♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■数えてみよ、主の恵み / 岩井基雄

2023年01月07日 | Weblog

2022/12/31放送

 「世の光」の時間です。お変わりありませんか? 岩井基雄です。
 今年の最後の日を迎えました。この一年も世界で数多くの出来事があり、悲しみがあり、大切な命が失われました。新しい年はどのようなことがこの世界にそして私たちに待っているのでしょうか。
 この一週間、神様の恵みをさまざまな角度から考えました。私たちの思いや考えを超えた恵みと祝福が、聖書が語る神様にあって用意されていることを知るとき、私たちの人生は変わり始めるのです。

 聖書は私たちにこう語りかけ、チャレンジをしています。
 「わがたましいよ 主をほめたたえよ。主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。主はあなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病を癒し、あなたの命を穴から贖われる。主はあなたに恵みとあわれみの冠をかぶらせ あなたの一生を良いもので満ち足らせる。あなたの若さは鷲のように新しくなる」
    旧約聖書 詩篇103篇2節~5節

 この個所の背景には、神の民イスラエルが愚かさのゆえにバビロン捕囚という悲しみを通ったあと解放された恵みがあると言われています。受けるに値しない恵みを受けた者として自分の魂に呼びかける感謝の祈りです。
 そして、聖書が語る神様をほめたたえ、神様が成してくださったあらゆる良いことに心を留めるようにとの私たちへの招きでもあるのです。

 神様がなさる良いことへの内容として、咎の赦し、病の癒し、命の贖い、恵みと憐れみの冠が挙げられています。悲しみの原因でもある咎すなわち罪の赦しは真の平安といのちを与えます。それこそいのちを助け贖いと言えるでしょう。そして神様の恵みと愛は愚かな私たちにも憐みの冠を与えるのです。

 そして神様が「あなたの一生を良いもので満ちたらせる。あなたの若さは鷲のように新しくなる」との約束が続いています。

 何という恵みの希望でしょうか。弱さも愚かさも抱えた神の民イスラエルそして私たちをも神様は愛し、憐み、恵みで満たしてくださると共に、困難の中を力強く上っていく鷲のような若さと力を与えてくださるというのです。

 恵みに満ちる神様をどんな時にも信頼し、明日から始まる新しい年も、神様をほめたたえ、神様の恵みを日々数え、神様の愛と憐みの中を力強く歩ませていただきたいと願います。


    ( PBA制作「世の光」 2022.12.31放送でのお話しより )


******
さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。でも、新型コロナ禍で集まるのを制限したりオンラインの集まりに切り替えたりしているかもしれません。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。
******  
 このサイトは URL名として   http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする