草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

中東への自衛隊の派遣は日本の国益上避けては通れない!

2019年08月19日 | 自衛隊

自分の国のタンカーを我が国が守るのは当然であり、他国に頼ってはいられないのである。共同通信が17、18の両日実施した電話世論調査によると、「トランプ政権の協力要請を踏まえ、自衛隊を『中東に派遣すべき』」と回答した人は28・%で、「派遣すべきではない」は57・1%であった。そもそも「トランプ政権の協力要請」という質問自体が問題である。あたかもアメリカのために、自衛隊が傭兵として使われるかのような印象操作が行われているからだ▼我が国の石油の中東への依存度は高く、2017年で87・3%にも達する。まさしく今の繁栄は中東によって支えられているのだ。国益の観点からも、有志連合への参加を検討すべきである。この件をめぐっては、岩屋毅防衛相が煮え切らない発言を繰り返しており、それが国民に誤解を与えているのではないだろうか。安倍内閣は優柔不断であってはならず、決断を避けてはならない▼戦後の日本では、安全保障を論じることがタブー視されてきた。憲法9条があれば平和は維持されるとの、とんでもないお花畑がまかり通ってきた。時には日本人が血を流してでも、国益を守らなければならない場合だってあるのだ。我が国の石油の備蓄は208日分である。危機の到来を阻止するための努力を、私たちは軽んじてはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 韓国の反日を煽ってきたのは... | トップ | 独裁の軍靴は香港台湾へ 10句 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
【 中東への自衛隊の派遣と有志連合への参加は断じて違う! 】 (三角四角)
2019-08-20 00:07:25
 (1)『 自分の国のタンカーを我が国が守るのは当然であり、他国に頼ってはいられないのである。 』

 正に、トランプ大統領が最初に言った言葉で異存は在りません。


 (2)『 国益の観点からも、有志連合への参加を検討すべきである。 』

 しかし、これはトランプ大統領が二回目に言った言葉であり、最初の言葉は誘い水であり、日本を有志連合に組み入れる罠である。


 (1)の自国のタンカーを我が国が守る事と、(2)の有志連合に参加する事は天と地ほどの違いが在る。

 第一、(1)において、「他国に頼ってはいられない」と言いながら他国も参加する有志連合に参加するとは矛盾しては無いだろうか?

 有志連合の集まりが悪いのは、アメリカが嘘吐きで、裏切り者だから誰も信用しないからである。

 今回も、アメリカが勝手にイラン核合意から抜けてしまって居るので、米以外の英仏独中ロの5カ国、欧州連合(EU)は訝って居るのである。

 特に英国は、アメリカのジョージ・W・ブッシュ大統領が主導するイラク戦争に参加したが、戦争の大義、大量破壊兵器は発見されず、イラク国内の治安悪化が問題になった。

 英国は此の時の経験からアメリカを信頼していないと思われる。

 日本政府もイラク政府に対する債権放棄に応じ大きな損害を蒙った。イラク戦争でアメリカに追従したが大量破壊兵器も見つからず、7,100億円もの債権放棄と原油高の長期化だけが日本にとっての結果となっており、不利益しかなかった日本国民から批判が起こった。
 イラク戦争によってイラクの原油輸出が減少したことも原油価格上昇の要因の一つになった(イラク戦争 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)。

 この様に、アメリカが主導する有志連合など信頼出来るものでは無く、英国はアメリカを一度信頼して馬鹿を見て居る。

 日本が単独で海上自衛隊を出し、日章旗・旭日旗を掲げて日本船をガードして居る時に、イラン軍や、イラン革命防衛隊が攻撃を仕掛けてきたら、はっきりとイランは敵国と認定して何の患いも無く反撃できる。

 しかし、アメリカ主導の有志連合に参加するなど、火薬庫で煙草を吸う様なものである。

 アメリカがイラン軍や、イラン革命防衛隊に攻撃を受ければ、止むを得ず、アメリカを助けるために、イラン軍や、イラン革命防衛隊と戦火を交えなければ成らない。

 その所為で、長年のイランと日本の友好関係が終了して、イランから石油を輸入出来なくなったら如何するのか?

 国益のために、アメリカが主導する有志連合に参加した心算が、逆に、国益を毀損してはいないだろうか?

 日本は愚かな道を辿ろうとして居るのでは在るまいか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自衛隊」カテゴリの最新記事