居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






大晦日です。
今年もあと数時間で終わりです。
今年最後の更新です。

ということで、年越しそばを食べに出掛けました。
去年はみそや林檎堂でしたが、今年の営業は30日までとのこと。
ということで今年は、横浜家系『麺家ばく』です。

日本蕎麦ではなく、今年の締めは魚介豚骨つけ麺でした。
今年はラーメン&つけ麺を食べた年だったなぁ~
マスコミなどでもラーメンを取り上げる企画が多く、
テレビでも、ラーメンをキーワドに録画設定すると
毎日の様に何かしら録画されていました。
元々好きだったのですが、世の中の流行も追い風になり、
ラーメン三昧の2010年だったような気がします~

だから、年越しの締めも家系ってことで!

そして、バルコニーのプランターで育てていた唐辛子を収穫。
ちょっと収穫時期が遅れましたが、なかなか元気に育ってくれました。
天日干ししてます~。 当分唐辛子は自家製でまかなえそうです。

では、来年もゆるゆると更新していきたいと思いますので、
よろしくお願い致します。



コメント(0)|Trackback(0)






先日またまたくらってしまったぎっくり腰。
寸止めで重症は免れたのですが…やはり痛いです。

何とか歩けるので、後楽園までお出掛け!
まずは、東京ドームホテル最上階(43階)のレストランで
ランチブッフェを頂きました。
メインディッシュはオーダーですがそれ以外はブッフェ形式。
前菜系、フォカッチャ、トリュフのリゾット、デザートなど食べ放題。
写真はメインが来る前の前菜の第1弾です。
ちなみにメインは「知床鶏のロースト オニオングラタンソース」をチョイス。



腹ごしらえが済んだ後、今回の目的である、スパラクーアに赴きました。
ドームホテルから東京ドームを挟んで建ってるラクーア内の温泉です。
水道橋の駅前に温泉が湧いたなんてホントびっくりです。
スパラクーアは実にほぼ6年ぶり。
実は温泉巡りを始めた原点でもあります。
2005年1月にここを訪れたのがきっかけで温泉に開眼しました。
やっぱり大きなお風呂は気持ちいい! って事に気づきました。

お風呂自体はこれと言った際立った特徴は無いのですが、
それ以外の施設が充実しているので、1日過ごせます。

年末、温泉でのんびり腰の養生をして来ました。
出て来たらもう夜。
ドームに続く道が幻想的な照明のトンネルになっておりました。



コメント(4)|Trackback(0)






スリムクラブ。
決勝進出者の中では1番応援していたのに、
M-1グランプリ惜しくも2位。残念!

漫才かどうか、若干悩む所もあるが、面白かったのに…
エンタの神様でフランケンやっていた事もあったなぁ~
あれはあれで面白かったが、漫才ではないもんね。

でも、今回の2位でかなり知名度が上がったとは思います。
がんばれ~ ちばりよ~

コメント(2)|Trackback(0)






魚屋さんであんこうの肝が安かったんです。
生の状態で購入。150円ほどでした。

筋を取り、5分ほど醤油に漬けて、酒で洗って
アルミホイルに包んで20分程蒸しました。
粗熱を取り、冷蔵庫で一晩寝かせてできあがり。

呑み屋で出て来るあん肝とまったく変わりません。
美味いです!
まだたくさん残っているので数日楽しめそうです。
ホイルに包んだまま包丁で切れるので、
残りの部分の貯蔵も楽です~

自宅であん肝というと、缶詰を買ってしまっていたのですが、
えらく高価なんですよね。
自分で作ってしまえば、新鮮だし、味もイイし、
何と言っても安くてうれしいです。
日本酒にぴったりです。
お正月用に作っておくのもいいですね~

コメント(4)|Trackback(0)






12月21日に高円寺ラーメン横丁内にオープンした
『つけめん102 サクラサク』早速行ってみました。
ここは『つけめんTETSU』の新ブランド店。
場所も元TETSUがあった場所の居抜きです。
ということで、メインは当然のようにつけ麺。

つけめんには白、赤、黒の3種類がありました。
店員さん曰く、TETSUに一番近いのは白だとか。
なので、食べ比べるために白をオーダー。
麺が新しくなったので、茹で時間がかかるとの事。

出て来た麺は見た目も若干ちじれが増し、コシが強烈。
スープもTETSUに似ているのですが、なんだか脂っぽい。
TETSUの絶妙なバランスが好きだったので、
この微妙な変化がとても残念。
個人的な好みですが、不味くはないけど、美味く無い。
黒はマー油が主張し過ぎでちょっとヘビーでした。
赤は…『辛さと痺れ』の文句に腰が引けてしまいました。
辛いの食べるなら、お向かいの中本行きますもん。

