ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

フランスのクーラー事情

2006-07-31 18:03:24 | 美容&健康
先日、フランスの酷暑のせいで死者が出ているという話を書きましたが、
フランス人の知人に「そんなに暑くなっちゃうものなの?」と尋ねたところ、

「クーラーのある家が少ないからね」とのこと。

先日観光ガイドをしたパリジェンヌも、
「東京の地下鉄はクーラーが効いているし、キレイで快適♪」と言ってました。

つまり、今までのフランスでは、クーラーは必要ないほど夏でも快適だったのに、
地球温暖化の影響でしょうか、ものすごく暑くなる状態が出てきたわけです。

なのに、一般家庭ではクーラーはほとんど普及していないし、
特に、お年寄りの中にはクーラーを嫌う人もいるため、
1日や2日くらいなら耐えられるけれど、何日も体温ほどの高温の日が続くと・・・

と、知人は言ってました。


日本の夏は温度も湿度も高いけれど、
クーラーのおかげで、フランスよりも死者が出ない、と言えるようです。



コメント

プロヴィナージュ

2006-07-30 18:05:05 | ワイン&酒
昨日紹介したワインとフレンチのお店の名前にもなっている
プロヴィナージュ(provignage)とは、ブドウの樹の繁殖方法のひとつです。
(注)お店の名前は「provinage」ですが、本来のつづりは「provignage」です。


ブドウはツル性植物ですので、どんどんツルが伸びていきます。
そのツルが地面に到達し、土がかかったりすると、
そこから根が出てきます。

ということがわかった昔の人たちは、この方法でブドウの樹を増やしてきました。

でも、この方法だと、根は地表近くに広がることになるし、
(ブドウの根はより深く伸びた方がいいので)
ブドウの意思のままに株を増やしていくと、雑然としたブドウ畑になってしまいます。

だけど、この方法は今はほとんど見られません。

というのも、ワインのことを勉強した人ならよくご存知の
「フィロキセラ」という病虫害が19世紀後半に発生したからです。

フィロキセラ(=ブドウ根アブラ虫)はブドウの根をかじり、
ヨーロッパ中のブドウの樹を枯らしてしまいました。

そこで取られた方法が、
アメリカ種のブドウの台木にヨーロッパ種のブドウを接木する方法です。
アメリカ種はなぜかフィロキセラに耐性があったのです。


ということで、現在のヨーロッパには自根のブドウ樹はほとんどなく、
プロヴィナージュという方法も廃れてしまったわけです。

が、実は探せばあるもので、
シャンパーニュのボランジェがわずかに所有するピノ・ノワールの畑と、
ロワールのアンリ・マリオネのロモランタンが、フィロキセラに冒される前の自根ブドウと言われています。

ボランジェでつくられているのは 「ヴィエーユ・ヴィーニュ・フランセーズ」
アンリ・マリオネのつくるワインは、その名も「プロヴィナージュ」

どちらも樹齢は100年を軽く超えているわけで(マリオネのは150年とか?)、
どちらも生産本数はごくわずかな稀少品。

一度は味わってみたいものですね~

コメント

provinage(六本木)

2006-07-29 12:23:40 | レストラン&店
知り合いの田中さんから、
「ようやくお店をオープンすることになりました!」という案内が届きました。

グランドオープンは7月31日(月)ですが、
オープニングレセプションにお邪魔してきました。

ワインとフランス料理のお店「provinage」 (プロヴィナージュ) です。

プロヴィナージュというのは昔ながらのブドウの取り木方法のことなのですが、
それについては次回改めて解説することにしましょう。

お店は、六本木ヒルズから六本木通りを渋谷方面に少し行ったところにあります。
住所は西麻布ですが、最寄り駅は六本木が便利。
西麻布の交差点からもすぐです。

店内に一歩入ると、洗練され、それでいて落ち着いた空間があります。
カウンター6席、テーブルは14席ほど。

重厚なワインリストには、
フランス(シャンパーニュ、ブルゴーニュ、ボルドー、アルザス、ロワール)、
ドイツ、オーストリアワインが200種ほど載っていますが、
カリフォルニアワインも30種ほど密かにあるのだそう 


  (これが↓ワインリストの表紙)




ボトルで4000円台からあり、
最も面白そうなのは、6000~8000円台くらいのものかな。
コストパフォーマンスもいいし、他のお店では飲めないようなものがかなり揃っています。

