居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






夕べは江戸紫プロジェクトのゲネプロでした。
日曜日のライブ前の最後のスタジオ。

このところ、自前のマーシャルのヘッドがイマイチご機嫌斜め。
昨夜も触ると妙な異音がスピーカから聞こえました。
真空管ヤバイか? でも交換してさほど経っていないのですが…
まあ、1980年代中期から使い続けているので、経年劣化もあるかと思われますな。

しかし、本番直前です。
久しぶりにマーシャルの裏蓋を外してみました。(写真)
相変わらず無愛想な中身ですね。
たぶん運搬時の振動などが原因だと思われますが、
真空管類のソケットへのハマリが甘い物も有ったので全て挿し直し。

通電してチェックしてみたところ、異音は軽減。
地味なチェックですが、ギターのチューニング同様に
毎回気をつけてあげないとダメですかね。
だからと言ってトランジスターアンプに換えるのも嫌だし…

という事で、日曜日、鹿鳴館トリの出演です。
サウンドチェックが終わるのが15時。出番が21時です。
この間6時間。いったい何本の缶ビールが空になることやら~

コメント(4)|Trackback(0)






納豆が好きです。
炊きたてのご飯の時は納豆が無いと嫌なくらい好きです。
なので、買い置きはほぼ切らした事はありません。

先日何気なく買ってしまった見慣れぬ納豆がこれです。
タカノフーズのおかめ納豆シリーズの「ごぱん納豆」

見かけないパッケージだったので、新製品かな?と思っただけで
よく確認もせず買ってしまいました。
開けてびっくり!
見た目は小粒の普通の納豆なんですけど… バターの甘い香りが…
さらに、付属していたのがバター醤油風味のタレです。
これを納豆にぶちまけてグリグリしていると、
いつもの納豆の香りとは明らかに違うバター醤油的な香りが~

チャレンジャーなので、いつもの通り食べてみましたが…
一口目で撃沈! 駄目だこりゃ。
あとは、まるで納豆が苦手な人のように機械的に完食。

わたし、苦手なのですが、ご飯にバター乗せるの好きな方には有りかも。

タカノフーズさんのサイトにこの納豆を使ったレシピがありました。
直球よりも変化球的な調理法が合うようですね。
でも、ごめんなさい。 これはリピート無しです~
興味の有る方は、是非お試しあれ!

コメント(2)|Trackback(0)






最近テレビで見かけたハウス食品のふうふうシチューのCM
トイレの神様でお馴染みの植村花菜の「世界一ごはん」のサビですが
これを聞いた時、昔のファンタのCMを思い出してしまいました。

松山千春の唄う「風の詩」という曲。
デビューアルバムの収録曲です。この頃はさわやかな声ですね。



そして、これを暗くしたら…
中島みゆきの「世情」にも似ている…



コメント(2)|Trackback(0)






中野のブロードウェイに用事があったので、
ちょっと気になっていたつけ麺屋さんへ寄りました。
中野駅北口からすぐの場所に出来た昨今流行りのベジポタ系のお店、
二代目えん寺です。
お店の看板に大きく「ベジポタ煮干じめつけ麺」と書かれています。

初めてだったので、デフォルトのベジポタつけ麺を注文。
普通が220グラム、無料の大盛りが330グラムだったので、
迷わずに大盛りでお願いしました。

デフォルトの麺は麦芽入りです。
もう1品の煮干じめつけ麺は麦芽なしの白い麺。
スープによって麺を変えています。
このこだわりは凄いのですが、好みでチョイス出来たらなぁ~
ま、頼めば応じてくれるかもしれませんけど。

スープがかなり濃厚なのですが、
テーブルに置かれたカツオ粉、煮干し粉、熱い出汁スープを
自由に好みで加えられるのも嬉しい!
太めの麺にこの濃厚なベジポタスープがよく合います。
これは、久々に美味しい出会いでした。
間違いなく、リピート必至です。

店内は狭く、カウンター9席で満員なのですが、
厨房は2階にあり、小型のエレベータでつけ麺が降りてきます。
だから、寸胴の熱気や、豚骨系の仕込みの匂いなど皆無で、
目の前に置かれたつけ麺に集中できます。
博多らーめんの一押し店「一蘭」でも、客席と厨房を隔離していますが
これはとてもお客さんに優しい配慮だと思いました。

コメント(0)|Trackback(0)






少し涼しくなって、嬉しいです。

朝方、半袖ではちょっと寒かったり…
そして、コンビニで今季初の肉まんを買ってしまいました。
久しぶりで、美味しかった。

食べ物が美味しい季節になったなぁ~
厚着になるので腹も目立たない季節だなぁ~
危険だなぁ…

と思いつつも、味噌ラーメンも食べてしまいました。



コメント(6)|Trackback(0)






江戸紫プロジェクト
2011.9.10 沼袋Sanctuaryでのライブの模様です。

江戸紫プロジェクトは…
1976年にアルバムデビューした沖縄のバンド「紫」のトリビュートです。

紫といえばこの曲ですよね。
この日のライブ最後の曲、DOUBLE DEALING WOMAN です。
ワンカメ固定で何の編集もしていない、素のライブの模様です。
思えば、江戸紫プロジェクトの映像や音源ってあまり無いんですよね。
見たいぞ! という声もありましたので、アップしました。

次のライブは10月2日(日)目黒 鹿鳴館 
江戸紫プロジェクトはトリで登場します!



コメント(4)|Trackback(0)






てんやのこの秋のお勧めメニュー第1弾「松茸天丼」
しっかり食べました!

いつもは、丼にせずに定食で頼むのですが今回は直球の丼!
松茸、おうぎ茸、舞茸、平莢いんげん、そして海老!
そこに丼タレではなく、すだち、ポン酢、もみじおろし、大葉が。
丼の中に秋が満載でした。

満腹になり向かったのは
先日の江戸紫プロジェクトのライブ会場でもあった
沼袋のライブハウスSanctuary

中嶋 一晃さん、五十嵐久勝さん、永川敏郎さんが
がっぷり四つに組んだ最強(お笑い)プログレバンド
GO!MAN-ZAのライブを見に行きました。
シェラザードの曲が出てきたのにも驚きましたが、
まさか魔璃鴉(マリア)の曲まで聞けるとは思いませんでした。

楽しいライブ、ありがとうございました!



コメント(2)|Trackback(0)






世の中3連休ですね。

お彼岸が近いので昨日は小平霊園まで父の墓参り。
妹夫婦が実家の母を連れて来るので、墓地で一家が合流。

まだまだ日差しは強く、炎天下での墓掃除は滝のような汗をかきます。

でも、日陰に入ると風はすでに秋。涼しく感じます。
木陰で休んでいたら、足元に彼岸花が1輪咲いていました。
そして大きなケヤキの木には夏の名残とも思える蝉の抜け殻が…
すでに飛び回っている赤とんぼに
季節をバトンタッチしているかのようでした。

帰りがけにお茶に寄ったマクドナルドにて、
発売日に食べました! 
オーロラチキン、150円。
安いけれど、味も値段相応という感じでありました。
やっぱり、フィレオフィッシュが好き!



コメント(6)|Trackback(0)






昨夜は満月 中秋の名月ってやつですね。
関東地方は雲もなく、お月見日和。

風呂上りに、スーパードライを片手に縁台でお月見しました。
昼間はまだまだ暑いですが、夜風は涼しく、
風呂上りには気持ちのいい宵でした。

そして、汁なし担々麺作りました。
自家製温玉も満月のようです。



コメント(2)|Trackback(0)






先日のライブの折に頂いた純米吟醸酒です。
新潟の市島酒造さんの「夢」です。
原料米:五百万石 、精米歩合:55%、日本酒度:+4、酸度:1.4
箱に書かれた「良酒如流水」という文がイイですね~

ライブから戻りすぐに味見をしたかったのですが我慢。
一晩冷蔵庫で冷やしてから!
なんといっても純米吟醸は冷酒に限りますから。

そうなると、刺身でも欲しいな…
ということで、鯵のたたきを調達。

自宅でのんびりとライブの映像を見ながら
翌日打ち上げでした。

リツコさんありがとうございました!
美味かったですよ。



コメント(2)|Trackback(0)






2011.9.10 江戸紫プロジェクト 沼袋Sanctuaryでのライブ
無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

夏に戻ったかのような暑い1日でした。
機材類の搬入時からすでに汗だく。
今回の出演は3バンドだったのですが、リハなど手際よく終わり
あっという間に開場時間。

すでに楽屋ではキリン秋味の空き缶が山のようになっていました。
製造者、AHO-WADA親分。(毎度の事であります)
さらに、みなさん分かっていらっしゃる。
差し入れはお酒ばかり!
メンバーで唯一お酒を飲まないベースのKammie-juくん
「甘いものはないの?」と寂しそうでした。

そして、ほぼ定刻通りの18時過ぎに江戸紫プロジェクト発進!
SEが終わり、ステージの幕が開いて驚きました。
てっきり椅子席が並んでいるかと思ったら、オールスタンディング!
オーディエンスが至近距離で、凄い迫力。

以下、セットリストです。

SE:Celestial Purplessence~
Into the Sun
Do What You Want
On Wings of Love
Mother Nature's Plight
Rock and Roll Nightmare
Doomsday
Double Dealing Woman

今回は新譜のド頭からのスタートでした。
相変わらず、怒涛の演奏とゆるいMCでありました。
親分、ガソリンが入りすぎてMCは制御不能。
しかし、歌いだすと大丈夫ってのはいつもながら驚きます。
ライブの時だけじゃないんですよ~ リハの時も同様です

そうそう、なんでもJRの事故で一時電車が不通になっていたそうですね。
そのせいでライブに間に合わなかった皆様、
残念でしたが、次の予定も決まりました!

10月2日(日)おなじみ、目黒鹿鳴館 決定。
ライブにいらした皆様にはフライヤーが配られた思います。

次回のライブは珍しくインターバルが短く、なんと3週間後です。
目黒鹿鳴館でお会いしましょう!
今回同様に今までやらなかった曲など取り揃えたメニューをお届けする予定です。
お楽しみに!



コメント(4)|Trackback(0)






明日です。

江戸紫プロジェクトのライブです。
ギター以外の機材は先ほど車に積みました。
準備万端。 
ということで一杯やってます!

江戸紫プロジェクトのWEB SITEに
今回から加入のWATARU@Drumsのプロフィールを追加しました。
興味有る方はここをクリックしてね。

実はWATARUくんとは過去に何度もバンドやってます。
浜田麻里のカバーバンドだった「まいちゃんはヘビーメタル」が最初。
ライブには至らなかったバンドも有ったし!
直近では、2009年のルシフェル再起動の時のドラマーでもありました。

そして、今回からKammie-juくんとがっぷり四つに組んだリズム隊で
サウンドの下地をがっしり固めてくれております。

のトリビュートバンドではありますが、
紫の楽曲を自分たちの感性で新たな音に昇華させつつ
オリジナルの良さも引き出せるよう魂込めてプレイ致します。

明日、沼袋サンクチュアリーでお会いしましょう!

コメント(0)|Trackback(0)






自家製のゴーヤのぬか漬けです。

大抵の野菜類はぬか漬けに合いますが、ゴーヤは難しい。
苦味を抑えるために塩をし過ぎると辛くなるし、
更には漬けた後の糠味噌自体にゴーヤ独特の青臭さ移ってしまい
しばらくの間、ゴーヤの残留思念が残ります。

翌日に漬けたキュウリはゴーヤとのコラボな味でした。

気づけばいつの間にか空が高くなっています。
秋に向かっているんですね。
ぬか漬けも、ゴーヤも夏のイメージ。
この夏最後のゴーヤチャンプルでも作りますかねぇ。
残波も買ったことですし。



コメント(0)|Trackback(0)






人生初の度入り眼鏡を作りました。

最近、運転中に遠くの表示板などが見えづらくなり困っていました。

特に夕暮れの薄暮の頃、所謂「逢魔時」には
視力や遠近感が激減し、注意力散漫で危険な状態でした。
運転が出来る同乗者がいる場合は、
黄昏時の運転は極力代わってもらうようにしていました。
冗談抜きで魔に逢うかもしれませんからね。

近所の眼鏡店が閉店とのことでセール中なのを知り、
半分冷やかしで検眼してもらいました。
写真はドリフのコントのカトちゃんではなく、検眼中の様子です。
レンズを合わせてるところ。

いきなり遠くが綺麗に見えるようになり世界が広がりました!
定価の1/3ほどで出来てしまうとのことで、
生まれて初めての度入り眼鏡をオーダーしました。

今までレイバンは愛用していましたが、視力だけは良かったのに、
さすがに加齢には勝てませんね。
実は手元用に老眼鏡も一緒に作ったのは秘密です。

ちなみに、検眼してくれた店員さん
何となくバカリズムに似ていた…

コメント(10)|Trackback(0)






江戸紫プロジェクト 
去年の5月以来、1年半ぶりのライブの詳細が出ました!
気づけば、今週の土曜日であります。

************************************************
2011.9.10(土)
沼袋 サンクチュアリー
BURNING ROCK SPIRITS Special

開場 16:30 / 開演 17:00
前売 ¥2500 / 当日 ¥3000
ドリンク代¥500 or 飲み放題¥2000

17:00 LITTLE BIG(as Mr. BIG)
18:05 江戸紫プロジェクト(as 紫)
19:10 BLOOD SABBATH(as BLACK SABBATH)

************************************************

今年は、ご本家「紫」の関東でのライブが有りませんでした。
その分、江戸紫プロジェクト、気合で燃えます!
是非是非、足をお運びください。

新曲も用意し万全の体制で臨みます!
よろしくお願いします~



コメント(8)|Trackback(0)



« 前ページ