行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2019年1月20日(日)の日記

2019年01月20日 | 日記

朝は少しゆっくりめに起きる。朝飯は休日のいつものパターンでコンビニのパン類。

歳のせいで最近は飲んだ日の日記はほとんど翌日回し。今日も、昨日の日記は朝飯のあとに書く。夜に飲みに行く前の分は夕方までに書いてはいるが。それで、書き終わったらもう昼飯時。

この週末は休養するつもりとはいえ、昼飯のときぐらいは外へ行く。新浜通り沿いの吉野家行徳新浜店へ。

今日の昼頃は、昨日のような抜けるような青空とはいかず、雲が多かった。

吉野家で食べたのはベジ黒カレー

 

午後は録画がたまっている映画を2本見る。夜も1本は見たいと思ったら、やはり飲みながらがいいと思えた。でも明日からはまた仕事。それで、軽いつまみで軽く飲むことにする。

最初はキリンビールの”第3のビール”で本麒麟の350ml缶。

それと飲み終えてから、ポケットサイズ瓶コレクションからヘネシーをロックで。

次に通常サイズのものでサントリー角ハイニッカ。それぞれ1杯ずつ。

締めの飯はねぎとろ巻。


2019年1月19日(土)の日記

2019年01月19日 | 日記

朝から晴れたので東南側のベランダに日が当たり始めるタイミングで洗濯物を干す。直射日光があると朝からベランダへ出ても暖かい。そのわりに、あとでクリーニング屋へ行ったときは北寄りの風が冷たかった。

今日は葛西のいつもの床屋へ行って散髪。空は真っ青で今日も乾燥が続く。行徳駅のホームから。

床屋へ行く前に葛西メトロセンターで昼飯。久しぶりに札幌ラーメンのどさん子へ入る。

味噌ラーメンとトッピングに白ねぎ

どさん子はずっと前、南行徳のメトロセンターにあって晩飯を食べにちょくちょく入った。どさん子でねぎラーメンというとかつては白ねぎだったのが、いつ頃だったか急に唐辛子をまぶした辛味ねぎに変わってしまった。ねぎの自然な辛さが好きだったので、それからはどさん子のねぎラーメンは食べなくなった。でもトッピングメニューで白ねぎとして復活していたので、今日は久しぶりに食べる。20数年ぶりではないかと思う。

南行徳メトロセンターのどさん子は、2000年代の前半の駅のバリアフリー化工事のときに閉店した。工事終了後も復活せず、跡はステーキのペッパーランチとなり今はいきなりステーキとなっている。

南行徳へ住む前、原木中山の独身寮に約4年いたときも駅のメトロセンターにあったどさん子でよく食べた。何年も前に原木中山あたりで地域イベントがあったときに降りたが、そのときは別の店になっていた。今回、あらためてどさん子チェーンのサイトを見ていくと、どさん子のグループで姉妹ブランドのらーめんみそ膳になっているようだ。

葛西メトロセンターのどさん子は過去日記を探すと、数年に一度の割合で入っている。自分で覚えているより多かった。前回は2014年の10月、その前は2011年の11月、そして2008年の4月2007年7月

 

夜はジャズライブのHot Houseへ。年明け後、平日にはすでに1度行っているが、土曜ライブは今日が初。

飲み物は先ずビール。

今日はピアノトリオ。ピアノは松井節子さん、ベースは小杉敏さん、そしてドラムが渡辺文男さん。

松井節子さん。
 

小杉敏さん。
 

渡辺文男さん。
 

 

 

ビールを飲み終え、次はこの店での自分の定番でジャックダニエル。水割りで。

もう一杯は同じものばかりでも面白くないので、アーリータイムズ。これも水割りで。

去年の秋にピアノトリオの予定だったとき、小杉さんとの仕事依頼の確認に手違いがあったらしく、ピアノとドラムのデュオになったことがあった。ピアノ曲で最近気に入っている「オブリビオン」をトリオで聞きたいと思っていたが、そのときは残念ながらデュオで。今日、ようやくトリオ演奏で聞くことが適った。

「オブリビオン」はこの曲のことを知った常連さんが、生演奏を聴きたいというので(CDかスコアかは知らないが)持ち込んだということだ。前にピアノソロでの演奏を聴いて自分もお気に入りの曲になっている。


2019年1月18日(金)の日記

2019年01月18日 | 日記

3連休あたりから身体がだるくなって正月疲れが出たような感じは徐々に回復してきた。だけど、もうひとつ問題。一昨日の水曜日は会社の宴会があったのだが、酔ったためか帰り道で右足を捻ってしまった。

ひどい状態ではない。捻ったあとも、痛いが足を引きずることもなく普通に歩いて帰れたし、昨日も今日も普通に歩いている。だけど、右のくるぶしあたりが腫れて痛みが残る。しょうがないので、打ち身・捻挫用の薬を塗っている。

それで、宴会のあと1日おいて今日やろうと思っていたダンベルはパスして、今週は休養に当てることにする。そうすることを身体も求めている感じ。

 

晩飯は行徳駅高架脇のやしま

そば屋の親子丼を前から宣伝しているので一度食べてみようと思う。みそ汁などは付かないようなので、かけそばとセットにした親子丼セットにする。

若い頃は、関東の食べものは味付けが濃いと聞いていたし、そば屋でも味付けが濃いものに出会ったこともある。でも、この親子丼は出汁がいい具合に効いていて、別に味が濃いわけではない。一口食べて、わりといける感じだと思えた。


2019年1月17日(木)の日記

2019年01月17日 | 日記

一昨日の火曜日昼間に少し雨が降ったが、そのあとはまた乾燥した晴天が続く。勤務先でもインフルエンザで休む人が増えている。

自分のほうは毎年、予防接種を受けるようにしてから、インフルエンザにかかったことはない。でも、油断したり、疲れがたまったりしたら、やられる可能性もあるだろう。

3連休の後半あたりで、どうも年末年始の疲れが出たようで、別に発熱などの症状はないがだるい感じだった。それも徐々に回復はしてきている。

今日の晩飯はサイゼリヤミラノ風ドリアやわらかチキンのサラダ


2019年1月14日(月)の日記

2019年01月14日 | 日記

3連休の3日目。飲み疲れもあるし、明日からに備え今日は休養に当てる。

午前中は昨日の日記を書く。昼間出かけた分は昨日の夕方、飲みに行くまでに書いたので、そのあとの飲み屋へ行ったところを書く。

休養といっても家に籠もっていては運動不足。昼飯と晩飯は外へ食べに行く。

昼飯は行徳駅前通り行徳駅前三丁目にあるらあめん花月嵐へ。

嵐げんこつらあめん味噌でトッピングにキャベツ

ここの味噌ラーメンは気に入ってきた。

帰りに伊予柑を買う。

先週はまだ小さいみかんを買った。スーパーでも伊予柑やハッサクなどは出ていなかった。でも、そろそろ切り替わる時期だ。

午後と夜は録画してある映画を計4本見る。

晩飯は松屋行徳南店へ。プレミアムおろしポン酢牛めしを食べる。

のんびりできる3連休も今日まで。


2019年1月13日(日)の日記

2019年01月13日 | 日記

昨日の寒さとは打って変わって気持ちの良い晴天となった。

昼間は行徳雑学館トップページレポート用の写真を写すのも兼ねて、冬の風景を写しに行く。

行徳駅前通りの千鳥橋のところから市川水路の堤防上の道へ。

まずは千鳥橋上からの風景。

堤防上の道を歩きつつ目に付いたものを写す。

前方に見える送電線の鉄塔を、付けていったズームレンズの一番望遠側で。

ふたたび水路の風景。

行徳作業船と船体に書かれた船を見つけた。でも、何の作業をするのだろう?

水鳥。

水路沿いを過ぎ、再開発でできたヴェレーナシティの脇を過ぎると、工事中の江戸川第一終末処理場エリアが目の前。

前はここは入れなかったと思うが、特に柵や立入禁止の看板は見当たらない。そればかりか、妙典球場(妙典少年野球場)入口の看板がある。

それでこのエリア内の道を進むことにする。行徳地区に引っ越してきてから30年目にして初めて足を踏み入れいる。(なお、このエリア入口のところで渡る道は、湾岸道路千鳥町インターへ通じる道で車がひっきりなしに行き来するから要注意)。

2つ上の写真にも写っているが、終末処理場の施設の一部が建設されているところ。

他に建造物はまだ見当たらない。土壌の改良をやっているのかもしれない。

今日は休日だからときたま自家用車が通るぐらいだったが、平日はおそらく大型のトラックなどが多いだろうから、のんびり散歩するような道ではないだろう。

やがて直線的に来た道が左に曲がる。野球場方向の看板もあった。

ところが左に曲がってすぐ先、舗装道路は右へ曲がるほうへと続く。直線側は未舗装の道。

舗装されているのだからそちらが野球場に通じるほうだろうと思い、右に曲がって進むと少し先にゲートがあった。閉まってはいなかったので通って少し先まで行くが、看板類もないし、どうも野球場へ通じる雰囲気ではないように思えてきた。

スマホでGoogle mapを開くと、その位置では道路が出てこない。企業の事業用地内はだいたいそうだ。それで航空写真に切り替えると、やはりその先は野球場に通じていないことが分かった。で、戻って未舗装の道を進む。

しかし、こういう紛らわしいところにも野球場方向を示す看板が欲しいものだ。

しばらく行くと右に入るところ。

ここでようやく野球場方向を示す看板が再登場。

もう2回、道を折れてやっと妙典少年野球場に到達。

少年野球場と妙典排水機場の間には水路が通っているが、前は灌木や雑草だらけだった。そういうのがきれいに伐採されていた。

その水路にいたシラサギらしき鳥。

この水路には前は橋が架かっていたが、老朽化が激しいということで閉鎖されていた。

妙典排水機場側から野球場へ来ようとすると、さきほど未舗装の道で右に入ったところをまっすぐ行けば住宅地に出るようなので、そちらのほうから入ることになる。

江戸川放水路に出た。以前とは風景が少し変化した。対岸の外環道の高架橋が目に付くようになった。

水面には鴨が多い。自分のズームでは望遠最大でもこれぐらいにしか写せないが。

妙典橋は街路灯も立って、完成しているようにしか見えない。でも、対岸の高谷側の接続部分がまだ工事中。千葉県の「(仮称)妙典橋の工事進捗状況」ページの本日時点の記載によると、平成30年度末(つまり次の3月末)までの供用開始が目標だが、具体的な開通時期は未定との頃。

放水路の風景。

バードウォッチング風景。

妙典公園のしおみばし上から。

しおみばしを反対側へ渡って妙典の街へ。

イオン市川妙典内にあるケンタッキーフライドチキンで昼飯にする。サンドセットを食べる。ドリンクはホットコーヒー。

家に帰って画像をパソコンに移し、行徳雑学館トップページレポートを作って夕方にUP。

 

夜は前から気になっていた店へ行ってみる。行徳駅前二丁目だが東西線の北側にある店で、居酒屋ようこそ

まずはビールといきたいが飲み物のお品書きを見ると、生ビール(大)と生ビール(小)がある。(大)のほうを注文。

生ビール(大)

ビアホールサイズの大ジョッキではなく、一般的な居酒屋で出てくる中ジョッキだった。多くの居酒屋では小と中だが、この店では小と大と呼んでいるようだ。

お通し。

店に入ったところはテーブル席が並び、奥にカウンターがある。カウンターから見た入口側のテーブル席。

カウンター内。

元はスナックだったということだ。確かにそういう造り。

ネットで調べると、ママさんの料理が美味しいという評判。ところが今日はママさんが体調崩してお休み。店にいたおねえさんは「スナックの頃からいる従業員で、ふだんは洗い物なんかやってます。」と謙遜して言っていたが、でもママさん不在でも休業せずに店を開くのだから、そこそこ料理もできるのだろう。

こういう人はよく”ちぃママ”と呼ばれるが、カウンターにいた他のお客さんも特にそういう呼び方はしていなかった。

カウンター内にあった本日のおすすめ。

まずはここから鶏ギョーザ

おろしポン酢で食べる。

ビールを飲み終え、次はハイボール

昨日も飲んでいるから日本酒などはやめておき、あとはハイボールオンリーにする。それにそんなに濃くは作っていない。それで計3杯飲む。

出来そうなものというと、冷凍庫を調べて赤魚や鰆の西京漬けがあるという。それで次は鰆の西京焼

次は何にしようかとお品書きを見ると、スパム玉子というのがあった。沖縄の料理を出す店でポーク玉子というのは何度か食べているが、スパム玉子というのは初めて見る。聞いてみるとポーク玉子のことのようだ。

それでそのスパム玉子を注文。

スパム玉子とポーク玉子の違いは何か調べたら、こちらの情報が見つかった。最低2回は読まないとなかなか理解しにくい内容だが、この料理で使われる豚肉の加工食品が沖縄で普及したものと本土で普及したものが、それぞれ違うメーカーのもので、スパムは本土で多く出回ったものだが商品パッケージで強調された商品名だということ。そういうところから名前の違いが生じているらしい。

あとは野菜を摂りたい。隣の2人連れのお客さんがおまかせサラダを注文していたが、1人で食べるには多すぎる感じ。でも、それを作っているときに冷蔵庫からアメーラトマトというフルーツトマトの箱を出してきていた。

そのアメーラトマトを単品で注文。メニューにはなかったが出してくれた。

フルーツトマトで甘みがあるのでそのまま食べることが出来た。

この店のことをネットで調べたら、店のFacebookページが見つかった。そこへの投稿で「行徳の魔空間」と書いている人がいたりする。そういうのを見ると俄然興味が湧いた。

聞いてみるとママも従業員のお姉さんも、そういうのを作るやり方なんか分からないから、作った覚えがないという。馴染みのお客さんが作ってくれたのかもしれないと言っていた。

そういうのは他にも聞いたことがある。例えば串揚げの喜多朗のホームページだが、マスターもママもそんなのは作れないが馴染みのお客さんが作ってくれたという。

今日は料理上手というママさんは残念ながらいなかったが、従業員のお姉さんの料理もしっかりしたものだった。ここへはしばらくしたらまた来てみることにしよう。来週すぐにということはないけれど。


2019年1月12日(土)の日記

2019年01月12日 | 日記

3連休のときは1日目が外へ飲みに行き、2日目は家呑みで3日目休養というパターンが多い。でも、3連休初日の今日の天気は、週初めから週間予報が二転三転し、雨か雪かなんとか降らずに曇りなのかが読めない。南岸低気圧が近づいているが、少しの通過コースのずれで天気が変わるので気象予報士泣かせだということも聞く。

結局、今日朝のようすを見て決めることにした。結論は今日の夜は家呑み。

だけど、日差しがないので底冷えという寒さ。雨が降り出す前にクリーニング出しや買い物に行ったが凍えるような感じだった。午後からは家に引きこもって映画を見る。

 

夜の家呑みでつまみは自分の定番。笹かまの海苔手巻きその他。

酒は缶ビールがサントリー ザ・プレミアムモルツのDEEP AROMAと地酒300ml瓶が佐原の地酒で東薫純米吟醸

この2種類を飲み終わったあと、家にある麦焼酎の神の河。でも残りは少しだけだった。

それで買ってあった芋焼酎を開ける。木挽BLUE

何年か前に東西線にもドアの上の液晶ディスプレーが2つ付いた新型車両が登場し、その後、前からある車両も徐々に取り付けが進んできている。その液晶の片方はずっとCMが流れているが、木挽BLUEのCMがしばしば映る。女優の吉田羊がやっているやつ。

何度も見せられるから、それじゃあ一度買って飲んでみようかという気持ちになった。あのディスプレイのCMも少しは効果があったということになる。

瓶には写真のような販促用のものが掛かっている。こういうのはなんて名前か調べてみたら、ボトルネッカーというらしい。ボトルの首(ネック)部分に付けるのでそういう名前のようだ。

すっきり芋焼酎で飲みやすいというのがウリのようだけど、ある程度飲んでからだからあまりよく分からなかった。たしかに芋焼酎の臭みが苦手という人はいるが、自分は別にそういうことはない。何度か飲めば、すっきりしているというのが分かるかもしれない。あまりすっきりなら飲み過ぎてしまいそうだ。でも、今日は飲みすぎないようにロック1杯でやめておく。

 

飲みながら見た映画は一昨年に話題になった作品でミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」。

エマ・ストーン演じる女優を目指すヒロインとライアン・ゴズリング演じる古い時代からのジャズにこだわりジャズピアニストを目指す男の物語。2人が出会って恋人関係になるが、それぞれの夢が実現に近づくにつれてすれ違いが生じ、離れて行ってしまうというストーリー。

自分が地元にあるジャズライブの店(Hot House)と15年以上付き合いがあって、しかもベテランのアーティストの演奏をしょっちゅう聴いているから、古き良き時代のジャズを愛する男が登場することで物語に入って行きやすかった。

ラストが印象に残る。女のほうは女優として成功し、夫と子どもがいる。たまたま夫と入った店が、男の方が夢を叶えた古い時代からのジャズを演奏する店。店を出るとき、互いに微笑み合う場面を見て思う。30年、40年かそれ以上昔の作品なら、こういう場面だと女の方が泣き乱れてしまっただろうなと。ジメジメして、とてもこんな爽やかなラストにはならなかっただろう。

それはごく最近のことというより、10年、20年ぐらい前から当たり前になっていることかもしれない。


2019年1月10日(木)の日記

2019年01月10日 | 日記

寒いのと、今日はダンベルをやるつもりなのでエネルギーの補給になるものを食べるためとで、帰りは南行徳で降りて駅前の日高屋へ。

唐辛子たっぷりのバクダン炒め定食を食べる。

前にバクダン炒め定食を食べたのはいつかと思い、過去日記を探すと去年の2月中旬だった。約11ヶ月ぶりに食べた。

ダンベルエクササイズは下半身メニュー。


2019年1月9日(水)の日記

2019年01月09日 | 日記

北風で体感が真冬になるというので、ウールのコートにマフラーと手袋でしっかりと防備していく。今回の予報は当たって実際、寒かった。これから節分にかけてが1年で一番寒い時期だ。

晩飯はやよい軒サバの味噌煮定食

年末年始、ずっと画像入りの日記だったが、今日は久しぶりに画像なしになった。


2019年1月8日(火)の日記

2019年01月08日 | 日記

1週間の中では月曜朝の電車が一番混むが、今日は火曜日なのに昨日以上に電車が混んですし詰め状態。特に何かトラブルがあったわけではない。今日1月8日は学校の冬休みが終わって学生が戻ってくる日。それで、昨日の月曜より混んでいたのではないかと思う。

晩飯はすき家牛丼並盛おしんこセット(おしんこ、みそ汁)

そして今夜はジャズライブのHot Houseへ行く。

チャーム(お通し)とビール(瓶ビール)。

今日はピアノの松井節子さんとベースの佐々木悌二さんのデュオ。

ピアノソロの予定だったが、佐々木悌二さんは他に仕事が入っていなかったので「遊びに来た」。なので、ミュージックチャージはピアノソロの分だけ。ママさんのブログで言うところの”ボーナス・デュオライブ”。

ビールのあとはジャックダニエルの水割り。

明日も仕事だから飲むほうはこれで終わりにし、2回目のステージが終わったところで帰る。