Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

見た目とは違い…(キハッソク)

2010-11-29 18:30:54 | ハタ科

雨交じりな本日の沖縄島、でも特に寒くもなく過ごせました。

風は北東のち東。曇、一時雨。

101129

〈ハタ科ハタ亜科キハッソク属キハッソク(Diploprion bifasciatum) 10年9月21日 沖縄島安和〉

画像は幼魚。

筋肉が硬く、この魚を煮るのに薪が八束も必要だ。というのが名前の由来だとか。

つまりはキハッソク=薪八束。

ということは食べるんですねぇ、この魚を…。

あんまり美味しそうには見えないんですが。

ところが……

調べてみたら、意外に美味しいんだそうです。

薪を八束使っても食べる価値がある…ってことでしょうか。

コメント

ピーピュー(ネッタイミノカサゴ)

2010-11-26 18:26:11 | フサカサゴ科

北風ピーピュー…な本日の沖縄島です。

気圧配置のせいか気温も低め。

ただ日差しはとってもいい感じだったので、車中に逃げ込むとポカポカ快適でしたけど…。

明日以降は風は弱まりそうで、コンディション良好な週末になるといいんですが…。

風は強めの北。晴天。

101126

〈フサカサゴ科ミノカサゴ亜科ミノカサゴ属ネッタイミノカサゴ(Pterois antennata) 10年9月14日 沖縄島ホーシュー〉

コメント

全開…(ベニハゼ)

2010-11-24 17:48:48 | ハゼ科

気持ちよすぎる陽光全開…な空模様になった本日のやんばるです。

このところのうねりも落ち着いて、海もいい感じ。

強い陽光のおかげで水中が明るい明るい…。

かなり遠くまで見渡せる状態で、調子に乗って動き回ってたらいつの間にか隣のポイントにいたりして……。

気持ちも全開になってたのかも。

風はゆるやかな北~北東。晴天。

101124

〈ハゼ科ハゼ亜科ベニハゼ属ベニハゼ(Trimma caesiura) 10年9月14日 沖縄島ホーシュー〉

ヒレ全開画像で、全開尽くしにしてみました。

コメント

冷え…ポカ…暑…(ヤマブキスズメダイ)

2010-11-20 17:59:47 | スズメダイ科

風はやや強めな気もしましたが、海は凪凪~な本日のやんばるです。

今日はドンヨリ系曇り空で始まりましたが、時間と共に青空が広がり…。

風のあたらない場所でインターバルを過ごすと、もうポカポカでいい気持ちに…。

潜り終えて車に乗り込むと、今度は暑くてクーラーONな状態。

明日はもっといい天気になりそうな予報ですねぇ。

水温は着実に下がっていってる感じがしますが、陸で十分に体をあたためられそうです。

風は後半やや強めの北東。曇のち晴天。

101120

〈スズメダイ科ソラスズメダイ亜科クラカオスズメダイ属ヤマブキスズメダイ(Amblyglyphidodon aureus) 10年9月14日 沖縄島ホーシュー〉

画像は幼魚です。

コメント

日差しありで…(マジリアイゴ)

2010-11-18 18:16:07 | アイゴ科

冷えた空気の日が続いてますやんばるです。

特に早朝が…。ってもう11月も後半ですからあたりまえか。

昨日やっとズボンも長いのに衣替えしてみたり…。

まあでも、今日はなかなかに日差しを浴びれていい感じでした。

最近陽光が乏しかったんで…。

風は北東。曇、時々晴れ間。

101118

〈アイゴ科アイゴ属マジリアイゴ(Siganus puellus) 10年9月7日 沖縄島新里〉

画像は幼魚です。

コメント

そろそろ…(クジャクベラ)

2010-11-15 18:24:08 | ベラ科

やや冷え冷え~っとした1日だった本日のやんばるです。

まあ週間予報を見ると、明日以降もこんな感じみたいですが…。

もっとも、今日は日差しも少なく風も強め…な日だったので、このあたりが変化すれば体感的には過ごしやすくなるでしょうけど。

『ああ、そろそろ年賀状用の画像をチョイスしないとなぁ』

なんて、水中で考えたりしてるこの頃です。

風はやや強めの北~北東。曇空。

101115

〈ベラ科モチノウオ亜科クジャクベラ属クジャクベラ(Paracheilinus carpenteri) 10年9月7日 沖縄島新里〉

画像は幼魚です。

コメント

おでこが…(ヤリカタギ)

2010-11-11 18:37:15 | チョウチョウウオ科

ヒンヤリとした風はゆる~く、日差しはパワフル。バランス的には丁度良い感じだった本日のやんばるです。

エキジット後に日向でのポッカポカを楽しんでたら、おでこがちょっとヒリヒリ…。

水温はゆるやかに下降してる感じのこの頃です。

風は北東のち東。晴れ。

101111

〈チョウチョウウオ科チョウチョウウオ属ヤリカタギ(Chaetodon tyifascialis) 10年8月24日 沖縄島ホーシュー〉

画像は幼魚です。

コメント

衆鱗図(クロユリハゼ科の1種)

2010-11-09 18:54:09 | クロユリハゼ科

雲は多めですが、まあ概ね晴れ空だった本日の沖縄島です。

最終的には水納島の向こうに沈む綺麗なサンセットも見れました。

話変わって…

『衆鱗図』なる書籍の存在を最近知りました。

なんでも高松藩5代藩主松平頼恭のもとで平賀源内が制作した魚類と水中生物の博物図譜なんだとか。

ザックリいうと江戸時代の魚介類図鑑ですか。もちろん手にはいるのはレプリカですが。

欲しいなぁ…って思ってお値段を調べたら…¥18900……。

ムリ、ムリ~~。

You Tube に流出してないかと調べてみましたが、もちろんダメで……。

風は北~北西。晴れ。

101109

〈クロユリハゼ科の一種(Ptereleotridae, indet. gen. and sp. ) 10年8月24日 沖縄島ホーシュー〉

コメント

風洞分析(テングカワハギ)

2010-11-05 18:43:53 | カワハギ科

空は雲に埋め尽くされ、ちと肌寒い本日の沖縄島です。

==================================

トビウオの飛行能力のすごさはダイバーには周知のことですが、トビウオが空気の力をどんなふうに受けて飛行しているのか、くわしくは調べられていなかったのだとか。

これをソウル大学の研究者らが調べた結果、鳥に匹敵する滑空能力を持っていることがわかったんだそう。

また、実際にトビウオがしているような、水面に平行な姿勢のときに最も遠くまで飛べることもわかったんだそう。

で、これを調べるときに使ったのが『風洞』

そこにトビウオのはく製を入れて調べたんだとか。

まことに失礼ながら、トビウオのはく製を風洞装置にセットして「あーでもない、こーでもない」なんて分析している姿は、研究者が真面目なほど何となくおかしなイメージしか浮かんでこないなぁ…。

ところでトビウオの飛行法を応用すれば、水面近くを飛ぶ低燃費の飛行機が作れるのではと考えられてるんだそう。

実用化されれば、沖縄本島と各離島間の移動は『トビウオ型飛行機』になる日が来るかも…?

==================================

風は北東。ドンヨリ曇り空。

101105

〈カワハギ科テングカワハギ属テングカワハギ(Oxymonacanthus longirostris) 10年8月24日 沖縄島ホーシュー〉

コメント

霜月(ピグミーシードラゴン)

2010-11-01 21:02:22 | ヨウジウオ科

空模様は気持ちいい感じでしたが、暑いのは車の中だけ…って感じだった本日のやんばるです。

どのタイミングでスーツをロクハンにしようかなぁ…なんて考え始めてるこの頃です。

って、その前に陸の服を衣替えしないといけないんですけどねぇ…。

風は強めの北。晴天。

101101a_4

〈ヨウジウオ科ヨウジウオ亜科Kyonemichthys属Kyonemichthys rumengani(通称ピグミーシードラゴン) 10年8月18日 沖縄島安和〉

101101b

〈同種別個体 同日 同ポイント〉

コメント