居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






昨夜は珍しく一人で出かけました。
西荻窪のライブハウスTERRA。初めて行くお店。
JIKUというバンドの初ライブにお邪魔しました。
ギターの石渡さんのステージが見たかったんです。



フォーク小僧だったわたしがロックに目覚めたきっかけは沖縄のというバンドでしたが、それは聴くだけでした。
20代初期、自らエレキギターを持ってしっかり演奏し始めたきっかけは石渡さんがやっていたZONEというバンドで、ある意味石渡さんはわたしのロックギターの心の師匠でした。
無口な方なので、当時会話を交わした記憶はほぼ皆無ですが、毎回ステージを食い入るように見ていました。そこから色々と学ばせて貰ったのが今の礎だと思っています。

SNSのおかげで数年前にネットで再会し、またこうしてライブハウスのステージにストラトを持って立つ石渡さんを見られるとは… 
小僧だった頃に気持ちが戻ってしましました。



自分のロックのルーツに触れたようなライブに酔ったのか、その足で向かったのは中野新橋のフォーク酒場ゆらゆら
ロックに目覚める前、フォーク小僧だったわたしが好きだったグループはGAROメロディーでした。
そのメロディーの福留さんがオーナーのお店です。
一度は行きたいと思っていたのですが機会がないままだったので、勢いで自ら機会を設けました。
店内はライブの真っ最中だったにもかかわらず、福留さんにご挨拶が叶いました。

メロディーは、40年ほど前に一度ライブを見ただけ… レコードで聴くだけで、面識は無く、かろうじてSNSで繋がってはいますが、お会いすることが出来て嬉しかった!

若かった頃に好きだった方々とお会いする事が出来た夜。
何やら不思議な気持ちで乗った丸ノ内線。
飲んでいたせいもあるのでしょうが、中野坂上に向かう車両がなにやら過去に繋がっていたかのような錯覚に。
一番前に乗っていたので、思わず動画で記録してしまった。



終点の中野坂上は高校時代に住んでいた街。
懐かしいホームに降り立った時、このまま外に出たら昭和の時代の街に行けるのでは?
などと、映画「地下鉄に乗って」のような気持ちになりました。
そう言えば、あの映画も丸ノ内線だった…
不思議な気分にさせてくれた夜でした。

コメント(0)|Trackback(0)






昨夜は毎度お馴染みの西新宿のスタジオまで。
しかし、メンバーは初顔合わせ。

秋のライブに向けての初リハでした。
現場での目まぐるしいキーの変更!
それにもめげず、対応するメンバーがスゴイ。

鍵盤のSHOKO以外、共演は今回お初。
いつもと違うリズム隊なので、心地よい緊張感も。
抑えめだというドラムの音量に合わせたら爆音だし…

今回はスタジオのマーシャルにストラト直結でしたが、
設置されていたマーシャルはえらく歪む〜〜!
やはり次回は自前のヘッド持参した方が良いかも。

とりあえず、告知。

TOKYO MADAM REY
2018.10.20 目黒 鹿鳴館


今回はメタルだよ〜〜


コメント(2)|Trackback(0)






宮永英一 50thAnniversary tour
原宿クロコダイルに紫の宮永英一(チビ)さん降臨!

紫セッションに江戸紫プロジェクトのSHOKOが参加。
わたしは鍵盤スタッフで同行。演奏はしませんでした。
途中でウズウズしたのは内緒…

本番数日前の突然のオファーで焦りつつも、
身体に入った2曲の要請だったので当然快諾。
メンバーとはサウンドチェックで初顔合わせ。
これぞセッションライブの醍醐味。
経験、力量すべて露呈する音のやり取り。



Double Dealing Woman、Doomsday
という紫の看板曲だったのですが、
江戸紫プロジェクトで散々演った曲なので大丈夫。
チビさん&手練の面々とも余裕で渡り合っていました。

メンバー(敬称略)
vo:宮永英一
gt:八重樫浩 & SATORU
ba:曽我“JETTSOUL”将之
ds:田代貴之
key:SHOKO

先日のライブ直後に不具合発生で入院したCX3(オルガン)ですが、しっかり直って本領発揮でした。
ノーエフェクト、DIに直結!という漢前なセットで臨んだので、セットやバラシも楽でした。

わたしはサポートで付いていたのですが、客以上に楽しんだかも?
共演の皆さんのショットを少しだけ…


オープニングはチビさんのひとりライブ
沖縄の歴史を語りつつ、琉球シリーズを熱く演奏
ひとりで1時間半… 最後の軽騎兵序曲のソロは圧巻


川上シゲさん率いるTHE SEA
今回は途中女性メンバー3人を加えて華やかなステージ!


シゲさんの「おもちゃ」メロトロン
ベースがストリングスに変身!
不思議な音空間を作り出していました。


紫セッションに引き続きパープルセッション。
鍵盤は厚見玲衣さん。
チビさんのイアン・ギランばりの歌がスゴイ!


終演後の打ち上げ
熱い演奏を繰り広げたお三方も
肩の力が抜けて和やかなムード。


チビさんとセッションタイムのドラマー田代さん。
実はお二人とも6/20が誕生日ということで皆でお祝い!

コメント(0)|Trackback(0)






珍しく電車でいつも使っている西新宿のスタジオへ。
秋のライブに向けてのギター二人の個人練習。

いつもバンドで演奏していると汗だくになるのに、
座ってギターのパート分けなんぞしていると、寒い。
実はクーラー効くんだ! と妙な発見。



終わったあとは、ひもの屋で一杯やりつつ打ち合わせ…
と言う名の雑談。
車じゃないので、一杯やれるのが妙に新鮮。

お通しのポテトサラダ・エイヒレ・ホッピー


大山鶏の串焼き(正肉・砂肝・ハツ・皮・レバー)


コメント(2)|Trackback(0)






先月の巣鴨獅子王での江戸紫プロジェクトの動画です。
50分のステージを2分半に凝縮!

見損なった皆さんの為に雰囲気だけでも…
ということで。

コメント(0)|Trackback(0)






5/30にKORGに持ち込んだオルガンCX3が戻りました。
江戸紫プロジェクトのライブ前に不具合が発覚。
しかし、ライブ直前に修理に出して本番に間に合うか?
という心配が有ったので、そのままの状態で本番突入!

結局、内部の配線の劣化で右チャンネルが出ず、
それに伴うノイズも発生していました。
基盤や部品は大丈夫だったそうで、配線交換で済みました。

持ち込んでからちょうど1週間で上がってくるとは!
さすがKORGさん、仕事が早い。

同じ日に入院させたHAMMOND SK1は音沙汰なし。

コメント(0)|Trackback(0)






雨の中、都内をドライブ。
ライブが終わり、ようやく一段落したので、
不具合が気になっていたオルガン2台を入院させました。

まずはCX3をKORGまで持ち込みました。
右チャンネルの音が出ない!という致命的な症状。
よくぞこの状態でライブを乗り切ったもんだ。

KORGの場所が以前と変わっていてちょっとびっくり。
甲州街道沿いなのは変わらないけれど、少し先になった。
道幅が広いので、しばしの駐車なら大丈夫でした。

その足で向かったのは渋谷のイケベ楽器鍵盤堂。
HAMMOND Sk1を買ったのがココだったので。
保証期間内に滑り込みセーフ。
SK1は音的には問題はないのですが、気になることが…
中で部品が外れたのか、カラカラ音がします。
筐体の中でネジかナットが転がるような音。
気になるので、メンテを兼ねてチェックを要請。

しかし、停めようと思っていた駐車場が無くなっていた!
仕方なく、イケベの前の細い道に駐車。
開店前だった桜丘肉バルGOTTSUの前に停めたのですが、
一応お店のスタッフに挨拶したら、快く了解を頂きました。

なんとか夕方のラッシュ前ギリギリに帰宅。
楽器の入院も半日がかり〜 



コメント(0)|Trackback(0)






3年半ぶりの江戸紫プロジェクト、無事終了。
今回は秋風羽織風コスで怪しいパープルを演出。
ビデオを見たらいつもと感じが違う自分に笑った。
来てくださった皆様、ありがとうございました。



リハが最初だったので12:30に獅子王に一番乗り!
14時にリハが終わり、時間が出来たので、ランチタイム。
珍しくメンバー全員で繰り出しました。
地蔵通り商店街のときわ食堂本店。
珍しく行列もなくすんなり5人で入店。



本番までにはまだ時間があるので、取り敢えず…
大瓶1本をシェア。





みんなミックスフライ定食。
わたしはチャーハン。
相変わらず、量が多めで美味しい。
巣鴨に来たらラーメン屋は行かずいつもココ。



それでもまだ時間があったので、ソロ活動。
巣鴨駅の反対にある銭湯、宮下湯まで遠征。
本番前にリラックス… ってことでのんびりお風呂。
ハードロックしてないなぁ…



出番は2番め。
最初のTHE WHOが会場を温めてくれていたので
初っ端から全開でイケました。
細かい問題は多々ありましたが、久々のライブ、楽しめました。

初めての獅子王でしたが、対バンの皆様とも仲良くさせていただき、ステージの熱さとは反対に楽屋は同窓会の様な雰囲気で和みました。
獅子王のスタッフの皆様、対バンの皆様、お世話になりました。

<セットリスト>
SPEED KING
BLACK NIGHT
DO WHAT YOU WANT
ON WINGS OF LOVE
LAZY
DOOMSDAY
BURN

コメント(0)|Trackback(0)






江戸紫プロジェクト、3年半ぶりのライブです。
本日 26日(土)巣鴨の獅子王にて!

