居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






最近のテレビのラーメン店特集などで必ず聞くせたが屋
夕べ初めて行ってみました。

夜だったので、屋号は「せたが屋」
魚だし炸裂の醤油らーめんであります。
ちなみに昼は「ひるがお」という屋号で塩らーめんのお店。

環七の龍雲寺交差点脇の小さな店舗前には10人程の先客が。
隣りのたこ焼き屋さんからいい匂いがしてきて
ついつい浮気しそうになりながらも、行列に仲間入り。

夫婦で行ったので、毎度のごとく別々のオーダーでシェア。
一番人気の「せたが屋らーめん」と「せたが屋つけ麺」



せたが屋らーめんは今年のトレンドの端麗系というんでしょうか、優しい味で、
家系豚骨醤油に慣れた身体にす~っと馴染みます。 美味しいです。
さりげなく乗せられた柚子の皮が良い仕事しています。
カウンターに刻んだタマネギがどっさり置かれていて、
それを加えてもなかなかでした。
…が、何故かカレー粉もあり、試しに入れてみたら撃沈。
いきなり味が変わってしまい、残念な結果に…
これはあまりお勧めできない感じですね。



つけ麺もアオサと具材が満載のスープは美味しい!
厚切りのチャーシューやメンマ、味玉、海苔などてんこ盛り。
でも、きしめんの様な平打ち麺が好みの味ではなく残念でした。
らーめん同様に中細ちぢれと選べれば嬉しいかも。

しかし噂のらーめんを満喫できてご機嫌でした。
もしまた行く機会があれば、次は極太麺の魚郎らーめんだな。

ここも所謂激戦区環七沿いのラーメン店ですが、
思えば初めて並んでまで食べたのが
やはり環七沿いの超行列の人気店、「なんでんかんでん」
帰り掛けに車で通過する時に覗いてみたらガラガラでした。 
昔はあんなに並んでいたのに…ちょっと寂しい気分。

コメント(4)|Trackback(0)






紫 34年ぶりのスタジオ盤が出るそうです。
タイトルは『PURPLESSENCE

1976年暮れに出たセカンドLP『IMPACT』以来の
スタジオ録音によるフルアルバム!
って事はサードアルバムですね。

最近は精力的に活動もしていて
新曲もたくさん披露してくれていたので、
このあたりの曲が中心になっていると思われます。

発売日は6月9日 そう、ロックの日ですね。
う~ん、カッコいい。

その1ヶ月前 5月8日 ゴーヤの日
江戸紫プロジェクト 鹿鳴館です~。
出番はトリで20時半頃の予定!

ロックの日とゴーヤの日…
やはりご本家の方がカッコいい?




コメント(4)|Trackback(0)






爆笑レッドシアターにて、フルポン亘さんが演じる 
コンバット亘の決めギャグ
「おったまげぇ~!」 ですが…

夜中に目が覚めると、このカッコで寝てる事多いんです。
さらには、万歳している事も…

何故か腕を上げている方が寝やすいみたいです。

そういえば、横を向いて寝る時ですが、
左側を下にすると寝られないんですよね。
胃が圧迫される感じで苦しいんです。
結局右側を下にしてばかり…

でも、花粉症の季節は必ず上を向いてます。
鼻水垂れないように~
寝付く時には両手はおとなしく胸の上なんですけど…
熟睡すると「おったまげぇ~!」

何でやねん…

「おったまげぇ~!」で足をクロスさせたら… 
まるでイヤミの「シェ~~ッ!」ですね。

コメント(3)|Trackback(0)






紙で手を切ったりすると何故か痛いですよね!

楽譜のコピーをしていて指を切ってしまった~
たいした傷でもないし、出血もたいした事ないのに…
いつまでも痛くて参りました。

ようやく治まって、怪我の事を忘れて
毎日の日課である糠床に手を入れた途端 また来た~!
糠の塩分が傷に沁みる~~~~

でも、なんとなく糠って怪我の治癒には良さそうなイメージ。
だから我慢してかき回しました。
そして食卓には茄子とオクラの糠漬けが並びました。

そういえば、ススキの細長い葉も手を切るんですよね。
これって紙で切るよりも痛かったなぁ…
子供の頃、よく切ったもんです。

今はそんなススキ野原も見かけなくなってしまいましたね。

コメント(4)|Trackback(0)






つい見てしまいました。
新しいドラマ…素直になれなくて

話自体は今さら的な過去のトレンディ系の焼き直しのような感じ。

そんな事ではなく、
このドラマの主人公たちの出会ったきっかけが twitter だった…
ミクシィに続いて話題になっているつぶやくだけのサイトなのに、
何故か使っている人が多いようですね。
このドラマをきっかけに始める人が増えそうだ。

12年前にも似た様なドラマがあったなぁと思い出しました。
電子メールの送信先の間違いで知り合った二人が
紆余曲折の末結ばれる… という「WITH LOVE」
この時も全国にHATAさんとてるてる坊主さんが蔓延しました。

やはり、顔が見えないってのがいいんですかね?
って事はskypeはドラマにはならないねぇ~

という事で、第1話は見ましたが… もういいや。

そういえば twitter も登録はしてあるのですが…
ほぼ放置状態です。 
それでもフォローしてくれてるみなさん、ありがとう~
たまーに無意味につぶやきます。

コメント(4)|Trackback(0)






お気に入りで足繁く通っている家系らーめん店に
期間限定の新メニューが登場しました。
この「期間限定」てのに滅法弱いんですよね。

その限定の黒ラーメンを注文。

目の前に置かれたのは、見慣れた豚骨スープの色ではなく
黒く焦がしたマー油が広がる黒いスープのラーメン。
見た瞬間、なんつっ亭を思い出しました。

まずスープを一口。
おお、ニンニク油の香りに焦がした風味が加わり
それがいつもの豚骨スープと良い感じでコラボしている!

このお店、お替わり自由のライスが無料で付いて来ます。
いつもの楽しみのひとつなんですが、
ラーメンに付いて来る大きな海苔をスープに浸して
そのスープを含んだ海苔でライスを包んでいただく!
これが美味しい~。

迷わず、今回も実行!

直後悲劇が…
いつもの様にスープの表面に海苔を広げたのですが、
海苔が含んだのは上に浮いていたマー油…
マー油ご飯は予想以上の負担だったようで、
いきなり気持ち悪くなってしまった。。。。

まだ残っているのに、箸が止まってしまった。
美味しい調味料でも、それだけで食すのはNGですね~

油は浮く、なんて小学生だって知っているのに…
ちゃんとスープを混ぜてからやればよかったのですが、
時すでに遅し。

完食出来なかったラーメンに悔しさを覚えながらも
自らの配慮の無さと、胃の軟弱さに負け、退店。

教訓:マー油ラーメンはよく混ぜよう。

お味の方ですが、最後の海苔事件が無かったとしても、
やっぱり普段の直球家系豚骨が好きかな。

次は同じく期間限定の辛味噌つけ麺行ってみます!
やっぱりラーメンが好き!

コメント(2)|Trackback(0)






カッパの飼い方
というマンガなんですけど… 実は愛読書。

初めの頃は単に昭和40年代の設定が懐かしく、
楽しく読んでいたのですが…
出てくるカッパたちや飼い主さんたちに心を奪われ
どっぷりはまり込んでしまいました。
先日14巻が出たのですが… 切ない内容で泣けた~



テルマエ・ロマエ
というマンガなんですけど… 実は妹から借りました。

古代ローマの風呂の設計技師が
ふとしたことでタイムスリップし、今の日本の銭湯に…
古代ローマと現代日本を行き来しながら
日本の伝統や技術を古代に持ち帰る…
そんな喜劇? 悲劇? ちなみにまだ1巻しか出てません。
けっこう面白かったです。


コメント(8)|Trackback(0)






先日の日記に書きましたが、
打ち合せで出向いた演歌歌手の内藤やすおさんの事務所に
さまぁ~ずさん&大江麻理子さんが登場!
なんと、今月から日曜19時に引越をした元深夜番組
モヤモヤさまぁ~ず2の収録でした。

それが11日にオンエアされました。
映る予定ではなかったのですが… 一瞬映っていました。
まるで、居ないはずの人が映り込んでしまった心霊画像みたい。
どうせ映るならもっとしっかり顔出せば良かった?

昨日は内藤さんの事務所で呑みながら番組の録画を観賞。
その流れで中野のふれあいロードに繰り出しました。
飲み屋のひしめく路地は池袋や新宿にも負けません。
ひとしきり呑んだ後に最後に締めで寄ったのが
薬師あいロードにある内藤さんお勧めのお店代一元
なんと、1年中冷やし中華が食べられます。
この商店街はモヤさまの新井薬師の回で登場した場所でもあります。

昨日と打って変わって汗ばむ1日の終わり、
呑んだ後の冷やし中華が美味かった~
普通の物とは違ってスープが掛かっていません!
自分の好みの量を自ら掛けるのですが、
酸味を抑えたスープが美味しくて結局全部掛けてしまった。
そして、超満腹!
桜を見送りながら、夏を先取りした気分でした。

久しぶりに中野を堪能しましたが…
ある意味、これもモヤモヤっすねー



コメント(5)|Trackback(0)






最近のお気に入りスパイス
S&Bのミル付きの七味と山椒です。

黒胡椒などは以前から粒タイプを買って
電動ミルに入れて使っていたんですけど、
和系のスパイスまでは考えが及びませんでした。

安く売っていたので試しに購入したのですが、
これが良いんですよ~
格段に味が違います。
今まで使っていた七味もまだ残っているのですが…
ミル付きオンリーになってます。
山椒も同様です。
S&Bからミル付きスパイスが各種出ているので
他も試してみたくなりそうです。


山椒といえば…
去年買って植木鉢で育てていた木の芽ですが、
冬の間、葉も落ちて枯れ木状態だったんです。
それでも水をやり続けていたら…
新芽がたくさん出てきました!
捨てなくて良かった~~

今年も重宝しそうです。



コメント(5)|Trackback(0)






近所で開催されていた飲食業者さんのための
某グランドフードフェスティバル。

大手のメーカーさんが集まり、
飲食系の業者さん向けにプレゼンを行うための模擬店が
4フロアに渡って展開されていました!
本来ならば招待状が必要らしいのですが、
お願いしたら入れてくれました。

中は、試食の嵐! 色んな物が食べられます。
撮影禁止だったので写真は撮れませんでしたが、
真剣に食べながら4フロアを回ったら
間違いなく満腹になるでしょう。

残念なことに、寄ったのはラーメンを食べた帰り道。
すでに満腹で一口も試食する事が出来ず、無念~

量が多くて安いという業者向けの食材の数々、
一般でも買えるのか尋ねてみたら、契約しないとダメらしい。
またしても無念~

でも、ツクバネ食品工業のおじさんは優しかった。
一般の人は買えないけど、覚えておいてね!
と言いながらニンニクの瓶詰めを2個くださいました。

みそや林檎堂の濃厚中華そば(ライス付き)の後に
ニンニクまでもらって、心もお腹も満腹な気分になりました!



みそや林檎堂と言えば…
今まで昼が味噌ラーメン&中華そば(魚介系濃厚豚骨味噌って感じ)
そして、夜はAPPLE BASICと店名を変えてつけ麺の店だったのに…
昼に行ったら両方の暖簾が掛かっていてびっくり!

なんと、ファンの要望で両方同時に提供する事になったそうです。
これは嬉しい! 昼につけ麺が食べられる~
店名はどうなるのだろう…

上が中華そば(と言っても醤油ラーメンではないですけど)
下がつけ麺 どっちも美味いですが、
やはり直球味噌ラーメンがお勧め!



コメント(6)|Trackback(0)




東京の桜はピークを越えた感じですが、
入学式シーズンに満開を迎え、いいタイミングです。

春、心機一転 という事で、
ブログの模様替えをしてみました。
今回はロックっぽくしてみよう!
と思ったのですが、
黒を貴重にしたベタベタの暗黒ロック系は
ちょっと飽きてしまったので、
明るいロック! にしてみました。

それでもタイトルは1998年4月に日記を始めた時のまま
「居酒屋日記」です。
2006年にブログに移行した際に
過去の日記は封印してしまったので、
インターネット上では閲覧はできませんが、
気づけば随分と続いている事に驚きました。
Macの中に眠っている過去の日記は
若気のいたりか、妙に独りよがりでして
今見ると赤面であります。

折しも丁度4月、丸12年と言う事は干支がひと回り。
居酒屋日記も13年目になるんだなぁ~
ということで、これからもよろしくお願いします!

コメント(12)|Trackback(0)






今日の東京は雨模様。
昨日は風が少し強かったのですが、いい天気でした。

たまには外でお昼もいいかな…と思ったので
久しぶりに弁当を買って、川沿いの桜並木に出掛けました。
すでに満開に近い桜も多く、明日からの土日はお花見日和ですね。

川沿いの遊歩道には夕方からの花見の場所取りでしょうか、
大きなブルーシートを敷いて番をしている人が何人か…
昼から座っていたら冷えちゃいますよー
きっと会社の宴会の為に人柱になったんでしょうかね~

それ以外にもすでに宴会を始めているおじさんたちや
学生や主婦の集まりのような団体も。
平日の昼なのに賑やかです。

水筒にお湯を入れて、インスタント味噌汁持参でお弁当。
目黒川の遊歩道沿いに住んでいた頃にはよく外ランチをしましたが、
神田川沿いになってからはあまり出なくなっていたなぁ。
たまには外で食べるのもいいですね。
今度は自家製弁当でお花見もいいかなぁ。
味噌汁ではなく、缶ビールにすればよかったと
ほんの少し後悔しました。




コメント(3)|Trackback(0)






4月になりました。
春になったらいきなり決まりました。

江戸紫プロジェクト ライブ!!!

5月8日(土) 目黒 鹿鳴館です。
開場:17時半 開演:18時 2,500円也。
江戸紫プロジェクトの出番は20時頃の予定です。

先日、沖縄で本家「紫」が熱いライブを終えたばかり。
残念ながら駆けつける事はできませんでした。
そんな東京のファンのみなさん、
是非、予定に入れておいてください。

まずは緊急のお知らせでした。
ちなみに、5月8日ってゴーヤの日なんですよね~
やはり沖縄に縁がある江戸紫プロジェクトでした。

大きな告知はここをクリックしてね。

コメント(7)|Trackback(0)