もちろん、ボルドーやブルゴーニュの特級クラスもありますから、
素晴らしいワインが飲みたい!という人にもオススメです 

ワインについては、ぜひ、ソムリエでマネージャーの田中さんに相談くださいね。


お料理はアラカルトでも頼めるし、
アミューズ、前菜、メイン、デザート、コーヒーというプリフィクスコース(5000円)もあります。

アラカルトはハーフポーション(500円~)があるので、1人でも大丈夫 
ビストロ系のお料理からシェフのスペシャリテまで幅広く用意されています 


レセプションの時に出していただいたのが、下記のお料理。
これにアミューズ(ムール貝のスープ 自家製ソーセージのプリオッシュ包み)、コーヒーが付きました。
たぶん、プリフィクスコースを頼むと、こんな感じになるのだと思います。
写真は撮りませんでしたが、アミューズはけっこうしっかりとしています。


<<前菜>>
オマール海老と活ホタテのバトー仕立て 海老の香りのコンソメゼリー




<<メイン>>
豪州産葡萄牛サーロインの炭火焼 ピノノワールのソース 
ポテトガレットを添えて




<<デザート>>
葛切りのココナッツスープ仕立て




-----------------------------------------------

provinage

   港区西麻布3-1-19 小山ビル2F

       03-5772-7272

        18:00~3:00(L.O.)

         日曜定休

        http://www.provinage.com/
コメント

Salvarenza 01 GINI

2006-07-28 15:16:43 | ワイン&酒
よく知っているはずの味なのに、
あれ?自分が思っていたのと違う・・・   
っていうことってありませんか?

先日そんな思いをしたのがこのワイン 



Salvarenza 2001 GINI (Soave Classico Superiore, Veneto, Italy)

かなり昔、よく通っていた下町の酒屋さんで初めて飲ませてもらったのが、
このジーニのサルヴァレンツア

ソアヴェのくせにソアヴェらしくなくて、
素晴らしい~、と初めて思ったソアヴェでした 

これを久しぶりにブラインドで飲んだところ・・・


口当たりはとてもナチュラルで、ほわほわ、もわもわ・・・
まだ早い春の芽吹き、山菜のほろ苦さがワインの中に感じられます。

ロワール?

と思ったのですが、答えはジーニのサルヴァレンツアでした 


時間が経って温度が少し上がってくると、
トロミが出始めて、厚みも出てきましたが、いや~、今回は騙されました・・・ 

コメント

飲酒時タバコに注意

2006-07-27 20:45:32 | 美容&健康
たばこ一緒だと酒量は増加?



テキサスAandM大学衛生科学センターを中心とした研究で、

「ニコチンは血中アルコール濃度を下げるので、酒量が増す可能性がある」

という報告が出されました。


「じゃあ、血中アルコール濃度を下げてくれるなら、ニコチンを摂った方がいいの?」

と考えがちだけど、これは逆 


「血中アルコール濃度が下がれば、まだまだ飲めるじゃん♪ 」と、ガシガシ飲んでいると、

体内にアセトアルデヒドなどの有害物質がどんどん溜まるなど、
非常にマズイ状態になっていくわけです 


タバコを吸いながらだと、酒量が増える 

と言う人がいますが、
それにはこうした理由があるからということが、今回の研究で解明されました。


タバコを吸う人は飲みすぎに注意 ですよ! 

コメント

パリジェンヌのお供Ⅲ

2006-07-27 16:34:59 | 雑記
今回、パリジェンヌを連れて行ったのに、お店が休みで残念だったのが
銀座の西五番街にある日本茶の飲めるお店

お座敷があり、抹茶とお菓子がいただけます 
(煎茶とお菓子のコースもあり)


うーん、困った・・・・、でも、ここもいいはず、と連れて行ったのが、
そのご近所にある「おかき」のお店。

和風なのにスタイリッシュな店構えで、試食をさせてくれるのが嬉しいし、
ソファも置いてあり、日本茶もサービスで出してくれました 


その後、デパ地下にも行きましたが、キレイな和菓子に目を奪われていました。
デパ地下では色々試食もできますしね 


銀座界隈でなんといっても外国人に人気なのが 築地 
色々な外国人から、「築地、楽しかった~」と聞いています。

すぐ近くには浜離宮もあるので、築地の後に浜離宮散歩なんてのもオススメ。

そういえば、浜離宮から 水上バス も出ているので、
これに乗って両国~浅草方面に行ってもいいし、お台場に行ってもいいかも。

水上バスなんて、こういうときじゃないと乗らないから、
外国人と一緒のときはいいチャンスですね 

----------------------------------------

で、外国人にオススメの東京観光スポットは、


 和風な店構えの日本茶、和菓子のお店

 デパ地下

 築地~浜離宮

 水上バス(浅草~両国~浜離宮~お台場)

コメント

パリジェンヌのお供Ⅱ

2006-07-26 15:15:35 | 雑記
さて、次にパリジェンヌを案内したのは、あの 六本木ヒルズ 

前日に浅草、合羽橋問屋街、上野公園&不忍池、アメ横を回ってきたそうなので、(このルートは大変気に入ったみたいです
今度は新スポットにご案内です。


地下鉄の六本木駅からエスカレーターで昇るメトロハットの空間と、
昇りきった目の前に聳えるヒルズのタワーが印象的だったようで、
おもむろにデジカメを取り出してパチリ 


たしかに、あのビルを最初に下から見上げたときは、私もその迫力に圧倒されました。
しかも、ちょうど雲がビルの上の方にかかって、ビルの頂上が見えなかったので、
このビルどこまで高いの?と、空恐ろしくなった経験があります 


で、パリジェンヌに話を戻すと、

エスカレーターを上がったところにある大きなクモのオブジェにも驚いていて、
それをバックにまたもや写真をパチリ 


「春なら桜がきれいなんだけど・・・」と言い訳をしつつ次に案内したのが
日本庭園の毛利庭園
ここの庭でもさかんに写真を撮ってました。

その後は、ゲートタワーにある本屋さんへ。
ここは日本に関する洋書 がたくさん揃っているので、
日本好きの外国人へのお土産を選ぶにはいいところでしょう。


本当は、最新スポットの 表参道ヒルズ も行こうかどうか悩んだのですが、
原宿の竹下通りの人ごみに疲れた私は(あくまでも私のせい)パスしてしまいました。


だけど、表参道ヒルズ、原宿、明治神宮はいい観光スポットだと思います。
特に、菖蒲の時期だったら、明治神宮の中の池は最高にキレイで喜ばれるかと思います 

------------------------------------------

ということで、
外国人向けのオススメ観光スポットはこちら。

 六本木ヒルズ

 表参道ヒルズ~原宿~明治神宮

 浅草~合羽橋問屋街~アメ横~上野公園&不忍池

コメント

パリジェンヌのお供Ⅰ

2006-07-25 17:42:04 | 雑記
日本が初めてというパリジェンヌの観光ガイドをしてきました 

「キモノが見たい」と言っていた以外は、
「わからないのでお任せします」と言われ、はて、どこに行こうか・・・・

で、連れて行ったのが原宿・竹下通りの100円ショップ「○イソー」。

折り紙とかがほしいと言っていたのですが、
“和”のものがかなり揃っていて、
和綴じのノート、お箸、のり巻き用の巻きす、筆etc...と、どっさり購入。

店内には1人で来ている外国人がかなりいて、やはりたくさん買い込んでました。
どうやら100円ショップは、外国人には人気のスポットのようです。

それから、竹下通りの若い女の子のファッション(ゴスロリ系など)に
びっくりしていましたが、これはこれで面白かったみたいです 


後で銀座の一等地にある「○居堂」にも連れて行きましたが、
さすがに高級品が多く、ここは目の保養をしただけでした。
でも、このお店も外国人はたくさんいましたので、やはり人気スポットみたい。


で、その銀座で連れて行ったのが、あの「○ニクロ」の銀座店
うちの方にある店舗とはまた違う、ちょっとオシャレな雰囲気のショップです。
ここで「浴衣」をゲットしました 

本物のキモノは10万、20万、ってしちゃいますし、
浴衣も、近所のデパートで2、3万はしますから、
帯と巾着がセットになっているここの浴衣は、
ちょっと日本のキモノを体験したいという若い女性にはうってつけ。
今なら3000円でおつりが来ました。

------------------------------------------
ということで、
若い外国人女性向けのオススメ買い物スポットは、まずここですね 


 100円ショップ

 「○ニクロ」銀座店

コメント

賢治先生の豆乳

2006-07-24 11:44:54 | 美容&健康
たまにはヘルシーな飲み物を・・・




賢治先生の豆乳 (200ml)(105円)


「賢治」というのは、もちろんあの 宮沢賢治 のこと。

岩手県産の大豆を使い、無調整でつくられた豆乳です。

大手メーカーの出している豆乳と違い、これは本当に 豆そのもの の味がします!

おいしいかどうかというのは微妙ですが、大豆本来の味を味わうにはいいんじゃないでしょうか


歌舞伎座の前にある岩手の物産館「いわて銀河プラザ」で買えます。
パッケージがかわいく、フタもあるので、顆粒状の調味料を入れて再利用しています 

コメント

Calera RYAN 03

2006-07-23 17:04:05 | ワイン&酒
あのカレラがつくる
5番目の単一畑のピノ・ノワール "ライアン" を初体験しました。




Calera RYAN Vineyard Pinot Noir Mt.Harlan 2003
 (Napa Valley, California, U.S.A.)


1998年からセレックの西にブドウを植え始め、現在の畑面積は約5.24ha。
2002年がファーストヴィンテージ(115ケース)

ライアンという名前は、カレラのヴィンヤードマネージャー
ジム・ライアン氏から取っています。

肝心の感想は・・・
アメリカンオークの甘さがちょっと強めに出ていて、
キャンディっぽいチャーミングな感じのワインです。

個人的な好みからいうと、
もっと甘さ控えめで、キリリとしたタンニンの骨格がほしいところ・・・


このライアンのお値段は、
ミルズとリードよりも高く、セレックとジャンセンより低めで、
ちょうど5つの畑の中間に位置します。

うーん、私はやはり、コストパフォーマンスのよさ&好みからいうと
リード

どれをチョイスするかは、個々の好みによってかなり分かれそうですね 
コメント

フランス酷暑で死亡者

2006-07-22 17:44:16 | 雑記
仏、酷暑で9人死亡 (産経新聞) - goo ニュース


2003年も酷暑で大量の死者が出たフランスですが、
今年ももうすでに暑く、死者も出ているというニュースを見つけました。

夏休みを利用して涼しいフランスでバカンスだ~♪      
と目論んでいた人は、かなり覚悟して行かないとダメみたいです。

フランスで酷暑 ということになると、
ワイン関係者はかなり気を揉まされます。

というのも、2003年の時も暑さでブドウがやられ、
収穫量がかなり落ち込んだからなのです。

しかも、果物って、昼は暑いけれど夜は涼しいって状態を経ることで
おいしく成熟していくわけですが、
暑いだけの状態が続くと、非常にバランスの悪いブドウになってしまいます。

特に問題なのは酸度
酸の乗らないボヤけたブドウでは、いいワインは期待できません 

だけど、よーくブドウが熟して糖度が上がるから、
アルコール度数だけは高くなるんです。

つまり、いつもの年とは全く違ったワインになる可能性が大 

う~ん、どうしてもヤキモキしちゃいますよねぇ 
コメント

ビストロ アッシュ(浅草)

2006-07-21 12:19:33 | レストラン&店
お店から、メニューに「桃園豚」(とうえんとん)が加わったというお知らせが 
これはぜひ食べにいかなくちゃ、ということで、またまたアッシュに行ってきました。


今回チョイスしたのは、前菜、メイン、デザートの3,500円コース。
アミューズと食後のコーヒー(紅茶、ハーブティもOK)が付きます。

ここの前菜でお気に入りなのが、豚を使ったテリーヌなのですが、
メインを豚にしたいので、もうひとつお気に入りの本日の鮮魚のカルパッチョを選択。
この日は「鯛」でした。

メインは食べたかった桃園豚(岩手産)
「あと○人分しかなくって・・・」という状態でしたが、譲っていただき感謝です 


鯛のカルパッチョ



桃園豚 肩ロースのコンフィ



バニラアイス&ナッツを使ったガトー



桃園豚は思ったよりも脂肪の入り方がさっぱりとしているので、
脂がイヤ、という人でもおいしくいただける豚だと思います。


前回の紹介記事は2006年2月22日にありますので、
お店の詳細情報は、そちらをご覧下さい。
コメント

Langhe Freisa 04

2006-07-20 12:07:27 | ワイン&酒


Langhe Freisa Bricco Boschis 2004 Cavallotto


昨日紹介した、西麻布の Bru. sta でボトル注文して飲んだのがこれ
当然イタリアワインです。(赤)

Langhe (ランゲ)というのは、ピエモンテ州中央部の丘陵地帯名で、
有名なバローロやバルバレスコも、このランゲに含まれていますから、
ワインの銘醸地なんです。

Freisa (フレイザ)がブドウ品種名で、
ピエモンテの、どちらかというと軽めの赤ワインか発泡ワインに使われます。

ブレンドされているのは見かけるけれど、
このワインみたいに単体で使われているのは珍しいです。
(で、思わず注文~


色には深みがあり、そんなに軽っちいワインじゃなさそうです。

実際に口にすると、ズシリとした重厚さはないけれど、
タンニンと酸がきっちりとキレイに出ていて、引き締まったエレガントな果実味があり、

独特のスパイシーさもあります。

どこかピノ・ノワールに通じる品格さえ感じるので、
カベルネ好きよりもピノ好きに支持されそうなタイプかな?

ボトルワインとしてのお値段も手頃だし、かなり満足度が高いワインでした 


コメント

Bru. sta(西麻布)

2006-07-19 15:53:02 | レストラン&店
知り合いのソムリエ、西山さんが西麻布にイタリアワインの充実したお店
今年の3月27日にオープンさせました。

その名は、osteria 「Bru. sta」(ブル スタ)

イタリアはトスカーナの名ワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノから
名前を取っているそうです。

西麻布の交差点から外苑西通りを北上し、道路を挟んだ向かいは
あの「FURUTOSHI」(いい目印です)。

カウンター6席、テーブル2つ(2人+5人)の小さなお店で、
西山さんと花房シェフが頑張っています。

ここのお店でまず素晴らしいのは、グラスワイン
10種類ほどありますが、そのお値段たるや、500円台のスペシャル価格のものから、
上限でも1000円ちょっと出たくらいがズラリと並びます。
気に入ったら、カラフェにもボトルにもできます。

あ、グラスワインはしょっちゅう変わるので、もちろんお値段もその都度変動します。
私が行った日は、ジャスト500円という赤ワインがありました。

この価格だと、ちょっと1、2杯飲みたいなぁ・・・という時でも
気軽に利用できるから、嬉しい限りですね~

もちろんボトルも充実しているので、「こんな感じで・・・」と西山さんに相談すると、
いい感じのものを数本並べて説明してくれます。
5000円台でも充分素晴らしいものを用意してくれるので、懐も安心 

さらに、このお店の嬉しいところは、お料理もちゃんとしている点です 


ズッキーニのフリット(モッツアレラ&アンチョビ入り)
写真を撮り忘れて食べてしまいましたが、調理する前のズッキーニを見せてくれました。
貴重な映像ですよ~。花の中に詰め物をするので、スポンジが入ってます。




トリッパ(の一部)
これも、食べてから写真に気がついたので、一部だけですが、
トリッパ(牛の胃袋)が、豆と一緒にとーっても柔らかく煮込まれていて美味
トリッパ好きの私には嬉しい一皿




馬肉のハラミ
えー、これはなんと馬肉!
多少クセはありますが、私はまったく気になりませんでした。
グリルですが、お肉がすごくやわらかい~。




ブカティーニ
穴のあいたパスタ「ブカティーニ」は、私は初体験かも?
穴子(だったか?)、干しブドウetc...にチーズがたっぷりかかってます。




チーズいろいろ
イタリアだけじゃなく、フランスのチーズもあります(この日は6種)。




あ~、自家製フォカッチャも食べたかったなぁ~


--------------------------------------------

osteria Bru.sta

    港区西麻布2-11-10 霞町ビル1F
     03-5766-2678
    日祝お休み

    *席数が少ないお店なので、予約が確実です


    
コメント   トラックバック (1)

はっちゃん日記

2006-07-19 01:14:39 | 有名人
ねこ好きの友人に紹介したら、
「ありがと~♪」ってわざわざお礼を言われたのが、『はっちゃん日記』。

単なる日本ねこ、しかも雑種?さらに捨てねこだった・・・・
んだけど、、4歳になる今はとても表情が豊かで、
毛並みもバツグンなんです~

毎日はっちゃんの表情を見て癒されてます~

高級そうなねこじゃなく、ホントにふつうのねこ
ってトコがいい~

『はっちゃん日記』←ねこ好きはぜひ♪
http://sky.ap.teacup.com/hani/
コメント (4)