居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






今年の1月に買った温泉宿のクーポンがありました。
すっかり忘れていて、気づけば使用期間終了ギリギリ…
慌てて先週の週末に予約。滑り込みセーフ!
ということで、初めて栃木の温泉に行ってきました。

こじんまりとした温泉街にある小さな宿でした。
部屋のベランダに出ると、目の前には緑の山々と渓流が。
川の対岸には露天風呂があり、入浴が丸見え~
さすがに入っていたのは男性ばかりでした。

塩原温泉のお湯は無色透明。無臭でした。
肌はツルツルになったけど、髪がパサパサ…

ちょうどホタルのシーズンということで、
夕食後の腹ごなしに、川沿いを上流へ探検。
河原の茂みに巣があるようで、LEDを散りばめたよう。
数は少なかったけれど、飛んでいるホタルも見えました。
野生のホタルを見るのは久しぶりです。
子供の頃は普通に家の近所で見ることが出来たのに。



二日目はチェックアウト後、その足で立ち寄り温泉「華の湯」へ。
開店時間に行ったので誰もいなくて貸し切り状態。
宿の風呂よりも良かったです。
誰もいない露天の岩風呂にふやけるほどのんびり浸かってしまった。

実はすぐ近所の「こばや食堂」へ行くための時間調整も兼ねて!
宿の朝食は控えめに、風呂で小腹をすかせて遅めのランチ。
「こばや食堂」の詳細は、昨日のブログを参照~。

満腹になって、向かったのは那須ガーデンアウトレット。
途中の道の駅に寄り道して野菜を買い込んで、
畑の片隅に飼われていたヤギをからかったり…
カメラを向けるとドヤ顔になり面白かった。



アウトレットで買い物をして帰途に…
夕暮れ時に辿り着いたのが羽生PA(上り)
ここは絶対に寄りたかったテーマパーク風なPA。

江戸情緒満載の映画のセットような造りがイカしてます。
フードコートの店舗も厳選されている感じでしたが、
さほど空腹ではなかったので何も食べず、散策程度。
これといって事件も無く、淡々とした温泉旅でしたが、
道も空いていて、行った先も空いていて快適でした。



コメント(0)|Trackback(0)






初めて食べました。スープ入り焼きそば。
那須塩原にあるこばや食堂の看板メニューです。
地方からわざわざ食べに来る方も多い店ですが、
温泉街にある普通の小さなラーメン屋さん。

そこへひっきりなしに車が来て、
店の外にも空席待ちのお客さんが並びます。
もちろん、駐車場完備!
っていうか、空き地に勝手に停めてねって感じですが。

雨模様のお昼時、行ったらギリギリセーフで席を確保。
直後、店の外には行列が… 
実はテレビで紹介されていたのを覚えていて、
こりゃ一度食べてみたい!と思っていました。
なんと、醤油ラーメンのスープの中に
キャベツ&豚肉が具材のソース焼きそばが入ってます。



見た目はキャベツラーメンのようですが…
ソースと醤油の混ざったスープは独特の香り。
最初の一口で驚いた。「美味い…!」

何ともB級なメニューではありますが、癖になる味!
近所にあったら通ってしまいそうな魔力があります。
わたしのように噂を聞きつけた客も多いでしょうが、
常連客も多いようで、店は常に満員状態。
営業時間が短いので、時間と腹具合の調整をして行きました。

塩原温泉にはこのメニューを出す店がもう1軒あるそうです。
並行する街道沿いにある釜彦食堂というお店。
コチラは「元祖」を名乗っているそうです。
う~ん、こっちも食べてみたかった…
しかし、これだけのために塩原温泉行くのもね~~。



コメント(0)|Trackback(0)






エプソンのプリンター使ってますが…
インクが無くなったとのアラートが。
買い置きが無かったのでネットで注文。

すぐに届きました。
自宅ではラフな印刷しかしないので、互換製品。
純正インクは高くてアホらしいです。

今回の物は多分最安値ではなかろうか?
6色セットで308円。(送料込み!)
エラーが出た時の事を考慮して、2セット注文。
大盤振る舞いであります。

これでちゃんと印刷できたら、嬉しいよね。
純正品だと1セット5000円くらいしますから~
インクにこんな値段を払うくらいなら、
新しいプリンターを買いたくなりますよね。

コメント(0)|Trackback(0)






有酸素運動中に全て見ちゃった冬ソナですが…
しかし、京楽のCMなどで見たシーンが無い!
そう、二人の結婚式のシーン。

調べたら、アニメ版のラストシーンだとか…
アニメ版はドラマとは違って細かい展開で、
さらに続きまであったとは…
そしてラストシーンは実写に切り替わります。

気になって最終巻のみレンタルしてしまった。
しかし…
サンヒョク役はパク・ヨンハではなく違う俳優さん。
ちょっと残念。
この撮影の時にはまだ存命だったのに…

写真は、ラストのユジンとサンヒョク…
サンヒョク役はアニメの声を担当したカン・ヨファン。

ネタバレになるような事には触れませんけど…
韓流を流行らせたドラマをようやく全部見ました。
韓流ドラマは、普段は傍若無人なキャラなのに、
肝心な所で何も言わない…的なイライラする展開が多い!
この繰り返しで話は泥沼にハマっていく繰り返し。
これが何故あんなに受けたのか…謎だ。

コメント(0)|Trackback(0)






10日ほど前に右上の奥歯の治療のために、
4~6番の歯が取り壊されました。
ブリッジだったもんで、1本治すのに壊しました。
非常に不経済ではありますが、仕方ないですな。

先ほど、新しいブリッジを装着。
何だかまだ慣れてないですが、
これで物が食べやすくなりました。

しかし、3本分の料金を取られるので、
保険治療とはいえ、思わぬ出費であります。
奥歯と引き換えに、諭吉が一人消えました。

帰りに貰った明細書ですが、何のことやら…?

コメント(0)|Trackback(0)






コンビニで見つけて買ってみた。
原材料:
ウォッカ、リキュール(ハーブ・レモンピール)、
クレープフルーツ果汁、酸味料、香料、
甘味料のアセスルファムカリウム。
糖類ゼロ、アルコール8%

しかし、美味くなかった…

ハーブってのが曲者でありまして、
わたし的にはバジル酎ハイを呑んでる気分。
レモンピールの独特の苦味が、
グレープフルーツに混ざると…
なにやらワキガっぽい風味に感じられてしまい、
真夏のおじさんの脇の下を想像しちゃいます~

なかなか合格のひと缶にめぐり逢えませんな。
やはり、寶焼酎ハイボールのドライが個人的に鉄板。
今日も箱買いしたよ!



コメント(0)|Trackback(0)






これ、笑った!
こんな事を真面目にやってしまう人が居るとは!

ギターの音程をコンバートして
パソコンのキーに割り振るとは…

どうせなら、半音ずつにアルファベットを割り振らずに、
ペンタトニックやらハーモニックマイナーやら、
曲のフレーズになりそうな音階に割り振れば、
メロディを弾くような感覚で文字入力出来たのにね~

しかし、もしMIDI変換しているのであれば、
普通にシンセでも代用できるよね。
何もギターじゃなくてもいいんだよね。

入力しているところがたどたどしくて可笑しいです!
なにもここまでしてギターでメール打たなくてもいいのに…



コメント(0)|Trackback(0)






昨夜の肴は烏賊三昧!
まずは塩辛と純米吟醸酒。
初めて呑む銘柄の「東光」
ワイングラスで飲める日本酒ということで、
辛口を期待したのですが、けっこう甘口。
キンキンに冷やしたら、何とかイケました。



そして、ホタルイカの素干し。
先月末にネットで購入したのですが…
すっかり忘れた頃に届きました。
約50杯ほど入って¥999。

そのまま食べても美味いですが、
ライターで軽く炙ると更に美味い!
ということで、ライター片手に呑みました。
妙な光景ですね。


コメント(0)|Trackback(0)






先日の江戸紫プロジェクトのライブ、
客席からの動画がいくつかYouTubeにアップされてますが、
最近はデジカメでもかなりなレベルの動画が撮れるので驚き!
客席からなので、迫力と臨場感も有ってスゴイです。



今回は個人的に店の柱に括りつけたカメラで撮った動画です。
頭の2曲、「White Room」と「Tush」です。
期間限定でちょこっと公開。

2曲ともオリジナルには鍵盤が入っていません。
「White Room」は江戸紫プロジェクトバージョン。
サイケなオルガンのバッキングが良かですねぇ。
ラストのソロもオルガンから! 
オリジナルを聴き慣れてる方には驚きだと思います。

2曲目「Tush」は紫のライブバージョンを踏襲しました。
どちらにしてもレアだと思われます。



Photo:樋口大輔

コメント(2)|Trackback(0)






昨夜はてとも素敵なメンバーが集ったライブでした。
MARKfromGARO(堀内護) 
堀江淳 
日浦孝則(元class)
太田美知彦 
百田忠正 
金香里(声優)
という出演者。



ステージの上にはグランドピアノとアコギのみ…
ギターアンプやドラムセットのない潔い空間でした。
とにかく、声が楽器でしたね。
歌って、歌詞って、メロディって、コーラスって凄いな!
と感動しちゃった良いライブでした。

太田さん、百田さんのソロの歌は初めて聞いたのですが、
何だかスゴくて、ロックを演るまえの弾き語りしていた頃…
ま、10代の小僧でしたが、その頃を思い出してしまってねぇ。
なんだか、また無性にアコギを弾きたくなってしまいました。

この二人に日浦さんが加わってのクラスの再現もすごかった。
「夏の日の1993」懐かしかった~~!
驚いたのは堀江淳さんのギターが上手かった事!
繊細な歌とギターと、超ギャップのあるMCが受けたなぁ~
生「メモリーグラス」はとても贅沢な気分でした。
水割りではなく、ビール呑んでましたが、わたし。



ラストのマークさん、前カッチンだったそうでリハ無し。
開演直前に慌ただしく楽屋入りでした。
先日の江戸紫プロジェクトもそうでしたが…
サウンドチェック無しってのは緊張ですよね。
今回は新譜からの演奏は無く、全曲GAROナンバーでした。
もう懐かしいなんてもんじゃない!

終演後、打ち上げにも参加させてもらいました。
色々な面白い話が聞けてなかなか楽しかったです。
気づけば終電はとっくに無かった…



滅多に無い3ショット。
堀江淳さん、マークさんと
マークさん曰く「新生GAROだ!」
いや…それは恐れ多いです。


コメント(0)|Trackback(0)






日頃の疲れが出たのか、今朝はのんびりと始動。
少し仕事をしてから、昼前に整形外科にリハビリに行き、
その足で病院の近くのみそや林檎堂BASICへ。
久々に味噌ラーメンを食べようと思ったのですが、
満員ですでに外で並んでる人が…
暑かったので、心が折れてつけ麺にシフト。



満腹になったけど、つけ麺でも汗だく~
って事で、その足でジムに寄ってストレッチとお風呂。
さっぱりして、ようやくお仕事モードだ!
…と思ったら、シエスタな気分。
週末なのでのんびりモードでもいいか。

コメント(2)|Trackback(0)






今日は朝から現場仕事。
とあるライブのスタッフでした。
写真は開演前の緞帳の降りたステージ。
何度も来ている劇場ですが、気付かなかった…
緞帳の裏にはでっかい「火の用心」の文字が!
なにやら不気味な感じであります。



