草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

加藤厚労相が新型コロナウイルスの感染拡大の可能性を認める!

2020年02月14日 | 感染症

何度でも言う。中共全土からの入国を禁止していれば、もっと違った展開になっていたのである。今日も東京で新たに2名の感染者が見つかった。加藤厚労相の昨日の発言は、政府のこれまでの見解と異なっており、新型コロナウイルスについて「感染が拡大することは否定できない」との言い方は、あまりにも無責任である。多くの国民は政府を信頼していたのである。今になってそれはないだろう。手洗いやマスクで布防ぐことができるのか、何をすればよいのかを、国民に周知徹底させるべきではないか▼未知のウイルスであり、ワクチンもいつになるか分からない。加藤厚労相は「医療体制の整備」とか述べているが、それこそ開業医のレベルまで、防護服や手袋を配布した形跡がない。今のままでは深刻な事態を迎えるのは目に見えている。開業医のもとに感染者が押し寄せてくれば、手が付けられなくなってしまう。医師や看護師は次々と感染し、武漢市のような医療崩壊になりかねない▼武漢市においても、当初の感染者数は限られていた。それがあっという間に広がったのである。パンデミックを阻止するには、大規模なイベントや集会は中止するとともに、病院や介護施設では入り口で体温をチェックすべきである。日本がどうなるかはここ2週間が勝負である。むやみに恐れる必要はないが、政府がやるべきことを断行し、それに国民が一丸となって協力しなくてはならないのである。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今我が国はパンデミックにな... | トップ | 新型のウイルス退治国挙げて... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
能天気国民が元凶では? (Unknown)
2020-02-14 17:49:18
政府が思い切った対応ができないのは国民の責任であって、野党が何もしないのに事後になってからああすれば良かった、こうすれば良かった等の意見で政府を追及し、無知な国民も賛同するような能天気な国民に全ての責任があるような気がします。

有事には、国のトップが独断で迅速に何でも判断できる法律が無いのは日本と数カ国しか無いのを日本国民は分かっていません。
こんな状態で政府を責められません。

勝手な意見ですがこんな意見もあるということを述べさせていただきました。
Unknown (Unknown)
2020-02-15 09:49:11
上記に同感


「政府の対応は後手だ」と野党、メディアが言うが、では、どうしたら良いのかは言わない。
単なる後付けの屁理屈でしかない。
国会で緊急に決めなくてはならないことが多いのに、野党は協力しない。
そんな野党に国民は怒りの声もあげない。

政府関係者の皆様には頑張ってもらいたいと思っています。最前線で防疫にあたっている方々には、心から感謝しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

感染症」カテゴリの最新記事