居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






内藤やすおさん主催の第39回演歌十八番、無事に終了。
雨のなかの芸能小劇場でしたが、大入り満員!
出演者さんの集合も良く、リハもあっという間に終わり、開演時間まで持て余すほどのんびりなのも珍しい。
さらに、本番もオンタイムどころか巻きで進行し、予定の終演時間よりも早く幕でした。



そして、これも毎回恒例の酢豚弁当。
会場近所のSEIYUに注文して取りに行くのですが、毎回微妙に盛りが変わります。今回は酢豚が多めで更に肉が多かった。

ちんどん のまど舎さん、初めて見ましたがえらく良かった!
そして、共通の知り合いも多く驚きました。


出演順に…
・主催の内藤やすおさん。添え舞いの藤間まいさん


・司会は日本司会芸能協会副会長、牧野尚之さん


・松崎文子さん


・ちんどん のまど舎さん


・水沢良さん&絵里さん



コメント(0)|Trackback(0)






新しいドラムが新加入!
TOONTRACKEZ DRUMER 2
なんと北欧、スウェーデンのドラマー。これで様式美は完璧だ。

ってのは冗談ですが… メインで使っているDTMソフトLogic Pro Xに新たな音源が加わりました。
Logicのドラムも好きなんですけどね、やはりそれだけでは汎用性が低く、NATIVE INSTRUMENTSの製品も使っていたのですが、さらに追加。
他にも良い音源があり悩んだのですが、容量が小さいのでHDDへの負荷が軽いという理由で入れてみました。

コンプやリバーブなどの微調整がファジーなので、細かい作り込みはLogic任せになりますが、それなりに良い音。
昨今の流行りの音と言うよりもロックに強そう。ドラマー目線のインターフェイスも視覚的に分かりやすいので楽しいです。



デフォルトではドラムを叩いている人の立場の定位になっていて、ハイハットは左、フロアタムは右に聞こえます。
客席からだと逆になるのですが、ミキサー画面の右上のアイコンをクリックすると、Drumer Perspective / Audience Perspective の切り替えがあり、そこでサクッと定位を逆に出来るのが面白い。



取説もあるのですが、とりあえず、直感で使いつつ遊んでいます。
基本的に、沢山あるプリセットを並べて曲に仕立て上げる系ですが、MIDIデータで制御しているので、微調整や手直し、自ら打ち込む事も可能なので操作自体は今までと変らないので良かった。
ドラムマップも基本的な部分はほぼ同じ感じなのですが印刷。
これをやっておくと何かと便利なので。表示させるには…
MENU / About Sound Libraries / EZdruner 2 Modern or Vintage / MIDI Layout

コメント(0)|Trackback(0)






江戸紫プロジェクトWILDSIDE TOKYO新宿でのライブが無事に終わりました。ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

実は今回は色々とありました。
ドラムのWATARUさんが諸事情で参加出来ず、ゲストプレイヤーとして、MADAM REYの盟友ツッチーにお願いしました。
紫は初体験との事で、大変だったと思います。
二回のリハとゲメプロでなんとか乗り切りました。
さらに、楽器隊の手の負傷などが重なり、制約の多い中でのセットリストの組み立てになりました。

動画をチェックしたら、怪我など気づかないほどの勢いで安心しました。



いつものことながら、次回以降の予定はありません。
積極的に動くバンドではないので。

今回のセットリストです。ベタベタな王道選曲!