漫才コンビではありません。
出演の歌手のお二人です。
スペシャルゲストの渡辺勝彦さん(左)と
主催の内藤やすおさん(右)
ま、このお二人のトークは漫才並に面白いですが…
お二人が作詞作曲された新曲の初披露でした。

ロックのライブとは違って機材が皆無の舞台です。
搬入するのは吊り看板のみ。
設置も撤収もあっという間!(10分とかかりません)
マーシャル抱えて階段を延々と…
なんていうライブハウスとは大違いですね~



お昼は、毎回恒例の酢豚弁当。
夕方には完全撤収で、さっき帰宅してプシュ!なう。
平日の昼間なのに、ライブは大入り満員、大盛況でした。
これって、かなり凄い!

コメント(4)|Trackback(0)






ライブが終わって、歯医者にも行って一段落。
サンクチュアリで演らせてもらう時の恒例ですが、
PA卓の横のパイプ(柱)にビデオカメラを固定。
引きでステージ全体を撮影してます。
それを肴に呑んだり…反省したり…
時には落ち込んだり。

今回、ステージ上が暑くてねぇ(毎回ですが…)
2曲終わったところで、衣装の袖をまくってしまった。
ノースリーブ状態で快適になったのは良いのですが、
ビデオを見てたら、何やら80年代のLAメタルみたい…
ほとんどこの世界は通過してないのですが、
懐かしいジャパメタ風な雰囲気が妙に笑えた~

これは客席で撮影の動画です。
やはり引きの動画より迫力ありますね~
撮影:紫社長(いつもありがとうございます)


コメント(0)|Trackback(0)






今朝は朝イチで歯医者さん!
右上の奥歯(6番)が虫歯になったのでその治療であります。

実は、右上5番が抜歯して欠損状態なので、
その両隣の4番~6番にかけてブリッジになっておりました。
ブリッジの土台の6番に不具合が出たので、
仕方なくブリッジを壊しての治療になってしまいました。

壊すだけでも一苦労。
口の中が工事現場にようでした。
顎の関節が強くないので大口開けてるのがシンドかった。

と言うわけで、今日から歯が入るまでの約10日間、不便です。
今まで有った奥歯が3本不在になったので、上手く噛めません。
今日の昼メシも時間がかかってしまった~

どんなにマメに歯磨きとかしても、虫歯は体質もあるのかな?
子供の頃から歯医者さん通いは定番になっています。
でも、通院2回で歯が入るなんて… 早いな~。

コメント(2)|Trackback(0)






江戸紫プロジェクト、ライブ無事に終了しました。
来た下さった皆様、有難うございました!

今回はメンバーの都合などでサウンドチェック無し!
というぶっつけ本番の音出しだったので不安もありましたが、
とりあえずは勢いで弾き倒した気分です。

今までは「紫」のナンバーを中心に、
Deep Purple を織り交ぜたセットリストでしたが、
今回は紫よりも古い時代から現代まで時系列に
いろいろな曲を並べて構成してみました。
選曲は悩みましたが、結果、演っていて楽しかったです。

まあ、細かい突っ込みどころはライブなので有りますが、
皆さんに暖かい言葉をたくさん頂けてので嬉しかったです。

ということで、セットリスト

WHITE ROOM
TUSH(紫バージョン)
DESPERADO
BORN TO BE WILD
LIGHTS OUT
58
DOOMSDAY
-enc.-
DOUBLE DEALING WOMAN



今回個人的には弾き方を変えるくらいの意識で望みました。
今まであまり使わなかったペンタトニックやら、
クランチ系の音やら…
まあ自分にしかわからない程度のアプローチではありますが、
ハードロックに固執せずに楽しむことが出来たので良かったです。
やはり、ストラト→シールド→マーシャル
という直結の音が弾いていて一番気持ちいい!

コメント(4)|Trackback(0)



« 前ページ