Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

適応の羽…(アカククリ)

2012-12-04 19:25:17 | マンジュウダイ科

気温は低めですが、空模様は上々な本日の沖縄島です。

このところ、雨交じりだと気温が高め、晴れると気温が低め…って日が続いてる感じ。

つまりは、日差しはないけど気温が高めな日か、気温は低いけどいい感じの日差しって日か…。

コンディションとしては、まあどちらも悪くない感じじゃないでしょうか…。

風は北。晴天。

121204

〈マンジュウダイ科ツバメウオ属アカククリ(Platax pinnatus) 12年10月25日 沖縄島崎本部ゴリラチョップ〉

画像はまだ幼い個体。

赤というかオレンジのくくり(枠)を持つ本種。

といってもくくりを持つのは幼魚だけですが。

ククリってなんか響きが良くないですか?

同じ意味合いでも、『アカワク』とか『アカフチドリ』なんて和名よりずっといいなぁ…なんて思えたり。

学名種小名は『羽状の』の意。

鰭がというより全体がってことなんでしょうか。

頷けます。

もっともっと小さな幼魚だとさらに強く頷けます。

そんな幼魚の姿はヒラムシ類へのベーツ型擬態なんだとか。

ヒラムシもヒラヒラ泳いだりしますもんね。

進化適応の結果、羽状になったってことでしょうか。

 

コメント

余計な心配かな…(ナンヨウツバメウオ)

2008-10-22 18:43:59 | マンジュウダイ科

空は青空、水面は凪。いい感じの本日の沖縄島です。

海況がいいので、ダイビングの大半を浅場でこってりこ~ってり過ごしました。

最終的には、後頭部が水面から出てる状態でフィッシュ・ウォッチングしてたり…。

外洋に面したポイントの棚うえでは、この頃IPとTPの中間くらいのベラが目につきます。

この夏に成長したIPベラがTPベラになろうとしてるんでしょうか。

しかしその個体数が一気に増えてるような気がして、みんなTPになったら繁殖のときなわばり争いが大変なんじゃなかろうか、なんて心配になったり…。

って余計な心配でしょうが。

ちなみにIP・TPってのは……。

まあそれはまた機会があれば。

風はゆるい南東から南。晴れ、時々曇り。

081022

〈マンジュウダイ科ツバメウオ属ナンヨウツバメウオ(Platax orbicularis) 08年8月28日 沖縄島レッドビーチ〉

画像は幼魚。

これ、水中写真ではありません。水面上から撮りました。

エントリーしようとした水面に漂ってたので。

コメント