行徳生活日記

「行徳雑学館」作者の日記。

2017年12月31日(日)の日記

2017年12月31日 | 日記

東京は気温が急降下したらしく最高気温で6度。大手町で雪がちらついたらしい。今いる大阪はというと、曇りで午後に雨という予報だった。最高気温のほうは10度ぐらいまで上がる。

昼飯の後、堺市中心部の堺東駅あたりに買い物に行く。その前に、すぐそばの堺市役所庁舎の展望階(21階)へ。

眼下の南海高野線堺東駅とそのあたりの繁華街。午後は雨だといっていたわりに午後2時ごろは雲の切れ間から青空も見えていた。写真を写したタイミングでは日も差していた。

夏休みに貝塚(大阪府貝塚市)の中心駅(南海本線貝塚駅)のあたりがさびれた感じで、大阪あたりでも中心市街地の衰退があるのに驚いたが、堺でも中心駅の周りは自分が子供のころに比べてやはり衰退している。

上の写真の右側にあたるところではビルの取り壊し中。

このビルは30数年前、自分が大学生のころだが再開発で建てられたビル。それ以前は戦後の闇市の名残とかで小さい建物がごちゃごちゃとあったエリア。再開発ビルが建ち、堺東駅とも連絡橋でつながり、キーテナントにダイエーが入ったものの、その後、今一つ流行らなかったようでダイエーは撤退した。たしかまだダイエーが左前になる前だという。そして、残りのテナントも減っていき、ビル自体を一度壊して建替え再び再開発となったようだ。

聞いた話だが、再開発エリアの権利関係が複雑で、そのエリアの店を入居させる関係で各フロアの天井が低いビルを建てざるをえなくなり、それがショッピングセンターとしての魅力を損ねたらしい。確かに行ってみると天井の低さで窮屈な感じは免れなかった。

市役所展望階を出て堺東駅前のアーケードの商店街。人はいるが大みそかの買い物でごった返しているというふうではない。

堺東駅ビルの高島屋へ行くと、さすがに食品売り場はにぎわっていた。

そこの酒売り場で地酒を1本買って帰る。千利休という銘柄の酒。

蔵元を見ると堺泉酒造とあり、住所が堺の旧市街(大河ドラマの戦国時代ものに堺はしばしば登場するが、その時代からの市街地の範囲をこう呼ぶ。ちなみに明治時代以降にできた鉄道駅・・南海本線の堺駅、南海高野線の堺東駅も、今の堺市役所も旧市街の外側になる。)。

そんな酒造が昔からあったのかと思い、堺泉酒造のサイト(http://sennorikyu-nihonshu.jp/)を見ると、堺市内にあった酒造は1971年(昭和46年)にすべて消滅したが、2014年に40年あまりぶりに復活したのがこの堺泉酒造ということ。銘柄は今のところ、この千利休のみということ。

高島屋を出ると、天気予報は当たったようでどんよりとした曇りになっていた。親の家に帰るまでは何とかもったが、そのあと降り出した。

 

妹と二人の息子は明日帰るので、親が注文して届いたおせち料理とその他のは今日開けてしまう。

さすがに20代男子が2人いるとあっというまに減ってしまった。

自分が勝ってきた堺の地酒-千利休も晩飯の時に飲む。純米吟醸だが、フルーティーな香りは控えめだと思えた。だが、昔からの酒を飲んでいる母親や辛口付きな妹からすると、今どきのフルーティーさを追求したワイン感覚のお酒で、今一つと思うらしい。

その”今どきのお酒”も自分が初めて吟醸酒を買って飲んだ1980年代後半の感覚だが、それからもう30年ぐらい経っている。やっぱり、母親も妹も年を取るにしたがって最近の事はすぐ忘れるが、昔の感覚はずっと残っているようだ。


2017年12月30日(土)の日記

2017年12月30日 | 日記

午前中の新幹線で大阪へ向かう。

昨日、会社の納会でそこそこ飲み、夜にジャズライブのHot Houseでコップ1杯半だがシャンパンを飲んだせいか、朝飯は軽くていいと思う。弁当ものは重いので東京駅のコンビニでサンドウィッチとパン、それにコーヒーを買って食べる。普段の休日の朝飯と同じだ。

 

母親とときどき電話で話すと、父親は夏に比べて脚がますます弱り風呂やトイレが大変になっているという。椅子から立ち上がるのは大変そうで、これも夏より苦しそうな感じ。でも、立つとおぼつかない脚で何とか家の中は歩いている。見た目の雰囲気は夏休みに来たときと極端に変わっている感じではない。

もっと驚くほど衰えたふうになっているのかと予想して、ちょっと構えていたが、そこはホッとした。それに今日は妹も子供2人(もうどちらも20代)を連れてきているから、刺激が多い分、元気な感じ。

でも、高齢なのだからどんどん衰えていくことには変わりない。大阪へ来た時に両親ともいるのが、あと何回続くか、どうしてもそういうことを考えてしまう。


2017年12月29日(金)の日記

2017年12月29日 | 日記

自分の勤務先は通常12月30日が仕事納めだが、今年は明日の12月30日が土曜日なので今日が仕事納めとなる。

夕方には納会で酒とつまみが振る舞われる。つまみはにぎり寿司やピザも出る。どちらも宅配のを取っているようだ。飲みつつそれを晩飯にする。

帰ってきて酔いをさまし、脱衣場の突っ張り棒に干して除湿乾燥機で乾かしていた洗濯物を片付ける。昨日と今日で半分ずつやった。そしてアイロン掛け。それから親のところへ行くときの荷物をまとめたりする。

 

飲んできた状態でやるとけっこう疲れる。一休みしてからジャズライブHot Houseの年内最終ライブへ行く。年内最終の日は、午後10時からの3回目のステージが始まる少し前にシャンパンでの乾杯がある。これに間に合うように行く。

会社で飲んでいるので、今日の飲み物はウーロン茶。

でも乾杯のシャンパンは飲む。年に1回、このシャンパンは店のおごり。

最終日は混雑することが多いので、飲み物の容器はプラスチック製のもの。お通しの乾き物はお菓子袋にいくつか入れたもの。

こんな感じの小さい柿ピーをつまむ。食べなかった分は持って帰って、家呑みのときのつまみにするつもり。

乾杯の音頭はお客さん代表がやるが、ここ数年の担当はてるちゃん。

今回の年末最終ライブはボーカル+デュオ。ボーカルの章まり子さんとピアノの松井節子さん、ベースの佐々木悌二さん。

最後にママさんの挨拶。

そして、アーティストもお客さんも全員で「蛍の光」を合唱して締めくくりとなる。


2017年12月27日(水)の日記

2017年12月27日 | 日記

昼間の気温も10度に達せず北風も強くなりそうなので、今シーズン初めてマフラーを巻く。年が明ければ、今日以上にマフラー・手袋が必要になる1年で一番寒い時期がやってくる。

晩飯は松屋行徳南店プルコギ定食(キムチ)

小鉢は生玉子かキムチを選べるが、保健生活指導でコレステロールの多い玉子はあまり食べないように言われているから、こういう場合はほとんどいつも避けている。唐辛子に含めれるカプサイシンが脂肪燃焼に効くというのでキムチを選ぶ。

年末で気分は疲れているが、身体には刺激を与えようと今日はダンベルエクササイズ。上半身メニューをやる。


2017年12月26日(火)の日記

2017年12月26日 | 日記

子どもの頃はそういうことはなかったが、大人になってから正月休み前はどうも疲れた気分になる。社会人になってから大体はそんな感じ。いや、高校生の頃ぐらいからもうそんな気分になっていたか。

ゴールデンウィーク前や夏休み(自分の勤務先は交代で取る)前はそんなことはない。正月休み前だけというのは寒い季節だからか、世間全体が年の終わりという雰囲気になってくるからなのかもしれない。

晩飯は東秀で餃子5個の餃子定食


2017年12月24日(日)の日記

2017年12月24日 | 日記

昨夜の酒が効いて、今朝は午前9時を回ってやっと布団から出る。

昼すぎに東京駅へ。ネット予約した年末年始の指定席券を受取に行く。この秋からJR東海が交通系ICカードで新幹線に乗れるサービスを始めるとニュースで聞いていたが、どんなものか調べるのをやらないうちに年末年始の指定席を予約する時期になってしまった。今回はこれまで通りJR東日本のえきねっとで予約して、駅のみどりの窓口へ受取に行く。

丸の内地下のみどりの窓口の機械で受取り、そのあと地上の駅前へ。丸の内側に駅前広場を整備する工事が終わったと、これもニュースで聞いていたので、どんな感じになったのか見に行く。

長いこと工事用の囲いが設置してあったのがなくなり、すっきりした感じになっていた。

皇居へ向かう行幸通りにつながる部分に大きな広場が設けられていた。ちょうど丸の内のレンガ駅舎の中央部分になる。

遅く起きて朝飯も遅かったので、昼飯も午後2時前になる。丸の内オアゾにある丸善へ。

丸善は書店だが、古くから飲食関係でハヤシライスをやっていて有名ということ。自分は前に日本橋の丸善で初めて食べた。数年前だが、過去日記を探すと5年近く前の2013年の2月だった。

丸の内オアゾの丸善も日本橋同様にハヤシライスを出すカフェがある。このM&C Cafeという店。

メニューを見るとビーフプレミアム早矢仕ライスというのがある。

前に日本橋で食べたときは一番オーソドックスな感じのポーク早矢仕ライスだったので、今回はビーフのほうにする。

ビーフプレミアム早矢仕ライス(1,280円税込)。

ポーク早矢仕ライスを食べたときの日記を見ると、ちょっとスパイスをきかせた味と書いてある。今回のビーフプレミアム早矢仕ライスは特にスパイスをきかせた感じではなく、いかにもハヤシライスらしい甘いルーだった。

 

食事をしたらさっさと帰り、昨日、行徳駅前公園で写した風景の写真で行徳雑学館のトップページレポートを作り、UPする。

晩飯は軽くすませる。コンビニで売っている、電子レンジで温めるタイプの一人用の鍋で鶏団子鍋。それと、これも電子レンジで温めるごはん

明日から年内最後の週の仕事。


2017年12月23日(土)の日記

2017年12月23日 | 日記

昼間はポカポカ陽気になる。ずっと日が差していたので洗濯物を朝8時頃にベランダに干して、午後3時前に取り入れたときはちゃんと乾いていた。

行徳雑学館のトップページレポートは年内にもう1回、季節もののショートレポートを作るつもり。更新は明日と考えているが、明日は天気が下り坂のようなので写真のほうは今日、街の風景を写しに行く。昼頃にカメラをもって出かけ、行徳駅前公園へ。冬らしい風景を写そうと思うが、やはり落葉樹の葉が落ちた風景が中心になる。
 

公園の植え込みには白い花。自生しているわけではなく、こういうものはたいてい自治体から委託された造園業者が管理している。



でも、今の季節でも外に植えられる花はどういう種類だろう。花には詳しくないのでそこまでは分からないが。

公園の広場。

公園内の遊歩道。落葉樹はほとんどの木の葉が落ちている。

でも、まだ頑張って紅葉が落ちずにいる木もあった。

公園の噴水。冬場は作動もさせていないようだし、人影もほとんどない。

 

ある程度写して、昼飯にする。公園そばの、かつては居酒屋のかぶ家だった区画にあるイタリアンのヴィヴァリーチェでランチにしようかと思っていた。だが、行くと今日はパーティの予約があるのでランチは休みとのこと。

ところが同じモロマンションの1階で2軒隣の店でもランチをやっている。そこに入ってみることにした。

ここは前はJulep Barというバーだった。南行徳にいたとき、妙典方面から自転車で帰ってくるときに通ることが多いルートの途中だった。行徳のマルエツあたりで買い物したときも、やはり帰りに通るルート。それで、何度も店は見ているが入ったことはなかった。

去年か今年前半ぐらいに改装をやってレストランバーらしき店に模様替えしたようだが、今回、始めて入ってみる。

今の店名はなんだろうかと見ると、Bistro & Wine Bar Julep。"Julep"という名前は残したようだ。

OPEN 17:00 CLOSE 04:00とあるが、最初はランチをやっていなかったらしい。

店に入って店員の女の子と話すと、Julep BarからBistro & Wine Bar Julepに変わったのは今年の1月。ランチを始めたのは夏からだということ。

Googleマップで"Julep"で探すと、今の時点ではまだJulep Barで出てくる。それで、モロマンションA棟モロショッピングセンターでの表示にする。

ランチメニュー。

サラダとドリンクなどを付けるには下の方に書いてある何々SETを追加しないといけないが、そんなにボリュームもいらないので、料理単品で行く。

一番上に載っているのがおすすめのようなので、ローストビーフ丼(1,000円税別)にする。

テーブル席は4席あってその一つに座ったが、こんな感じ。

脇がバーのときからそのままだというカウンター。

夜に飲みに来るのもよさそうだ。

Jelep Barのとき、店のシャッターに頭が薄めのおじさんが煙草をくゆらせているイラストがあったよねと、店員の女の子に言ったが、知らないという。いつからいるのか聞くと、3、4ヶ月ぐらい前からとのこと。それでは知らないのも無理はない。

