Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

朝は福、夜は盗人(クモガニ)

2021-09-28 19:48:59 | エビ・カニ類

わずかにうねりが入ってるかな…、いや気のせいかな…、って感じだった本日のやんばるです。

AFNのウェザーフォーキャストでは西海岸はコーションになってましたけど、少なくとも半島南側はそんな感じは見受けられませんでした。

予報によると明日の後半から明後日の前半にかけてうねりが強まりそうなのですが…。

空模様は陽光サンサンな日が続いてます。

風は北東。晴れ。

■■

『朝蜘蛛は殺すな、夜蜘蛛は殺せ』

あるいは、『朝の蜘蛛は福が来る。夜の蜘蛛は盗人が来る』

とかいう迷信というか言い伝えがあるのだとか。

詰まるところは、朝の蜘蛛は縁起が良いけど、夜の蜘蛛は縁起が悪いということのよう。

その由来は色々とあるようで、例えば蜘蛛は晴天の日にしか巣を張らないのだそうで、『朝蜘蛛=晴天=縁起が良い』という発想だったり。

蜘蛛はお釈迦様の使いといわれていて、縁起の善し悪しを図る象徴という認識からだったり。

さらには陰陽論からだったりとかも…。

日本書紀にも蜘蛛によって吉凶を図るエピソードがあるそうで、昔から日本人はそういう兆しを蜘蛛から見いだしていたのかもしれません。まあ、それほど蜘蛛は身近な虫だということでしょうか。

近年では姿や印象から蜘蛛を嫌う人が増えているのだとか。それで『不快害虫』にカテゴライズされてしまうこともあるのだそう。

しかし蜘蛛は紛れもない『益虫』です。いわゆる衛生害虫(ハエ、蚊、ダニ、ゴキブリなど)を捕食してくれます。

我が家でも時々ハエトリグモを見かけたりします。見れば見るほど可愛い蜘蛛です。

■■

この子はクモではなくカニなのですが…

〈クモガニ科クモガニ属クモガニ Oncinopus aranea 21年8月19日 沖縄島安和〉

学名種小名は『クモ』の意。

この画像を撮影したのは朝だったから、縁起の良い兆しかも…。

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Mutualism(アカシマシラヒゲ... | トップ | ワークワーク(コマチガニ) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。