行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2022年5月15日(日)の日記

2022年05月15日 | 日記

昨日、蒸し暑くてエアコンをつけたときは自動モードで冷房になった。ところが今日は一転、外気温が最高20度に達するか、達しないかぐらいになる。室温はエアコンなしで快適レベル。外気温の低さは明日も続きそうだが、明日は室温が恐らくもっと下がるだろう。

昨夜は寝苦しく、そろそろ掛け布団を夏物に取り替えたほうがいいかと思えた。でも、まだ早そうだ。こう気温の変化が大きいと、取り替えのタイミングを見極めるのが難しい。

朝飯は冷蔵庫にあるもので作る。

ベーコンエッグにミニトマト。キャベツの千切りはなおも練習中。やってみると、いろいろ分かってくることがある。外側の固い葉は千切りには向かない。無理してやっても食べにくい。それで、外側の葉2枚は作り置きの塩茹でのほうへ回し、3枚目から内側の葉を千切りなどに使うことにした。でも、細く切るのはなかなか上達しない。

昼飯はスーパーの惣菜コーナーで買った小さめの弁当。

晩飯のときは、自炊は一服して外へ食べに行く。自炊シフトしてから行く回数がぐっと減った松屋行徳南店へ。

ごろごろ煮込みチキンカレー

出てきてから生野菜セットでないことに気付く。定食と同じように生野菜がセットになっているという思い込みがあった。行く回数が減ったためか、こういう思い込みを起こすぐらい、どうもメニューから選ぶときの感覚が鈍ったようだ。

しょうがないので野菜はカレーに入っている玉ねぎだけにする。


2022年5月14日(土)の日記

2022年05月14日 | 日記

昨日からの雨は朝のうちに上がり、午後は日も差してきた。だけど、蒸し暑い。夕方近くにはエアコンのスイッチを入れる。

10日ぐらい前に買ったレタスは残り少なくなった。

外側の青い葉がなかなか減らないと思えたが、やがて薄緑の葉になった。レタスサラダと聞いて思い浮かぶ色。だけど、やっとこの色になったと思ったら、もう終わり近いとは。

朝飯のときはこの残りを全部使う。ベーコン・レタスのバター醤油炒めにする。

前の土曜日には塩・コショウで味付けたのを作った。そのときは、レタスの葉がしんなりとしすぎた。ピーマンでもそうだけど、まだ固そうだからもう少し火を通したほうがよいのでは...思ったぐらいで火を止めるのがよい感じだ。それで、今日はしんなりしすぎることはなかった。出来上がりを見ると、まだもう少し早く火を止めたほうがいいようにも思えるが。

味付けはこちらのレシピを参考にして醤油は大さじ1/2にしたが、どうも少し多いようでレタスに醤油の濃い色が着きすぎた感じ。ちょっと少なめにしたほうがいいように思える。

 

夜は家飲みしながら映画を見る。

つまみはチキンサラダにしようと思ったが、西友でいいものを見つけた。西友のプライベートブランドのサラダチキンで、1パック56グラムのもの3パック組。それと、カット野菜のレタスサラダ。

コンビニで売っているサラダチキンは分量が多すぎるし、開封したらその日のうちに食べないといけないもの。これは分量が小さい分、食べきるのにいいし、使いやすそうだ。賞味期限は1ヶ月ぐらい先なので、他の2パックもその間につまみのサラダ以外でも食べることはできそうだ。

飲みものはサッポロラガービールの350ml缶。それとウィスキーでサントリースペシャルリザーブスーパーニッカをロックで。

サラダチキンとカット野菜のレタスサラダ、あとは冷蔵庫にあるミニトマトを加えサラダにする。トッピングにレーズンを振りかける。そしてドレッシングをかける。

サラダチキンは包丁でスライスすることもできたが、手でほぐしてみたらできたのでそのようにした。

他のつまみはチーズと海苔、柿ピー。

締めは冷凍のえびドリア。


2022年5月12日(木)の日記

2022年05月12日 | 日記

明日から明後日の午前にかけて、前線と低気圧で大荒れになるような予報が出ている。今日も午後には雨が降り出したが、まだそれほど強くはない。

晩飯は食べに出る。先週の金曜日、行徳駅前の北口側、高架脇の工事の囲い内に鉄パイプで組まれた櫓のようなものがあったが、今日は影も形もなかった。

ところが、囲いに真新しい掲示板が取り付けられている。「ご近隣の皆様へ」という標題の掲示板。

これは、作業の予定を示すためのものだが、字がほとんど消えていて何が書いているか分からない。

ところが、駅の入口側と反対の側にもう一箇所、同じ掲示板が設置されていて、こちらは字はかすれていなかった。

今週の月曜から今日までは地盤調査とのこと。明日の金曜と明後日の土曜だが「工工事」。こんな単語は検索しても出てこないから、「○工工事」のような言葉の最初の文字の「○」が消えてしまったのではないかと思う。建築・土木の用語に詳しいわけではないから、どういう言葉なのかは想像はつかないが。そして、日曜日は休工、つまり工事は休み。

こういう掲示板が設置されているということは、いよいよ新しい建物の工事が始まりつつあると思ってよいのだろう。

 

晩飯はやよい軒カットステーキミックス定食(おろしぽん酢)を食べる。

そして今日はダンベルで下半身メニューをやる。


2022年5月10日(火)の日記

2022年05月10日 | 日記

今日と明日が、週末土曜日どうしの中間になる。そうなると、やはり飲みたくなった。

明日も平日で仕事だから、飲むのは軽めにビール350ml缶を3本。サッポロゴールドスタークリアアサヒ本麒麟

つまみは冷凍の揚げ物を揚げる。ゴールデンウィーク中にも食べたが、ファディの唐揚げ。そして、フライドポテト(シューストリングポテト)は最初に買ったホクレンのものは前回、食べ終えたが、今回のものは唐揚げといっしょにファディで買ったもの。

翌日も休日というタイミングではないので、量は少なめにして唐揚げは5個。フライドポテトも少なめにした。唐揚げ定食ぐらいの分量。

それと冷しトマト。輪切りにしたが、前に飲み屋で見たことがある、立てて盛り付けるふうにしてみた。それと、つまみ種。

締めはSPAMむすびの唐辛子味噌。


2022年5月9日(月)の日記

2022年05月09日 | 日記

また寒の戻りで気温が急降下した。室温は午後にどんどん落ちて来て、薄手のカーディガンを羽織る。厚手のニットはもうクリーニングに出したが、薄手はまだしばらく出さないほうがよさそうだ。

晩飯の食材は冷蔵庫の冷凍室からカットほうれん草。それと、この土日にスーパーで見つけて買った塩紅鮭の一切れパック。

一切れ入りとは一人暮らしに都合がいい。それに、グリルパンで魚を焼くのをやってみることもできる。

グリルパンを魚焼きグリルに置き、塩紅鮭を焼き始めた。(→参考にしたレシピ

ところが、こういうふうに魚を焼くなど初めてのこと。いろいろな加減が分からない。いい焼け具合かなと思えたタイミングで取り出したが、一部分がグリルパンにくっついて3分の1ぐらいが崩れてしまった。

グリルパンは焼き始める前に、油をキッチンペーパーにしみこませて塗るが、それが少なかったか、塗り方にムラがあったかかもしれない。焼く時間もちょっと長かったかもしれない。火加減はどうだっただろう。いずれにしても、こういうトライ&エラーを繰り返さないといけないようだ。

冷凍カットほうれん草のほうは、パッケージに説明があったが、熱湯で茹でて水で冷やし、絞って水気を取る。それを胡麻和えにした。


2022年5月7日(土)の日記

2022年05月07日 | 日記

せっかくレタスを1個買ったのだから、炒め物にもしてみる。朝飯のときにベーコン・レタス炒めを作ってみた。

まだ外側の青い葉っぱだが、炒めたほうが食べやすかった。ただ、レタスは炒める時間がちょっと長いとしんなりして嵩が減る。分量的には一昨日、サラダにしたのと同じぐらいだから十分と言えばそうだし、でも見た目の点では葉っぱもう1枚加えたほうがいいように思えるし、なんか微妙なところ。

 

今日は天気が不安定なので基本、家にいた。録画の映画も午後に1本見たが、他にもやろうと思っていたことをやる。

自炊に本格的に取り組み始めてから、いろいろなレシピや調理に関するページを見つけてきたが、ブラウザのブックマークがどんどん増える。

それで分類を考え、サブフォルダを作って整理する。

こういう分類はとりあえずはよくても、えてして時間が経つほど合わなくなる。そうなったら、またそのときに再度、整理することにしよう。

 

土曜の夜だし、家飲みで映画を見る。前にも作ったが、トマトと鶏もも肉のオイスター炒めを作る。今回は鶏もも肉は320gのパックを買ってきた。トマトは2個使う。

分量が多いのでフライパンは20cmではなく28cmのを使った。前回と同じように平皿に盛ったが、誤算が一つあった。トマトの量が多い分、トマトから出る汁が予想以上。

辛うじてこぼれることはなかった。皿は少し深いカレー皿にしたほうがよかった。

トマトの汁はなかなかいいソースになるので、レンゲですくうことにした。

オイスター炒めがたっぷりなので、他につまむものは柿ピーだけにする。そして飲みものはチリの赤ワインでアルパカ カベルネ・メルロー

締めはコンビニの冷凍ピザ。ファミリーマートのマルゲリータ。

以前はコンビニの冷凍ピザは、やはりファミリーマートのマルゲリータで切り込みが入っているものを買っていた。ピザカッターを持っていなかったから。そのピザは値段もたしか298円だったと思う。前に食べたのは2月中旬。今回買ったパッケージにシェフの写真が載っているほうは、値段が498円。

自炊本格開始のときに、他の調理器具といっしょにピザカッターを買ったが、4月初めにセブンイレブンのもので、やはりパッケージにシェフの写真が載っているマルゲリータを食べた。そちらも少し高い値段だったと思う。今日、食べるファミリーマートのものと互いに競合商品なのだろう。

電子レンジで解凍し、レンジの魚焼きグリルで焼くが、グリルパンには入らないのでこれまで同様に、しわを寄せたアルミホイルを敷いてその上に置いて焼く。

焼き終わったピザ。

ゴールデンウィークもあと1日になった。


2022年5月6日(金)の日記

2022年05月06日 | 日記

今日は平日なので仕事だが、3連休と土日の谷間。自分も、おそらく世の中の多くの人も、意識はまだゴールデンウィークの中だろう。

ゴールデンウィーク中はダンベルはパスしようかと思っていた。でも、アルコール類が過ぎないよう今日は飲まないことにするから、代わりに筋肉に刺激を与えておこうとやはりダンベルをやることにする。

それで晩飯は肉ものを食べようと行徳駅前へ。午後6時15分頃の駅前。

夏至まで約1ヶ月半。かなり日は長く、写真で右のビルの上の方はまだ西日が当たっている。

ポニービル2階のガストへ入る。前回来たのは3月上旬だったが、この2ヶ月の間に配膳ロボットが導入されたようで、そのロボットが注文した品を運んできた。

ミックスグリルライス・日替わりスープ

 

行徳駅の北側高架脇は店舗用建物が取り壊された後、新しい建物の工事がなかなか始まらないままになっていた。いったい、いつからやるのだろうと思っていたが、今日、晩飯を食べて出てきて見ると、何やら動きがある。囲いの向こうに鉄パイプで櫓のようなものが組み立てられている。

