♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■一同は聖霊に満たされ / 板倉邦雄

2018年08月07日 | Weblog
2018/7/3放送

 世の光の時間です。いかがお過ごしですか? 板倉邦雄です。
 今日は「一同は聖霊に満たされ」という題でお話ししましょう。
 
私たちキリスト信徒は天地万物の創造と摂理の父なる神を信じています。また私たちの罪の贖いのために十字架にかかり、三日目に復活された神の独り子イエス・キリストを信じています。そして神とキリストから遣わされた聖霊様を神として信じ告白して参りました。使徒の働き二章に入ります。

 さて、五旬節の日が来たので、イエス様の十二使徒たちと信徒たち一同が集まっていました。五旬節の日とは過ぎ越しの祭りから数えて50日目、ギリシャ語ではペンテコステと言います。この50日目に当たりました春の収穫祭の日でした。国内はもちろん国外からも多くの巡礼者たちがエルサレムの都に集まっていたのです。

 みんなの者が一緒に集まっている時でした。突然激しい風が吹いてきたような音が天から起こってきて、一同が座っている家いっぱいに響き渡ったのです。まさに復活されたイエス様が約束された聖霊の降臨でした。聖霊が激しい風に喩えられていますね。

 また次の起こったことは舌のようなものが炎のように分かれて現れ、一人びとりの上にとどまったのです。聖霊は炎のように燃える存在で、信じる者一人ひとりにとどまり、心の中に熱く内住してくださるようです。

 ですからこのあと一同は聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままにいろいろの他国のことばでイエス・キリストの証人となり、語り出すことになりました。聖霊に燃やされて主イエス様にお仕えすることができるのです。

 聖書のことばに、「霊に燃え、主に仕えなさい。」(ローマ12章11節 新改訳2017 )とあります。ここで大切なことは、一同は聖霊に満たされた、という出来事です。聖霊は個人個人に働きかけるのですが、それ以上に一堂に集まっている全員に働きかけるということです。キリスト信徒がなぜ毎週日曜日に神様を礼拝するために教会へ集まるのでしょうか。それは集まっている一堂に聖霊が注がれ一同が聖霊に満たされる幸いを経験するからです。

   (PBA制作「世の光」2018.7.3放送でのお話より )

***

このサイトは URL名として
 http://yonohikari.biblica.info 
が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

***

東海福音放送協力会へのお問い合せは、
 464-0044 名古屋市千種区自由ケ丘2-10 自由ケ丘キリスト教会内 電話052-762-2196 へ

***