Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

梅雨入り(クロマスク)

2012-04-29 19:14:49 | ヘビギンポ科

昨日沖縄地方の梅雨入りが発表されました。

平年より11日早く、去年より2日早い梅雨入りだとか。

今日は午前中はドンヨリ…、正午頃からポツリポツリでやがて強雨…、雨が上がると午後の遅くからは晴れ間も見えて…。

なんて感じの、まさに沖縄島的梅雨空な1日になりました。

海への行き帰りで渋滞に巻きこまれて、

『GWだなぁ…』

なんて感じたてみたり…。

風はやや強めの南東~南。曇のち強雨、さらにのち晴れ間。

120429

〈ヘビギンポ科クロマスク属クロマスク(Helcogramma fuscipectoris) 12年3月29日 沖縄島安和〉

雄の婚姻色個体。

黒いマスクがクッキリ浮かび上がってます。

学名種小名は、そのまま読むと『黄色い胸』って感じですが…。

胸ってどこですか。やっぱり胸鰭辺りですか。

通常色の雄の胸鰭は、そういわれれば黄色ぽいかなぁ…。

でもそれはそのまま口まわりの色と同色ですから、ということは普段はキマスク?

コメント

冷風…涼風…(ウルマカサゴ)

2012-04-26 18:53:19 | フサカサゴ科

風向変わって、昨日から5℃ほど気温が下がった沖縄島です。

まあ、それでも最高気温は22℃ですが。

前半は日差しも乏しく、風もヒンヤリ…。

でも後半晴れ間がひろがると、同じ風が涼しく感じて…。

前日までのムシムシ感もなく心地よかったり…。

風は北西~北。曇一時強雨、のち晴れ。

120426

〈フサカサゴ科オニカサゴ属ウルマカサゴ(Scorpaenopsis oxycephala) 12年3月28日 沖縄島安和〉

学名種小名は『鋭い頭』って感じの意味だとか。

もちろん形のことをいっているんでしょうが、なんとなく『頭脳明晰』なヤツなんじゃないか、とか思えたり…。

コメント

浮泳…(アカメハゼ)

2012-04-23 18:43:00 | ハゼ科

雨交じりの週末が明けて、青空がひろがった本日の沖縄島です。

気持ちのいい夏日になりました。

風は北東のち南。晴れ。

120423

〈ハゼ科ハゼ亜科ガラスハゼ属アカメハゼ(Bryaninops natans) 12年3月23日 沖縄島安和〉

あまり泳ぐというイメージではないガラスハゼ属。

そのなかでミドリイシ科のサンゴの周りで浮き泳ぐ本種。

学名種小名もそのまま『泳ぐ』って意味だそうで。

泳ぐガラスハゼって感じですか。

ただカメラを近づけていくと、画像のようにサンゴに着底したり。

驚くと着底するそうですから、カメラに、というかカメラを構えたダイバーにビックリしてるってことでしょうか。

ところでこの画像の個体、腹部に白い粒々が見えるんですが何でしょう?

卵は透明だったと思うし…。

まさか排泄直前の○○○とか……。

コメント

シャワーな…(マダライロウミウシ)

2012-04-19 18:52:20 | ウミウシ

ときおり強まる風にときおり強まる雨…って感じの本日のやんばるでしたが、風向のおかげか寒くもなく海況もまずまず。

雨をシャワーな感じに浴びれるような季節になりました…。

風は南東。曇ときどき雨。

120419

〈イロウミウシ科Risbecia属マダライロウミウシ(Risbecia tryoni ) 12年3月8日 沖縄島安和〉

まだ幼いステージの個体。

背面色も縁取り色も斑紋色も、すべてが成体に比べて淡~い感じ。

その淡さを愛らしく感じるのは、それが幼体の特徴だと知っているからかな。

まあ、何にしてもフォトジェニックです。

コメント

紅色(クレナイニセスズメ)

2012-04-16 19:16:53 | メギス科

未明に雨だったようで早朝の路面は濡れてましたが、日中は晴れ間も見えた本日の沖縄島です。

北寄りの風でももう寒くないこの頃です。

風は西~北西。曇時々晴れ。

120416

〈メギス科ニセスズメ属クレナイニセスズメ(Pseudochromis porphyreus) 12年3月8日 沖縄島安和〉

体色は紫紅色なんだそうですが、僕が撮ると紫青色になる…。

どうしてでしょう? 光がたりないのかなぁ…。

purpleの訳語として紅色を用いることもあるんだそうで、なら紫が入っていればOKですかね。

ただしそれは、細菌学の世界での話らしいですが…。

そもそも紅色は紅花の赤色色素カルタミンで染めた色を意味するのだそう。

でも紅花って黄色ですよね。

黄色の色素のほうが多量で、花は黄色に見えるんだとか。

紅は隠れる色なのかなぁ…、なんて思ってみたり。

コメント

騒雨…(ツマグロモウミウシ)

2012-04-13 18:39:21 | ウミウシ

ムシムシムシ~とした夏日だった本日の沖縄島です。

正午くらいに強雨に出会いました。

それがビックリするくらい激しい音で降り注ぐ雨で…。

30分もせずに過ぎ去っていきましたが、その間騒々しい雨にうたれてました。

まあ、降ってきたのがミサイルでなくてよかったですが…。

風は南~南西。曇一時雨、時々晴れ間。

120413

〈ハダカモウミウシ科ツマグロモウミウシ属ツマグロモウミウシ(Placida cremoniana) 12年3月8日 沖縄島安和〉

ホロタイプの模式産地はナポリなんだとか。

地中海にも分布するイタリアンなヤツ。

コメント

カタチ…(テングヘビギンポ)

2012-04-11 18:22:15 | ヘビギンポ科

空模様は今一つスッキリとしませんでしたが、風は南より…。

ほぼ夏日になった本日の沖縄島です。

湿った風が心地いい…。

風は南~南西のち強め。曇。

120411

〈ヘビギンポ科クロマスク属テングヘビギンポ(Helocogramma rhinoceros) 12年3月1日 沖縄島安和〉

画像は雄個体。

『天狗鼻』が目立ってます。

正確には、上唇先端皮質突起とかいうらしいですが…。

何のためにこんな形になったんでしょうねぇ。

例えばルアー効果があって、獲物を誘ってるとか?

あ、でもそれなら雌にもあってよさそうな…。

あるいはランナウェイプロセスとか?

つまり雌がこんな『天狗鼻』が好みで、それに合わせてある意味装飾的に長くなったとか…。

テングヘビギンポ界では、『天狗鼻』が立派なほど『イケメン』なのかなぁ…。

あるいはハンディキャップ理論か?

邪魔な『天狗鼻』を持ってても、こんなに立派に生存してるぜって雌へのアピールだったりとか…。

何にしても、特徴的でユニークな形質です。

コメント

らんまん…(テングヘビギンポ)

2012-04-08 19:00:56 | ヘビギンポ科

天気晴朗、そして海は凪~。

いい感じの週末になった沖縄島です。

春爛漫…な感じです。

風は北東~東。晴れ。

120408

〈ヘビギンポ科クロマスク属テングヘビギンポ(Helocogramma rhinoceros) 12年3月1日 沖縄島安和〉

画像は雌個体。

天狗鼻を持たないテング。

まあ、そもそも鼻じゃないですが…。

コメント

ドンヨリ…穏やか…(ヒナギンポ)

2012-04-05 18:39:53 | イソギンポ科

日差し乏しい一日だった本日の沖縄島です。

それでも風は非常にゆるやか…。

一昨日に風廻りで大荒れになった海は、すっかり落ち着きました。

水温もボトムを過ぎたようで、ゆっくり上がり始めたかな…って感じのこの頃です。

風は北東のち南東。曇のち雨。

120405

〈イソギンポ科ヒナギンポ属ヒナギンポ(Nannosalarias nativitatus) 12年2月14日 沖縄島ホーシュー〉

コメント

卯月(オオモンカエルアンコウ)

2012-04-02 17:54:01 | カエルアンコウ科

ややヒンヤリした週末が過ぎて、南寄りの風で暖かくなった本日の沖縄島です。

空模様も上々で、気持ちいい一日になりました。

あ、昨日ウソつくの忘れた……。

風は強めの南~南東。晴れのち曇。

120402

〈カエルアンコウ科カエルアンコウ属オオモンカエルアンコウ(Antennarius commersoni) 12年2月14日 沖縄島ホーシュー〉

大きすぎて……。

コメント