駅入口と反対側の、囲いの一部がアクリル板になっているところから見るとこんな感じ。

櫓の下に機材らしきものがある。

こうした動きがあるということは、いよいよ工事開始かもしれない。

 

ダンベルエクササイズのほうは上半身メニューをやる。


2022年5月5日(木)の日記

2022年05月05日 | 日記

昨日の昼、スーパーでレタスを買った。

これまで葉物野菜はキャベツばかり買ってきたが、レタスも食べたくなった。

まずは保存方法を探す。見つかったレシピには、3種類の方法が載っていた。
・芯に薄力粉(小麦粉となっているものもある)をつけて乾燥を防ぐ方法
・芯に爪楊枝を3本ぐらい刺して芯の成長を止める方法
・芯をくりぬいて濡らしたキッチンペーパーを詰める方法
どの方法もそのあとは、キッチンペーパーに包んで保存袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保管するとなっている。

家には薄力粉も小麦粉もないので、芯に爪楊枝を刺すやり方にする。

キャベツの保存方法にも芯に切り込みを入れて成長を止めるやり方があり、自分もそれでやっている。

キッチンペーパーで包み、保存袋に入れた。

うちで使っているキッチンペーパーは、西友のプライベートブランドのもので”ペーパータオル”という商品名のもの。そんなに大きいわけではないから、1枚でレタス丸ごと包めない。テーブルの上に4枚を「田」の字に並べセロテープでくっつけ、レタスを包める大きさにした。

それでも、1個全部は包みきれなかったが、徐々に食べて葉っぱが減れば包めるようになるだろう。それに、レシピによっては新聞紙で包むのもある。レタスの水気でキッチンペーパーが早くダメになるようなら、新聞紙に変える手もある。

学生のときは朝飯だけ自炊をやっていたが、レタスはけっこう買っていたと思う。水で洗って手でちぎればそのまま食べることができて簡単だったからだ。その頃、どういう風に保存していたか思い出そうとしたが、思い出せない。冷蔵庫に入れるのはもちろんだが、ポリ袋か何かの容器に入れてだったか。もう40年ぐらい前のことだから、日常の細かいことは記憶が相当あやふやになったか、消えていたりする。

 

それで今日の朝飯はこのレタスを使う。外側の葉を2枚、洗って手でちぎり、ミニトマトも合わせてドレッシングをかけた。それと、ゆで玉子。

外側の葉は青さが強いが、キャベツのように固いことはない。キャベツは湯通ししないと固くて食べづらいが、レタスはドレッシングをかけたら十分に食べることができる。

 

昼飯は外へ。夏日になったようで、日差しもあるから暑い。室内は今日はまだ快適レベルだが、今日の夜か明日は暑くなるだろう。

行徳駅前通り沿い新浜一丁目の丸亀製麺へ。

おろし醤油うどん。それと、三つ葉と小エビのかき揚げ

暑いとうどんも冷たいのが食べたくなる。

 

家で使っている油は日清のキャノーラ油。2月に冷蔵庫を買い替えて自炊を始めようとしたころ、スーパーで見るといろんなサイズのラインアップが多かった。それで、手初めに一番小さい400g入りを買った。

今回、揚げ物をやるので1000g入りを買ったが、揚げ物にはやはり量が必要だ。昨日、鍋に注いだら、1本の8割か9割ぐらいが減った。それで、昼飯の帰りにもう2本買った。

ゴールデンウィークはいろいろチャレンジしたが、このあと通常の生活になればどの程度の頻度で揚げ物をやるかはまだ分からない。でも、使うときはやはり量が要るから、余裕をもってストックしておくことにする。

今日はつまみ用ではないが食事のおかずとして、またも揚げ物にする。昨日の唐揚げと同じときに、ソコラ南行徳内のファディで買っておいたカニクリームコロッケ。

6個入りのうち3個を揚げ、ごはんとみそ汁でカニクリームコロッケ定食ふうにした。

油が室温まで冷めたら(昨日やって2時間ぐらいかかることが分かった)、オイルポットに移す作業。昨日はポット付属のフィルターだけ使ったが、今日は油こし紙を併用してみる。油こし紙は100均で買ったもの。

昨日すでに買ってあったが、実際どれぐらい有用か比較実験してみようと思い、昨日は使わなかった。

ポットのフィルターに重ね、揚げ物鍋から油を注いでいく。

油をポットに移し終わった。

昨日、ポットのフィルターだけで移したときの状態。

今日、油こし紙を併用して移し終わったときの状態。

今日のほうが色が濃いのは、酸化などで変色が進んだからかもしれないが、デジカメのオート機能で周りの状況によりけっこう色合いや明るさが変わるから、なんとも言えない。しかし、昨日のには細かいツブツブのようなものが見えているが、今日はそういうのがない分、やはり有用と言えると思える。


2022年5月4日(水)の日記

2022年05月04日 | 日記

このゴールデンウィークに自炊の幅をもっと拡げようと、最近、新しい調理器具をいくつか買った。

レンジの魚焼きグリル対応で蓋が付いているグリルパン。

そして、天ぷら鍋、というか揚げ物鍋で温度計つきのもの。それに油を保存して再利用するためのオイルポット。

さらに、揚げたものを油切りのために仮置きするトレーとネット。これはとりあえず100均で買ったもの。

 

まずはグリルパンのことから。これまではレンジの魚焼きグリルで何か焼くときは、網の上にアルミホイルを敷いていた。休日朝にトーストを焼いたり、平日含めて晩飯のときにコンビニ惣菜の焼き魚・煮魚といっしょに食べるピーマンを焼いたりするとき。

調べると魚焼きグリルをもっと活用するためのプレートやグリルパンがあることが分かった。単に焼くだけでなく、もっと多彩なグリル料理も作れそうだ。それで、手頃な感じのを購入。

買ってから日数が経っていないので、今のところ、トーストやピーマン焼きにしか使っていない。他にはスーパーの惣菜コーナーで売っているカツやフライの温め直しにも使えそうだから、徐々にいろいろな使い方をしていくつもり。

今日は朝飯のときにトーストを焼いた。

 

揚げ物鍋のほうだが、自炊シフトしても揚げ物をやろうとは思っていなかった。高温の油を使う危なさのため、難しく面倒という先入観があったからだ。

ところが自炊に乗り出して少したった3月頃、スーパーの冷凍食品コーナーでこんなものを買ってしまった。ホクレンのシューストリングポテト。(ちなみに、ハンバーガーチェーンのフライドポテトに多い細長いのを”シューストリングポテト”と呼ぶのを初めて知った。)

コンビニの冷凍食品で売っている食べきり分量のフライドポテトは電子レンジで温めるもの。そのイメージでパッケージの説明をよく見ずに買ってしまった。買ってからよく見ると、電子レンジはダメで、揚げるか炒めるかしかできない。

でも、買ってしまったのだから炒めるほうをやってみることにして、パッケージの半分だけ使った。説明を見ると、フライパンで細長いポテトが浸るぐらいに油を入れ、重ならないようにポテトを並べて炒めるということ。細長くてもポテトが浸る量の油だとけっこう多くなる。それで、終わった後の油処理用に凝固剤も買ってきてからやることにした。

そのころは28cmサイズのフライパンしかなかったからそれでやる。浸るぐらいの油が熱くなり、ポテトを入れるとあとは仕上がるのを待つだけだった。だいたい、炒め物は火が通るように菜箸や調理スプーンで材料を動かすが、そういうことはやらない、というか油に浸して重なってはいけないので、できない。

そしてこれは、炒めるというより事実上、揚げる調理だと思えた。出来上がったポテトはちゃんと食べることが出来るものになっていた。

すると、不思議なことに揚げ物は難しく面倒という先入観が消えてしまった。じゃあ、揚げるということも習得しようかと思い、情報処理の試験が終わってから必要な器具などを調べ始めた。

なお、グリルパンも揚げ物鍋、オイルポットも素材は鉄。鉄のものは錆が出ないように、いろいろと手入れが必要というのも、こうした製品のことを調べると分かってくる。でも、自炊シフトしたのはお家時間が増えたから。鉄鍋の手入れは手間がかかるといっても、時間を取られすぎるというほどではない。お家時間が増えた範囲でやれそうだ。

 

揚げ物は晩飯にして、昼は買い物に出たときに外で食べる。

行徳駅前から南へ延びる商店街にあるカフェ&バー ブロッサム

アボガドグリーンパスタセットを食べる。

 

晩飯は揚げ物鍋を初めて使う。明日まで3連休で、昨日はインターバルを入れたが、今日は飲みながら映画を見る。つまみ用に3月に半分だけ使ったシューストリングポテトの残りを揚げる。それと、ソコラ南行徳内のファディで買ってあった冷凍の唐揚げも揚げることにする。

去年の秋にソコラ南行徳がオープンしたとき、テナント各店の説明を見ていくと、ファディ ソコラ南行徳店は冷凍食品を数多く揃えた店というのは分かったが、こんな文言があった。
「焼く、煮る、揚げるなど最後のひと手間をかけるだけで美味しくて高品質の食品をバラエティ豊かに品揃えしています。」
まだ、自炊シフトする前だったので、これを見て自分には合わないと思えた。

だけど、いろいろな調理方法にチャレンジして、できるようになれば、こうした店の商品をもっと利用できるようになるだろう。実際、ファディの店頭で見ると、おいしそうに思えるものがいろいろと並んでいる。ファディだけでなく、他のスーパーでも冷凍食品のケースを見ると、けっこういろんなものがある感じだ。

そんなことをいろいろ考えたので、揚げ物チャレンジの最初はファディの商品にすることにした。

揚げるものを調理用トレーに並べる。シューストリングポテトの残り半分と、唐揚げは8個。

揚げ物鍋に油を入れてレンジの火を点ける。ポテトも唐揚げも油が180度程度で揚げるとパッケージに書かれていた。

まずはシューストリングポテトを揚げる。

唐揚げは4個ずつ2回に分けて揚げた。

揚げたものを油切り用ネットの上に並べる。

鍋から出すときの揚げ物トングは100均で買っておいたもの。

お皿に盛り付けて食卓へ。

この唐揚げ、冷めてからもけっこう旨かった。

他のつまみは、買い置きの柿ピーと、塩茹でキャベツの作り置きしたものでやみつきキャベツ。

飲むのは缶ビール350ml缶を4種類。サントリーのザ・プレミアムモルツ・香るエール、サッポロのビアサプライズ・至福のキレキリンラガー、サントリーの金麦

締めはSPAMむすび。

飲んだあとの片付けは今日以外も毎回ちゃんとやっている。でも、今日は初の揚げ物ということで作業が多い。食器や調理器具で揚げるのとは関係ないものをまず片付ける。そのあと、揚げ物関係のものへ。

揚げた後の油切りに置くトレーには、けっこう油が残る。これには少量の油を吸って燃やすゴミで捨てることができる吸収パッドを使う。

トレーの油を処理したら、次は鍋の油をポット付属の漉しフィルターを通して移す。

さらにこの後、鍋を洗い、水気を飛ばしたあとに油(調理油)を塗って終わり。この1サイクルをきちんとできるようになっておかないといけない。


2022年5月3日(火)の日記

2022年05月03日 | 日記

ゴールデンウィーク2回目の3連休初日はいい天気になった。

昼前から地域の風景を写しに行く。しばらく行っていない南行徳方面から浦安へ向かうことにする。

南行徳駅の南側で建物が建たず、ずっと畑地の一角があったが、ここ1,2年はマンションが建ちつつある。

高架の駅部分が大きく見える場所だったが、その風景も変わりつつある。

南行徳駅南側の街路。

コロナ禍の前は地元商店会のイベント「南行ホコ天」で年3回は歩行者天国になっていた。そのうち春は通例5月5日のこどもの日だった。今年は緊急事態宣言のような行動制限がないとニュースでは言っているが、人が集まるイベントはやはり、やらないようだ。前回の春の南行ホコ天は2019年の5月5日だった。

 

広尾防災公園へ向かおうと思ったが、その前に昼飯。

南行徳駅前通り沿いにある中華の三龍亭へ。

肉野菜炒め定食

南行徳にいたときはときどき来た店だが、肉野菜炒め定食を食べた覚えがない。あちこちにあるメニューだし、唐揚げとか麻婆豆腐とかを組み合わせたボリュームのあるセットを注文することが多かった。

あらためて肉野菜炒めを食べてみると、やはりこの店の他の料理と同じように、きちんと丁寧に作られたものと思えた。自分が自炊シフトして2回か3回作っているから、店でプロが作ったものにどうしても関心が向く。

 

腹ごしらえをして再び大通りを歩き、今井橋のところ。

この橋の脇から道を折れて広尾防災公園へ。

入ってすぐのところにあるバラ園で。

Googleマップで距離を測ると南行徳駅から広尾防災公園は約1.4キロだった。つまり少し遠い。だから、人が多すぎるということはないが、連休で好天だからやはりそこそこ家族連れがいた。またレジャー用のテントも目についた。

次は旧江戸川の堤防へ。堤防上の遊歩道に植えられたツツジは今が見頃。

旧江戸川。

新井水門のところまで堤防を歩き、新井緑道で街のほうへ戻る。

新井の行徳街道。

新井の熊野神社。久しぶりに来たのでお詣りしてくる。

次は市川浦安バイパスへ出て浦安方向へ歩きながら、地域の風景の変化を写す。

バイパスの新井三丁目には功徳林という割烹があった(入ったことはない)。そこが一昨年の2021年に閉店し、そのあとに食品スーパーが進出するというニュースは聞いていた。それで今のようすはどんなものか見ることにする。

コモディイイダという店が開店準備中だった。

公式サイトを見ると、ここは(仮)南行徳店となっていて、7月にオープン予定とのこと。また、千葉県にはすでに何店かあるが、市川市はこの店が初出店になるようだ。

そして、もう1箇所、浦安市域になるが浦安魚市場の跡が今はどうなっているかを見に行く。2019年の1月初めに、地元で初詣したあと浦安まで歩いたときに建物や”閉場のあいさつ(2019年3月末で)”を写して以来。その後、コロナ禍などになったりして、どうも足を向ける機会がなかった。

市川市側から行くと、魚市場の北側にあった平屋の商店街(場外市場という感じのもの)がまだ残っているのが見えた。残っていると言っても建物の一部は解体されていたりする。そして、元の魚市場の場所には高層マンションが建ち、1階は食品スーパーが入っていた。

思ったが、もし北側の商店街もなくなっていたら、元の魚市場の場所が分からなかったかもしれない。

進出している食品スーパーはサミット。

公式サイトによるとこの店は浦安駅北口店。浦安しないには他に富岡にも出店していて、ここは2店目のようだ。なお、市川市にはまだ進出はしていない。

あとは浦安から電車で帰る。

 

晩飯はカレー。

新しい電子レンジが届いて設置した日の日記に、コンビニ2社のカレーの写真を載せた。電子レンジを買い替えた理由を記しておこうと思ったから。その日の昼飯に2つのうちの1つ-ファミリーマートのほうを食べたが、今日の晩飯に残りのもうひとつ-セブンイレブンのを食べる。

晩飯のあとは録画の映画を1本見る。あと2日、休みが続くと思うとのんびりできる。