DOOMSDAY
DO WHAT YOU WANT
*******
SPEED KING
*******
MOTHER NATURE’S PLIGHT
*******
LAZY
HIGHWAY STAR
メンバー紹介
DOUBLE DEALING WOMAN

50分のライブを5分にまとめたダイジェストです。
来られなかった方のために、雰囲気だけでも。



photo:やっくん

コメント(0)|Trackback(0)






本日、江戸紫プロジェクト 1年ぶりのライブです。
珍しく、目黒鹿鳴館ではなく、新宿ワイルドサイド東京

次は未定です。
いつ動くのか分からないローペースのバンドですので、お時間のある方は是非新宿まで。

梅雨だというのに晴天の夏日!
爆音を肴に生ビールもオツですよ〜

開場・16:45 / 開演・17:30
前売 2,800円 / 当日 3,300円 +ドリンク代



出演順
江戸紫プロジェクト(as 紫)
YonePump (as Pendragon)
Pteranodon (as Quatermass)



コメント(0)|Trackback(0)






わたしがギターで参加しているバンド、MADAM REY
CD製作のためにクラウドファンディングを立ち上げました。

ポリープ様声帯により歌を封じられた時を乗り越え去年復活したMADAM REYさん。
今年還暦を迎えますが、
歳なんて関係ない。
ROCKは生き様!と言う事を、
1人でも多くの人に伝えたい!

という思いを込めて新作の音源製作中です。



クラウドファンディングのページはこちらです

去年の鹿鳴館ライブのダイジェスト


コメント(0)|Trackback(0)






江戸紫プロジェクト、16日のライブのゲネプロでした。
本番まで日にちが開くのですが、メンバーやスタジオの都合で致し方無い。
いつも使っている26帖の部屋が取れず、16帖のこじんまりしたスタジオでしたが、逆にメンバー間の距離も近く良かったかも?
ドラムのツッチー、メロイックサインではなく昭和なVサイン!



ゲネプロなので、メインギターを持参。
ちょうど、本番1週間前なので、早めに弦の交換をして置かないと。
実は張り替えたばかりの弦の鳴りが嫌いで、若干鳴りが安定して手に馴染んだ状態がわたしには一番コントロールしやすいです。
それにアームを使ってもチューニングが狂いづらいという利点も。



今回のライブは新宿のワイルドサイド東京
初ですが、実はここは元ベッドパワーだった場所で居抜きでスタートしたそうだ。ベッドパワーは出た事があるのでお初感は希薄。

江戸紫プロジェクトの出演は1番目。
17時半に演奏開始あので、遅刻厳禁ですよ〜〜

対バンさんは
YonePump (as Pendragon)
Pteranodon (as Quatermass)


コメント(0)|Trackback(0)






去年の5月以来1年ぶり、6月の江戸紫プロジェクトのライブのための初リハーサルでした。
今回は諸事情でドラマーが交替したので、、マジで初の音出し。

しかし、新ドラマーとはいえ、MADAM REYバンドで共にステージに立った事もあるので気心は知れているので安心です。



6月16日(日)新宿ワイルドサイドトウキョウにて!
日曜日なので、スタートが5時半と早め。
更に江戸紫プロジェクトは最初の出演なので、宜しく。

共演は…
YonePump (as Pendragon)
Pteranodon (as Quatermass)

コメント(0)|Trackback(0)






今日は日本司会芸能協会主催の恒例の初夏ライブ。
動画撮影の仕事で隼町の国立演芸場まで。
第30回大演芸まつり 五月晴れだよ!初夏の司会者大行進
今回はプログラムの制作、印刷、搬入も。



会場内は撮影禁止なので撮影は狭いテレビ室のガラス窓越しに。
持参したカメラはオートフォーカスなので、レンズをガラス面に密着させ養生テープで固定し、ガラス面にピントが合わないようにするという苦肉の策。



写真は急遽頼まれたのですが、急な事でワンデジが無い〜!
なので、撮影はiPhone
最近のスマホはそこそこ良い画像が撮影出来るので記録用にはこれで十分なのですが、スマホで撮影していると客と間違えられ、会場内のスタッフに止められるので、撮影許可のシールを貰いました。
許可証の日付が令和元年になってる…



ライブは定刻通りに無事終了。さすがプロの司会者集団!
車だったので、終演後の打ち上げは不参加でそのまま帰宅。

打ち上げの様子。皆さんお疲れさまでした!


コメント(0)|Trackback(0)






元号が変わる節目では有りますが、なんだかまるで大晦日のような気分です。そんな夜、中野新橋のフォーク酒場「ゆらゆら」に足を運びました。お目当ては店主の福留さんがやっているフォークデュオ「メロディー」のライブです。
相方はMADAM REYで一緒にステージに立った(椅子だったので、座った?)坂元さん。
昨夜のハードロックとは全く違う音世界。
奇しくも今日は福留さんの66歳の誕生日。



観客が合唱するハッピーバースデーをBGMにバースデーケーキも登場し、お約束のロウソク消し。
ケーキはカットされ女性のお客様に振る舞われました。



20代の頃に好きだったメロディー。
まさか平成最後の年の1月に引き続き2度も観られるとは!
前回聴けなかった、大好きな曲「ひき潮」が聴けて嬉しかった。
優しい音に癒やされつつ、平成が幕を降ろそうとしています。



終演後に全員で記念写真!
さらに、坂元さん&福留さんとも。これは貴重だな。


コメント(0)|Trackback(0)






VISUAL SCANDAL…
1980年代、東京のライブハウスで活動していたモンスターバンドで、月に数回のライブ全て超満員だった。
曲が好きだったのでわたしも月1回は見に行っていたのですが、観客はほぼ女性で妙に浮いていた気がする…

1980年代半ばに解散。
ボーカルの紫苑はわたしのバンド、ルシフェルに合流。
奇しくもその時ベースを担当していたアンが今回のVISUAL SCANDAL再始動のメンバーに加わった。妙な縁を感じます。



2010年に今回と同じ鹿鳴館のステージで一度だけ復活したけれど、それはノーカウントだそうで、今日が正式な再始動だとか。
今回のステージのために2年掛けて準備をし、満を持しての再始動。
同じ時代を生きたバンドなので、復活は嬉しい。曲もほとんど知ってるのですが、細部は新たにリアレンジされて新しい音になっていた。懐かしと新しさが同居したステージ。
Cherryが不在なのが何とも切ないのだが…
令和に向けて新しいバンドとして蘇ったんだね。



2015年9月に逝ったリーダーでベースのCherryへのリスペクトでバックドロップに描かれたロゴのワンポイントカラーはライトブルーにしたらしい。

セットリストです

PO-GOZILLA
LONELY NIGHT
24カラットの純金
- MC -
第3番目のシンフォニー
AQUARIUS
SATIE’S PICTURE
FAIRY TAIL
- MC -
仮面舞踏会
SECRET PALACE
- MC -
STRANGE MOON
MA-SCHEALLE
WARRIOR

コメント(0)|Trackback(0)






BOSEのスピーカーMODEL 501zを撤去。
ライブ会場に居るような音で気に入っていたのですが、汎用性のある音ではないのでミックス作業には向かないので、これはリビングルームの視聴用に回し、眠っていたTANNOYに替えました。



写真は撤去したBOSEのスピーカー。
真ん中の大きなウーハーは机の下に置いていたので、机上は小型のスピーカーだけ…というこじんまりしたものだったのにTANNOYはいきなりデカイ! 机が狭い!
BOSEに比べて面白みは無いのですが、フラットな音なのでしばらくこれで行ってみようと思います。

コメント(0)|Trackback(0)






歌手の内藤やすおさんが主催する演歌ライブ、演歌十八番
毎年4回、なかの芸能小劇場で行われている恒例行事のお手伝いで出向きました。



お弁当も毎回恒例の酢豚弁当です。
しかし、これが平成最後の酢豚弁当と思うと、演歌十八番も元号をまたいで開催を続ける息の長いイベントになったんだなぁと感慨もひとしお。



今回の出演者の皆様です。司会も含めて出演者はほぼ女性だったので、楽屋も舞台も艶やか。
サブライズでクールファイブの宮本さん、力士の霧丸さんも登場し、木戸銭1,000円のイベントとは思えない豪華なライブになりました。

次回開催予定は7月。令和最初の演歌十八番はちんどん屋さんの登場で盛り上がることでしょう。



コメント(0)|Trackback(0)






