居酒屋日記
Takeshi ORION Nishimori
Blog Top | studio ZITARQ | Facebook | twitter






ようやく味見、辛辛豚。
辛辛魚で有名な石神井公園の井の庄と井の庄出身の店主の一笑がコラボ監修したカップ麺辛辛豚。
どちらのお店も行ったことがあるし、辛辛魚のカップ麺が美味しかったので、豚はどんな味なのか楽しみでした。



カップの中にはノンフライの麺、先入れ粉末スープ、後入れ液体スープ、後入れカヤク入りスープが入っています。
液体スープはほぼラー油って感じ。
カヤクは辛辛魚風な真っ赤な粉末!



熱湯5分で完成。予想通り、真っ赤な見た目。
スープが辛い!マジで辛い!しかし、超美味しい!
豚骨、魚介、唐辛子のバランスが絶妙。
粉末の鰹節が混ざりきらないと美味しくないので、よ〜く混ぜてから食べましょう。



寿がきやの麺は間違いなく美味しいけれど、勢いよくすすったら間違いなくむせ返ります。
口の中と胃袋がヒーハー状態で、昨日飲んだバリウムが腹の中で真っ赤に染まるかも?
興味ある人はファミマへGO!

コメント(0)|Trackback(0)






朝から中野の共立診療所で健康診断でした。
帰りがけに王将で色々買い込んでバリウム押し出し作戦開始!



王将と言えば餃子は外せない。
ニンニクの有無を選べますが、無しにするわけがない。



レバニラ…って頼んだら「ニラレバですね!」と訂正された。
このこだわりは何だろうか?
ニラがメインなのかな?
だとしたら、この炒め方は駄目だ!ニラに火を通しすぎ。
テイクアウトなんだから、ほぼ生でもいいのに!
そこを計算せず調理するとは… 残念だ。



ソースと醤油が選べる焼きそば。ソースで注文。
ウスター系の味を想像していたら、オタフクソースのような甘い味でした。これは想定外だったのでちょっとがっかり。

結局、餃子以外は好みの味ではなかった…

コメント(0)|Trackback(0)






年に一度の健康診断。
朝から中野で一杯やってきました。
胃の検査のバリウムです…
何回飲んでもこれだけは好きになれない。

身長が170センチを切っていて切なくなった…
大学時代は172センチだったのに、加齢で縮んだ模様。
視力が1.2 / 0.9と言われてこれまたびっくり!
最近、めっきり見えなくなったのでもっと視力低下を想像していたのですが、老眼が進んだだけで、視力はなんとか大丈夫なのかな?



1時間ほどで終わったので、ブロードウェイに寄り道。
地下の鮮魚店「勝田商店」の前には開店待ちの客の行列が出来ていて驚いた。品物が良いのは知っていたけれど、こんなに並んでまで待つとは思わな買った。

そして、野方青果、肉の宝屋…と毎度のルーティンをこなしてから、2階の中野名曲堂に顔を出して社長と茶飲み話。

コメント(0)|Trackback(0)






昨夜は所用で車で出掛けて遅くなったので夕食は通り道のほっともっとで購入。
唐揚のおかずだけを買ったのだが… 電子レンジで温め直したような貧弱な鶏肉が入っていた!固くて食べられたもんじゃない。



少し前に別の支店で同じものを買ったのだが、ジュージーで柔らかく美味しかった。
明らかにこの店は揚げ置きした売れ残りを温め直して出したに違いない。もうこの店舗には二度と行かないぞ!

写真見比べても、明らかに同じメニューとは思えない。



コメント(0)|Trackback(0)






札幌土産のすみれの味噌らーめんを食べてみた。
麺は乾麺でトッピング用のメンマ付き。
すみれは「純連」表記だった頃にラーメン博物館で一度食べただけ。
その時の記憶の味にかなり近くて驚いた。



麺は700ccの湯で7分茹でというつけ麺並の茹で時間。
脂が多めの濃厚な味噌スープと麺のバランスがインスタント麺とは思えないレベル。

純連系御用達の森住製麺の麺に似た味と食感ですが、製造は藤原製麺。ちなみに、チルド系生麺は西山製麺だそうだ。
今年の2月、桜木町にすみれ横浜店ができたので、一度お店に行ってみないと駄目?

コメント(0)|Trackback(0)






戴いた釣果宗八カレイ
最後の一尾をムニエルにしました。舌平目と似てますがカレイです。
どんな調理をしても美味いです。色々楽しませて貰いました。



ムニエルを作ったフライパンに残ったバターやカレイの旨味を捨てるのが忍びなく、冷凍保存してあったビーフチャーハンを温め、そのフライパンで炒め直したら、最強の酒の肴に変身。
実はこのビーフチャーハンも、ステーキを焼いた時にそのフライパンで作り冷凍保存しておいたもの。
無駄が無くてナイス!

コメント(0)|Trackback(0)






強力粉、とみざわからの贈り物を使い台湾まぜそば!
加水率37%で太めに製麺。2ミリ×3ミリ。



6分茹でがぴったりハマり実に良い食感に。
オーションのような力強さではなく、優しい風味で旨い。
今度はブレンドしてみようかな。
家で作るので好きな配合や加水率の麺が作れてなかなか楽しい。



食べる前の儀式。
とにかく、しっかりと混ぜる!
最後は追い飯もして美味しくランチ終了。

*****************
とみざわからの贈り物:307g
水:106cc
塩・かん水:各3.5g
加水率:約37%
麺の太さ:2mm×3mm
茹で前:414g
茹で時間:6分

コメント(0)|Trackback(0)






渋谷に出るとつい寄ってしまう惣菜あづま
新発売のメンチカツを発見。
黒毛和牛と高座豚のこだわりメンチカツ、270円
ちょっとお高いメンチカツ。
でも、黒毛和牛と高座豚の合挽肉と思ったら味見がしてみたくなり、1個だけ購入。
メンチカツ 1個だけ買うのも気が引けたので、一緒にハムカツも。
コレを半分ずつに分けて丁度いい酒のアテになりました。

メンチカツは柔らかくてジューシー。これは美味しい。
涙の夕焼けメンチカツ以来、この店のメンチカツはリピートしてますが、色々な種類が有り、どれも味が違うので迷います。

コメント(0)|Trackback(0)






つけ麺しろぼしで、角力まぶし
鶏、豚、牛の三つ巴丼。
櫃まぶし用の出汁に100円で麺を追加してくれます。
麺量はしっかり1人前の220g
今回は麺を二人でシェアして丁度良かった。

夏だけの限定。満腹。

今年はいつまで食べられるのだろうか…

コメント(0)|Trackback(0)






中華そば児ノ木(ちごのき)
国産A脂背脂使用の燕三条系、背脂煮干そば。大盛900円



先日は大行列で閉店前にスープ切れになってしまい、まぜそばの一択になったので背脂煮干そばは2ヶ月半ぶり。
前回の背脂煮干そばは塩辛かったけど今日はバッチリ!



今日は処暑。処暑を境に夏の暑さが次第に和らぐと言われていますが、まだまだ暑い!暑いのに熱いラーメン。これが粋で乙なのだ。

帰り道、神田川の遊歩道でミンミンゼミの羽化に遭遇。
産卵に必死で触っても飛び立つこともなく、ひたすら次の世代へ命を繋ぐために最後の仕事を全うし続けていた。
孵化した幼虫が地中に潜りやすいように低い位置で産卵するようで、手の届く高さに沢山のセミがスタンバイしている様子を見ると、夏が終わるんだなぁと実感。
カメラで捕獲。



コメント(0)|Trackback(0)






カチャーシー代表曲「嘉手久」の音を拾おうと思い耳コピをしていたのですが、正確な三線の音程のチェックをしたくなり、ネットで拾った工工四。
縦書きのお経か漢文詩のような楽譜に面食らった。
まずは、工工四の読み方から始めねばと、これまたネットで勉強。
便利な時代になったもんだ。

結局、漢字や数字は三線の押さえる場所を表しているだけ。
丸印は休符、空白は伸ばす…
なんとなくギターのタブ譜の感覚。
西洋の楽譜の様に細かい譜割りなんて無い!
何ともファジーでてーげーな表記に笑った。

弦の数え方はギターと逆のようで低音側が1弦だとか、でも数字ではなく男弦(ウーヂル)、中弦(ナカヂル)、女弦(ミーヂル)と呼ぶそうだ。知らなかった。

結局、ドレミに置き換えないと分からなかったので、漢字をトランスレートして音を拾いました。
ちなみに、三線を始めるわけではありません。
忘れるといかんので、備忘録的に記録。

女弦:工(ド)、五(レ)、六(ミ)、七(ファ)、八(ソ)
中弦:四(ファ)、上(ソ)、中(ラ)、尺(シ)
男弦:合(ド)、乙(レ)、老(ミ)

コメント(0)|Trackback(0)






ツクツクボウシが鳴き始めた。
玄関前にはオスのアブラゼミの亡骸が…
夏の終わりを感じるなぁ…

否、店には秋味など秋銘柄のビールが並び始めた。
秋の始まりだ。

そんな季節の移ろいを感じつつ一献。
棒餃子をアテに。
ひとつだけ形状が違うのはご愛嬌。



コメント(0)|Trackback(0)






ここ5年ばかり、毎年恒例になっている集まり。
毎回タイトルは変わりますが、千葉県に住んでいた頃の中学の仲間が夏の夜に宝町のバルディゴというお店に集う飲み会。
同窓会でもクラス会でもなく、口コミで参加者が増えてます。
今年は初参加者3名を含め総勢15名。
還暦過ぎても集まれるってのは驚きだ。
実は在学中に面識があったのは数名で、ほとんどがこの集いで知り合った面々ばかりです。
また来年を約束し散会。

恒例。出てきた料理の記録。











>

コメント(0)|Trackback(0)






四国の友人からすだちが届きました。
ありがたいことです。
いろいろな料理や、焼酎のお供など楽しめます。
夏! って気分です。



そして、夏! の真っ盛りに作業部屋のエアコンから多量に漏水。
一昨年も同様な事態に陥り、秋口に清掃してしばらくは普通に稼働していたので安心していたのですが… また来た!
まずは筐体を外して中の水を掃除。構造的にバラバラにしないとドレンパンにアクセス出来ないので、とりあえずサクションポンプでドレンホースの詰まりを吸引。



水が出たので再稼働させてみたのですが、駄目。しばらくすると漏水が…流石に業者呼ばないと駄目か?
今は隣室のエアコンをつけて扇風機で送っているのですが、これもなかなか良い。

コメント(0)|Trackback(0)






御茶ノ水の楽器店街を抜けて少し行くとある小さなお店、カリーライス専門店エチオピア
前は何度も通ったことがありますが未訪問の店。
そのエチオピアの名を冠したカップ麺が出た!
何やら美味そうなオーラを漂わせる風貌に惹かれて購入。



別袋のカヤクや粉スープ、後入れ調味料などは一切なく、カップヌードルカレーと同様にお湯を注いで3分間待つだけ。



3分後の風貌。開封するとカルダモンやクローブなどの香辛料の香りが強く何やら本格的。
麺の上には謎肉風の肉がゴロゴロ、その他ねぎ、ピーマン、玉ネギ。



油揚げ麺は細めでかなりの量です。
麺に味付けをしているそうで、辛めのスープとの相性もなかなかです。
試しにスープとご飯を合わせてみたら、美味しいスープカレーになりました。追い飯は有りです。



コメント(0)|Trackback(0)



« 前ページ