susuのほんまに当たらん競馬予想

思い込み、思いつき、適当、妄想のいいかげん予想で、そのうち当たるさ、万馬券!!

天皇賞(秋)17(予想)

2017-10-29 01:00:00 | 天皇賞(秋)
先週に続いて、今週も台風接近で、天気は雨模様。
土曜の深夜の段階で、東京競馬場は、雨ですが、まだ芝は、良馬場発表のまま。
しかし、このまま、雨がやまない予報となってますので、日曜の午後には、重馬場になる可能性が高いか。
また、重馬場を想定して、予想をしなければ。。。

日曜の東京メインレース、天皇賞(秋)の予想
芝 2000M G1 別定 18頭立て

キタサン、クラウン、スティール3頭の同期対決の様相ですが、5歳馬ワンツースリー決着なんて、この10年みてもないです。
普通に考えれば、この強力5歳勢に割って入るのは、4歳馬だ。

人気blogランキング  にほんブログ村 競馬ブログへ
 ↑他の人気ブログの予想はこちらから!

◎レインボーライン

もう一度、岩田で勝負!!
先週の菊花賞は、陣営の指示通りの先行策を取るも、結果的にそれが裏目となり、騎乗に問題はなく、運がなかった。
今年は、既に昨年の勝利数を超えて、昨年勝てなかった重賞も、7つ勝って、あとは、久々のG1勝利のみ。
秋天では、これまでいいところがないが、JCで3勝しているように、別に東京コースが苦手というわけでもない。
元々、主戦騎手ではないこの馬に、結果が出なかった前走から引き続き、騎乗チャンスをもらったからには、今回こそ一発!
浅見厩舎は、土曜のスワンSを勝ち、いい流れで、08年の桜花賞以来のG1制覇を目論む。
その桜花賞は、12番人気のレジネッタでの勝利でしたから、今回も14番人気と人気薄の存在で、あっと言わせってほしい。

馬自身も、既に二度もG1で穴をあけており、二度あることは三度あるということで、穴馬は何度でも穴をあける。
今回、休み明けとなるが、過去の2度の休み明けは、かなりいい走りをしており、いきなり走れるタイプだ。
まず、1度目の昨年の札幌記念は、モーリスにクビ差まで迫る、メンバー最速の末脚で3着と好走。
2度目の今年の日経賞では、直線で前が開かず、完全に脚を余した4着も0.3秒差まで迫り、ゴール前の脚は良かった。
東京コースは、NHKマイル3着があるし、3歳で挑戦したJCでは、メンバー最速の上りで、2着馬には0.2秒差だった。
そのJCは、スローペースで、位置取りが後ろすぎたし、直線でも前が開かず、進路を探すロスがありました。
菊花賞2着の実績はあるものの、多少、行きたがる気性で、ベスト距離は2000mあたりのはず。
その意味でも、東京2000m、そして休み明けは、この馬には、ベストの条件とみる。
日曜の雨予報による馬場悪化も、血統、実績から、大きなプラスになりそうで、ワンパンチ足りない実績は、この雨が補う。

今年の春天は、レコード決着で、上位好走馬は、軒並み、次走、反動で凡走しました。
春天で、13着、15着と大敗した2頭が、間隔を開けて出走した函館記念で大穴をあけています。
ならば、春天12着馬も、宝塚では、春天の疲れが取れなかったということで、休み明けのここで大穴、大仕事をやってのける!


