♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して66年の
「世の光」を文字で 

■雲の中に、虹を立てる / 福井 誠

2018年08月08日 | Weblog
2018/7/4放送


世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか? 福井 誠です。今日のバイブル・メッセージは「雲の中に、虹を立てる」です。 創世記9章13節から読んでみましょう。
わたしは雲の中に、わたしの虹を立てる。それが、わたしと地との間の契約のしるしである。」(新改訳2017)

 雨上がりの虹を見て皆さんは何を思いますか? きれいだなあと思いますねえ。なぜこんなものができるんだろう、なぜ? 科学的に虹は光の屈折や反射によって起こる現象なのですが、科学ではない世界のなぜ?を考えたことはあるでしょうか。子どものような質問かもしれませんが、聖書はそのなぜ?に答えています。今日その話をしてみましょう。
 旧約聖書の創世記にノアの箱舟と呼ばれて親しまれてきたお話があります。その昔、神が天と地そして人間をお造りになった後、人間はその神様を認めようとせず、神様に背いた出来事がありました。そして人間は堕落し、悪に傾き、人間社会も腐敗を極めました。その様子を神様はご覧になって、全人類を大洪水で滅ぼそうとお決めになったのです。

 ところが、そこにただ一人、目に見えない神様を認める義(ただ)しい人ノアがいたので、神様はこのノアとその家族を救おうと箱舟の建設を命じられます。ノアの義(ただ)しさは真面目にその神様の命令に取り組んだところにありますね。ノアは箱舟を完成させ、結果、箱舟に乗ったノアとその家族は大洪水から守られて救われました。大洪水の水が引いて生き残ったノアとその家族が箱舟から出てきた時に、空には美しい虹が出ていたのです。

 神様はノアにこの虹を示しながら約束します。「もはや大洪水の大水で地を滅ぼすことはない」と。「人間の心は悪に傾くものだから。」と人間の弱さも認められました。つまり雨上がりの虹は、たとえこの地上に洪水がたびたび起こるとしてもそれで全人類が滅ぼされることはないという神様の約束のしるしです。この天と地をお造りになった神様がおられます。その神様は、天の水門をはじめすべてを支配しておられるだけではなく、人間の弱さも理解しておられるお方です。なぜ虹ができるのか、それはあなたに心を傾けておられる目に見えない神様がおられるしるしです。聖書を読んでその神様を知っていただきたいと思います。

(PBA制作「世の光」2018.7.4放送でのお話より )

******

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでもちょっとのぞかせてくださいと言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

******

このサイトは URL名として 
http://yonohikari.biblica.info 

が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。