今回は1970年代のロックバンドのトリビュートライブ。
江戸紫プロジェクトはDEEP PURPLE

しかし我々は本来、紫のトリビュートとして始動したので、
もちろん紫のナンバーも演りますよ〜!
PURPLEと紫のチャンプルー
それが江戸紫プロジェクトだ!

天気にも恵まれた土曜日です。
万障お繰り合わせの上ご来場賜りますよう、お願い致します。

以下、本日のライブの詳細です。

「THE DENSHOW(伝承)」
前売/当日 ¥2500、1D ¥500
16:30 OPEN 17:00 START

17:00:TOWNZEN(as THE WHO)
18:05:江戸紫プロジェクト (as 紫、DEEP PURPLE)
19:10:TONS OF SOBS (as FREE)
20:15:ZEP道楽(as LED ZEPPELIN )

コメント(0)|Trackback(0)






久しぶりのライブ告知です。

江戸紫プロジェクト、3年半ぶりのライブです。
26日(土)巣鴨の獅子王にて!

今回は1970年代のロックのトリビュートライブ。
我々のお題はDEEP PURPLEだ!
還暦過ぎて、20代の頃のリッチーを弾くとは〜〜

そして、もちろん沖縄の紫のナンバーも演ります。
PURPLEと紫のチャンプルー
それが江戸紫プロジェクトだ!

てなわけで、皆様、万障お繰り合わせの上ご来場賜りますよう、
お願い致しまする。



以下、ライブの詳細です。

「THE DENSHOW(伝承)」
前売/当日 ¥2500、1D ¥500
16:30 OPEN 17:00 START

17:00:TOWNZEN(as THE WHO)
18:05:江戸紫プロジェクト (as 紫、DEEP PURPLE)
19:10:TONS OF SOBS (as FREE)
20:15:ZEP道楽(as LED ZEPPELIN )

コメント(4)|Trackback(0)






myunとyayo~さん、中野名曲堂にて二度目のキャンペーン
今回は前回にもましての長丁場。
無料インストアライブなのに、全開の70分に及ぶフルステージ!

わたしが名曲堂との仲を取り持ったので、
なんとなく心配で顔を出したのですがそんな心配は不要でした。



相変わらず、紙テープが乱れ飛ぶステージ。
わたしも渡された紙テープを投げつつ、
昭和アイドル歌謡満載のライブを楽しんでしまいました。



終演後はサイン会、撮影会などお約束のイベントから
名曲堂では恒例になっているコーヒーのサービス。
お客さん全員に淹れたてのコーヒーとお菓子が振る舞われます。
朝倉社長のサービス精神には感嘆であります。



行く前に、のんびりとつけ麺しろぼしでランチをしていて、
開演時間にちょこっと遅れたことは、内緒。
頭の3曲を聴き逃しましたが、5/10にも聞けたので〜

備忘録的にセットリスト

1.わたしの彼は左きき(麻丘めぐみ)
2.恋する夏の日(天地真理)
3.17才(南沙織)
4.木綿のハンカチーフ(太田裕美)
5.そよ風にふかれて(myunとyayo~)
6.草原の輝き(アグネス・チャン)
7.さよならは突然に(ザ・ピーナッツ)
8.情熱の花(ザ・ピーナッツ)
9.好きよキャプテン(ザ・リリーズ)
10.初恋物語(myunとyayo~)
11.黄色いリボン(桜田淳子)
12.夏ひらく青春(山口百恵)
13.ふたりで空を見上げて(myunとyayo~)
13.ハートのエースが出てこない(キャンディーズ)
14.年下の男の子(キャンディーズ)
15.あしたもきっと晴れる(myunとyayo~)


コメント(0)|Trackback(0)






雨の降る寒い朝、なかのZERO小ホールまで…
日本司会芸能協会が主催するこの時期の定例ライブ、
初夏の司会者大行進のお手伝いでした。



開場時間の頃には雨も上がり、まさに初夏の青空!
ホールの隣りにあるもみじ山公園でのショットです。
この季節独特の花の匂いでむせ返っていました。
スダジイ、マテバシイ、栗などの花の匂いらしいですね。



ステージに置かれたモニターです。
ライブハウスなどに慣れていると違和感が…
音のモニター用のスピーカーは見慣れていますが、
中央に置かれた液晶モニターにビックリ。
映されているのはカラオケの画面!
これなら、カラオケで歌う時に歌詞が出る!



今回のお弁当は京樽でした。
実は助六や茶巾は苦手でして、持ち帰りました。



近所のコンビニでおにぎりを買って凌いだ次第です。
何気なく買ったいか昆布のおにぎりが美味しかった!
ミニストップです。



でも飲み物とお菓子は潤沢にあったので、
コーヒーを何杯飲んだことやら。

3時間に及ぶライブは昭和歌謡満載!
歌の他にも、マジック、漫才、漫談など多彩なメニュー
スタッフで入ったのですが、楽しんでしまいました。

以下、iPhoneで撮ったライブショット。

日本司会芸能協会会員&五藤真心さん


myunとyayo~さんアイドル編


myunとyayo~さんアダルト編


マジシャン・アキラさん


かわちゆみこさん


青空一風千風さん


花田響子さん


橘勝美さん


五藤真心さん


坂本りえさん


青梅海堂さん


大瀬うたじさん


コメント(0)|Trackback(0)






晴天のこどもの日、涼しい風の中、
はいさいフェスタで盛り上がっている川崎まで!
お目当ては、久しぶりののライブ。
沖縄では何度か見ていたのですが…
関東圏で紫が演るのは実に久しぶり。

14時から始まったライブの途中から参戦。
なんと残波飲み放題。こりゃうれしい。



入ってすぐに始まったのはディアマンテス
「龍神マブヤー」スタートにビックリ!



続いては初めて見るかりゆし58
ボーカルのステージ運びが実に上手い!



セットチェンジ中に映された懐かしい画像にグッと来た!
トリの紫ですが、序盤PAのバランスが悪く、ギターが聞こえない。
オルガンとドラムは爆音で出ているのに… 惜しい。
中盤からギターの出音もしっかりしてきて、客席も盛り上がる!
今回はオリジナルのみでパープル曲は皆無のセットでした。



終演後は楽屋に顔を出し、ご挨拶。
そのまま打ち上げ会場へ〜〜

*************
お通し:鴨スモーク


鶏のざくざく揚げ葱たっぷりソース


フライドサーモンとトマトとパクチーのプララーキン


コメント(2)|Trackback(0)






3ヶ月に1度の開催される演歌十八番
歌手&作詞家の内藤やすおさん主催のライブです。
気づけば今回で34回目。
わたし毎回スタッフで参加してますが、
関わったのが7回目くらいからだったかな…

今では毎回なかの芸能小劇場で催されていますが、
以前はロック系のライブハウスを使ったり、
観客共々、大型バスで温泉まで行き宴会場で演ったり、
ぶどう狩りに行ったり… と様々でした。

今回は落語がメイン。
三遊亭歌笑師匠の一席で開場が盛り上がりました。

歌笑師匠との初対面はドーナツ屋さんでした。
紹介されて一緒にお茶をしたのですが…
まさか落語家さんとはつゆ知らず、
演歌十八番で高座を拝見するまでは信じられませんでした。

そして、毎回お約束のお弁当は恒例の酢豚弁当!
この味が演歌十八番の味だな。



以下、今回出演の皆様

・主催の内藤やすおさんと司会の松井純子さん。


・梅澤房子さん 4月にCDデビュー


・藤間まいさん 鷺娘(日舞)


・内藤やすおさん、股旅メドレー


・大須くるみ一座 南京玉すだれ


・三浦きよし& LOOKさん 今回は一人欠場


・奈奈美さん 前回に引き続きの出演


・三遊亭歌笑師匠 禁酒番屋


コメント(0)|Trackback(0)






今日はスパイスパスタのリハに初参加。
リズム隊の二人は古くからのお友達。
今日は自前のアンプは持参せずに軽装備。
スタジオのマーシャルにストラト直結!男らしい。
普段とは違うジャンルなので、悩みつつも弾き倒しました。



終わった後は生ビールで乾杯。
車じゃないのでリハ後に飲める…という大発見!
しかし、リハ前につけ麺&チャーシュー丼を食べたので、
満腹で何も食べられず、ビールのみ…



コメント(0)|Trackback(0)



« 前ページ