ちなみに、焼け石は健在でした。
しかし、気分的には『TETSU come back~』でした。



コメント(5)|Trackback(0)






先日の日曜日の事ですが、
友人のTakaPくんが自前のギター2本を持参で我が家に遊びに来ました。

お互いのレスポールモデルを並べてみました。
左がわたしの58年モデル。右が彼の60年モデル。
60年の方はピックアップカバーがはずされており、ピックガードは未装着。
驚いたのは、近い年式でも違いが随所に見られました。
一番の違いはネックの握りですね~。
58年に比べて60年のネックは薄めで、ストラトに近い握りなので
手が慣れているせいかえらく弾きやすかったー。

ギター小僧のように、2本の作りの細かい違いなど
写真撮りながらチェック~。 もちろん、音出しも。



せっかくなので持参したもう1本も激写。
フェンダージャパンのストラト62年モデル。
色が実に渋くてカッコいいです。
我が家の62年モデルとはネックの握りが明らかに違いました。
同じメーカーでもバラツキあるのね~。
装着されていたのはテキサススペシャルというピックアップ。
実は、このピックアップは音出し初体験。
メタルには合いませんけど、渋いロックにはえらくカッコいい音!
テキサススペシャル搭載のストラト…ちょっと欲しくなった。

ところで、TakaPくんですが…
ギタリストではなくドラマーなんですよね。
我がバンド、ルシフェルにも在籍しておりました。
1987年の事ですから、23年も前の話ですが…
当時のステージネームは… MEIJY。
(リハの時、いつも明治のコーヒー牛乳持参だったもんで…)
こうしてゆっくり話すのも20年以上ぶりってことです。

コメント(4)|Trackback(0)






最近… ラーメン出現率が高くなってます。
でも、けしてラーメンブログではありません。
単なる「麺好き」なだけ~

お気に入りのお店のひとつ、みそや林檎堂
昼はラーメン、夜はつけ麺という二毛作店としてオープンしたのですが、
今は常時ふたつの看板(のれん)掲げ合体営業中。

週末に訪れると、昨年どうように中華そばが復活していました。
去年の年越しそばはこれでした!
魚介豚骨系の中華そば、美味かったです。

しかし、その他の新メニューも登場で心が揺らぎました。
豚味噌カレーらーめん… なんだろうそれ。
出て来たのは写真のラーメン。
一見すると、すた丼やら豚丼のラーメン版のようです。
元々は魚介豚骨の味噌ラーメンなのですが、
そこに加わったカレーがけっこう合っています。
優しい味でとても美味しい。 
しかし、ここまで豚肉たくさん乗せなくてもいいのだが…

以前もカレーらーめんが有ったそうですが、消えたので、
これもいつまで続くのかわかりません。
そう思うと一度は注文しない訳にはいきません。

基本、美味しいスープや麺を提供してくれるお店は
変化球出しても、そこそこ美味いです。
でも、やはり、次回は基本の味噌かつけ麺に戻ると思いますけどね。

そうそう、値段も下がっていて驚きました。
そのかわり、無料だった大盛が有料に。
と言っても、大盛で以前の料金なので、これはある意味良心的?

大栄食品特注のつけ麺の用の極太麺に
タピオカが練り混んであるのは知りませんでした。 
今年の年越し蕎麦も林檎堂の中華そばかな~

コメント(4)|Trackback(0)






9月に行った厚木の温泉『ほの香』にて購入した「麦飯石」です。
購入以来、網に入れて浴槽に沈めています。

水のカルキや臭い、雑菌を吸着する濾過材として使われるのだそうですが、
イオン化した天然ミネラルが皮膚から吸収されるそうで、
高い温熱効果が得られ、筋肉を活性化し、
神経痛やリュウマチ・肩こり・疲労回復に効果があるらしいです。

今ひとつ実感が沸かなかったのですが、
この数日、左のひざに痛みが出て、曲げられないくらいの状態になり、
さらにはふくらはぎまで張ってしまい、歩くのさえもつらかったんです。

昨夜、入浴中に試しに麦飯石が入った網の袋をひざのお皿のあたりに乗せて
しばし、浸かっていたのですが、風呂から出て驚きました。
嘘のように痛みが消えて、普通にしゃがむ事もできるじゃありませんか!
淀んでいたリンパや血流が正常に戻りはじめたような気分です。
こんなに速攻の効果ってあるもんですかね?
ま、鰯の頭も信心から…って言葉もあるので、
しばらく入浴時には試してみる事にしましょう。

今朝はかなり痛みが緩和されています。 驚いた。

コメント(4)|Trackback(0)






初めて入るラーメン店は懸けですね。
仕事で行った街。駅を降りたら12時半。まさに昼メシ時。

携帯で食べログ検索で見つけたラーメン店に行ってみました。
昨今流行の濃厚とんこつラーメン店。つけ麺が売りのようです。
店の前に行列でも出来ていたらいやだなぁ…
と思いながら向かったのですが、行列は無く、すんなり入店。
カウンター、テーブル席合わせて15席程のお店の中は誰も居ない…
正確には店主1人のみ。
閑散として活気のない店内を見て、一瞬躊躇してしまいましたよ。

昼時に客が居ないラーメン屋ってどうなのよ? って感じです。
カウンターに促されたので端にポツンと座り、つけ麺を注文。
最近はまず食券を買うお店が多い中、ここは口頭で注文。新鮮。
そのうちポツリポツリと客が増え、淋しい感じは消えましたけど。

つけ麺は茹で時間がかかるので、ある意味1人だとヒマです。
気づいたら、有線とかテレビとか何のBGMも無いので
静寂の中に、麺を茹でる音がするのみ。
デジカメのシャッターを切るのも気が引ける感じです。

デフォルトで味玉が付いて来ます。こりゃサービスいいね。
並(220g)、大盛(330g)共に750円。小ライス無料。
麺は断面が四角く、コシが強いのですが、何故かレモンが添えられています。
これは… 麺に絞るのかな? それともスープに絞るのかな?
はたまた、お洒落な飾りなのか? 

若干塩辛いスープが難点ですけど、麺は好みでした。
スープにレモンを絞ったら、魚介の臭みと塩辛さが緩和。
でも、酸味のきいた味に変化。これは好みですね。
できれば、スープの粘度がもう少しあればいいなと思いました。

今回のお店は西武池袋線中村橋駅のそば、逸品堂でした。

コメント(0)|Trackback(0)






最近テレビのCMでよく見かけるJINROのマッコリです。
コンビニに在ったので買ってしまいました。
韓国料理店ではたまに呑むのですが、買う事は無かったお酒です。

そうなると、夜のメニューもそちら寄りになってしまいます。



ニラや粉を買い込み、チジミを焼きました。
たまたまあった糸唐辛子を乗せたらそれっぽい仕上がりに。
胡麻油の風味とマッコリの甘さで気分は韓国。



そして、豆もやしも買ってナムルを作り、
石の器は無いので、普通の小さい鍋を使い「鍋焼きビビンバ」
石焼でないのが残念というか、お茶目というか…
でも、美味しかったので許します。

漬物もいつもの自家製の糠漬けではなく、キムチ。
これはさすがに自家製ではなく、最近お気に入りの物です。
PICKLES製のご飯がススムキムチの辛口。これお勧め。
今ならシリーズ発売1周年記念で増量中ですよ~



コメント(4)|Trackback(0)






初めて行きました。 高円寺ラーメン横丁。
新横浜のラーメン博物館、品川の麺達七人衆品達は何度も行っているのですが
地理的に一番行きやすいはずのラーメン横丁はお初。

高円寺駅の高架下のスペースにある横丁に現在出店しているのは、
蒙古タンメン中本、麺処くるり、天神下大喜、つけ麺TETSUの4店。
本来なら悩むところですが、今回はTETSUに即決。
何故かと言えば、出店が今月の20日までだったからです。
つけ麺好きのくせにTETSUは未体験。
4店の中では最多の行列で、10数名並んでいましたが、
これを逃したらまたいつ機会があることやら…
という事で、列に並びました。

思いのほか回転が良くて、10分も待たずに入店。
接客が丁寧でとても好感の持てるお店でした。
いわゆる、元気が良過ぎてかけ声がうるさい!という事も無いし、
清潔な店内も良いのですが…若干椅子が高いのがちょっと残念。

しかし、つけ麺は非常に美味しかった! これは絶品。
『東京のつけ麺界を牽引し続ける名店』の謳い文句も
大袈裟ではないなぁと納得してしまいました。

トッピングの具材が別皿で提供されるのも嬉しい気配り。
頃合いを見計らって、冷めたスープに焼けた石を入れてくれます。
すでにほとんどスープが無かったので、お断りしちゃいましたが…
今度は入れてもらおう~



コメント(2)|Trackback(0)






友人のぺーいちさんから頂いたチョコレートです。
神戸北野 呼吸チョコ
これがとても美味しかった!

いわゆるアーモンドチョコレートなんですが、
甘さを押さえたほろ苦いチョコとアーモンドの食感が絶妙。
コーヒーにも、バーボンにも合います!

不思議な味だなぁと思ったら、なんとマスカルポーネチーズが使われていました。
なるほど、だからティラミス・チョコレートと銘打っているんですね。

しかし、何故『呼吸チョコ』なのだろう?

コメント(6)|Trackback(0)




先日、島忠で買い物をしていた時の出来事です。

すぐ隣りにスーツを着た白髪混じりのサラリーマン風の男が居ました。
推定年齢55歳って感じですかね。

その男がいきなりしゃがみ込んで思いきり首を傾げて、
まるでヤンキー座りのような状態です。
咄嗟の出来事で、何が起きたのか一瞬分からなかった。

具合でも悪くなったのか? と思った程の急変。

その傾げた首の視線の先を見たら全てが分かりました。
棚の低い所に置かれた商品を見る為に、女性がしゃがんでいました。
推定年齢42歳:OL風。
その女性のスカートの中が目的だった様です。

通路を挟んでのスカートの中の閲覧行為に呆れました。
このおっさん、イイ歳してあからさまに何をしているのだ!
同じ男として情けない気分。隣りに居たので連れだと思われても嫌です。
なので、その男の視線をさえぎる場所に移動。
ささいな作戦ですが、邪魔してやりました。
しかし、めげない男は体勢を左右に変えながら、なおも観賞中。

これって、もしかしたら、この二人はカップルで覗き覗かれプレイの最中か? 
なんて変な事まで考えてしまい、気持ち悪くなり退散。

つまらない痴漢行為で捕まる中年が多いですが、
こんな事で長年積み上げたキャリアを棒に振るのは阿呆ですな。

その後の二人の行方は… と気になったのですが、
数分後にはどちらも見当たりませんでした。

珍しく画像は無しです。この模様を激写してもよかったのですが…
変なプレイの仲間だと思われるのも嫌ですからねぇ。

コメント(2)|Trackback(0)






下妻物語で存在を認識した深田恭子ですが…
それ以降あまり印象に残っていない存在でした。

現在NHKで放送している『セカンドバージン』で
久しぶりにインパクトの有る役を演じる彼女を見ました。

間が無いので、下妻のロリータ桃子が、
浮気の腹いせに夫を売るような妻になろうとは~って感じ。

それにしても、NHKのドラマで鈴木京香や深田恭子の
濃厚なベッドシーンが見られるなんて…ちょっとびっくり!
来週火曜日が最終回。結局フルに見てしまいそうです。
面白いか?と訊ねられたら… そうでもないと答えます。

しかし、鈴木京香とYOUが妙に老けて見えるんですよね。
もっと撮り方やらメイクやらあるだろうに…と思ってしまった。

妻に売られた金融王子役の長谷川博己ですが
細身の身体とこけた頬と鋭い眼光で容疑者がとても似合っています。

コメント(0)|Trackback(0)






すでにブームは沈静化したと思われる『食べるラー油』ですが
結局、桃屋製は品薄のまま、出回る事も少なく、
石垣島ラー油にいたっては、ほぼ入手不可能。そのうえ、高価。
さらに、色々なメーカーから雨後の筍のごとく似た商品が出まくり。
ひとつ買えばけっこう持つので、色々試すのも腰が引ける気分ですよね。
結構高い物もありますから。
でも幾つか試してみて、メーカーごとの味の違いに驚きました。

そんな折、先日頂いたのが栃木の泉食品製の食べるラー油です。
『大きめガーリックちょい辛詰替タイプお惣菜になるラー油』
いわゆる瓶詰めタイプではなく、空いた瓶に入れてね!
という詰め替えタイプは斬新。

食べてみたら、結構美味しいです。
桃屋系の味に若干辛さがプラスされた感じです。
さらに、具のフライドガーリックとオニオンの食感がしっかりしてます。
大きめの物が入っているので、まさに『食べる』という感じ。

食べかけのラー油が色々あるのに、またひとつ仲間が増えました。
サラダや餃子に合うし、冬は湯豆腐や鍋にも使えるかな。
しばらく我が家では食べるラー油は買わなくて済みそうです。

コメント(0)|Trackback(0)



« 前ページ