おじさんのイラストが描かれたシャッターを写したことがあったと、パソコンに保存した画像を探すと見つかった。こんな感じだった。

写したのはもう17年前の2000年11月だった。

お会計のときにネームカードをもらうと店のホームページがあるということ。
http://vinicole.jp/julep/

 

 

夜は家呑みにする。今週は会社の忘年会もあったし、週末は家で過ごすつもりでいた。

笹かまの海苔手巻きなどをつまみに、飲みながら録画がたまっている映画を見る。

飲むのはコンビニで見かけるとつい買いたくなる(笑)期間限定の缶ビールを先ず1本。ヱビスの華みやび500ml缶。そして地酒は新潟の菊水の銘柄で五郎八(ごろはち)。

五郎八は前に飲んだことがある。検索すると、もう11年近く前の2007年1月に南行徳公園すぐ近くの相之川四丁目にあった居酒屋源さんで飲んでいた。

そのとき、まず名前の「五郎八」の字を見て、これは宮城県は仙台あたりの地酒で、伊達政宗の娘の五郎八(いろは)姫から取った「いろは」という名前かと思った。だけどそうではなく、新潟の菊水酒造の銘柄で読みは「ごろはち」と知る。

11年前のリンクしている「五郎八」の名前の由来を書いたページだが、今は菊水酒造のトップから探しても見つからない。だが、ページだけはなぜか残っている。

五郎八は濁り酒。置いておくと上の方は澄んでくるが、飲む前に瓶を振って濁りを均一にする。

そしてアルコール分21%と、日本酒の平均的なアルコール分15%前後のものと比べて強い酒。それを飲み終えたあと、よせばいいのに家にある焼酎を炭酸で割って飲む。まずは芋焼酎で。

そして麦焼酎で。締めの飯はサラダ巻き。

これだけ飲み食いする間に映画は2本見る。だけど、飲んだ量が多かったためか、パソコンに向かっているうちにどんんどん酔いが回ってきて、この日記は翌日回し。


2017年12月22日(金)の日記

2017年12月22日 | 日記

今日は冬至。

若い頃はたいして意識しなかったが、いつの間にか1年の出発点として冬至を強く意識するようになった。元日や会社の事業年度替わりよりも、昼間の長さが一番短くなってそしてまた長くなっていくポイントのほうが感覚としてしっくりくるようになっている。

年を重ねるとそうなるのかもしれないし、地域の情報をWEBで発信するようになり、ちょくちょく地域の光景を撮影したりするから季節の変化をより強く意識するようになってきたせいかもしれない。

 

昨日は会社の忘年会だったが、肉料理をウリにした居酒屋で行われた。肉がどっさり出てきたのを食べたためだろう、今日は1日、ベルトがきつく感じた。会社の食堂での昼飯も軽めにしたが、それでもまだきつい感じなので晩飯はもっと軽くして、ゆで太郎もりそばを1枚にする。


2017年12月20日(水)の日記

2017年12月20日 | 日記

寒くなってきたら、食事時間が近づく頃に空腹を感じるようになる。毎年そんな感じ。

おそらく体温を維持するために暖かい季節よりもカロリーを消費、すなわち体内の脂肪をより燃焼させるので、身体がその分のエネルギー補給を求めているのではないかと思う。

今日はダンベルをやるつもりだから晩飯には肉を食べたい気分になった。しかも、この空腹感のせいでがっつり食べたいという欲求が強くなる。でも、その日にダンベルをやるからとがっつりめのメニューを食べるのを続け、この夏にかけて少し太ったから秋以降はそういう食べ方をやめていた。

今日は一応、肉は食べるがやよい軒から揚げ定食

特に量を多くしたものではない、ふつうのから揚げ定食だからまあこれでよかろう。

ダンベルエクササイズは下半身メニュー。


2017年12月18日(月)の日記

2017年12月18日 | 日記

今日もこの冬一番の寒さを更新したようで、出勤時は迷わずウールのコートを着ていく。

帰りも寒いので温まりそうなものを食べたくなり、すき家牛すき鍋定食

出てきたばかりのときより、しだいに煮詰まってきたあたりが食べて温まる感じ。