ワインな ささやき

ワインジャーナリスト “綿引まゆみ” (Mayumi Watabiki) の公式ブログ

超高品質フランチャコルタ

2007-08-31 15:18:29 | ワイン&酒
暑さはだいぶ治まりましたが、こんなスパークリングなら1年中飲みたい!
というイタリアのスプマンテと出会いました。

それが、ロンバルデイァ州のフランチャコルタ “カヴァッレーリ”(Cavalleri)



フランチャコルタには有名な生産者が3つあり、
カヴァッレーリはそのひとつですが、規模は最も小さく、家族経営の生産者です。

ブドウはすべて自社畑でまかない、特にシャルドネに力を入れていて、
ロゼ以外はすべてシャルドネ100%のブラン・ド・ブランです。


最もスタンダードなのが、こちら。



CAVALLERI Blanc de Blancs Brut NV

シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵(30ヶ月)後、3ヶ月のセラー熟成を経て出荷。
見た目が、あのシャンパーニュの「クリスタル」似というのが楽しいじゃありませんか?




(中)CAVALLERI Blanc de Blancs Saten Brut 2002

(左)CAVALLERI Blanc de Blancs Collezione Millesimato 2000

サテンは瓶内熟成36ヶ月、コッレツィオーネは48ヶ月と長く寝かせています。
味わいは、コッレツィオーネの方が果実味の凝縮感があり、しっかりとした飲みごたえがあって、ボディのあるタイプが好きな人向け。
サテンはそれよりも軽快で、ふくらみがあります。


(右)CAVALLERI Collezione Rose 2001

このロゼは、最初に赤ワインのピノ・ノワールを30%アッサンブラージュしてつくる珍しいもので、そのため、色が淡く、ほんのりとした桜色をしています。飲み口もやさしいです。
ラベルがシルバーでゴージャス感があるので、お祝いの席を盛り上げてくれそうです。


イタリアのスパークリングというと、比較的手にしやすいお手頃価格のものが多く目に付きますが、カヴァッレーリはシャンパン並みの超高級品 

しかも超高品質ですから、かなりいい席で開けてみたいわ~と思いました。


(輸入元:大榮産業株式会社)

コメント (4)

映画「レミーのおいしいレストラン」

2007-08-30 21:50:36 | 映画


原題は 「ラタトィウユ」

なんでこんな原題なのか不思議でしたが、終盤になってその謎が解けました。



天才的な味覚と料理のセンスを持つネズミのレミーが、料理オンチの青年の助けをして奮闘するというストーリーですが、料理の監修をギイ・サヴォワなどのパリの星付きレストランがしていたり、料理の素材や食材の話も盛り込まれているので、料理好きにはなかなか楽しいストーリーです。



シャトー・ラ・トゥールの1961年シュヴァル・ブラン1947年(画像はラフィットでしたが)という、素晴らしいワインが登場するのも、ワイン好きの心をくすぐります。

また、映画はアニメですが、実写の映像とうまく組み合わさっているのが不思議で、画像が本当にきれい

大人が楽しめる映画で、さすがディズニー。


(映画館の入り口には大きな姿のレミーのオブジェが)

  
コメント   トラックバック (1)

ワイン界にカワイイ新星☆

2007-08-29 08:45:44 | ワイン&酒


昨日紹介した恵比寿の「トロワザムール」で、とってもカワイイニューフェイスを見つけました。

それが、フランスはラストーの新星、Elodie Balme (エロディー・バルム)嬢です。

エロディーさんは23歳で、写真を見せてもらったら、とてもカワイイ~


以前私が「ワイン村」で紹介したマルセル・リショーさんの愛弟子です。
 http://www.jsa-winemura.jp/  (「キャッチ The 生産者」の第22回)


リショーさんのところで2年修行した後、エロディーさんは祖父の持っていた畑のブドウからワインをつくり始めました。
ファーストヴィンテージは2006年。


今回、彼女のワイン3種類(いずれも赤)を飲ませていただきましたが、
まず、ラベルがとってもキュートで、さすが若い女の子 





Vin de Pays de Vaucluse 2006 (左)
すーっと自然に入ってくる、素直なワインです(メルロとグルナッシュ)。

Cotes du Rhone 2006 (中)
ヴァン・ド・ペイよりも果実の甘さが濃くなり、飲みごたえが出てきます。
(グルナッシュ、シラー、カリニャン)

Rasteau 2006 (右)
とろみ、まろみを感じるワインで、非常にやわらか。
アルコール15%!(グルナッシュ、シラー)


どれもアルコール度数は非常に高いのに、まったくアルコールのニュアンスを感じさせない、キレイでピュアで、かわいらしいワインでした。

素直で伸びやかなボディが心地良く、もう1杯、もう1杯とおかわりしたくなります。



日本に入ってくるのはもちろんこれが初めてで、まだどこも紹介していない、正真正銘のニューフェイス 


おじさんのワイン生産者が多い中、これだけ若くてしかもカワイイ女の子がつくっているというのも貴重です。
ぜひ、彼女のピュアなワインを味わってみてください。

コメント (1)

トロワザムール@恵比寿

2007-08-28 11:18:15 | レストラン&店
昨年の8月にオープンし、ちょうど1周年を迎えた
ワインショップ 「3 amours」 (トロワザムール)に行ってきました。

このブログでもオープン時に紹介しましたが(2006/8/27)、
ちょくちょく覗きにいくたびに、どんどんお店が変わっています。

たとえば、ボトルに貼られている「回数」





これは、飲む前にデキャンタをする回数だそうです。

というのも、この店が取り扱っている自然派のワインを開けたときには還元臭というものを感じることが多く、それは空気に触れることによって解消されるため、デキャンタを勧めているというわけです。


カウンターがあってグラスワインが飲めるのも嬉しく、特に月曜日はお得な500円ワインがあるようです。

土日もオープンしているので、このあたりのお買い物の途中に軽く休憩という使い方もできるので、気軽に立ち寄ってみてはいかが?


---------------------------------

3 amours (トロワザムール)

東京都渋谷区恵比寿西1-15-9
03-5459-4333

月~金 12:00~21:00
土日祝 12:00~20:00
定休日 火曜

コメント

ソムリエ一次試験

2007-08-27 14:48:19 | ワインのお仕事
今日は、ソムリエ、ワインアドバイザー、ワインエキスパート
第一次試験が行われています。

これが通ると、次は二次試験です。
(アドバイザーとエキスパートは9月17日、ソムリエは10月1日)



先日、経験もサービス技術も知識もピカイチなのに、
「ソムリエの資格はとっていないんですよ」という方とお話をしました。

資格を持っていても頼りないソムリエはいるし、
資格を持っていなくても、充分な経験を積んだプロもいるわけで、

そうなると、ソムリエの資格の意義は?となるわけですが・・・・。


人を見る目がない人は、資格の有無で判断するしかないですから、
とっておいて損はない資格でしょう。

それに、試験のために体系的に覚えたことは何年たっても頭に残っているので、私の場合、仕事においてかなり重宝しています。



試験問題日本ソムリエ協会のHP にアップされるので(たぶん明日くらいまでには)、来年は挑戦してみようかな?と思っている人は、腕試しをしてみてはいかが?

http://www.sommelier.jp/
コメント (2)

サダハル・アオキ

2007-08-26 21:55:30 | 甘いもん
洋菓子界の高級ブランド 「サダハル・アオキ」エクレア をいただきました


パリから始まったこのブランドは、日本に逆輸入される形で入ってきましたが、
最初から感じたのは、ちょっとお高いなぁ・・・ということ。

ケーキ一切れが1000円近いから、そうそうは買えません。

たしかに、ここのケーキはパリのエスプリを感じさせ、断面が非常にシャープで潔いなぁと思います。
特に、長方形のスッキリとしたスタイルは、ここならではのスタイル。


それはエクレアも同じで、他のメーカーと比べるととてもスタイリッシュ


今回は色々なフレーバーを少しずついただいてみましたが、
一番インパクトを感じたのは、キャラメル味(下の画像の左から2つめ)。

評判の高い抹茶味(緑色のもの)は、私はあまり好みではありませんでした。

もらったらもちろん嬉しいけど、自腹で買うには、コストパフォーマンス的には非常に厳しいかなぁ・・・



コメント

サントリー「金麦」

2007-08-25 23:11:43 | ワイン&酒関係雑記
CMを見て気になっていた発泡酒  をようやく入手。

そう、女優の壇れいさんがエプロン付けて夕陽の中を駆けていく、あの昭和の香りのするCM。

「金麦(きんむぎ」なのに、なぜか「金妻(きんつま)」に見えてしまうのは私だけ?





で、いよいよ飲んでみると、まず、色が濃い目の琥珀色
飲み口は、「お酒」っていう感じがやや強めです。

発泡酒なので、もっと軽いものを想像してたのに、
缶に「リキュール(発泡酒)」と書いてあるように、たしかにリキュール風のニュアンスがあり、コクのあるタイプ。

泡もそんなにキツクないです。
というより、かなりマイルド。


夏の暑い時にキリリと飲むという味ではなく、涼しくなってからの方がおいしく飲めるかも。

価格は缶チューハイとほぼ同じくらいなので、
甘いのが苦手な人はこういうタイプをチョイス、っていう手もあるでしょうかね。

コメント   トラックバック (1)

ソムリエ試験3日前

2007-08-24 23:14:48 | ワイン&酒関係雑記
今年のソムリエ試験の第一次は8月27日(月)。

あと3日ということで、受験する人はこの土日が追い込みでしょうか。

私もずいぶん昔に受けましたが、応募締め切りの日に申込書を提出し、そこから勉強を始めたので、勉強期間は約1ヶ月。

我ながら無茶したなと思いますが、1ヶ月間ずっとテキストを肌身離さずにいたおかげで、一次の筆記試験は無事通り、その後の二次試験も予定通り合格しました。



筆記試験のポイントは、生産地名などはとにかく語呂合わせなどで覚えこむこと。

歴史(特に人名)や地理的な内容丸暗記必須です。

過去の問題を解くのも、かなりいい復習と確認になりますのでオススメです。



当日は、とにかく落ち着くことが大事ですので、わからないものが出てきてもあせらず、わかるものから解いていきましょう 


受験するみなさん、どうぞ頑張って下さいね!




コメント

ウルトラセブン誕生40周年記念ワイン

2007-08-23 17:29:17 | ワイン&酒


以前、仮面ライダーの「ショッカーワイン」を発売したバンダイから、
今度は

ウルトラセブン誕生40周年記念ワインセット  が発売されるそうです。


ウルトラセブンの放送開始は1967年10月ということで、
たしかに、ちょうど40年。

それを記念し、モロボシ・ダン役を務めた 森次晃嗣 さん(ワイン好きらしいです)がプロデュースを行ったとのこと。



赤ワイン1本、ワイングラス1脚、40周年記念カードが、箔押しの豪華記念箱に入ったもので、お値段は9800円(税込み)。


ワインは、山梨の「ルミエール」がメルロ種からつくるものなので、きちんとした品質には違いありませんが、この企画モノは私はあまり興味なしです。

子供の頃に見ていた、今はお父さん世代なら、懐かしくてつい買っちゃうんでしょうか


限定777個で(この数にもこだわりがありますね~)、販売個数を超えた時点で終了です。

バンダイネットワークスのHPから注文でき、申し込みは9月28日までですから、欲しい人はお早めに~

コメント

長袖が人気らしいです

2007-08-22 21:24:54 | 美容&健康
「長袖のパジャマが売れているみたい」 と母。

猛暑なのになんで? と聞いたら、

「夜もクーラーをつけて寝るから長袖がいいんだって」 だそうで

ふむふむ、そうきましたか・・・



そして今日は、この夏最大の消費電力を記録 し、
電力供給がかなり厳しい! というニュースが流れましたが、
1日中エアコンをフル稼働させていたら、たまったもんじゃないですよね。


私が寝るときは、0.5~1時間のタイマーをセットしてエアコンをオフにしています。
この方法だと、朝、暑くて目が覚めます


日中は、エアコンのつけ始めは24℃くらいの低めでパワフル稼動し、
涼しくなってきたら徐々に温度を上げていき、
28℃だと肌寒いと感じることが多いので、最終的には29℃にします。

もちろん、部屋を出るときはこまめにスイッチを切ります。

今は夜風が涼しくなってきたので、窓を開けた状態で28℃。
このくらいだと、ほっとしますね~

コメント

夏に食べたいラタトゥイユ♪

2007-08-21 17:15:34 | おいしい食べもん
夏の季節、ぜひ一回は作って食べたいのが、

夏野菜をたっぷり使った ラタトゥイユ   

野菜が高かったので、なかなか作れませんでしたが、
いただきものがあったおかげで、ようやく作ることができました。



ナス、ズッキーニ、ピーマン、玉ねぎに、ニンニク、鷹の爪、オリーブオイルを加え、
トマトはホールトマト缶を使用。

固形コンソメとハーブを加え、あとはコトコト煮込むだけ。
野菜から水分が出るので、水は加えません。
塩と胡椒は適宜加えます。


今日はお昼を作るついでに仕込み、少しだけ食べてみましたが、野菜は煮えているものの、まだまだ味がしみ込みません。

煮物は冷めるときに味がしみ込むので、夜には美味しくいただけそうですね~


これは冷たくても美味しいので、どっさり作りました。


コメント

映画「厨房で逢いましょう」

2007-08-20 14:13:31 | 映画
今週末に公開される映画で、非常に気になっているのが、

「厨房で逢いましょう」 (2006年 ドイツ・スイス)



南ドイツのレストランのシェフが主人公(メタボ体型でちょっとサエない)が
子持ちの人妻に憧れる というストーリーですが、

なんといっても ミシュランで星をとっているシェフ フランク・エーラー が作る
美しい官能的料理 が見たい!



8/25(土)から、東京では渋谷の Bunkamura ル・シネマ で公開されます。


初日には来場者全員ミニサイズ香水“Be mine”のプレゼントがあり、

また、9/15~17の来場者には、抽選で ドイツワインプレゼント があります。
(20歳以上限定)

ドイツワインは当てたいですね~

コメント

ほっとひと息

2007-08-18 17:56:05 | おいしい飲みもん
昨夜から涼しい風が吹いていたおかげで、
今日は昨日までと約10℃も違う涼しさで、ほっとしますね~

クーラーをかけなくても、現在の部屋の温度は26℃
天国 です


暑さが続いているので、気になる発泡酒 でも買ってみようかなぁ~と、
ここ数日思っていたのですが、

今日の涼しさで、買いに行くのをやめました。

涼しいとビールや発泡酒の売れ行きが落ちるのも道理ですねぇ・・・


今夜の晩酌は 梅酒 (南高梅使用)にします

コメント

ブドウ実食☆甘い!

2007-08-17 20:50:18 | おいしい食べもん



8/7から2回にわたって写真画像を掲載してきたうちのブドウですが、
いい具合に色付いてきたので、本日、採って食べてみました。

このところ暑い日が続いたせいか、糖度がものすごい

しかも酸がバッチリあり、非常に美味~


そこでふと気が付いたのは、このブドウは完璧な オーガニック ということ 


肥料もあげてないし、ほーんとに、何も手を加えていません。
(放ってあるともいいますが・・・・

日よけとしても役に立ってくれているし、ホント、一石二鳥 
 
これから当分は 食べ放題 です 

コメント (2)

不二家の「スーパーハイウェイ」

2007-08-16 16:43:35 | 雑記
不二家、山崎パンと共同で洋菓子の新ブランド展開へ(読売新聞) - goo ニュース


「不二家」の二の舞ともいえる「白い恋人」疑惑騒動の後、

その 不二家が山崎製パンを共同で洋菓子の新ブランドを立ち上げる という発表がありました。


新ブランド名は 「スーパーハイウェイ」 で、

コンビニや量販店向けということです。



IT用語で 「情報スーパーハイウェイ構想」というのがありますが、

これは、全米のすべてのコンピュータを光ファイバーなどによる高速デジタル通信網で結ぶという構想のこと。


それに使われている「スーパーハイウェイ」というのは、
お菓子のブランド名にするにはかわいくないし、美味しそうにも思えないような・・・

スタイリッシュというのとも違うし、別の名前を再考した方がいいんじゃないでしょうか?と思うのは、私だけでしょうか?

コメント (2)