインをご褒美に開けました。


ampelos Sta. Rita Hills Pinot Noir 2015 (USA, California)

米カリフォルニア州のサンタ・リタ・ヒルズの「アンペロス・セラーズ」がつくるピノ・ノワールの赤ワインです。

アンペロスは、以前「Fine」2019年2月号でオーガニックワイン生産者として紹介したところです。


昨年、アンペロスのロゼワインと京都で出合ったのが、そもそもの始まりでした。




サンタ・リタ・ヒルズは、カリフォルニア州のサンタ・バーバラ郡にあるワイン産地で、上質なピノ・ノワールを生み出すエリアとして有名です。
私も10年ほど前に一度訪問しましたが、海岸から内陸に向かって丘陵地をグングン登っていったところにある素晴らしい環境でした。

アンペロス のサンタ・リタ・ヒルズ ピノ・ノワールは、自社畑(40%)とジョンセバスチャーノヴィンヤード(60%)のブドウを使っています。
フレンチオークでの樽熟成は10カ月で、新樽比率は16%。
アルコール度数は14%。



熟れた赤いベリーの香りが華やかに匂い立ち、熟成のニュアンスもあります。
味わいも、最初は華やかですが、少し落ち着くと、しっとり&まったりし始め、にじむようなうまみが口の中にじわじわと広がります。

ガツンとパワフルというよりは、芯のあるしなやかさがあるタイプのピノ・ノワールなので、フードとのなじみも良好です。

※輸入元:ファイブテイストトレーディング




ライ麦パンに黒ゴマペーストを載せたものも意外と合いました



明治屋の「香ばし黒ごま」(はちみつ入り)です。
これ便利。

ワインは今夜も引き続き飲みます~


コメント

Windows10への移行なんとか完了!

2019-02-27 18:27:41 | 雑記
パソコンは私の仕事道具なので、これがないとどうにもなりません。
今まで使ってきたのは、Windows7の6年モノ。
バッテリーが充電できなくなり、電源タップに繋いでいないと使えない状態で、いつ使えなくなるか不安でしたので、新しいパソコンWindows10を購入したのが昨年の11月のこと。

その後、海外出張が2つ入ったり、原稿締め切りで余裕がなかったり、年賀状印刷もしなければならないし、で、一度電源を入れてセットアップまでは12月のうちに済ませましたが、その他は手が回りませんでした。
以来、放置すること2カ月以上、さすがにどうにかしなければ、と、3日前の日曜日に取り掛かったのですが…

以下、長くなりますが、PC移行で困っている方の参考になるサイトも見つけたので、興味ある方はご一読ください。



抹茶バウムでちょっとブレイク



使ったのは、パソコンデータ引っ越し用プログラム「ファイナルパソコンデータ引っ越し」。
新PCに入っているプログラムをUSBメモリで旧PCにインストールするところまでは年内に終わっていましたので、旧PCの設定やデータを積み込み、新PCに荷下ろしするだけです。

しかし、新PCを2カ月以上も電源を入れずに放置しておいたため、電源を入れた段階で、たまっていた更新プログラムのアップデートが自動的に始まってしまいました。
長くなかるらしい、という情報を得たので、とにかく待機。
6時間ほどして、ようやく新PCのスタート画面が表示されました。

この後、外付けHDDを使って旧PCのデータを新PCに移行するのですが、積み込みに約1時間、積み下ろしに約80分かかりました。

これで新PCが使える~と思ったら、メールデータが移行されていません。
PCメーカーのサポート窓口にチャットで相談すると、調べてもらった結果、現在、パソコンデータ引っ越しプログラムでは、メールアカウントもメールデータも移行できないとのこと!
プログラムの説明では、メールアカウントもメールデータも移行できるとあったのに、自分で手作業でやらないといけません。

メールデータのエクスポートに時間がかかり、さらにUSBメモリでは容量不足になったため、外付けHDDを使いました。
データの書き出しは、HDDに直よりも、旧PCのデスクトップに書き出し、それを外付けHDDに移行する方が早かったです。

ようやくメールデータを新PCにインポートできましたが、今度は、メールの送受信ができません。
Outlook2016です。

メールのアカウント設定をやり直してもダメで、プロバイダのサポート窓口にメールで相談しました。
メール相談はすぐには対応してくれないものなので、自分で試行錯誤。

エラーメッセージ「エラー(0x8004010F) Outlookデータファイルにアクセスできません」から調べると、送受信メールの保存場所の設定が違っていることが原因のようです。
調べると、詳しいサイトがあったので、それを参考にし、いったんアカウントを削除し、Outlookデータが作られる場所を確認した上で、再作成しました。