○リアルスティール

普通に考えれば、昨年の2着馬、前哨戦の毎日王冠快勝のこの馬を本命にすべきなのだが。
元POG指名馬でもあるし、素直に、この馬に◎を打ちたかったが、雨による馬場悪化は、この馬には、マイナスになりそう。
更に、ミルコからシュミノーへの乗り替わりもマイナスだし、万全の状態ではなかった毎日王冠を勝ってしまった反動も心配。
それでも、このレースはリピーターG1でもあるし、折り合いに不安のあるこの馬が、前走、その素振りを見せず、折り合い面が成長。
もしかして、5歳秋で、完全本格化という可能性もあり、そうであれば、馬場悪化や乗り替わりに泣く馬ではなくなっている可能性も。
さあ、ここを勝って香港へという、昨年のモーリスと同じ道を歩むことが出来るでしょうか。


▲グレーターロンドン

まだ重賞未勝利という、このメンバーでは格下ということになるが、メンバー随一の東京巧者だ。
これまで東京芝は[4-0-1-1]で、唯一の着外も、休み明けで挑んだG1安田記念で0.1秒差だから、東京では全く崩れていない。
前走の毎日王冠も、メンバー最速の上りを使って、差し届かずの3着という結果は、ここで巻き返す、例年のパターンに合致。
距離不安も囁かれるが、姉にオークス馬ダイワエルシエーロがいて、近親に先週、菊花賞を勝ったキセキがいるので、まるで問題なし。
馬場の悪化も、キセキが不良馬場で突き抜けたわけだし、この馬自身もやや重では、勝っており、まず問題なく、ここでも勝ち負け。


△サトノクラウン

良馬場なら、危険な人気馬になると思ったが、この雨はかなりの味方になるよね。
G1でミルコを無印にするのは、先週の菊花賞でも痛い目を見たし、2年連続、秋天での二桁着順は、気にしない方がいいのか。
元々、ダービー3着に加え、東京で2勝しており、このコースが苦手なわけではないし、休み明けも問題ない馬で、普通に怖い1頭。


△ソウルスターリング

毎日王冠の負けは、想定外の逃げという展開もあったし、元々、ここへの叩き台だし、度外視でいい。
3歳牝馬が好走するレースだし、藤沢厩舎だし、ルメールだしで、前走の凡走でも人気が下がらないが、消せない1頭。


△キタサンブラック

この馬の消し時は、前走だったわけで、その消し時を逃してしまったね。
今回も、馬場悪化がこの馬には、プラスになるとは思えず、ここも消し時のような気もするが、弱気に押さえる。
そもそも、前走は、大レコードで勝った春天の反動があったものでしょうから、そこからの休み明けの今回は、凡走の危険も薄いか。
過去10年、宝塚凡走から直行して、ここで馬券になったジェンティルとスクリーンヒーローの共通点は、前年のJC勝ち馬。
そう、それに合致するのが、この馬なので、ここでも巻き返しは、普通にありそうか。

馬券はレインボーラインを軸に3連複と馬連で勝負!!
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 【POG】プリメラビスタが... | トップ | 天皇賞(秋)17((結果))★ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
穴馬的中お見事! (YA)
2017-10-29 22:43:13
初めまして、いつも秘かに拝見しております。
確かミシエロさんの所のリンクからこのブログを知ったと思うのですが、かれこれ10年くらい前からですかね。
私も穴軸予想なので、視点が同じような所があったり、大いに参考になったりする所があります。
今回の◎の予想文が素晴らしいと感じたので、コメントしてしまいました。
今後も楽しみにしております。
YAさん (susu(管理人))
2017-10-30 23:36:41
どうも、初めまして。
コメント頂きまして、ありがとうございます。
競馬ブログやってて、的中祝いコメントが何よりも励みになります。

かなり前から、ほんまに当たらんブログを見てくれて、ありがとうございます。
今回は、たまたま、お役に立てる予想でよかったです。
でも、勝ったキタサンブラックの評価を下げた予想は、大反省でしたが・・

秋のG1は、まだまだ続きますので、これからも、お役に立てる予想をお届け出来るように、頑張ります。
引き続き、よろしくお願いします!

コメントを投稿

天皇賞(秋)」カテゴリの最新記事

トラックバック

≪予想≫天皇賞(秋) (ひろりんのぷりぷり馬なりダイアリイ)
 第156回 天皇賞(秋)  東京2000M、芝B・左、3歳以上、オープン、定量 ◎キタサンブラック 得意の舞台で 改めてこれまでの戦績を見たところ、17レースに出走し......