Sakana no Sanaka

沖縄本島テキスト系ダイバーの一考察

三矢の教え(シロタスキベラ)

2022-05-17 20:08:34 | ベラ科

ここ数日季節が停滞…というか後ずさりしてるやんばるです。

本日も北寄りの風で冷たい雨が…。

まあ、雨量は多くはなく風速も強くはなかったので、海のコンディションはまずまずでしたけど。

明日以降はまた気温が上がりそう。

雨交じりでも夏日の日が続きそうです。

風は北~北東。雨のち曇。

■■

『三本の矢』

何人もの人間が協力すれば、強い力を発揮出来るというたとえ。アベ※※クスの方ではありません。

戦国武将の毛利元就が、臨終の際に三人の息子を呼び授けたという教え。

息子たちに三本の矢を持ってこさせ、「一本一本の矢は細くても、一束にすれば折るのは難しくなる」と述べ、兄弟が力を合わせて行動するようにと遺言したのだとか。

もっともこれは史実ではなく、元就が書いた『三子教訓状』という文書がもととなった逸話なのだそう。

まあ、ありがちなことですね。

実際には息子の一人は元就より8年も早く亡くなっていて、元就の臨終に立ち会うことは不可能だったそうです。

ところで毛利元就は戦国時代一二を争う策略家だったのだとか。

中国地方の『桶狭間の戦い』といわれる『厳島の戦い』では、合戦の前から、そして合戦中にも数々の策略を繰り出し、下剋上を果たしたのだそう。

デマやスパイ等々の策略を駆使して、4千の戦力で3万の大軍に勝利したのだそうです。

前述の『三子教訓状』は重要文化財に指定されており、山口県の毛利博物館に所蔵されています。

■■

さて、策略といえば…

〈ベラ科カンムリベラ亜科シロタスキベラ属シロタスキベラ Hologymnosus doliatus 22年3月4日 沖縄島安和〉

画像は幼魚。

成魚とは体色・模様が違う変化型の幼魚です。

学名種小名は『詐欺、策略』の意。

どうしてこんな学名なんでしょう?

実は腹黒いやつなんでしょうか…。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

をとめ(キシマオトメウミウシ)

2022-05-10 19:49:02 | ウミウシ

雨も雨っぽさもない一日だった本日のやんばるです。

梅雨の中休み的な…。まあ、今日だけですけど。

明日からはまた雨交じりの日が続きそう。

一日中シトシトと降るような空模様ではない、いわゆる沖縄的梅雨空が続きそうです。

風は北西~北東。曇のち晴れ。

■■

『天津風 雲の通い路 吹き閉ぢよ をとめの姿 しばしとどめむ』

古今集の歌。

天の風よ、雲の道を閉ざしてくれ。乙女たちの舞い踊る姿をもうしばらくここに留めるために。って感じの歌です。

ここに出てくる乙女とは、宮中行事で踊る舞姫のことなのだとか。未婚の少女です。

この少女たちを天女に見立てている歌なのだそう。そのくらい美しい舞姿だったのでしょうか。

『乙女』には『年の若い女性、未婚の女性、少女』の他に、『宮中行事で五節の舞を舞う舞姫』の意味もあるのだそうです。

歌の作者は僧正遍照という人物。六歌仙の一人で出家する前の呼び名である『深草少将』のほうがピンとくるのではないでしょうか。

小野小町に恋をして花を持って通い続けたという伝説が残っていたりする人物です。

『乙女(おとめ)』はもともと『おとこ』の対義語だったのだとか。つまり『おとことおんな』ではなく『おとことおとめ』だったのだそう。

『おんな』は『おみな』が語源の言葉で、年配の女性を表し、対義語は『おきな』だったのだそう。

対して『おとこ(をとこ)』と『おとめ(をとめ)』は未婚の若い男女を意味したのだとか。

それがやがて男性一般を『おとこ』、女性一般を『おんな』というように変化したのだそう。

そして『おとめ』は、単に若いだけではなく汚れを知らない純真なイメージを伴うようになったのだそうです。

■■

さて、おとめといえば…

〈タテジマウミウシ科オトメウミウシ属キシマオトメウミウシ Dermatobranchus albus 22年3月4日 沖縄島安和〉

学名種小名は『白い』の意。

乙女といいつつ、実際は両性具有ですが…。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

だて(ミナミダテハゼ)

2022-05-03 20:46:17 | ハゼ科

GWの後半は、尻上がりに気持ちのいい空模様になる一日で始まったやんばるです。

風は少しヒンヤリしてましたけど、陽光とのバランスは丁度良い感じ。

ただ明日からはまた日差しの乏しい、あるいは雨交じりの日が続きそう…。

でもGW最後の週末は夏日を超える気温になりそうです。

風は北東。曇のち晴れ。

■■

『伊達』

意気や侠気をひけらかすこと。人目を引く派手な服装や振る舞いをすること。見栄を張ること。

好みがしゃれていること。考えがさばけていること。そしてこれらのさま。

一説によると、そもそもの語源は意気を示すこと、人目につくようにすることの意の『立つ』の連用形である『立て』からなのだとか。

そしてその行為を『だてをする』と言ったのだそう。

この『だて』に『伊達』の漢字があてられたのは、戦国時代の武将で奥州の独眼竜として有名な伊達政宗に由来しているのだとか。

秀吉に命じられた朝鮮出兵の際に、黒ベースに赤と金を配した戦装束に統一した軍を率いて京都の中心街を行進したのだそう。

それを見た京都の人たちが斬新でしゃれた格好だと感嘆して、『伊達者』という言葉が生まれたのだとか。まあ、これも一説ですが。

また正宗は秀吉に服従の挨拶をしたときも、死装束で面会したというエピソードが残っているのだそうで、これは『死んでもいい覚悟で服従します』というアピールらしく、でもまあ本当は死ぬつもりはなかったでしょうから、そういう演出力に長けた人物だったのかもしれません。

因みに大河ドラマの『独眼竜正宗』で、このシーンを見ました。とても印象的なシーンでした。

『伊達』は『豪華』、『華美』、『魅力的』、『見栄』、『粋』などを意味する用語でもあり、この辺りも伊達政宗に繋がっているのではないでしょうか。

■■

さて、当地の伊達者と言えば…

〈ハゼ科ハゼ亜科ダテハゼ属ミナミダテハゼ Amblyeleotris ogasawarensis 22年3月1日 沖縄島安和〉

学名種小名は『小笠原諸島の』の意。

タイプ産地が小笠原諸島父島二見港付近の海岸であることに因んでいます。

被写体としてはスルーされがちですけど、伊達者ですよね?

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蜜源植物(レンゲウミウシ)

2022-04-26 20:23:19 | ウミウシ

強めの陽光に一時雨、南寄りの風と夏日の気温…。そんな日が続いているやんばるです。

6月並の陽気なのだとか。

梅雨の走り、というかもう初夏って感じです。

明日からGW前半にかけては雨交じりの空模様になりそうな予報。

沖縄の梅雨入りの平年値は5月10日。雨の季節が近づいているようです。

風はやや強めの南。概ね晴れ。

■■

『春の小川は、さらさら行くよ。岸のすみれや、れんげの花に♪』

なんて歌われるように、春はレンゲソウ(蓮華草)の季節ですね。

子供の頃、田植え前の田んぼがレンゲソウに覆われていた風景が記憶にあります。花から花にミツバチが飛び回ってました。

レンゲソウはマメ科の越年草で、蜂蜜の源になる蜜源植物なのだとか。その蜜はクセがなくとても親しみやすいのだそう。

レンゲソウは、その花の姿が蓮の花を連想させるとされ、蓮華草という日本名がついたのだとか。

蓮の花と睡蓮を指して『蓮華』といい、仏教と共に伝来して古くから使われた名前なのだそう。

蓮華は清らかさや聖性の象徴として称えられることが多く、幾つかの宗教でも聖なる花とされています。

例えば仏教では、阿弥陀経において極楽で蓮華が咲き誇る様が語られていることから、仏の象徴として多くの仏具に蓮華があしらわれています。

また『一蓮托生』という言葉はこの辺りの仏語が語源になっているのだそう。

ちなみに中華料理のスプーンみたいな『レンゲ』、正式名称は『散蓮華』というのだそうですが、散った蓮の花びらに似ているところから名付けられたのだとか。

これも日本特有の名称なのだそうです。

■■

さて、レンゲといえば…

〈イロウミウシ科レンゲウミウシ属レンゲウミウシ Mexichromis multituberculata 22年2月22日 沖縄島崎本部〉

学名種小名は『多くの小瘤がある』の意。

背面に先の尖った突起が多数あります。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

焼いたワイン(ダーベルウミウシ)

2022-04-19 20:03:06 | ウミウシ

午前中に雨が降り、その後もスッキリとしない空模様だった本日のやんばるです。

風は北寄りで、少し肌寒く感じたり…。

明日もスッキリしない空模様のようですが、風はゆるやかで気温も上がりそう。体感は今日よりずっと心地良くなりそうです。

その後もぐずついた天気の日が続きそうですが、気温は夏日以上で推移しそうです。

心地良くムシムシした感じになるのではないでしょうか…。

風は北。曇一時雨、のち曇。

■■

『ブランデー』

果実酒からつくった蒸留酒の総称。

主に白ブドウのワインを蒸留して樽に入れ、熟成して製造するのだとか。熟成期間を表す符号が用いられていて、よく知られているVSOPなら20~30年熟成させたもの。XOならば44~45年熟成させたものを指すのだそう。

短いもので3~4年、長いものだと70年熟成させるそうで、当然その熟成期間によって味もお値段も大きく違うのだとか。

ブランデーの語源はノルウェー語の『brandeviin』で、これは『焼いたワイン』の意なのだとか。それがオランダ語の『brandewijn』となり、これが英語で『brandy-wine』となり、やがて『wine』がとれて『brandy(ブランデー)』として広まったのだそう。

ブランデーと言えばブランデーグラス。グラスの底を手のひらで包み込むようにして揺らし、手の体温で温めながら香りとともに味わうのが良いとされているのだとか。

ただこれは香りが弱かった時代の名残で、現在のブランデーは温める必要はないとも言われているのだそうです。

前述の通りブランデーは熟成期間によってピンからキリまであります。

有名どころのヘネシーのXOやレミーマルタンのXOなどは手が出しにくいですが、ダーベルのXOなどの手頃な価格帯のブランデーもあります。

ダーベル兄弟社が販売している飲みやすい味わいのフレンチブランデーです。

おうち時間を楽しむにはもってこいかも…。

まあ、下戸の僕が言うのもなんですが…。

■■

で、ダーベルといえば…

〈ネコジタウミウシ科ツガルウミウシ属ダーベルウミウシ Trapania darvelli 22年2月22日 沖縄島崎本部〉

学名種小名は献名ですね。

もちろんダーベル兄弟社とは関係ありません。

あとブランデーとも関係ありません…。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする