草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

泣き言を並べ立てて謝罪する津田のブレーン東浩紀を嗤う!

2019年08月09日 | 世相

「敵は抹殺しろ」とのカール・シュミットの友敵の理論を実践したのは、津田大介やそのブレーンの東浩紀ではなかったか。「あいちトリエンナーレ」を政治的なプロパガンダの場にしたくせに、今さら泣き言を並べ立てるべきではない▼「慰安婦像」をあえて展示し、昭和天皇を冒涜したのは、多くの日本国民を敵として認定したからではないか。敵とされた者たちが反撃するのは、当然予想されたことではないか。東が一端の表現者であるのならば、逃げずに受けて立つべきなのである▼昨日のツイッターで東は「相談役として役割を果たすことができず、責任を痛感しています」と謝罪した。できれば今年度の委嘱料の辞退で済ませたいようだが、それはあまりにも虫が良すぎる。主催者の最高責任者である大村愛知県知事は、未だに自らを正当化しており、オールドメディアもそれに加勢している。本当に悔いているのであれば、展示に至るまでの経過を正直に語るべきである▼東に問いたい。「今回の事件においては、芸術こそが友と敵を作り出してしまいました」ということになったのは、津田の企画に賛同したからではないのか。くだらない弁解などどうでもいい。「多くの方々の感情を害する発言を行ってしまったことを、深くお詫びいたします」と述べざるを得なかった津田との対談動画は、大変な再生回数となっている。哀願すれば許されると思うのは間違いなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント