行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2020年8月5日(水)の日記

2020年08月05日 | 日記

昨日、ダンベルをやったためか、在宅勤務で家にいても体調を崩さないよう冷房は抑えめに入れているからやはり暑さを感じるからか、今日は飲みたくなった。

それで飲んだのはクリアアサヒ本麒麟金麦のそれぞれ350ml缶。

つまみはコンビニのもので、たこぶつホルモン盛合せ枝豆

ほとんど居酒屋メニュー。

飲みながら録画した映画から2時間ものを1本見る。


2020年8月4日(火)の日記

2020年08月04日 | 日記

今日はダンベルをやるつもりなので、晩飯は行徳駅前へ行ってしっかりめのものを食べてくる。

午後6時10分頃の行徳駅前(北口側)。日が短くなってきたと思える。もう夏至から一月半ぐらいだ。

晩飯は松のや大判ヒレかつ定食

そしてダンベルは上半身メニュー。


2020年8月3日(月)の日記

2020年08月03日 | 日記

出社しての仕事も一段落付いて、今週はずっと在宅の予定。でも、システムは細かな問題で対応など出てくるから、急に出社となる可能性がないわけではない。梅雨明けで暑くなったから、そういうことはないほうがいい。

今日は三食ともコンビニもの。


2020年8月1日(土)の日記

2020年08月01日 | 日記

朝の空は雲が少し多めかなと思ったが、ずっと晴れていそうなので久しぶりに洗濯物を外干しにした。もうこれは梅雨明けかもしれないと思えたが、気象庁がそういう発表をするのはたいてい午前11時。昼過ぎにニュースサイトを見るとやはり関東甲信越は今日梅雨明けと発表されたようだ。3、4日前の週間予報だと次の木曜、金曜ぐらいかと思えたが、予想外に早くなった。

昼過ぎの行徳駅前(南口側)の空。

昼飯は高架脇のやしま冷したぬき蕎麦

そして葛西のいつもの床屋へ行って散髪。

 

ここのところ週末は外で飲んでいたが今日は家飲みにする。やはり新型コロナウィルス感染確認数がどんどん増えている状況では、どうも外飲みしたいという気持ちが失せてくる。

それで、今日のつまみは自分の定番で、笹かまの海苔手巻きなど。

酒のほうは日本盛純米大吟醸生酒と第3のビールのサントリーブルー500ml缶。

まずはサントリーブルーのほうから飲む。

そして、録画してある映画で2時間40分の長尺のを見る。これぐらいの長いのは一旦、片付いた。

締めの飯を食べるときに第3のビールと生酒を飲み終えたので、家の置いてあるポケットサイズボトルからホワイトホースでハイボールを1杯作って飲む。炭酸水のボトルは数本ストックしてあるが、今回冷蔵庫に入れてあったのはレモン味のだった。

そして締めはコンビニのサーモン寿司


2020年7月31日(金)の日記

2020年07月31日 | 日記

午後に会社の窓から外を見ると日が差していた。空も青い部分が多くなっていた。でも、関東は梅雨明けにはならず、7月は今日で終わり。ここしばらくの週間予報で、梅雨明けは8月に入って1週間程度かと思っていたが、この一両日の予報を見るとあと1日、2日で梅雨明けになりそうな雰囲気だ。

今日も時差出社でシステムの検証作業。やはり月末の追い込みで時間がかかり、終わったのは午後9時になる。

晩飯は松屋行徳南店プレミアム牛めしとお新香


2020年7月30日(木)の日記

2020年07月30日 | 日記

今週は昨日まで在宅勤務。そして今日と明日が出社となった。もちろん時差で。

晩飯はやよい軒。いつの間にか魚の定食が増えている。先週は銀鮭の塩焼を食べた。写真は写さなかったけど。

そして今日は真アジの一汐干し定食

干物の定食は相当前に期間限定メニューで食べたように思う。そういうのがレギュラーメニューに加わっていた。


2020年7月27日(月)の日記

2020年07月27日 | 日記

今週はシステム検証の追い込みでずっと出社の予定だったが、関係する他チームの進捗状況などいろいろあって予定や人の割り振りも変更になり、自分の出社もぐっと少なくなった。それで今日は在宅勤務。やはり通勤がないのは楽。

朝と昼はコンビニものだが、晩飯は行徳駅前へ食べに行く。駅前のポニービル2階にあるガストへ。

ミックスグリルAセット(ライス・日替わりスープ)

肉ものをしっかり食べて今日はダンベルエクササイズ。今回は下半身メニュー。


2020年7月26日(日)の日記

2020年07月26日 | 日記

朝、起きたときは外は強い雨。でも、身繕いが終わったら日が差していた。そしてコンビニで朝飯を買ってきて食べ終わる頃、再び強い雨。

強い雨を降らせる小さい雨雲が断続的に通過しているようだ。でも、朝の2回目の雨が止んだらあとは快晴になってきた。予報サイトを見てもこの分では夕方ぐらいまで大丈夫そうに思えた。

それで、昼前に旧道エリアを経由して妙典まで歩く。目的は秋の祭礼について街頭の自治会掲示板に何か情報がないかチェックするため。

今年が例大祭にあたる地域のうち、自治会が公式Twtterを持っている新井はすでに新型コロナウィルス感染防止のため今年は中止・来年に延期を明らかにしているし、地域のネット情報にも流れている。

今回チェックするのは関ヶ島、五ヶ町(本行徳一丁目~四丁目、本塩)、上妙典。

まずは関ヶ島。ちょうど徳蔵寺の前に来た。

関ヶ島の例大祭は3年に1回で、前回予定の2017年は諸事情のためということで陰祭りとなり、翌2018年に例大祭が行われた。今年は元の3年に1回のペースに戻すのかどうかというのが先ず気になるところ。そして、戻したとしても新型コロナ対策でどうなるかというのも。

しかし、胡録神社前の街頭自治会掲示板には、本日時点で祭礼についての情報はなかった。

行徳街道へ出て関ヶ島から本行徳へ。

本行徳四丁目の掲示板。祭礼の情報はなし。

風景の写真も撮ろうと常夜灯公園へ。

旧江戸川上流方向は上空に薄い雲。遠くの低い空には入道雲っぽいのが見えるが、朝のうちに通過した雨雲かもしれない。

ところが下流側を見ると雲が多め。しかも低い空が暗めで次の雨雲が来るのではと不安になる。

でも上空はまだ青空だし、自分が家に帰るまでは大丈夫だろうとこのときは思っていた。

常夜灯公園そばで本行徳三丁目の掲示板。

行事中止のお知らせはあるが、納涼大会と子供会のお楽しみ会・ラジオ体操のだった。祭礼関係はまだなし。

行徳街道へ戻る。本行徳二丁目の掲示板は何も貼られていなかった。

本行徳一丁目。ここも祭礼関係はなし。

行徳街道から寺町通りへ。

途中で道を折れ、本塩へ。

本塩の豊受神社の向かいにある掲示板だが、ここも祭礼関係のはなかった。

 

あとは上妙典だが、その前に市川浦安バイパスに出たところでくるまやラーメンで昼飯にする。

味噌チャーシューメン(3枚)を食べる。

 

店を出て驚く。常夜灯公園では遠くに見えていた雲が、店にいたわずか20分程の間にすっかり空を覆っていた。これは少し急いだ方がいいだろう。

妙典の旧成田街道に入り上妙典(妙典一・二丁目)へ。

上妙典八幡神社入り口のところの掲示板。

ここには神輿渡御延期を知らせる掲示があった。

神輿渡御は1年延期とのこと。右上の日付(令和2年6月吉日)から見て、すでに6月には決定していたようだ。

「尚、秋季祭礼は例年同様に執り行う予定ですので」とあるが詳細までは書いていない。神輿渡御がないのだから陰祭りの形になるのではと思えるのだが。

 

帰りに妙典のユニクロへ寄って夏物衣類を買うつもりだったので妙典駅のほうへ向かうが、途中で雨が降り出す。でも、今日は油断できないと思っていたので折りたたみ傘は持っていた。

帰りに行徳まで一駅、電車に乗ったが南のほう(海のほう)の遠くに青空が見えていた。でも行徳のあたりは自分が行徳駅を下りて家に帰り着くまでずっと雨。まったく不安定な天気。

 

晩飯は午後6時台に松屋行徳南店へ行って”豚肩ロース”の豚焼肉定食

家を出るときは天気は大丈夫そうに思えたが、朝や昼間のことを考えると油断できないので傘は持っていく。案の定、帰るときは南の空が暗くなっていて雷鳴が聞こえた。家に近づいた頃に水滴が落ち始めたが、本格的に降り出す前に帰り着く。

そして、録画した映画1本見て、今は午後10時少し前だがしばらく前から外で再び雷鳴。東京と近辺が雨雲の通り道になってしまっているようだ。


2020年7月25日(土)の日記

2020年07月25日 | 日記

午前中に南行徳の頃からの掛かりつけ医へ行き、痛風予防の薬を出してもらってくる。前回、前々回行ったときは、コロナ禍の影響で開業医が空いていた時期。終わったときは昼飯時のだいぶん前だったから帰りにコンビニで昼飯を買って帰った。でも、今は来る人の数も戻ってきたようで、今日は終わったときにもう昼飯時。南行徳駅前の日高屋チャーハンを食べてきた。

 

夜はネット上の地域情報によると5月頃にオープンしたという店へ行ってみる。

行徳駅前一丁目で行徳駅前通りから1本東側の道沿いの、店舗が並ぶ建物にあるうどん酒場京屋(→Instagram)。午後6時半前のまだ明るい時間に入る。

最初の飲み物は生中。この店の生ビールはカールスバーグ

お通し。

店内はL字型カウンターとテーブル席。テーブル席の側の一見、窓に見えるのは鏡。隣の店との間の壁なので窓はない。

早い時間に入ったので最初は空いていたが、徐々にお客さんが入ってきた。新しい店だからだろうか、今日は若い年代が多かった。

冊子のレギュラーメニューはあるが、食べものは1ページだけであとは飲み物になっている。むしろ、黒板の本日おすすめメニューがメインのようだ。

その本日おすすめからまずはゆでタコ刺

ビールを飲み終え、次は何にしようかとレギュラーメニューの飲みものページを見ながら考える。お酒の種類は一通り揃えているが、日本酒の地酒をいろいろとか焼酎でも地焼酎をいろいろとか、そういう揃え方はしていない。

それで結局、焼酎でメニューにあるものから、先ずは芋焼酎の三岳をロックで。

刺身を食べ終え、次は天ぷらにする。レギュラーメニューにも天ぷら盛り合わせがあるし、それに本日おすすめの黒板3枚のうち1枚が「本日の天ぷら」になっているぐらいだから、天ぷらをウリにしているようだ。

本日の天ぷらから注文したもので先ず次のが来た。昆布なすししとうまいたけえびかしわ

”かしわ”は鶏肉。マスターに関西で言う”し”にアクセントが来る「かしわ」かと聞くと、マスターは名古屋の人で名古屋あたりでは”わ”にアクセントが来るー千葉県柏市の「かしわ」と同じ-イントネーションの「かしわ」ということだ。名古屋は東西が入り混じったところがあると聞いたことはあるが、関西と同様に鶏肉を「かしわ」と呼ぶものの、イントネーションは関西とは違い関東流であることを初めて知る。

少し遅れてきた新玉かき揚げ。”新玉”は新玉ねぎのこと。

焼酎ロックはもう1杯。次はおすすめメニューにあった麦焼酎で兼八

天ぷらを注文した量が多かったので、食べ終わる前に2杯目の焼酎ロックも飲み終える。ロックは2杯にしておいて、あとはチューハイ類。まずは、オーソドックスなチューハイ

天ぷらを食べ終え、次もおすすめメニューから根菜の煮物

そして締めの飲みものは緑茶ハイ

うどん酒場というのだから、やはり食べものの締めはうどんにしたい。レギュラーメニューにこの店のうどんについて説明書きがあった。水沢うどんをベースにしたオリジナルの細うどんだそうだ。

いろいろと飲み食いしたから、肉うどんや天ぷらうどんはやめておき、シンプルにざるうどんでいく。うどんを味わうにはざるうどんが一番いいと思っているし。

ざるうどん

メニューの説明書きのとおり、なかなかコシの強いうどんだった。

初めての店では飲み食いが多くなりがちだが、お代は5,500円だった。


2020年7月24日(金)の日記

2020年07月24日 | 日記

四連休の2日目、雨ではなかったが家に籠もり録画してある映画を見る。

昨夜、けっこう飲んだので起きたのはやや遅め。なので午前中は1時間40分ものを1本。そして午後に2時間50分の長尺もの。夜は1時間50分弱のもの。

朝と昼はコンビニ飯だが、やはり運動不足になる。それで、晩飯のときに南行徳まで歩きで行って帰ってくる。晩飯は南行徳駅前のなか卯冷やし坦々うどん