昨夜は第一期NOVELA−1 & MOON DANCERの堪能しました!
開場前に産まれた街、吉祥寺を徘徊していたらすでに100名位上の行列が出来ていて焦せりましたが…幸い、整理番号が早めだったので、列の前に入れてもらえたので上手の最前列に座れました。

MOON DANCERでは目の前に厚見さんが、NOVELAでは目の前に山根さんが…という何とも贅沢な席。
ただ、音響的にはPAからの音が届かないデッドポイントでバランスはイマイチでしが、それにも増してステージの臨場感は半端ない距離でした。
オリジナルメンバーで復活したMOON DANCERは涙モノ。
ここ数日ヘビロテで聴いていたので、ほぼすべて一緒に歌えるし…

第一期NOVELAは、当時東京・大阪共に何度も観ていたので、このメンバーが終結しただけでも感無量。
山根さんの復活も嬉しいけれど、平山さん不在のギターパートをどうまとめるのか?と思い観ていたら、なんと、しっかり平山さんのフレーズをコピーして再現しているじゃないですか!
本来は、ハモリのパートのはずなのに、メインのソロを弾いていたり…これにはびっくりしました。
さらに、ツインリードの部分はハーモナイザーで膨らませたり。

黒のストラトでしたが、デビュー当時のものではなく、リアにハムバッカーを仕込んだラージヘッドタイプ。
終演後山根さんに尋ねたら、平山サウンドを再現するにはやはりハムバッカーじゃないと!って言ってました。
山根さんのままでいいのに〜と思ったのですが、ここまでファンの為に頑張ってくれたんだな〜と感動。
ステージの撮影は自粛。



打ち上げは鳥良商店。
終電ギリギリで中座しましたが、ステージとは別な盛り上がり。

以下、開演前に徘徊した吉祥寺の風景



幼少時に母に連れられて買い物に来た塚田水産
おでん用の練り物などを作って販売しています。
今もまだ有るのが嬉しい!



知る人ぞ知る、羊羹&最中の老舗小ざさ(おざさ)
最中を買いそうになったけれど、自粛。



相変わらずの大行列、肉屋のさとう
メンチカツ目当ての行列が絶えない有名店。
流石に並ぶ気にはなれない〜



子供の頃に父と通った弁天湯、今も現在。
時間が有ったらひとっ風呂浴びたかったな。

コメント(4)|Trackback(0)






Fender USAのグッズを貰いました。
オレンジの簡易リュックと小さな箱。



開けてみたら何だこれ? ってグッズに笑う。
Fenderロゴの入ったクリアケースの中身は、何と携帯用の箸。



UASなのに、箸! お弁当に便利? 
何故、楽器関連じゃないの? 
という素朴な疑問。

コメント(0)|Trackback(0)






昨日は所用で中野まで、ついでに覗いた中野名曲堂では、姉妹デュオ、シャリオの新曲発売キャンペーンが始まるところでした。
ウイングジャパン移籍第一弾シングル「愛しすぎて…」
3年ぶりのリリースだそうです。



シャリオさんの前情報は無く、まさに初めての体験。
姉妹ならではのコーラスもバッチリ!
お姉様、MCで団塊世代…と言ってましたが、それが本当なら古希を過ぎているわけで、わたしよりも10歳年長ということになりますね。
そうは見えません!
オリジナル曲だけでなく、ザ・ピーナッツ、黛ジュン、小川知子、金井克子などの懐かしい昭和歌謡も披露。



終演後は名曲堂恒例のコーヒータイム。
出演者の方だけでなく、お客さんにも淹れたてのコーヒーが振る舞われます。それが朝倉社長の心意気!サービス精神の塊



普段は演者さんと撮影なぞしないのですが…
シャリオのお二人に促されて、記念写真を撮ってしまいました。
メロイックサインは似合わないので、昭和なVサイン。

コメント(0)|Trackback(0)



« 前ページ