こちらが参考にしたサイト
※私のプロバイダはOCNではないですが、置き換えてOK
https://support.ntt.com/ocn/support/pid2900000ok5

アカウント設定の際にも同サイトのこのページが役立ちました!
https://support.ntt.com/ocn/support/pid2900000878

これでようやく送受信ができるようになりました

それ以外にも、デジカメのデータ吸い上げプログラムをインストール、設定したり、ブックマークを設定し直したり、昨夜遅くまでいじっていて、結局は丸3日かかりました。

が、今日からようやく新しいPCです



出せなかったおひなさまも、ようやく出しました

今日はとっておきのワインで祝杯(意味が違うかもしれませんが)を挙げます(笑)


コメント (2)

「アサヒ 極上〈キレ味〉」を飲んでみました

2019-02-26 15:46:43 | ワイン&酒
先日、アサヒワインアンバサダーに就任された女優の米倉涼子さんがCMに登場しているアサヒビールの新ジャンル「アサヒ 極上〈キレ味〉」をようやく見つけ、飲むことができました。


アサヒ 極上〈キレ味〉 350ml  アサヒビール

スーパーで100円ほどでした。
このお手頃さがいいですね。



アルコール度数は5%。
“冴えるキレ、味、本格” がコンセプトですが、飲んでみると、たしかにシャープでクリアなキレがあります。

アサヒはコクとキレのスーパードライのイメージがありますが、こちらのキレ味はシャープで細身で、シュッとした冷涼感があります。
冷涼感を特徴とする冷涼ホップなるものを使用しているそうです。



100mlあたりのカロリーは41kcal。

甘さのない、さっぱりとした味わいなので、これはスイスイ飲めますし、飲み疲れしなさそうな感じです。
食事と一緒にゴクゴク飲むのによさそう。

以前紹介した、キリン「本麒麟」や サントリー「金麦〈ゴールド・ラガー〉」 とはまた異なるテイストです。

どれが一番、というのではなく、それぞれ個性があるので、気分やシチュエーションで選ぶのがいいですね



コメント

気を取り直してパルミジャーノ・レッジャーノ

2019-02-25 18:43:54 | 雑記
Windows7のPCを使っていましたが、バッテリーが怪しくなり、また、サポート終了も近いので、PCを新しくしました。
購入したのは昨年11月ですが、その後はずっと忙しくて放置。
ようやく昨日からデータ移行に取り掛かりましたが、メール設定で躓いていて、今日一日試行錯誤してもまだ解決できず

まだしばらくかかりそうなので、メールの返信が滞るかもしれません。
申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。




気を取り直して、イタリアで買ってきたチーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」で頭脳にパワー注入!



専用のナイフで切り崩すとホロホロ。
うまみたっぷり

コメント

「ラクトースフリー」バターを買いました@イタリア

2019-02-24 17:27:42 | おいしい食べもん
昨年12月に出かけたイタリアで買ってきたバターが、ラクトースフリーでした。


Burro ZANASI Senza Lattosio 125g (Italy)

Senza Lattosio が Lactose Free(ラクトースフリー)の意味です。
ラクトースは“乳糖”なので、ラクトースフリーは乳糖フリーということ。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人がいるかと思いますが、それは乳糖をうまく分解できないからです。

つまり、ラクトースフリー製品は、乳製品でお腹ゴロゴロになりやすい人向けということになります。
このバターは、100gあたりの乳糖が0.01g。

私はお腹ゴロゴロになる体質ではありませんが、牛のイラストがかわいかったので、スーパーで買ってきました




イタリアのバターではおなじみの“金属製ホック”は、ちゃんと封をされて開けられていませんよ、の証。

塩分は100gあたり0.03gなので、ほぼ“無塩バター”ということになるでしょうか。




バゲットに塗っていただきました。

おいしいバターは、アツアツのトーストに塗って溶かすのではなく、トーストした場合は、熱で溶けない程度に粗熱を取ってから塗るようにしています。



しかし、ヨーロッパのバターっておいしいですよね
安いし、オーガニックのものとか、種類が豊富で、あれこれ欲しくなります。

日欧EPAが発効しましたが、ヨーロッパの街でバターを見かけたら、暑い季節以外は、これからも買ってこようと思っています。

コメント

飲む点滴「本物の甘酒」

2019-02-23 18:25:24 | おいしい飲みもん
今週後半、体調を崩してしまいましたが、以前、福島の叔母から送ってもらった甘酒があるのを思いだし、飲んでみました。



米と糀だけの あまざけ  淀屋謹製  200g(福島県喜多方市)



原材料は、もち米、うるち米、種糀のみで、米は会津米100%



米の粒々が見られます。
米と糀だけで発酵させていて、砂糖は加えていませんが、甘~い



100gあたりのカロリーは107kcalなので、これ一瓶は214kcal。
薄めて飲むタイプもありますが、こちらはストレートタイプ。

そのまま飲むとかなり甘いので、小鍋に移して温める時に、少し水を加えました。
というよりも、瓶に米粒が大量にくっついて残ってしまい、もったいないので、瓶をポットの湯で軽くゆすいで小鍋に入れました。
少し薄めたくらいでちょうどいい甘さでした。



米と糀だけでつくる本物の甘酒は「飲む点滴」ともいわれ、疲労回復に効果があり、さらに美肌効果もあるとか。

美肌効果があるなら、体調が良くない時じゃなくても飲みたいですね

コメント

花粉をブロックするスプレーがお役立ちでした

2019-02-22 18:07:32 | 美容&健康
今週は気温が高く、花粉も本格的に飛び始めたそうですね。
私は花粉症ではないと思っていましたが、ここ2、3年くらい前から、なんとなく目がかゆくなってきたし、鼻もムズムズするようになってきたので、いよいよ…なんでしょうかしらね?

気になる症状を少しでも抑えられるならと、花粉をブロックする効果があるという商品を試してみることにしました。


イハダアレルスクリーンEX スプレータイプ 50g
花粉・ウイルス・PM2.5をブロック (資生堂薬品)

資生堂の特許技術が使われており、スプレーすることで、花粉やPM2.5、ウィルスをブロックする効果があるとのこと。

評価サイトを見ると、人によって効果がない人もいるようなので、自分に合えばラッキーと思い、まずは小さいサイズ(50g)を買ってみました。

外出する際に、顔にシューッとスプレイするだけです。
ただし、4時間おきにスプレイし直す必要があります。

この1週間試してみましたが、私には効果があったように感じます。

このサイズで900円ほど。
お試しなら手頃なお値段でしょうか。

ただし、体質的に合わない人もいるようなので、ご注意を!


コメント

ドトールの和栗モンブランが美味でした

2019-02-21 18:12:42 | 甘いもん
先日、ひと休みしようと入ったドドールのショーケースにモンブランがありました。
モンブランは大好きなケーキなので、迷いはありません。


熊本県産和栗のモンブラン  ドトールコーヒー


単品だと420円で、ドリンクとセットにすると少しお得になります。
ケーキと合わせるので、ブレンドコーヒー(S)と。

正直、それほど期待はしていませんでしたが、食べてみると、これはおいしいじゃないですか!
栗の風味がしっかりあり、中に入っているクリームもなめらかで美味
コーヒーにもよく合いました。

またリピートしてしまうかも



コメント

米倉涼子さんがアサヒワインアンバサダーに!

2019-02-20 10:13:31 | ワイン&酒
世界各国のワインを輸入し、日本ワインの生産者でもあるアサヒビールが、
女優の米倉涼子さんを“アサヒワインアンバサダー”に起用し、任命式を行ないました。



2019年アサヒワインアンバサダー 米倉涼子さん
※右はアサヒビール専務の松山一雄さん

アサヒワインアンバサダーの使命は同社が扱うワインの魅力を伝えることですが、アサヒワインアンバサダーって聞いたことがないと思ったら、実はアサヒビール初のことだそうです。

2月19日、都内で開催された任命式を取材してきましたが、人気女優の登場とあって、集まったメディアが多かったです。




「ワインが本当に好きなので、このような機会をいただいて嬉しい」と米倉さん。

20歳そこそこの頃は、アルコールがそれほど強くなかったけれど、だんだんと飲めるようになったとのこと。

ワインの美味しさに目覚めたのは25歳くらいの時で、生牡蠣と白ワイン、シャンパーニュとのペアリングがキッカケで、美味しすぎて、バケツいっぱいの牡蠣を食べてしまったそうです!

ワインは普段から家でも飲みますが、友人の家でワインを持ち寄ったり、レストランなどで飲むことが多いとか。

ショップでワインを買うことも好きで、アサヒビールグループのワインショップ「エノテカ」のカードも持っているそうです。

カリフォルニアやヨーロッパなど、ワインを海外で買うことも多く、ダンボールで持ち帰った時、空港のターンテーブルで引き取った際のあまりの重さに、ワイン用スーツケースを買ったという話もありました。

ワイン用スーツケースは私も以前調べたことがあるのですが、スーツケースの中にワインをはめ込むクッションの効いた枠があり、安全にワインを運ぶことができるものです。
12本ほど入れられますが、そこそこのお値段がしたので、私は諦めました。
そのスーツケースを持っているなんて、本当にワイン好きなんですね。





アサヒワインアンバサダーとしての初仕事は、チリの「アルパカ」から新発売されたオーガニックワインのテイスティング。
「しっかりしているけれど、強すぎなくてちょうどいい。オーガニックだと罪悪感なさそう(笑)」




続いて、3月12日に発売予定の「サントネージュ 酸化防止剤無添加のやさしいワイン 赤」を、氷入りグラスでテイスティング。
足なしグラスで氷を入れた飲み方は初めてだそうで、「フルーティー!氷を入れるのは、このワインにピッタリ合っておいしい」とのことでした。




アンバサダー就任記念に、シャンパーニュ・ランソンのマグナムボトル贈呈。

「一人では飲めないので、ワイン好きの友人と飲みたい」と仰ってました。




「より多くの人に、アサヒのワインのおいしさを伝えていきたい」と米倉さん。



米倉さんは、今年の1月発売の「アサヒ 極上〈キレ味〉」のCMにも出演しています。
新ジャンルですが、非常に好評だそうです。

アサヒビールは、新ジャンルもワインも米倉涼子さんを起用し、幅広い層へのアピールに打って出ました。
当代きっての人気女優さんですから、いい人選ですよね。




それにしても、米倉さんは、顔が小さくて、スタイルがよく、本当にお綺麗でした~


コメント

リチュエルのエスカルゴ

2019-02-19 18:10:17 | パン
今日は午前中から出歩いていて、昼を挟んでまた別の所に行かなくてはいけなかったので、行き先の近所にあったブーランジェリー「RITUEL」へ。

すでに何回か紹介している日本橋高島屋の地下にある店で、イートインができることを知っていたので、立ち寄りました。


エスカルゴ ピスターシュ ショコラ 390円

この店のスペシャリテがエスカルゴ。
フレーバーはいくつかありますが、このピスターシュ ショコラが一番人気です。



バターたっぷりの生地に、ピスタチオのペーストとチョコチップが巻かれています。

ピスタチオよりも、チョコチップとバターの方が強く、かなりリッチな味わいでした。




イートインのホットコーヒー(Sサイズ 300円)をブラックで飲んで、口の中が中和される感じ。

大きくてボリュームあるので、これ1個で充分でした。
きっとカロリーも高そうな(笑)

個人的には、レーズンを巻いたパン・オ・レザンが好きなので、次回はそれを試してみたいです。

コメント

次に行ってみたい!ベネチアのリストランテ「Riviera」@イタリア

2019-02-18 17:00:51 | レストラン&店
海外のプレスツアーで知り合いになったイタリア人ジャーナリストのJessicaから、彼女の友人のレストランを紹介されました。

ベネチアにある「Ristorante Riviera」(リビエラ)という店で、オーナーのGP Cremonini氏がジェシカの友人だそうです。

ジェシカが送ってくれた画像で紹介します。



地元のオーガニック食材を使った料理が自慢のようです。
ワインはローカルなものを中心に約200アイテム。



オーナーのGP Cremonini氏。
以前、パリでミュージシャンとして活動していたこともあるユニークな経歴の持ち主です。



ベネチアの風景。
これですよ、これ

ベネチアは何度か行っていますが、いずれも空港利用のみ。
空港周辺の道路からの風景しか見ていない、という残念な訪問ばかり

次はぜひベネチアの街中まで行きたいですし、機会があれば、ここのレストランにも行ってみたいですね。

レストラン周辺には、観光スポットも色々あるようです。

春休みやゴールデンウイークなどにベネチア方面の旅行を予定している方は、「リビエラ」のホームページをチェックしてみてください。
※英語のページあり

Ristorante Riviera
Fondamenta Zattere Al Ponte Longo, 1473, 30123 Venice
http://www.ristoranteriviera.it/

コメント

味噌入りカンパーニュ!?@RITUEL

2019-02-17 17:19:30 | パン
先日紹介したパン屋「RITUEL」(リチュエル)で買ってきたパンのうち、バゲットはすでに紹介しましたので、残りもうひとつを紹介します。



上)味噌カンパーニュ 1/2 225円 RITUEL(日本橋高島屋S.C.店)

パリのブーランジェリーなはずなのに、なぜ「味噌」???

本当は、プレーンなカンパニュが欲しかったんですが、店員さんに訊くと、この味噌カンパーニュしかないとのこと…




パッと見は、普通のカンパーニュに見えます。
※上の画像は私の手で真ん中をカットした後です



画像では色合いがわかりにくいかもしれませんが、パンの生地は白くなく、味噌が入っているためベージュ色です。
鼻を近づけると、ほわっとほのかに味噌の香りがします。

食べてみると、やっぱり味噌の風味があり、しょっぱさを感じます。
バゲットの時にも塩気は感じましたが、パンの塩気はもう少し控えめが好みかな。




無塩バターを付けて食べると、しょっぱさは少しマイルドになります。
また、そのまま食べると生地の重たさを感じたので、トースターで軽くあぶると、食感的にもむちっといい感じになりました。



一番合うと思ったのは、軽くあぶってジャムを塗ったものです。
パンにしょっぱさがあるので、ジャム(ドイツ産サワーチェリージャム)の甘酸っぱさが合い、母もこの組み合わせが一番気にったと言っていました。





そうそう、塩気と生地の重たさを感じた「バゲット・トラディション」の方は、トースターで軽くあぶり、粗熱を取ってから無塩バターを付けると、歯ごたえがよくなり、味わいもマイルドになりました。

次回は、もうひとつの「バゲット・リチュエル」と、リチュエルの代表作「エスカルゴ」にチャレンジしてみようと思います。



コメント

限定フレーバー 「クリアシークヮーサー」をようやく!@サッポロ 「99.99<フォーナイン>

2019-02-16 16:36:54 | ワイン&酒
9%の高アルコール度数缶チュ―ハイ「サッポロ 99.99(フォーナイン)」に、
数量限定フレーバー“クリアシークヮーサー”が出たというので、ようやく買ってきました。

あちこち探しても、なかなか見つけられなかったんですよね、これ。
2019年1月22日発売の商品だそうです。



サッポロ 99.99<フォーナイン> クリアシークヮーサー 350ml

サッポロ 99.99は、純度99.99%の高純度ウォッカを使用した缶チューハイで、2018年8月に「クリアドライ」と「クリアレモン」の2つのフレーバーが発売されました。
※「クリアドライ」と「クリアレモン」を飲んだ時のリポート → コチラ

その後、「グレープフルーツ」フレーバーが発売されましたが、今は見ないので、これも限定品だったのかも?
※「グレープフルーツ」を飲んだ時のリポート → コチラ




水色のパッケージと果汁がはじけるシークワーサーの絵柄がさわやか~




アルコール9%、果汁0.1%。色は無色です。
果汁比率は低いですが、香料が加えられているせいか、シークワーサーのフレーバーはしっかりあります。



100mlあたりのカロリーは55kcalで、クリアやレモンの54kcalとほぼ同じ。




氷を入れたジョッキに注いで飲みましたが、アルコールから来るボリューム感と、泡のキレのよさ、シークワーサーの風味がちょうどいい感じにバランスが取れています。

アルコール9%なので、これ1本飲んだだけでも充分ですが、味わいがジューシーでスッキリしているので、“酔った~”という感じにはならなかったです。
でも、高アルコールですから、充分気を付けて飲んでください。

気に入ったのでリピートしたいですが、店頭でほとんど見ないので、見つけたら確保しないと、限定商品ですから次の機会はないかもしれません。


コメント

いよいよ!「第16回A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール」代表選手壮行会@東京

2019-02-15 17:07:25 | ワイン&酒
若手ソムリエのコンクール「第8回J.S.A.ソムリエ・スカラシップ」が行なわれた2月8日(金)、コンクールの表彰式に引き続き、「第16回A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール」代表選手壮行会が、ホテル雅叙園東京にて行われました。

「第16回A.S.I.世界最優秀ソムリエコンクール」は 2019年3月10~15日にベルギーのアントワープで開催されます。

コンクールに出場することができるのは、A.S.I.(国際ソムリエ協会)に所属する各国の代表選手に、3大陸大会(欧州・アフリカ、アメリカ、アジア・オセアニア)の優勝選手を加えた約60名です。

日本は、日本代表の森 覚(もりさとる)アジア・オセアニア大会で優勝した岩田 渉(いわたわたる)の2選手が出場するということで、彼らを激励する壮行会が行なわれました。




左より)岩田 渉選手  日本ソムリエ協会 田崎真也 会長  森 覚選手

2選手が着ている服はお揃いです。




日本からは2名の選手が出場するということで、特別仕様のユニフォームが作られました。



壮行会の冒頭では、代表2選手によるデモンストレーションが披露されました。



岩田選手によるテイスティングのデモンストレーション



テイスティングコメントは英語で。
昨年10月のアジア・オセアニア大会でも岩田選手のコメントは見ていますが、それからの短い期間で、ずいぶんと力強い喋りをされるようになったと感じました。




森選手によるサービスのデモンストレーション



赤ワインをデカンタしてテーブルの客にサービスします。
デカンタからサービスまで、手慣れた自然な動きなのはもちろん、トーク(英語)もホスピタリティに溢れるもので、さすがでした。




森選手の世界最優秀ソムリエコンクールへのチャレンジは、これで4回目になります。

「23歳の時に初めてコンクールを体験し、以来18年間ずっと、これが最後と思ってやってきた。今回で4回目という強みを生かし、次の世代に残せるものを見つけに行きたい。前回は8位だった。8位も2位も同じなので、1位を目指したい」と、森選手。

「いい意味で、普段と違った緊張感の中にいられる幸せを感じている。スカラシップに初めて出場して敗退したことが自分の原点。同世代以下のソムリエの人たちから目指されるようなパフォーマンスを見せられるよう、自分ができる最大限の努力をしたい」と、岩田選手。



壮行会では、両選手にとって思い入れのあるワインが4種ずつ紹介されました。


森選手の思い入れのあるワイン4種


岩田選手の思い入れのあるワイン4種




どれもおいしく、さすがのセレクト!



3月10日から始まる世界大会まで、いよいよ1カ月を切りました。

最終日の決勝は、私も取材に行きます。
その舞台に日本の2選手が残っていることを期待したいですね




コメント

日本橋高島屋で「RITUEL」のパンが買える!

2019-02-14 18:44:15 | パン
昨年新しくなった日本橋高島屋S.C.店の中にオープンした「RITUEL」(リチュエル)でパンを買ってきました。

パリで人気のクリストフ・バスールの海外初出店として、2015年11月に表参道にオープンした「リチュエル」ですが、その表参道店は閉店し、その一方で、代官山や新宿伊勢丹に支店を出し、2018年の秋には日本橋高島屋S.C.店の新館に出店しました。

日本橋高島屋側の銀座線の改札を出ると、すぐ新館で、その入り口左手にリチュエルの水色カラーが見えるので、すぐわかります。

バゲットがおいしいと聞いていたので、買おうとすると、2種類あります。

「バゲット・リチュエル」「バゲット・トラディション」です。

説明を見ると、どちらも同じことを言っているような…?

悩みましたが、「バゲット・トラディション」を買ってみました。


バゲット・トラディション 330円  RITUEL(日本橋高島屋S.C.店)

2つのバゲットは見た目が少しだけ違っていまして、「バゲット・リチュエル」の方がやや細身で少々長く、焼き色も濃かったんです。



「バゲット・トラディション」は少しふっくら気味で、長さがほんの少し短かったです。
帰宅ラッシュ時の電車に乗るにはできれば長いバゲットは避けたかったから、というのが、より短めの方を選んだ理由です(笑)



皮はパリっというよりも、むちっ、という感じ。
中の生地と皮のコントラストが強くありません。
味は塩気が強めに感じました。

うーん、この状態では、あまり私好みではないかも・・・

今日は、軽く焼いて、バターをつけて食べてみようと思います。

バゲット以外に買ってきたパンもあるので、それの報告もまた後日に。


コメント